EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[MARTY FRIEDMAN]
MARTY FRIEDMAN「TOKYO JUKEBOX」

Marty Friedman Tokyo Jukebox

メガデスの日本大好きギタリスト、マーティー・フリードマンのJ-Popカヴァーアルバム。2009年度発表。全曲インストになっています。
収録曲は以下の通り。

1.爪爪爪
2.GIFT
3.天城越え
4.Story
5.ポリリズム
6.帰りたくなったよ
7.TSUNAMI
8.雪の華
9.駅
10.世界に一つだけの花
11.ロマンスの神様
12.明日への讃歌


元々大して興味を惹くような収録曲ではない上、アレンジもやはりギターインストでは限界が…。いや、あちこちでマーティー節は出てて悪くはないんだけどさ。
そんな中、重厚なリフが素敵な3.天城越えだけは素晴らしい出来でした。あと5.ポリリズムも意外と良いかも。
11.ロマンスの神様は原曲好きだから期待してたけど、めっちゃ静かなアレンジになってて残念極まりない。
10.世界に一つだけの花とか、前作の収録曲をそのまんま使いまわしじゃーん。どゆことー。

まぁ色々書きましたが、バックミュージックとして垂れ流すには悪くないかも。

オススメ度…72点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入 Amazon
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[PELICAN]
PELICAN「CITY OF ECHOES」



米国シカゴ出身のインスト系ヘヴィ・ロックバンド、ペリカンの3作目。2007年発表。Voは一切入っておらず、「音」のみで全てを語りつくしています。ヘヴィさと哀愁っぷりのバランスがとにかく絶妙で、時に激しく、そして時に優しくと言う変幻自在な音の波が実に心地良い。ジャンル的にはポスト・ロックとして括られてしまうようですが、Voが無いこと以外はメタル者にもアピールする点は多いのではないかと。

とりあえずタイトル曲の2.City Of Echoesがとにかく良い。透明感のあるメロウなサウンドにヘヴィなギターが加わってきて・・・、という流れがホント素晴らしいです。しかもヘヴィといってもアウレッシヴなヘヴィさではなく、どことなーく哀愁を包み込んでいるのがたまらん。叙情性たっぷりな感じ。歌がない分、逆に一つ一つの音が心に直接響いてきます。
1.Bliss In Concreteはどよ~んとしたリフが印象的な曲。適度なダークさが良い感じです。そして後半になるにつれてだんだんとテンポアップしてきて、ついにはツーバスまで登場。普通にカッコ良過ぎ。
6.Lost In The Headlightsは展開がなかなか複雑な曲。そんな中、随所で顔を出す哀愁フレーズがこれまた最高です。廻るましくサウンドが変化していくのに、決して聞きにくくはないというのも凄い。
他には、やっぱり哀愁たっぷりな3.Spaceship Broken – Parts Needed、アコギの音色が絶妙な4.Winds With Hands、ギターサウンドが攻撃的な5.Dead Between The Walls、静かめなサウンドに癒される8.A Delicate Sense Of Balanceあたりがオススメかな。

ということでこのアルバム、インストOKな人には是非とも聴いてみてもらいたいです。インストバンドにしては一曲一曲がコンパクトなので聴きやすいですし(長くて7分)、日頃インストはあまり聴かない人も機会があれば是非。美しい音の洪水に酔いしれてください。

オススメ度…87点

YOU TUBEで聴けるもの
A Delicate Sense Of Balance(曲のみ)

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[MARTY FRIEDMAN]
MARTY FRIEDMAN「DRAGON'S KISS」



日本語ペラペラギタリスト、マーティー・フリードマンのソロ一作目。1988年発表。元メガデスのギタリストとして有名な彼ですが、これはメガデスに加入する以前の作品です。収録曲は全てインスト。マーティーらしい泣きの旋律もこれでもかと言わんばかりに詰まっており、ドラマティックなギタープレイをたっぷりと堪能することが出来ます。

1.Saturation Pointはなかなかパワフルな曲。弾きまくりで流れるようなギタープレイを楽しめます。緩急のある構成も良いねぇ。
4.Namida(Tears)は曲名の通りのサウンドを持った曲。とにかくギターが泣きまくっています。3分くらいしか無いのが残念。ってかこの頃から日本好きだったのね。
7.Forbidden Cityは8分にも渡る大作。最初の哀しげなアルペジオから一気に盛り上がる部分がヤバイ。しかもその後の哀愁フレーズに酔いしれていたら、突如アグレッシヴに疾走!! この構成はホント最高です。インストなのに8分という長さを全く飽きさせないで聴かせるのが凄い。瞬く間に流れ去っていきます。
8.Thunder Marchはかなりドラマティックな曲。とにかくギタープレイがメロディアスで、泣きのフレーズも終始炸裂しっぱなしです。インストでこんなに感動できるなんて…。
他には3.Evil Thrillとか5.Anvilsが疾走しまくりで好きかな。

