EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE ALGORITHM 「POLYMORPHIC CODE」
THE ALGORITHM 「POLYMORPHIC CODE」

The Algorithm Polymorphic Code

<収録曲>

1. Handshake
2. Bouncing Dot
3. Trojans
4. Access Granted
5. Logic Bomb
6. Warp Gate Exploit
7. Null
8. Panic


フランス出身のインストメタルバンド、ジ・アルゴリズムの1作目。
2012年発表。

Djent系のメタルにダブステップをぶち込んで電子処理したようなサウンドが特徴で、もはやメタルというよりはダンスミュージックの範疇に近いです。エレクトロニカ要素が強すぎてダメな人には全くダメなのかもしれませんが、ごった煮サウンドが好きで、エレクトロ系のサウンドも好きな僕にはストライクど真ん中の非常に興味深いサウンドでした。特にここまで電子音楽に歩み寄りを見せたバンドをあまり他に知らないので、新鮮過ぎてビビる。
ちなみに音の雰囲気としては勢いでグイグイ持っていくタイプのダンスミュージックではなく、じわじわと脳内から洗脳していくかのような、独特の中毒性を持った静かなる狂気を纏った感じのタイプ。静か目に始まって少しずつ少しずつ盛り上がっていく構成の曲が多く、知らず知らずに妖しい電脳世界へと誘われていきます。
変にVoとか声とかを入れずにインストだけで突き進んでいくという点も、音楽性だけがぐっと前面に押し出されていて良い。

<オススメの曲>
3. Trojans(→PV)
4. Access Granted

オススメ度…85点

FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

MARTY FRIEDMAN 「TOKYO JUKEBOX 2」
MARTY FRIEDMAN 「TOKYO JUKEBOX 2」

Marty Friedman Tokyo Jukebox 2

最近はただの面白外国人に成り下がりつつある、元メガデスのギタリストとして有名なマーティー・フリードマンによるJ-Popカヴァーアルバム第二弾。2011年発表。相変わらずそこまで興味を惹かない選曲で、アレンジ自体も基本的にはメロディをなぞっているだけで大して面白みのある作品ではありません。時々マーティーらしいフレーズとか小技とか出て来て「おっ」となったりもするのですが、基本はホントにただJ-Popをエレキで弾いただけ。本人はJ-Pop好きみたいだし、やりたいことやってて楽しいんだろうけど、勝手に趣味でやってて下さいって感じ。「お前らもこういう企画やっておけばとりあえず買うだろ?」って馬鹿にされてる気がしてとても残念です。最近はアニメタルUSAのアレンジとかもしてたみたいだし、こういう日本人に媚びを売るような企画モノばっかやってて悲しい。嫌なら聴くな?ファンだから仕方ないだろ!

<収録曲>
1. Yeah!めっちゃホリディ
2. 涙そうそう
3. 会いたかった
4. 雨の慕情|舟唄
5. トイレの神様
6. Canon a la Koto
7. I LOVE YOU
8. 素直になれたら
9. Butterfly
10. Beautiful days
11. Little Braver
12. また君に恋してる
13. 上を向いて歩こう


<オススメの曲>
12. また君に恋してる

この曲だけやたら良い。重厚なイントロから切ない泣きのサウンドへとシフトしていき、再びサビにかけて重々しい叙情的なサウンドへと展開していく様子がとても素晴らしいです。第一弾の方でも"天城越え"だけやたら良かったし、こういうメタルに通じるアレンジの出来る曲を中心に選んでくれれば良いのにね。ただエレキで弾けばメタルアレンジってわけじゃないんだしさ。

オススメ度…70点

まぁ歌詞が無くてインストになってる分、バックミュージックにするには悪くない。

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

BOB KATSIONIS 「IMAGINARY FORCE」
BOB KATSIONIS「IMAGINARY FORCE」

Bob Katsionis Imaginary Force

ファイアーウィンドなど色んなバンドへの参加で知られるギリシャの鍵盤奏者、ボブ・カティオニスのソロ2作目。2004年発表。これぞ北欧といった感じの流麗なインストアルバムになっています。本職のKey以外にも7弦ギターも操るという超絶テクっぷりを見せつけており、細部まで聴きごたえ十分。基本的に疾走曲が多く、ゲーム音楽に通じるようなクッサいメロディが至る所で顔を覗かせます。

<収録曲>
1. The Imaginary Force
2. March Of The Spirits
3. Sing For The Day
4. Galaxy
5. Sudden Death
6. Bird's Eye View
7. Is It Me Or The Weather?
8. All My Naked Hopes
9. Separated
10. The Trilogy Of Lust : St. Pervert
11. The Trilogy Of Lust : Tsifteteli (Overture 1821)
12. The Trilogy Of Lust : Ouzo!


<オススメの曲>
2. March Of The Spirits

なんかめっちゃゲーム音楽っぽいこの曲が一番のお気に入り。カッコ良過ぎ。微妙に哀愁漂ってるところもたまらん。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。