EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SLAYER 「HELL AWAITS」
SLAYER 「HELL AWAITS」

Slayer Hell Awaits

<収録曲>
1. Hell Awaits
2. Kill Again
3. At Dawn They Sleep
4. Haunting The Chapel
5. Praise Of Death
6. Necrophiliac
7. Captor Of Sin
8. Crypts Of Eternity
9. Hardening Of The Arteries


スラッシュメタル四天王の一角を担うスラッシュメタル界の帝王、スレイヤーの2作目。1985年発表。

スレイヤーといえば3作目が最高傑作として名高く、もはや伝説の一枚として扱われていますが、そのひとつ前のこの作品もかなりの傑作となっております。荒削りだし、サウンドプロダクションも劣悪だし、1曲ずつが微妙に長めでまだまだ洗練されきってはいない感はありますが、それを補って余りある圧倒的なアグレッションが詰まっており、当時のエクストリームメタルの限界点を軽くぶち破るような凶暴性がとても素敵。

冒頭の#1なんかはその最たるもので、2分弱の儀式めいたSEと、ジワジワと盛り上がってくるリフにやきもきさせられますが、そっから一気に加速しまくる様子は本当に圧巻。細かく荒々しく刻まれまくるリフがめちゃくちゃクールです。
#2も不穏な空気をまといながら疾走しまくる曲で、スレイヤーの速い曲は本当にカッコいいなと感じさせられるような曲。ただやみくもにリフを刻むだけではなく、メロディアスさも感じさせるところが凄い。
#5も同じくリフがめちゃくちゃカッコよく、最初っから最後まで突っ走り続ける曲。5分強の曲ですが、最初っから最後まで一切気を緩めずに突き進むアグレッシヴな曲です。
#6もやはり凶暴なリフがとても魅力的で、邪悪さが前面に押しだされていてとても好きです。次作に繋がるようなリフノ醸し出す不穏なメロディもめっちゃ良い。

ってなわけで、究極の名盤の1枚である3作目はもちろんなのですが、スラッシュメタルを語る上ではこのアルバムも欠かせない一枚だと思います。とにかく速くて凶暴なスラッシュメタルを聴きたい方はぜひ。

<オススメの曲>
1. Hell Awaits
6. Necrophiliac

オススメ度…88点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

SLAYER 「REPENTLESS」
SLAYER 「REPENTLESS」

Slayer Repentless

<収録曲>
1. Delusions Of Saviour
2. Repentless
3. Take Control
4. Vices
5. Cast The First Stone
6. When The Stillness Comes
7. Chasing Death
8. Implode
9. Piano Wire
10. Atrocity Vendor
11. You Against You
12. Pride In Prejudice


スラッシュメタル界の帝王、スレイヤーの11作目。2015年発表。
前作から6年ぶり、ジェフ・ハンネマン<G>の死去という大事件を経てからは初となる作品です。

ジェフの代役としてエクソダスゲイリー・ホルトが参加しており、ドラマーもデイヴ・ロンバートからポール・ボスタフにチェンジ。作曲面ではケリー・キング<G>が孤軍奮闘しているようで、ジェフが生前に残した#9以外は全てケリーの作曲となっております。

サウンドとしては良くも悪くも"安定のスレイヤー印"といった感じで、勢いのあるリフでゴリゴリと過激に押していくスタイルは完全にいつも通りのスレイヤー。
個人的にはスレイヤーは勢いだけで押し切るような速い曲が大好きなので、#2#3のような何も考えずに頭を振れるようなスラッシュチューンはやはりとても良いなと思いました。
速さよりもヘヴィさを押しだしたような曲も、スレイヤーらしい不穏な空気が良い具合に醸し出されていてなかなかの出来ですが、イマイチ頭に残らないというのが少し残念なところ。ただ、過激さの中にオーソドックスなへヴィメタルサウンドをしっかりと残していると感じられるところは、いかにもベテランらしい貫録でさすがだなと感じさせられます。

