EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GHOST 「MELIORA」
GHOST B.C. 「MELIORA」

Ghost Meliora

<収録曲>
1. Spirit
2. From The Pinnacle To The Pit
3. Cirice
4. Spöksonat
5. He Is
6. Mummy Dust
7. Majesty
8. Devil Church
9. Absolution
10. Deus In Absentia


スウェーデン出身のホラー風味なハードロックバンド、ゴーストの3作目。2015年発表。

同名のバンドが多いため、前作でバンド名にB.C.をくっつけ、ジャケットにもでかでかと記載されていたのですが、今作ではまたB.C.の表記が消えました。まぁ付いてない方がシンプルでカッコいいしね。
ちなみにバンド名を読むときも、B.C.は特に発音しないのが普通なのだそうです。

骸骨メイクで仰々しい法王のような衣装をまとったパパ・エメリトゥス2世<Vo>を中心とする正体不明系のバンドですが、サウンドの方もオカルティックで独特の雰囲気があってとても良い。基本的にはヴィンテージなロックが基調となっていますが、プログレ風味に展開してみたり、ホラー風味の雰囲気を醸し出してみたりと、渋さとエンターテイメント性が絶妙に両立されております。

冒頭の#1の時点で、B級ホラーっぽいオカルティックなイントロがとても耳を惹き、そのままシンプルなロックサウンドのカッコ良さに惹き込まれていきます。Voの胡散臭い感じが何とも言えず良い。
アコースティックなイントロで始まる#3は、PVも作られていた曲。怪しい洋館に恐る恐る足を踏み入れるような、ジワジワと盛り上がっていく展開がいかにもこのバンドらしくて面白いです。シンプルなリフと、どことなくメランコリックなメロディ、そして圧倒的に胡散臭い歌唱の組み合わせが絶妙です。
あとは個人的に#5がなかなかのお気に入りで、優しげな歌唱と不穏な音階、そして全体を包み込むもやもやとした妖しい空気感がとても好き。
アルバムの最後を締める#10はシンプルなヴィンテージロックとしての魅力と、このバンドらしいホラー風味のメロディラインとのバランスがとてもよく、かなり頭に残る一曲。プログレっぽい音使いがこれまたたまりません。

基本的には前作までと同じような世界観なので、今までの作品が好きならば問題なく楽しめると思います。前作や前々作よりもリフでゴリゴリ押すような曲が減った分、個人的にはちょっと物足りない感もなくはないのですが、クオリティとしてはとても高いことは間違いないので、そこは好みの問題なんじゃないかなぁと。

<オススメの曲>
5. He Is
10. Deus In Absentia

オススメ度…82点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

HELL 「CURSE AND CHAPTER」
HELL 「CURSE AND CHAPTER」

hell curse and chapter

<収録曲>
1. Gehennae Incendiis
2. The Age Of Nefarious
3. The Disposer Supreme
4. Darkhangel
5. Harbinger Of Death
6. End Ov Days
7. Deathsquad
8. Something Wicked This Way Comes
9. Faith Will Fall
10. Land Of The Living Dead
11. Deliver Us From Evil
12. A Vespertine Legacy


英国出身のオカルティック正統派メタルバンド、ヘルの2作目。
2013年発表。

一昨年、デビューから20年以上の時を経て発表された1作目を出した彼らですが、2作目はちゃんと普通のスパンで届けてくれました(笑)

NWOBHM時代を生きたバンドらしい正統派な英国メタルサウンドを軸に据えながらも、そこに怪しげなメロディや胡散臭い歌唱をくっつけたオカルティックなメタルをやっており、今作も前作と全く同じ路線を踏襲しています。メンバー曰く「過去のマテリアルと新しいマテリアルは半々」とのことですが、まさに前作を踏襲しつつ新しさも加えつつの絶妙なバランスになっているのではないかと。演劇性がさらに増しながらも、シンプルなリフから組み合わされた楽曲はとってもポップでキャッチーで、一度聴いたものの心を掴んで離しません。
またVoのデヴィッド・ボウアーのカリスマ性がとにかく異常で、彼が歌い上げるエキセントリックな歌メロはまさに魔術の様な魅力を解き放っています。

