EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「BABYMETAL × キバオブアキバ」
「BABYMETAL×キバオブアキバ」

BABYMETAL × キバオブアキバ 「BABYMETAL × キバオブアキバ」

アイドルメタルユニットのBABYMETALと、オタク系スクリーモバンドのキバオブアキバによるスプリットCD。2012年発表。BABYMETALは学校生活とクラブ活動をテーマとした"さくら学院"というアイドルグループの中の"重音部"という設定で、平均年齢13歳の女の子3人組のユニット。ヘヴィメタルとアイドルというコンセプトで活躍しており、モダンでヘヴィなサウンドをバックにしたやたらキャッチーな楽曲が特徴です。人差し指と小指を立てるメタルのシンボルは、"メロイックサイン"ではなく"きつねさんサイン"なのだとか。そしてキバオブアキバはアキバ文化とスクリーモサウンドの融合を試みているバンド。"ヲタイリッシュデスポップ"を自称してるだけあって、激しめのスクリーモサウンドの中にちょっとしたポップさを感じさせる楽曲が特徴です。

<収録曲>
1.いいね!
2.Party @The BBS
3.君とアニメが見たい~ Answer for Animation With You
4.ド・キ・ド・キ☆モーニング Ver.Koa


#1がBABYMETALの曲で、#2がキバオブアキバの曲。
#3はキバオブアキバの曲をBABYMETALがカヴァーしたもので、#4は逆にBABYMETALの曲をキバオブアキバがカヴァーしたものとなっています。

<オススメの曲>
1.いいね!(→PV)
2.Party @The BBS

BABYMETALの#1エンターシカリを彷彿とさせるようなピコピコ電子音を多用しまくったスクリーモタイプの曲。リフ自体はめちゃくちゃヘヴィですが、そこにのっかる声は安全にアイドル系女の子の声。そしてメロディはめちゃくちゃキャッチーです。疾走感のある前半部から突然何故かゆるいラップパートへ突入。そこだけちょっと蛇足感は否めない。そっからさらにブレイクダウンをかまし、「メーロイックじゃないーい、きつねさーん♪」というしょうもないデス声パートに突入。やたら重厚なリフが響き渡り、そのまま最初のキャッチーなピコピコ系スクリーモに戻っていきます。
キバオブアキバの♯2はいつも通り電子音多用のスクリーモ。歌詞の内容に反してシャウトなどはかなり本格的な迫力を持っています。クリーンパートのキャッチーさも良いね。
♯3#4はそれぞれ原曲に忠実ながらも、自分たちの歌い方を貫き通しているという印象。

オススメ度…80点

とりあえずイロモノが好きな人は聴いてみればいいんじゃないかな。

OFFICIAL(→BABYMETALキバオブアキバ)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

HOUSE VS HURRICANE 「FORFEITURE」
HOUSE VS HURRICANE 「FORFEITURE」

House Vs Hurricane Forfeiture

オーストラリア出身のトランス風ハードコア/スクリーモバンド、ハウスVSハリケーンのデビューEP。2008年発表。ザクザクとした荒々しいサウンドの中に時折エモーショナルなメロディを織り交ぜ、そこにトランス風味というかレイブ風味のエレクトロサウンドを大胆に導入したサウンドが特徴です。やたらダンサブルなノリが奇妙なポップさを生み出しており、激しい割には親しみやすい感じ。レイブ風味という点ではエンター・シカリに通じるものもあるかもしれません。Voの咆哮はなかなか迫力があっていい感じ。

<収録曲>
1. Introduction
2. Forfeiture
3. Comforting Our Thoughts In A Continuous Blue
4. Seeing Things Through Water
5. Colour Space
6. The Only Virtue
7. Furious George


<オススメの曲>
2. Forfeiture(→PV)
4. Seeing Things Through Water

オルゴールのようなイントロ#1に続く#2がとても良い。トランス風味のサウンドをバックにヘヴィなリフが荒々しく暴れまわったかと思えば、一気にしっとりエモーショナルにクールダウン、そして唐突なブレイクダウンをかまし、なぜかピッコピコのゲームミュージックのようなダンスサウンドへと展開します。そのピコピコパートがなんともいえないアンバランスな感じで個人的に超好み。
#4も比較的ノリの良い曲。スクリーモならではのグルーヴ感が心地よいです。ドタバタしたドラムも好き。

オススメ度…79点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。