ってなわけで、「スレイヤーの復活だ!!」と大絶賛するほどでもなく、かといって決して満足しないわけでもないという作品でした。良く言えば安定した作品、悪く言うと無難な作品といった感じでしょうか。ここまでのベテランになると、もはやアルバムを出すという行動自体に価値があるという部分もあるので、そういった中でこれだけの安定性を出せるというのは個人的にはとても凄いと思います。

<オススメの曲>
2. Repentless
3. Take Control
10. Atrocity Vendor

オススメ度…82点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

MOKOMA 「Elävien Kirjoihin」
MOKOMA 「Elävien Kirjoihin」

Mokoma Elävien Kirjoihin

<収録曲>
1. Elävien kirjoihin
2. Sinne missä aamu sarastaa
3. Valtakunnassa kaikki hyvin
4. Lunnaat
5. Uhkakuva 6
6. Vastakkaiset voimat
7. Irti
8. Mutta minulta puuttuisi rakkaus
9. Hujan hajan
10. Pohja on nähty
11. Nimensä unohtaneen rukous


フィンランド出身のメタルバンド、モコマの10作目。2015年発表。

ジャンル的にはスラッシュメタルで括られることが多いようですが、全然スラッシュしていない曲も多かったり、デスっぽいところもあったりして、なんとも一筋縄ではいかないサウンドを特徴としたバンドです。時折、フィンランドらしいメランコリックっぽさが激しさの中にチラチラ顔を出すのも面白いとこ。
何よりもの特徴は歌詞が全部フィンランド語なところで、荒々しいサウンドのわりに、フィンランドの可愛らしい発音のせいでちょっとかわいい感じになっています。

以上の特徴を統合して、個人的にはフィンランド版のDIE APOKALYPTISCHEN REITERみたいなバンドだと思ってるんだけど、どうなんだろ。もちろんあんなに雄々しくは無いんだけど、複数ジャンルがごった煮になってるところとかさ。

とりあえず個人的に一番好きなのはPVにもなってる#2で、ヒロイックでザクザクとしたリフと、ちょっと間の抜けた感じのフィンランド語歌唱が良い具合にマッチしています。ザクザクしてるわりにメロディもちゃんとあるし、サビっぽい部分でちょっと明るくなるのも良い。
他の曲もわりと好きだけど、やっぱりザクザクと刻む系のスラッシーな#3とか#7みたいな曲が好みかな。

2013年のラウドパークにも来てるし、知名度はそんな低くもないのかなぁとは思います。
異国語の不思議な響きが好きな人はぜひ。

<オススメの曲>
2. Sinne missä aamu sarastaa (→PV)

オススメ度…81点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ALKOHOLIZER 「FREE BEER...SURF'S UP!!!」
ALKOHOLIZER 「FREE BEER...SURF'S UP!!!」

Alkoholizer Free Beer Surfs Up

<収録曲>
1. The HogMosh - Nozno Strikes Back!!!
2. Faceless
3. Surfin' Beer
4. Breathalize And Destroy!!
5. System Aberration
6. Never Come Back Sober...
7. Antisocial Trap
8. Skating Madness
9. Mind Pollution
10. Stop Hit Off The Ghetto - Join The Boar Party!!!


イタリア出身のアルコール系スラッシュメタルバンド、アルコライザーの2作目。2014年発表。

ふざけたバンド名とくっそみたいなジャケからは想像できないような、いやむしろそのまま想像出来るような、クオリティの高いピュアっピュアな王道B級スラッシュメタルをやっております。ザクザクと細かく刻むタイプのリフと、圧倒的疾走感でガリガリと突き進んでいくようなサウンドで、正統派な部分とクロスオーヴァースラッシュ的な部分を上手いこと掛け合わせているのがとても良い。基本的には吐き捨て系のVoなのですが、たまに素っ頓狂な声が入ったり、メンバーたちの掛け声が入ってきたりするあたりがいかにもB級な感じで良い。

基本的にどの曲も聴いててスカッとするような痛快な疾走スラッシュなのですが、その中でも特に高速でリフを刻みまくってる#3とか#5あたりが特に好きかなぁ。
冒頭のグルーヴ感のある#1とか、なぜかザクザク系リフにラップ調Voをのせた#10なんかも印象的。

