EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[MARTY FRIEDMAN]
MARTY FRIEDMAN「TOKYO JUKEBOX」

Marty Friedman Tokyo Jukebox

メガデスの日本大好きギタリスト、マーティー・フリードマンのJ-Popカヴァーアルバム。2009年度発表。全曲インストになっています。
収録曲は以下の通り。

1.爪爪爪
2.GIFT
3.天城越え
4.Story
5.ポリリズム
6.帰りたくなったよ
7.TSUNAMI
8.雪の華
9.駅
10.世界に一つだけの花
11.ロマンスの神様
12.明日への讃歌


元々大して興味を惹くような収録曲ではない上、アレンジもやはりギターインストでは限界が…。いや、あちこちでマーティー節は出てて悪くはないんだけどさ。
そんな中、重厚なリフが素敵な3.天城越えだけは素晴らしい出来でした。あと5.ポリリズムも意外と良いかも。
11.ロマンスの神様は原曲好きだから期待してたけど、めっちゃ静かなアレンジになってて残念極まりない。
10.世界に一つだけの花とか、前作の収録曲をそのまんま使いまわしじゃーん。どゆことー。

まぁ色々書きましたが、バックミュージックとして垂れ流すには悪くないかも。

オススメ度…72点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入 Amazon
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[ERIC MARTIN]
ERIC MARTIN「MR.VOCALIST」

Eric Martin Mr. Vocalist

ミスタービックのボーカル、エリック・マーティンのカヴァー企画第一弾。2008年発表。収録されているのは全て日本の女性アーティストの曲を英詞カヴァーしたものです。アイディア自体は徳永英明の「VOCALIST」から拝借したのだそうですが、「MR.VOCALIST」ってのはさすがにそのまんま過ぎるのではないかと…。収録曲は以下の通り。カッコ内は原曲のアーティスト。

1.PRIDE (今井美紀)
2.ハナミズキ (一青窈)
3.あなたのキスを数えましょう (小柳ゆき)
4.Everything (MISIA)
5.Precious (伊藤由奈)
6.TIME GOES BY (Every Little Thing)
7.M (PRINCESS PRINCESS)
8.I Believe (絢香)
9.雪の華 (中島美嘉)
10.The Voice~"Jupiter"English Version (平原綾香)
11.LOVE LOVE LOVE (Dreams Come True)


まぁ僕は基本的に邦楽をあまり聞かないので、そもそも原曲を知らないのですが、どの曲もエリック・マーティンのソウルフルな歌唱が生かされたムードたっぷりな曲に仕上がっていると思います。個人的にはサビの盛り上がりが素晴らしい2.あなたのキスを数えましょうが一番好きかな。

カヴァーアルバムってことで、あんまり強くはオススメしませんが、エリック・マーティンの歌声が好きな人、J-Popのメロディは好きだけど日本語の歌詞が気に食わないって人、邦楽は嫌いじゃないけどやっぱ洋楽の方が良いんだよねーっていう洋楽至上主義の人は是非。

オススメ度…80点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[BEATALLICA]
BEATALLICA
「SGT HETFIELD'S
      MOTORBREATH PUB BAND」




元々ネット上で活躍していたというバンド、ビータリカのデビュー作。2007年発表。名前から想像できる通り(?)、ビートルズの曲をメタリカっぽく演奏するという、斬新なようなそうでもないようなバンドです。Voの歌声&歌いまわしがとにかくジェイムズ・ヘット・フィールドにそっくりで、聴いてるうちにメタリカを聴いているんじゃないかと錯覚してしまうほど。他の演奏陣もそれぞれメタリカのメンバーのクセを見事に真似しきっています。ちなみにメンバーの名前はそれぞれ、ジェイムズ・レノンフィールド<Vo,G>ジョージ・ハメットソン<G>クリフ・マックバートニー<B>ロンゴ・ラーズ<Dr>。おい!!

