EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THOUSAND EYES 「ENDLESS NIGHTMARE」
THOUSAND EYES 「ENDLESS NIGHTMARE」

Thousand Eyes Endless Nightmare

<収録曲>
1. Endless Nightmare
2. Bleeding Insanity
3. Mirror Knight
4. Leaving From Figment
5. Dead Sorrow Of Me
6. The Last Day Of Suffering
7. Suicide Machine
8. Reflection Of The Flare
9. Damnation Calling
10. Dark Slayer's Requiem
11. Conquered Sun
12. One Thousand Eyes


国産メロディックデスメタルバンド、サウザンド・アイズの2作目。2015年発表。

ライトニングKOUTA<G>と、アフターゼロDOUGEN<Vo>ティアーズ・オブ・トラジェディTORU<G>ユースクエイクAKIRA<B>、そしてナイツ・オブ・ラウンドJUHKI<Dr>という実力派ぞろいでスタートしたこのバンドですが、今作ではJUHKIが抜け、代わりにアンデッド・コーポレーションFu-Minが参加しております。

アグレッシヴなサウンドにこれでもかとばかりのヒロイックなクサメロがのっかるというスタイルは前作から全く変わりませんが、ただでさえ素晴らしかった前作をさらに凌ぐ楽曲がずらっと並んでおり、とてつもない名盤に仕上がっております。

冒頭の#1は絶叫と共にアグレッシヴに疾走しまくる曲。デスラッシュ風味の荒々しいリフでゴリゴリに押しまくるかと思いきや、サビ部分ではめっちゃツインギターがピロピロとかぶせられてクサメタラー歓喜の展開。凶暴さとクサさをここまでうまく両立させるのは本当に凄い。
続く#2がもかなりのキラーチューンで、これまたとにかくクサい曲。メロスピバンドをバックグラウンドとするメンバーだからこそのメロディのクサさと、それをメロデスの中で上手く消化する技量にはほんと脱帽です。弾きまくりのギターソロを含め、とにかくアツい。
#6は泣きのメロディが炸裂するタイプのクサメロディで、悲哀を漂わせつつメロディアスに疾走する曲。色んなパターンのクサメロを取り揃えているとはなんという引き出しの多さ…!と感心してしまいます。

その他も普通のアルバムだったら一番のキラーチューンになってもおかしくないような楽曲なかりで、完成度の高さにただ驚くばかり。1stの時点で相当に素晴らしいアルバムだったのに、まさかその上をいくような作品が生み出されるとは思いませんでした。普段は国産メロデスは聴かないような人にもぜひ聴いてみて貰いたいですし、とりあえずクサメロデス好きは必聴です。

<オススメの曲>
1. Endless Nightmare
2. Bleeding Insanity

オススメ度…93点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

DRAGON GUARDIAN 「少年騎士と3人の少女の英雄詩」
DRAGON GUARDIAN 「少年騎士と3人の少女の英雄詩」

Dragon Guardian 少年騎士と3人の少女の英雄詩

<収録曲>
1. 目覚め
2. 英勇に憧れた少年の物語
3. 伝説の竜姫
4. 運命の旅団の始まり
5. 世界録を巡る冒険
6. 先代魔王
7. 炎崖都市ジオ
8. 秘められた力 -古代召喚術-
9. 決戦、炎の将魔
10. 再来の騎士


勇者アーサー<G>率いるドラゴン・ガーディアンの6作目。2015年発表。

びっくりするほど多作な勇者アーサーですが、近ごろは桜牙シリーズや他アーティストとのコラボレーションなどのサイドプロジェクトとしての活躍が多く、純粋なドラゴン・ガーディアンとしての作品は実に6年ぶりとなります。

そもそもこのバンドがデビューからそろそろ10周年ということがまず驚きで、当時は完全にただのネタバンドだったのに、ここまで本格的なバンドに成長しているという事実にさらにびっくり。まさに"継続は力なり"や"好きこそ物の上手なれ"という言葉を体現しており本当に凄いと思います。

本作は『世界の終わりの世界録』というライトノベルとコラボしているということですが、ライトノベルは全く興味がないのでどうでもいいやってのが正直なところ。本人としては原作合った方が楽でいいんだろうなーくらいの感想です。