イントロの#1から繋がる#2は疾走感あふれる爽快な正統派メタルサウンドですが、そこに胡散臭いVoと怪しいKeyの装飾がのっかると一気にHELLワールドが全開になります。
個人的に一番のキラーチューンなのは#4で、少々始まるまでのSEが長すぎる気もしますが、その後の展開はまさに神。いや悪魔か(笑)。ってなくらい素晴らしい鳥肌モノの怪しさです。リフの醸し出す儀式っぽい空気と妙にダサいのにカッコいいという不思議な胡散臭い歌メロがとにかく最高。ノリも良いし聴いていてとても楽しいです。
あとは#11も個人的にかなりのお気に入りで、ぶんぶんうねるベースをバックに勢いだけで歌い切るVoの歌唱が怪しすぎて大好き。

衝撃度という点ではさすがに前作には劣るのかもしれませんが、今作でも彼らの悪魔的な魅力は全く失われておらず、全力で楽しむことが出来る作品だと思います。胡散臭いメタルが好きな方はぜひ。

<オススメの曲>
2. The Age Of Nefarious
4. Darkhangel
11. Deliver Us From Evil

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

GHOST B.C. 「INFESTISSUMAM」
GHOST B.C. 「INFESTISSUMAM」

Ghost Infestissumam

<収録曲>
1. Infestissumam
2. Per Aspera Ad Inferi
3. Secular Haze
4. Jigolo Har Megiddo
5. Ghuleh / Zombie Queen
6. Year Zero
7. Body And Blood
8. Idolatrine
9. Depth Of Satan's Eyes
10. Monstrance Clock


スウェーデン出身のハードロックバンド、ゴーストB.C.の2作目。
2013年発表。

1作目はGHOSTという名前で出していましたが、同名のバンドが多いせいか、今作ではGOHST B.C.にプチ改名しております。まぁ確かに、これだけシンプルなバンド名、よくつけたなぁと思ってたわ。

音楽性的には前作と全く変わっておらず、サタニックでオカルティックなハードロックをやっており、レトロな雰囲気も胡散臭さも相変わらず。怪しい雰囲気を漂わせながらもポップでキャッチーという絶妙なバランス感覚が素晴らしいです。シンプルなリフがとても印象的なのも前作通りで、Papa Emeritus II<Vo>の浮遊感のある胡散臭い歌唱もやはりとてもクセになる。サイケデリックでプログレライクな世界観のクセに、シンプルで聴きやすくてグイグイ引き込まれていく素晴らしい作品です。

<オススメの曲>
2. Per Aspera Ad Inferi
3. Secular Haze

今作も捨て曲は一切なし。中でもこの2曲の胡散臭さが群を抜いて好きかな。

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

GHOST 「OPUS EPONYMOUS」
GHOST 「OPUS EPONYMOUS」

Ghost Opus Eponymous

<収録曲>
1. Deus Culpa
2. Con Clavi Con Dio
3. Ritual
4. Elizabeth
5. Stand By Him
6. Satan Prayer
7. Death Knell
8. Prime Mover
9. Genesis


スウェーデン出身のハードロックバンド、ゴーストの1作目。
2010年発表。

サタニックでオカルティックなハードロックをやっており、レトロな音質でジリジリと胡散臭いメロディを紡ぎ出していくのが特徴です。基本的には古いイギリスのバンドの様な音作りなのですが、カテドラルリー・ドリアンに見いだされてデビューしたという経緯があるだけあってドゥーミーな雰囲気もあるし、ちょっぴりプログレチックな雰囲気もあるしと、なかなか独創的な世界観。とにかく全体を包み込むオカルト風味な胡散臭さの中毒性が高く、リフからVoの歌い方にいたるまで、その全てが妙に頭に残ってしまいます。特にVoはキング・ダイアモンドみたいな素っ頓狂なハイトーンを出すわけでもなく、比較的普通な歌い方なのに、抑揚の付け方だけでここまで胡散臭い感じを醸し出せるのが凄い。