楽曲は完璧にビートルズの曲と言うわけではなく、ビートルズの曲とメタリカの曲を融合してしまっています。とりあえず収録曲は以下の通り。カッコ内は元ネタ。

1.Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band
 ("Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band" / "Motorbreath")
2.Revol-ooh-tion ("Revolution")
3.Blackened the USSR ("Back in the U.S.S.R." / "Blackened")
4.Sandman" ("Taxman" / "Enter Sandman")
5.Helvester of Skelter
 ("Helter Skelter" / "Harvester of Sorrow")
6.A Garage Dayz Nite
("A Hard Day's Night" / Garage Days Re-Revisited)
7.Anesthesia (I'm Only Sleeping)
 ("I'm Only Sleeping" / "(Anesthesia) Pulling Teeth")
8.Leper Madonna
 ("Lady Madonna" / "Leper Messiah")
9.Ktulu (He's So Heavy)
 ("I Want You (She's So Heavy)", "The Call of Ktulu")
10.For Horsemen
 ("For No One" / "The Four Horsemen")
11.Hey Dude ("Hey Jude")
12.Sgt. Hetfield's (Reprise)
 ("Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band" / "Motorbreath")
13.…And Justice for All My Loving"
 ("All My Loving" / "...And Justice for All")


どれも絶妙なアレンジで、しかもかなり似ているのですが、個人的には元曲が好きなこともあって6.A Garage Dayz Niteとか8.Leper Madonnaあたりがお気に入り。
あとは13.…And Justice For All My Lovingは曲名からしてナイスだし、11.Hey Dudeなんかもジェイムズが一生懸命歌ってるのを想像してしまって面白いです。

ということでこのアルバム、企画モノとしてはかなり楽しめる一枚。メタリカビートルズも好きで、こういうのを笑って楽しめるような心の広い方なら一聴の価値ありです。

オススメ度…80点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

[APOCALYPTICA]
APOCALYPTICA
「PLAYS METALLICA BY FOUR CELLOS」




アポカリプティカはフィンランド出身のチェロ奏者四人組。そしてこのアルバムは彼らのデビュー作なのですが、なんとメタリカの代表曲をチェロで演奏しているのです。ギターリフや、ヴォーカル、そしてドラムに至るまで全てチェロで表現。あんな荒々しい曲を、チェロのみでしっかり再現してしまうのは驚きです。以外に結構ヘヴィで、やはり時折クラシック的な雰囲気に。演奏は相当上手いです。
元々は音楽学校での演奏会で「メタリカやったらウケるんじゃね?」ってやったのが始まりだそうで、その後にCDとして発売しないか?とオファーが来たそうです。1996年発表。

収録曲は以下の通り
1.Enter Sandman
2.Master Of Puppets
3.Harvester Of Sorrow
4.The Unforgiven
5.Sad But True
6.Creeping Death
7.Wherever I May Roam
8.Welcome Home (Sanitarium)

原曲が全部かっこいいので、ぶっちゃけ全部いい感じなのですが、4.The Unforgivenが特にカッコいいです。あのちょっと哀しげな音色をチェロで美しく奏でられると、もうたまりません。かなりクラシック的な雰囲気になっていますが、かなり良いです。
2.Master Of Puppetsは思いっきりスラッシュメタルな曲ですが、これもしっかり再現しています。チェロでザクザクと刻まれるリフは、なんとも言えない不思議な感じ。エレキとは一風変わった深みのある音色になっています。チェロをこんな荒々しく弾く人達なんて、彼らの他にはいないでしょう。
1.Enter Sandmanもかなりヘヴィなリフの曲ですが、コレも上手く弾きこなしています。うーん、渋い!!
他には5.Sad But True7.Wherever I May Roamがいいかな。

このアルバムをヘヴィメタルとして認識していいのかはわかりませんが(金属音じゃねぇしなぁ)、僕はかなり好き。チェロの音色が低音で深みのある音なので、サウンド自体は結構ヘヴィです。まぁ気になった人は是非とも聞いてみて下さい。メタリカの素晴らしい楽曲を、違った側面から見ることが出来るかもしれません。

オススメ度…83点

PV
The Unforgiven

ちなみに彼ら、コレ以降のアルバムではオリジナル曲もやっており、そちらもかなり良いです。

このCDをAmazonで購入

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。