EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ORPHANED LAND 「THE NEVER ENDING WAY OF ORWARRIOR」
ORPHANED LAND
「THE NEVER ENDING WAY OF ORWARRIOR」


Orphaned Land The Never Ending Way Of Orwarrior

イスラエルのプログレッシヴメタルバンド、オーファンド・ランドの4作目。2010年発表。プログレッシヴメタルに中東っぽい独特のメロディエッセンスを注入したサウンドが彼らの一番の個性でしたが、今作ではかなり全体的に洗練されて中東っぽさが少し減ってしまった印象。ただ、減ったとはいえまだまだオリエンタルなメロディはあちらこちらにしっかりと残っており、洗練されたサウンドの中でピンポイントかつ効果的に作用しています。全体的にオーペスのような幽玄なプログレッシヴメタルサウンドが展開されており、70年代プログレを彷彿とさせるような印象の曲が多いかと。ちなみに、アルバム全体を三部に分けた構成のコンセプトアルバムになっています。

<収録曲>
Part I: Godfrey's Cordial – An ORphan's Life
 1. Sapari
 2. From Broken Vessels
 3. Bereft in the Abyss
 4. The Path (Part 1) – Treading Through Darkness
 5. The Path (Part 2) – The Pilgrimage to Or Shalem
 6. Olat Ha'tamid
Part II: Lips Acquire Stains – The WarriOR Awakens
 7. The Warrior
 8. His Leaf Shall Not Wither
 9. Disciples of the Sacred Oath II
 10. New Jerusalem
 11. Vayehi Or
 12. M i ?
Part III: Barakah – Enlightening the Cimmerian
 13. Barakah
 14. Codeword: Uprising
 15. In Thy Never Ending Way (Epilogue)


<オススメの曲>
1. Sapari
9. Disciples of the Sacred Oath II

とりあえず異国情緒たっぷりな#1がキラーチューン。エスニックな女性Voと男性Voのコーラスがとても良いです。男性Voの優しげなVoも大好き。

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。