怪しいオルガンの音色が響くイントロ#1に続く#2は、歌いだしの「ル・シ・ファ~♪」の時点で胡散臭さMAX。シンプルなリフの上で浮遊感のある独特の歌メロが響くいかにもオカルト系といった感じの曲です。
#3は普通の哀愁系ロック曲の様なイントロからダークなリフへと流れていく曲。シンプルなリフなのに、しっかりノレるし頭に残ります。そしてサビでの屈折したポップセンスがたまらない。
#4も同じくシンプルなリフが印象的。こんなにシンプルなのに、サタニズムっぽさをしっかりと表現できるのが凄い。そしてVoの歌い回しは胡散臭さが凄まじく、そのくせサビになるとちょっぴり哀愁を漂わせたメロディアスな感じになるのがズルい。
#5は軽快なドラムで始まる曲。が、リフの方は相変わらず魔術的な妖しい魅力を放っており、歌メロの方も呪術的な胡散臭さが漂います。
#6ビートルズが呪われたらこんな感じになるんじゃないかというような雰囲気。キャッチーさと胡散臭さのバランスが絶妙なサビメロがとても好き。
#7はやたらドゥーミーなリフが重々しく響く曲。サビ前後では神々しいも絡み合ってきて怪しさ抜群です。
#8はブンブンとうねるベース音が印象的。やたらグルーヴィーなリフも良い。
#9は他の曲に比べて音作りがモダンな印象のイントロ。しかもやたら展開がプログレ的で実験的です。悪くはないけど、やっぱVoが入ってこないと物足りないかな。

ということでこの作品、基本的に捨て曲がゼロで、しかも一度ハマるとなかなか抜け出せないような独特の魅力を持った作品です。オカルティックな雰囲気からマーシフル・フェイトを彷彿とさせるわりに、サウンドの方は全くタイプの違うメロディアスなハードロックなのですが、オカルティックなサウンドが好きならば共通して楽しめるのではないかと思います。

<オススメの曲>
2. Con Clavi Con Dio(→PV)
3. Ritual
4. Elizabeth
6. Satan Prayer

オススメ度…89点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

HELL 「HUMAN REMAINS」
HELL 「HUMAN REMAINS」

Hell Human Remains

英国出身のオカルティック正統派メタルバンド、ヘルの1作目。2011年発表。1982年に結成されNWOBHM真っ盛りの中で活動していた彼らが、フロントマンの自殺など数々の不幸に見舞われ事実上解散状態になり、そこから20年以上の時を経てようやく一つの作品として世に送り出すこととなった、記念すべきデビュー作です。NWOBHM世代のオカルト系メタルというと真っ先にマーシフル・フェイトを思い浮かべると思うのですが、タイプ的にはその路線で間違いありません。いかにもNWOBHM的なサウンドのリフが次々と繰り出され、そこにVoの胡散臭い歌唱がのるあの感じです。そのリフの完成度が極めて高く、奇妙で摩訶不思議でクールなリフがとにかく盛りだくさん。さすが多くの経験と苦労を重ねてきたベテラン新人バンドといった風格が漂っています。Voはオリジナルメンバーのデイヴ・ハリディが既に他界しているためデヴィッド・ボウアーというVoが新しく起用されているのですが、そのボウアーの歌唱がこれまた素晴らしい。なんとも言えない胡散臭さが漂っており、表現力も抜群。サウンドにこれでもかというほどマッチしています。曲構成やリフ、そしてVoという、作品全体にサタニックで怪しい雰囲気が漂っており、その独特の世界観にゾクゾク心が躍る一作。

<収録曲>
1. Overture: Themes From "Deathsquad"
2. On Earth As It Is In Hell
3. Plague And Fyre
4. The Oppressors
5. Blasphemy And The Master
6. Let Battle Commence
7. The Devil's Deadly Weapon
8. The Quest
9. Macbeth
10. Save Us From Those Who Would Save Us
11. No Martyr's Cage