ということでこの作品、「インストだけでも全然オッケー」という方には是非とも聞いてみてほしいです。最近のTVとかでマーティーを見て「あの外国人誰?」と思った方も是非(笑)

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[WARMEN]
WARMEN「BEYOND ABILITIES」



チルドレン・オヴ・ボドムのKey、ヤンネ・ウィルマンによる二作目のソロアルバムです。2002年発表。当然ながらKey中心の曲作りとなっており、基本的にインスト。ヤンネの超絶キーボードがたっぷりと堪能できます。Vo入りの曲では、ストラトヴァリウスティモ・コティペルトや、シナジーキンバリー・ゴス等が参加。

1.Beyond Abilitiesはいきなりヤンネの高速キーボードプレイが炸裂するインスト。メチャクチャ速くてカッコイイです。ピロピロしすぎ。インストなのに何度も何度も聴きたくなります。キーボードとは関係ないが、途中のドラムソロもカッコイイ。
2.Sparkはキーボードのメロディ(リフ?)が印象的な曲。ティモ・コティペルトがVoをとっており、この曲にピッタリの歌唱を聞かせてくれます。ちょっと哀しげなサビのメロディがGood。
3.Hiddenはキンバリーが参加している曲で、これも中々カッコイイ。Keyはあんまり目立っていませんが…。
9.Salieri Strikes Backは宮殿っぽい雰囲気のイントロで始まるインスト。後半部の超絶キーボードプレイが非常にカッコイイ。
10.War Of Worldsも疾走系インストで中々良い曲。
他にはカヴァー曲の7.Aloneや、グランドピアノの物悲しい曲8.Confessionsとかもいいな。後者は喋りが邪魔だけど。

ということで、このアルバムはヤンネが大好きな方や、Keyの音色が大好きな方にオススメ。チルボドが好きなだけの人が聞くと、アグレッシヴさが無い上にインストばかりなので、ちょっと物足りなさを覚えるかもしれません。「インストも全然OKだぜ!!」って人は是非。

オススメ度…81点

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[MARTY FRIEDMAN]
MARTY FRIEDMAN「LOUDSPEAKER」



マーティー・フリードマンは、元メガデスのギタリストとして有名。それ以前はハワイカコフォニー、そしてソロなどで活動していました。そんな彼は日本在住で日本語がペラペラ。雑誌「BURRN!」のインタビューも全て日本語でこなしてしまうほどです。最近はテレビにもよく出演しており、一躍お茶の間の人気者に。このアルバムは彼の六作目(かな?)で、こないだ発売されたばかり。以前の作品は泣きのギターが中心になっていましたが、このアルバムは徹頭徹尾「メタル」にこだわっています。最後の一曲を除いて全てインスト。

日本人にとって要注目なのは5.「世界に一つだけの花」でしょう。もちろん某アイドルグループのあの曲です。バリバリメタルなギターインストに生まれ変わっており、非常にカッコイイ!! これはすげぇ!!もともと良いメロディを持った曲なので、こういうアレンジを施すとかなりカッコ良くなるんですね。
1.Elixirは非常にアグレッシブなサウンドを持った曲ですが、メロディ自体はとってもポップで聞きやすい。ギタープレイが最高にクールです。ビリー・シーン<B>がゲスト参加しており、個性溢れるスーパープレイを炸裂させています。
8.Viperはメロディが非常に素晴らしい曲。Vo無しなのに全然飽きませんね。このアルバムだとコレが一番好きかな。ゲスト参加でスティーヴ・ヴァイがギターを弾いています。やっぱり彼もスーパープレイを炸裂。
他にはマーティーお得意の泣きのギターが炸裂する9.Coloreas Mi Vidaや、やっぱりメロディが素晴らしい2.Street Demon (Santa Rosa Wrecking Crew Mix)も最高!!
アイドルみたいな曲名なのに、実は凄くヘヴィなサウンドの7.Stigmata★Addictionもいい感じです。
ちなみに11.「雑音の雨 (Static Rain)」は初回盤のみキリトという人が歌っています。まぁ別にそんな特典はたいして必要なかったかも…。

このアルバムは「メタルっぽさにこだわった」というマーティーの言葉通り、全体的にバリバリメタルなサウンドですが、メロディ自体はとってもポップな雰囲気。やっぱりマーティーのメロディセンスはすげぇなと思える作品です。聞いてて楽しいインストアルバムなので、「俺、インストでも全然聞けるよ」という人は是非どうぞ。

オススメ度…86点

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。