音楽の方は従来の持ち味である突き抜けたクサメロが存分に発揮されており、さすが本プロジェクトは気合がさらに違うなーという充実っぷり。ここ数作の高いクオリティをしっかりと維持していてとても良いです。Voは原田ひとみ青葉りんご野宮あゆみなどが参加しており、曲によって色んな歌唱が聴けるのも楽しい。各々、格別に上手いわけではありませんが、クサメロによく合ったタイプの歌唱なのではないかと。

あとはドラゴンガーディアンといえば、「物語形式なのでやたらセリフが入りまくる」というサンホラ系統からの影響が顕著だったのですが、今作ではそれが完全に排除。いざなくなると、それはそれでちょっと寂しいものもありますが、曲としては非常に聴きやすくなっており、随分と一般向けになったかなという印象です。

個人的に一番好きなのは、イントロ#1から繋がる#2。のっけから全力のクサメロスタートなので、聴いた瞬間に「おお、ドラガだ(笑)」と思わず笑みがこぼれてしまうような安定感があり、非常に微笑ましいです。
それと双璧をなすのが#7で、こちらもかなりのクサさ。このバンドの曲を説明しようとすると、"クサい"とか"ダサい"って言葉しか出てこなくて困るのですが、実際にその通りの音だからしょうがない。
他の曲も非常にクサいです。

ここ最近の作品のクオリティをあまりに踏襲し過ぎているせいで、人によってはマンネリに感じてしまうのかもですが、ドラガ本体はずっとこんな感じで良いんじゃないかなーと個人的には思います。

<オススメの曲>
2. 英勇に憧れた少年の物語(→PV)
7. 炎崖都市ジオ

オススメ度…82点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

DRAGON EYES 「PRAYER FOR THE SAD STORIES」
DRAGON EYES 「PRAYER FOR THE SAD STORIES」

Dragon Eyes Prayer For The Sad Stories

<収録曲>
1.Duel
2.Crimson Blood
3.龍神の獄炎
4.偽りの霊廟
5.Distant Cry
6.邪神の瞳
7.Time Of Spiral
8.Miasma In The World
9.End Of Innocent
10.Prayer For The Sad Stories


クサメロスピバンドのドラゴン・ガーディアンを率いる勇者アーサー<G>と、クサメロデスバンドのサウザンド・アイズを率いるKOUTA<G>によって企画されたプロジェクト、ドラゴン・アイズの2作目。2015年発表。

「帝国一のデスラッシャーと王国一の魔術師が奏でる交響曲第2番が完成」

というなんとも大仰な売り文句が帯にデカデカと書かれていて、気合入ってんなーと思いました。

一回限りの企画プロジェクトかと思ってたのに、2作目が出たことにまずはびっくり。
前作は「とりあえず合体してみました!俺たちクサメロ大好きだから、作戦とかいらないよね!」みたいな微妙な出来でしたが、今作はどうやらちゃんと作戦を立てて臨んでくれた模様。前作では手当たり次第感のあったVoを今作では基本的にMINAMIという女性Voに統一し、デスヴォイスはアクセント程度にとどめ、基本的にはメロスピ路線をとることにしたようです。

その結果、全体的にチグハグだった印象が一気に解消され、クサメロの魅力が前作よりも数倍にも増しており、普通に良質な良メロスピへと変貌。さすがクサメロ界に名前を轟かせる二人が一緒になっただけあるなぁと思えるような作品になっており、方針立てってやっぱり大事だなと改めて感じさせられました。

とりあえず一番のキラーチューンは実質的な1曲目である#2。メロデスのような尖ったリフながらも、ヒロイックなメロディで華麗に疾走しまくっており、「おおっ」と喜ばざるを得ません。MINAMIのVoは女性にしては低めの声域で歌っておりますが、なかなかパワフルで曲にも良く合っていると思います。全体的な雰囲気はドラゴン・ガーディアンっぽいけど、弾きまくりのギターなんかはサウザンド・アイズっぽいし、良い具合にコラボで来ているのがとても素敵。
冒頭からクサいギターメロが乱舞しまくる#6なんかも印象的で、これまた「ザ・メロスピ」みたいな感じで良い。弾きまくりのギターが、それぞれどっちが弾いてるのかめっちゃわかりやすいってのも面白い。
#7はヒロイックなメロディを持った、デスヴォイスが良いアクセントになっている曲。デスヴォイスもこういう使い方ならしっくりきて良いなと思いました。
#9はイントロのメロディがファンタジックでとてもクサい。その後もとてもクサく、芝居がかった展開が全体的にめっちゃドラゴン・ガーディアンっぽいなぁと思いました。