<オススメの曲>
2. On Earth As It Is In Hell(→PV)
6. Let Battle Commence
8. The Quest

イントロ#1を経て#2が始まった瞬間からニヤニヤが止まらない。正統派メタル的なんだけどなんか奇妙なリフ、胡散臭過ぎてたまらないVo、摩訶不思議に展開する曲構成と、その全てが最高です。巡るましく展開するくせにとっ散らかった印象は全く受けず、流れるように怪しいサタニック絵巻が進んでいきます。
#6は疾走感と軽快なリフが素敵な曲。相変わらずVoの表現力が冴えまくっており、聴いてるだけで楽しくなってしまいます。
#8もNWOBHMなリフが華麗に駆け抜ける曲。サビのコーラスが明るくて親しみやすいです。

オススメ度…93点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KING DIAMOND 「ABIGAIL」
KING DIAMOND「ABIGAIL」

King Diamond Abigail

バンドマーシフルフェイトの奇才ヴォーカリスト、キング・ダイアモンド様率いるデンマークのオカルティックメタルバンドの2作目。1987年発表。基本的にはマーシフル・フェイトと同じことをしているというか、キングのせいで同じにならざるをえないというか…。音だけを聴くと正統派メタルなのですが、キングの意図的にひっくりかえした奇妙な裏声たった一つでやたら胡散臭いオカルティックメタルへと変貌します。キングは実に多彩な声を器用に使い分けているのですが、基本的にまともな声は一つもなく、素っ頓狂なヘンテコヴォイスを次々と披露。まともなVoが好きな人にはとても聴けたものじゃないのでしょうが、独特の中毒性があって、知らず知らずにこのバンドの魅力に取り憑かれてしまいます。曲自体もわりとダークな感じで、雰囲気はめっちゃ声と合ってるな。さりげなく演奏陣のレベルが高く、ツインギターとか聴きどころ満載なのも嬉しいです。あ、ちなみに一応ソロプロジェクトとかじゃなくてバンド扱いらしいですよー。

<収録曲>
1. Funeral
2. Arrival
3. A Mansion In Darkness
4. The Family Ghost
5. The 7th Day Of July 1777
6. Omens
7. The Possession
8. Abigail
9. Black Horsemen


<オススメの曲>
3. A Mansion In Darkness
4. The Family Ghost
8. Abigail

#3とかもうイントロからホラーっぽいメロディで最高。そして歌声がうっさんくせぇぇぇwww 怪しい空気がぷんぷん漂ってて最高に素敵です。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[MERCYFUL FATE]
MERCYFUL FATE「DON'T BREAK THE OATH」



ブラックメタル方面にも多大なる影響を与えたと言うオカルティック・メタルバンド、マーシフル・フェイトの3作目。1984年発表。サウンド的にはリフにクセのある正統派メタルという感じですが、キング・ダイアモンド<Vo>の歌声がとにかく独特。裏声・ファルセットを駆使したなんとも表現し難い歌いまわしで、正直メチャクチャ胡散臭いのですが、逆にその胡散臭さが最高です。一度はまったらなかなか抜け出せない中毒性の高い作品。

冒頭の1.A Dangerous Meetingから独特の世界観を展開。ギターの紡ぎだすメロディアスかつ不思議なリフが魅力的です。キングのVoも絶好調で、これでもかと言わんばかりの胡散臭さ。くー、たまんねぇ。サビ部分が特に良いね。
2.Nightmareは軽快なイントロで始まる曲。でもあのVoが乗った瞬間一気に雰囲気が変わります(笑)。Voに耳がいきがちですがギターソロもさりげなく良いです。
9.Come to the Sabbathは個人的にかなりの名曲。さすが北欧という感じの哀愁メロと、キングの奇妙キテレツなVoの融合が絶妙です。ギターリフも最高だし、歌いまわしもヤバイし、ドラマティックな曲構成も凄い。完璧だ…。
他には4.Night of the Unbornとか5.The Oathあたりがオススメ。

このバンド、キングのVoを受け入れられればかなりハマれると思いますが、受け入れられなければ100%無理です。個人的にはかなりツボなんだけどねぇ。まぁそもそも一度聞いてみなければ判断できないので、まずはとりあえずチャレンジ!!

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。