EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[THERION]
THERION「LEMURIA / SIRIUS B」



スウェーデン出身のシンフォニックメタルバンド、セリオンの9作目と10作目。2004年に2作同時に発表され、日本では2作をセットで、ヨーロッパでは初回盤のみ2作セットという形で発売されました。初期の頃はデスメタルバンドだったそうですが、現在はとても壮大かつオペラチックなサウンドが身上。女性ソプラノVoと男女混声のクワイアが実に美しく、適度なオーケストレーションも最高です。男性Voは基本的に独特な歌声ですが、時々テノールっぽい人も登場。シンフォニックな所はこれでもかと言わんばかりに壮大に、メタルっぽいところはしっかりヘヴィにというスタンスも非常に良いです。

<LEMURIA>
1.Typhonはイントロのギターリフがかなりカッコ良い曲。そしてそこから美しい女性ソプラノVoへ!!ってのがまた最高。途中でデスヴォイスが出てくるのが人によっては抵抗あるかもしれませんが、個人的にはかなり効果的で良い感じだと思います。
3.Three Ships of Berik. Part 1: Calling To Arms And Fighting The Battleはイントロの笛で悶絶。民族音楽的なノリと、絶妙のタイミングで出てくるデス声が良い感じです。最後のギターソロもなんか楽しげで良いね。
5.Lemuriaはアコースティックのメチャクチャ綺麗な曲。幻想的な雰囲気と、ちょっぴり哀しげなメロディがホントたまりません。泣けます。女性ソプラノ&アルトVoも最高。男性コーラスの声がジンギスカンを思い出させるような感じでちょっと面白いかも。
他には男女混声の壮大なコーラスが最高な6.Quetzalcoatl、ソプラノヴォイスをたっぷり堪能できる8.An Arrow From The Sunあたりが好きかな。

<SIRIUS B>
1.The Blood of Kinguはメタリックなリフで始まるカッコいい曲。演奏は荒々しいですが、歌の方ではソプラノVoが絶妙に織り交ぜられています。サビ部分が特に最高。
2.Son of the Sunはメロディがとにかく最高。ソプラノVoもやっぱり最高。この曲のコーラスはかなり雄々しい感じで、非常に良い味出してます。何回聞いても飽きないな。
6.Kali Yuga Part2はちょっと疾走している曲。ヘヴィでアグレッシヴですが、メロディはクサめで、ソプラノVoも健在。こういう曲も良いねぇ。
11.Voyage of Gurdjieff (The Fourth Way)は思いっきりメロパワっぽい疾走曲。メロディもクサい。クワイアVoでのメロパワってのが珍しいし、聴いてて普通にカッコいいです。シンフォニックな雰囲気もぴったりマッチ。
他には7.The Wondrous World of Puntとか9.Call of Dagonも好きかな。

この作品、シンフォニック好きにはかなりオススメです。「LEMURIA」の方ではデスヴォイスが出てくることもあるけど数曲だけだし。こんな充実した内容のCDが2枚でセットで3000円ってのはかなりお得な気がする。

オススメ度
LEMURIA…85点
SIRIUS B…86点


音源(クリックした先にMP3)
Blood of Kingu
Lemuria

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。