ということで、前作よりも格段にクオリティが上がっているなと感じる一作で、これならクサメタラーにオススメしても良いなと思える作品です。
やっぱり実力はあるんだし、前作はただ発揮の仕方が上手くいかなかっただけなんだなぁと思いました。

<オススメの曲>
2.Crimson Blood

オススメ度…80点

[DRAGON GUARDIAN]
FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

[THOUSAND EYES]
FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

THOUSAND EYES 「BLOODY EMPIRE」
THOUSAND EYES 「BLOODY EMPIRE」

Thousand Eyes Bloody Empire

<収録曲>
1. Bloody Empire
2. Last Rebellion
3. God Of Blind
4. Shades Of Black
5. Dead Night, Moonlight
6. Sign
7. Divided World
8. Cardinal Sin
9. Eternal Flame
10. Black Sun


日本産のメロディックデスメタルバンド、サウザンド・アイズの1作目。2013年発表。

ライトニングKOUTA<G>と、アフターゼロDOUGEN<Vo>が中心となって結成されたバンドです。その他のメンバーもティアーズ・オブ・トラジェディTORU<G>ユースクエイクAKIRA<B>、そしてナイツ・オブ・ラウンドJUHKI<Dr>という実力派ぞろい。
メロパワバンドのメンバーが多いので、「このメンツでメロデスやんの?」なんて思ってしまったりもしたのですが、いざ聴いてみると、このメンツならではのクッサいメロディ満載のメロデスをやっておりました。北欧の先人達に匹敵するほどの叙情性の強い泣きのクサメロが乱舞し、迫力と表現力たっぷりの咆哮が響き渡り、国産とは思えない圧倒的クオリティでまとめ上げられています。

基本的にどの曲も信じられないくらいの良曲ばかりなのですが、その中でもやはり冒頭#1のメロディアスさが圧巻。ザクザクとしたデスラッシュとも呼べそうなリフからサビ周りで一転して放たれるメロディのクサさが半端無いです。
他にも#3#5#6、そして#10あたりがお気に入りかな。もうメロディのクサいことクサいこと。全ての曲がひたすら猪突猛進に突っ走りまくっているのも吹っ切れていて良いです。

最近は国産のメロデスバンドがとても優秀になってきておりますが、このバンドもその代表格だと思います。クサメロデスが効きたければぜひ。

<オススメの曲>
1. Bloody Empire
10. Black Sun

オススメ度…89点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

SKYWINGS 「VICE VERSA」
SKYWINGS 「VICE VERSA」

Skywings Vice Versa

<収録曲>
1. Vice Versa~光纏いし者達~
2. Unite Forever~Sky Anthem Pt.4~
3. I Fascinate
4. Sight Of Ruby
5. Glass In The Ice
6. DDDDDDDDDDDDD
7. Lust Fang
8. Night When Meteor Rain Fell
9. [NEVER]land⇔[EVER]land
10. 銀~Argyros~


日本産メロディックスピードメタルバンド、スカイウィングスの3作目。2014年発表。

シンフォニックで、キラキラで、そして何よりもメロディがクサいです。

前作まで歌っていたVoのTAKUYAが脱退してしまい、どうなることかと見守っていたのですが、後任としてギタリストのI-LAがVoも兼任することになった模様。さすがにTAKUYAと比較すると多少聴き劣りはするのかもしれませんが、細くて伸びるハイトーンということで、個人的にはそれほど違和感は感じませんでした。

とりあえず冒頭の#1から#2#3へと煌びやかに駆け抜ける疾走クサメロチューン3連発がかなり秀逸。しっとりとしたバラードっぽいイントロから華麗にキラキラ疾走へと転身する#1、いかにもメロスピといった感じの爽やかなメロディが響き渡る#2、ヒロイックなメロディと派手なコーラスが素敵な#3と、それぞれタイプの違った疾走クサメロチューンが次々と繰り出されます。
あとは#5とか#7あたりも好きかな。

とりあえず基本的にクサくて、基本的に疾走しています。メタルにしては音がちょっと柔らかいというか、ナヨナヨしている感じなので、それがちょっと気になる人はいるかも。

<オススメの曲>
1. Vice Versa~光纏いし者達~
2. Unite Forever~Sky Anthem Pt.4~
3. I Fascinate (→PV)

オススメ度…82点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

GYZE 「BLACK BRIDE」
GYZE 「BLACK BRIDE」

Gyze Black Bride

<収録曲>
1. Black Bride
2. In Grief
3. Honesty
4. Insane Brain
5. Black Shadow
6. Winter Breath
7. Twilight
8. Satanic Loop
9. 菜の花
10. Julius
11. 明日への光
12. Gnosis


国産メロディックデスメタルバンド、ギゼの2作目。2015年発表。

1stアルバムの時点ではDISARMONIA MUNDIEttore Rigottiプロデュースの元で海外デビューを先に果たしていた彼らですが、今作では日本先行でアルバムが発表されました。
1stの時点ではSERPENTVEILED IN SCARLET系統のクッサいメロデスという感じだったのですが、今作では更にクサさを増しており、もはやメロデス化したガルネリウスといった印象。弾きまくりの派手なギタープレイもガルネリウスSyuを彷彿とさせてくれます。
アルバム全篇にわたってこれでもかと言わんばかりのクサメロがぎっしりと詰め込まれており、そこにしっかり叙情性と攻撃性を絡めているあたりが最高。Voも吠え声系のシャウトも、日本人のデス声にしてはしっかりしてるし聴きやすくて良いです。

冒頭の#1が始まった時点であまりのクサさにびっくり。1曲目でこれだけ名盤の予感を感じさせるとは…!Voがデスヴォイスじゃなかったらメロスピに括られてもおかしくないほどのクサさです。しかもいかにも日本のバンドっぽい種類のクサメロなのも良い。
#3Ettore Rigottiがゲスト参加している曲。サビで歌っているのですが、歌詞が日本語だし、メロディもEttore Rigottiっぽさと国産メロデスっぽさが上手い具合に融合されています。
#5なんかはイントロだけ聴いたら初期のガルネリウスなんじゃないかと勘違いされてしまうくらいのクサメロスピっぷり。それをしっかりとメロデスと仕上げており、とてもヒロイックなメロデスになっています。
#8はモダンな雰囲気を漂わせつつも、叙情メロもたっぷりな曲。こういう慟哭系メロデスな部分を前面に押し出した曲もやっぱかっけぇな。
#9はメロデスとは思えないような可愛い曲名の曲。今度はここ最近のガルネリウスっぽいメロディを持った曲。このまま小野正利が歌いだしそうな勢いですが、しっかりとデスヴォイスがのってきます。

とりあえず結論として言えるのは、基本的にめっちゃクサいということです。叙情系メロデス好きにももちろんオススメなのですが、むしろ普段はクサいメロスピばっか聞いてるよーみたいな人にもオススメかも。

<オススメの曲>
1. Black Bride
5. Black Shadow
9. 菜の花

オススメ度…91点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

NOZOMU WAKAI'S DESTINIA 「REQUIEM FOR A SCREAM」
NOZOMU WAKAI'S DESTINIA 「REQUIEM FOR A SCREAM」

Nozomu Wakais Destinia Requiem For A Scream

<収録曲>
1. Requiem For A Scream
2. Sweet Vengeance
3. End My Sorrow
4. Ready For Rock
5. Still Burning
6. Dearest Pain
7. Believing
8. The Trigger
9. Despair Caprice
10. Fight To Win
11. Requiem For A Scream (Feat. Y.Morikawa)


パワーヌードブリザードなど数々のジャパメタバンドに参加してきたギタリスト、若井望の率いるソロプロジェクトの1作目。2014年発表。

アンセム森川之雄が4曲、現ガルネリウス小野正利が3曲、そしてインペリテリなどでの活躍で知られるロブ・ロックが3曲でリードボーカリストとして参加しており、その他コーラスなどではライトブリンガーFukiや声優の榊原ゆいなども参加しております。豪華!

90年代に流行ったような正統派メタルをやっており、ちょっぴりハードロック寄りの曲から、ヨーロピアンでクラシカルに惹きまくる曲まで非常にバラエティ豊か。どの楽曲も力強さと熱さが前面に押し出されており、3人のVoもそれぞれ良い意味で暑苦しい感じの歌唱をする人ばかりなので、お互いの良いところを最大限に引き出し合っているという印象です。

まずは冒頭の#1のが始まった時点でめちゃくちゃカッコよくてビビる。なにこれロブ・ロックの歌唱にめっちゃ合ってんじゃん!ワイルドなメロディと弾きまくりなピロピロギター、そして広がりのあるサビがとても素敵です。#11森川Verが収録されてて、そっちもカッコいいですが、この曲はロブの方が合ってるかな。
個人的に一番のキラーチューンなのは森川の歌う#2。ヨーロピアンなキラキラKeyを纏いながら華麗に疾走していく感じと、サビのヒロイックな哀愁がツボ過ぎてヤバいです。
小野さんの「俺も負けてらんねーぜ」的なシャウトで始まる#3も非常にカッコいい。ってか小野さんが歌うと最近のガルネリウスにしか聞こえない(笑)
あとはインスト曲の#6なんかも弾きまくりでとても良い。さすがギタリストの作品!って感じがします。

とりあえずどの曲もかなりカッコいいのですが、その中でもやはり冒頭3曲のインパクトがデカいです。三者三様な各Voの良さをそれぞれ引き出してくる才能には感服。ジャパメタ系のちょっぴりくどい感じのメロディラインが好きな人はぜひ試してみれば良いのではないかと。

<オススメの曲>
1. Requiem For A Scream
2. Sweet Vengeance
3. End My Sorrow

オススメ度…86点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ANTHEM 「ABSOLUTE WORLD」
ANTHEM 「ABSOLUTE WORLD」

Anthem Absolute World

<収録曲>
1. Shine On
2. Stranger
3. Pain
4. Destroy the Boredom
5. Love of Hell
6. Don't Let It Die
7. Absolute Figure
8. Sailing
9. Edge of Time
10. In the Chaos
11. Run With the Flash


日本の正統派メタルバンド、アンセムの15作目。2014年発表。

リーダーでメインソングライターの柴田直人<B>がガン治療の休養を経てから初となる作品。柴田以外はメンバーチェンジが非常に激しいこのバンドですが、僕の愛してやまない坂本英三<Vo>が前作を最後に再び脱退してしまい、今作からはかつて在籍していた森川之雄<Vo>が再加入しています。

英三さん…、あのやたらねちっこい歌い上げ方はアンセムにぴったりだったのに残念や…。
前作、あんな良かったのに…。

また、本間大嗣が体調不良で脱退したのち空席となっていたドラマーの座には、いままでサポートメンバーとして携わっていた元夜叉田丸勇がおさまっております。

さて、とりあえず今作を聴いての感想は「悪くないやん」という感じです。
坂本英三が抜けて悲嘆にくれていたのは確かですが、森川の実力も折り紙つきですし、相変わらずのアンセム節が満載でとても良いです。歌謡曲っぽい良い具合にクドいメロディも充実していますし、リフもカッコいいし、エネルギッシュ。

冒頭の#1は先行シングルにもなった曲。キャッチーでわかりやすいメロディラインと、勇ましくカッコいいサビメロが非常に良いです。
#2は荒々しいギターリフがクールな曲。いかにもアンセムな感じがとても良い。
#3はちょっぴり憂いを含みながら駆け抜けていく曲。聴けば聴くほどよさが滲み出てくる渋い感じがとても素敵です。これぞ漢の哀愁。
ザクザク刻まれる良いリフが心地よい#4とか#6あたりもこれまたアンセムらしい曲。マンネリといえばマンネリなのですが、ファンはこういうのを求めてるんだからしょうがないよね。
最後を締めくくる#11はサビがキャッチーな曲。メロディアスなギターソロも秀逸。

そんなこんなで、やっぱりVoが変わろうがなんだろうがアンセムはアンセムでした。前作ほどの度肝を抜くようなインパクトは無いかもしれないけど、クオリティは高いと思います。これぞベテランの貫録。

<オススメの曲>
1. Shine On (→PV)
3. Pain

オススメ度…85点

OFFICIAL(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

UNLUCKY MORPHEUS 「AFFECTED」
UNLUCKY MORPHEUS 「AFFECTED」

Unlucky Morpheus Affected

<収録曲>
1. affected
2. Get Revenge On The Tyrant
3. Gradient
4. imagimak
5. 虚妄の恋人
6. 落花流水
7. 殺戮のミセリア


同人メロディックスピードメタルバンド、アンラッキー・モルフェウスの1作目。2014年発表。
これまでに東方やその他のカヴァーアルバムは何枚も出しているようですが、オリジナルアルバムとしては初めての作品となります。

ドラゴンガーディアンやその他の国産メロスピバンドでサポートメンバーとして活躍していた実力派ギタリストの平野幸村と、ライト・ブリンガーでも歌っている女性VoのFuki(ここでは天外冬黄という名前)の二人によるプロジェクトで、通称は「あんきも」。

東方カヴァーとかはあんま興味ないので、過去に1作だけ聴いて「わりとカッコいいね」くらいの感想だったのですが、今作はついにオリジナルアルバム!
当然、演奏や歌唱力の方は既にお墨付きだったのですが、オリジナル曲の方もなかなか良いです。

イントロの#1を除く全てが疾走曲ということで、徹底的にメロスピ魂を貫き通した作品となっており、しかも当然のごとくクサい!さすが!
特に仰々しいクワイヤを導入した#2と、やたらネオクラ風味な#3のクオリティは頭ひとつ抜きんでています。後者のサビの「追いかけてーもー」がやたら頭に残って良いね。
あとは若干迫力不足のデスヴォイスが掛け合いで入っている#5とか、ギターソロがクサメロを奏でまくりの#7あたりも好きかな。

とりあえず国産メロスピが好きな方はぜひ試してみてください。Fukiが歌ってるってことでライト・ブリンガーっぽく感じる所もあるし、クサさ的にドラゴンガーディアン的なところもあるし、そこらへんのバンドが好きた人は手を出してみれば良いんじゃないかと。
同人メタルってわりと手に入れるの難しかったりめんどくさかったりするけど、このバンドならアマゾンでも売ってるし、ユニオンとかで扱ってたりもするし。

<オススメの曲>
2. Get Revenge On The Tyrant
3. Gradient
5. 虚妄の恋人
7. 殺戮のミセリア

オススメ度…82点

OFFICIAL(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

JORMUNGAND 「JORMUNGAND」
JORMUNGAND 「JORMUNGAND」

JORMUNGAND JORMUNGAND

<収録曲>
1. Open The World
2. Heart Wave
3. Shining On
4. Distance
5. 人は相も変わらず
6. Beat For Emotion
7. Spiral Feel


同人メタル界で名を馳せている龍5150の立ち上げたバンド、ヨルムンガンドのデビュー作。2014年発表。

Voは5150の東方メタルアレンジで歌っているみーやという女性なのだそうですが、東方関係に基本的に興味のない僕は東方メタルアレンジ作品未聴なので良く知りません。が、メロスピチューンにぴったりの良い感じなハイトーンヴォイスです。めっちゃアニソンっぽく聴こえるけど。

本家5150では大合唱メタルとも評される大仰でシンフォニックなクサメタルをやっておりますが、ヨルムンガンドでもやっていることは基本的に同じ。バンド編成ということもあって、確かにかなりバンドっぽさは出ているかもしれません。とにかくメロディのクサい疾走チューンがずらっと並ぶので、その手のサウンドが好きな人にとっては嬉しい限りです。

中でも#6のクサさは群を抜いており、イントロのKeyからして期待度MAX。若干の憂いを帯びたクサいサビメロには悶絶を禁じ得ません。ヒロイックに盛り上がる近年稀に見る良質メロスピチューン。

他にも大仰でクサクサなチューンが目白押しで、飽きる事なく最後まで突っ走ってくれる良作です。

<オススメの曲>
2. Heart Wave
4. Distance
6. Beat For Emotion

オススメ度…85点

OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

MARY'S BLOOD 「AZURE」
MARY'S BLOOD 「AZURE」

Marys Blood Azure

<収録曲>
1. Deep-Six
2. Veronica
3. Voyage
4. セツナ
5. Frozen
6. Blue Heaven


日本のガールズメタルバンド、メアリーズ・ブラッドの3枚目のミニアルバム。203年発表。

「音楽専門誌"BURRN!"にて2013年最も期待するバンドとして紹介された」とか「ガールズ・メタル界の牽引バンド」とか言われていたので期待していたのですが、サウンド的にはガールズロックの延長といった感じの毒にも薬にもならないタイプでした。なかなかテクニカルだったり、硬派な音は出してたりするのですが、「違うんだよ!メタルって言うのはこういう風にお洒落ぶったりカッコつけちゃいけないんだよ!」という"コレじゃない感"が終始付きまといます。「こいつらメタルやってる自分の事カッコいいと思ってるんだろうな」的な。個人的に、メタルってのはもっとダサくて愚直な音楽であって欲しいので、ちょっと好みのタイプから外れていました。

とはいえ、ワイルドな#1、手数足数の多いドラミングが印象的な#2、キャッチーな#6など、それなりに良い曲もあるので、気に入る人は気に入るのかも。

<オススメの曲>
2. Veronica

オススメ度…75点

OFFICIAL(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WINDZOR 「AGAINST THE UNKNOWN TEMPEST」
WINDZOR
「AGAINST THE UNKNOWN TEMPEST」


Windzor against The Unknown Tempest

<収録曲>
1. Prayer ~To The Ground~
2. No Fear, It Is All
3. Lunar Shadow
4. Lost The Key
5. Brazing Saga
6. Nameless Warrior
7. Healing With Lean Against A Tree
8. Get Into The Light
9. The Queen's Way
10. Go Ahead To Tomorrow With Blood Tear


姫路出身のシンフォニックパワーメタルバンド、ウィンザーの1作目。2013年発表。

何とバンド結成は1999年で、14年目にして初のフルアルバムなのだそうです。関西のインディーズメタルバンドの中ではわりと重鎮らしい。
サウンドの方はシンフォニックな装飾を適度に入れたパワーメタルといった感じで、音作りに残る荒々しさがB級っぽさを漂わせています。

イントロの#1はシンフォニックメタルバンドに良くある感じのインストで、否が応でも気分が高揚してしまう感じ。
そしてそこから#2になだれ込むのですが、イントロがとてつもなくクサくてビビります。めっちゃエピカルでダサい。もちろん良い意味で。そして女性VoのKinoppyが歌いだした瞬間に感じたのは「声太っ!ww」ということ。こういうバンドってソプラノヴォイスが定番だと思うんだけど、あまりのパワフルさに驚きを隠しえません。ただ、これはこれでなかなか新鮮で、曲ともかなり合っているので良いと思います。
とまぁここまではかなり絶好調で、普通になかなかツボなタイプだったのですが、これ以降が少々メロディの質的に尻すぼみな感が否めなかったのが残念。#6とか#8#9あたりがちょいちょいクサくて良いかなぁくらいかな。

もっと元気よく悶絶クサメロを最後までふりまき続けてくれれば最高だったのになーという感じでした。

<オススメの曲>
2. No Fear, It Is All
9. The Queen's Way

オススメ度…78点

OFFICIAL(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

MERGINGMOON 「KAMIKAKUSHI "神隠し"」
MERGINGMOON 「KAMIKAKUSHI "神隠し"」

MergingMoon Kamikakushi

<収録曲>
1. Nothing's All Over
2. Maleficium
3. Agonizing Choice
4. Greyen
5. When A Phantom Becomes A Fact
6. Spiritual State Of Nothingness
7. Warring States Period
8. Crimson Persimmon
9. In Merging Lives
10. Secret Eros
11. Owaru Ate Naki


東京出身のメタルコアバンド、マージングムーンの2作目。
2013年発表。

ゴリゴリのデスメタルサウンドにエレクトロニックなピコピコKeyを積極的に絡ませるというのが基本のスタンスで、そこにちょいちょい和の雰囲気もぶち込んでくるあたりがなかなか独特です。琴や尺八などの楽器も積極的に取り入れており、個人的にはかなり好みの系統。曲作りも凝ってるし、演奏技術も高いし、デスヴォイスを含めた色々な声を使い分ける女性Voとクリーンヴォイスの男性Voのツイン編成ってのもなかなか良い。ピコピコにしたいのか和サウンドを強調したいのかどっちつかずなところもあるのですが、慣れると意外と悪くない気がしてきてしまいます。
せっかく「現代に生きる少女がタイムスリップする」という大層なコンセプトを掲げているのに、イマイチ音楽からそのコンセプトが伝わってこないのだけがちょっと残念かな。

<オススメの曲>
2. Maleficium
9. In Merging Lives
10. Secret Eros

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。