とりあえずいかにも古き良きスラッシュメタル的なサウンドなので、深いことを考えずにクールなリフを聴いてテンション上げたい方はぜひ。

<オススメの曲>
3. Surfin' Beer
5. System Aberration

オススメ度…86点

FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ARMOR COLUMN 「MAXIMUM COLLATERAL DAMAGE」
ARMOR COLUMN
「MAXIMUM COLLATERAL DAMAGE」


Armor Column Maximum Collateral Damage

<収録曲>
1. Warmonger
2. With Blood And Vengeance
3. Armor Column
4. Where There's A War, There's A Way
5. Dictator's Whore
6. Rattenkrieg
7. We Breath Extinction
8. Maximum Collateral Damage


米国出身のスラッシュメタルバンド、アーマー・コラムの1作目。
2011年発表。

基本的には正統なスラッシュメタルなのですが、ちょいちょいメロディアスなツインリードを挟み込んだりと、少しだけ正統派メタルの様な音を出してくるのが面白いです。また、Voは基本的にはオーヴァーキルBlitzみたいなタイプのいかにもスラッシュメタル向きな声なのですが、たまーにキング・ダイヤモンドみたいな胡散臭いハイトーンを出してくるのが面白い。

猪突猛進型のスラッシュメタルも良いけど、こういう器用に色々とこなしてくれるバンドも聴いてて楽しいなーと思わせてくれます。

<オススメの曲>
2. With Blood And Vengeance(→PV)
3. Armor Column
4. Where There's A War, There's A Way

アルバム前半の方が元気があって良い。
特に#3の勢いと、メロディアスなギターソロが秀逸。

オススメ度…80点

MYSPACE(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

EVIL INVADERS 「EVIL INVADERS」
EVIL INVADERS 「EVIL INVADERS」

Evil Invaders Evil Invaders

<収録曲>
1. Victim of Sacrifice
2. Driving Fast
3. Tortured by the Beast
4. Speed Invasion
5. Alcoholic Maniac
6. Evil Invaders


ベルギー出身のスラッシュメタルバンド、イーヴル・インベーダースのデビューEP。2013年発表。

バンド名はRAZORのアルバムから拝借しているようです。

サウンド的にはザクザクと刻みまくりながらも正統派メタルに近いようなリフが存分に織り込まれているのがとても面白い。しかも疾走感が抜群で、とにかくスピード感とエネルギーに溢れたサウンドになっています。Voの声はちょっぴり素っ頓狂なハイトーンヴォイスで、これまた吐き捨て型スラッシュメタルとB級メロスピの中間みたいな歌い方がとても面白いです。

冒頭の#1はなぜか風のSEを交えた物悲しげなイントロでスタートするのですが、途中で一気に疾走を始めてやりたい放題に突き進みます。高速で刻まれるリフと、イッてしまったVoとの組み合わせがとても爽快。
#2はスピードメタル的なリフが高速で紡ぎだされる曲。メロディアスさと小気味良い疾走感が絶妙に両立されています。中盤でスピードを落としてまた疾走しだす所とかも素晴らしい。
#3はイントロ的にミドルテンポのずっしりとした感じと思いきや、B級メロスピのような奇妙なシャウト共にやはり疾走開始。かなりスピードメタル的な曲ですが、スラッシュっぽさが全く失われていないのが凄い。
#4はタイトルの通り疾走感がMAX。インストですが、ノリの良いリフや小技の光るベースなどが高速で紡ぎだされ、聴きどころ満載です。
#5はシンプルなリフと素っ頓狂なハイトーンで突き進む。やたらピロピロとしたギターソロが印象に残ります。
バンド名を関した#6は他の曲とはちょっぴり違った重々しいイントロの曲。ドラマティックな感じで盛り上がっていく、正統派メタルに一番近い曲です。

ってことで、ここ最近の若手スラッシュはどれも元気があって良いですが、このバンドも期待に違わずとても良い。デビューEPでこのクオリティは凄いわ。個性もなかなかしっかりしているし、今後の活躍にも期待です。

<オススメの曲>
1. Victim of Sacrifice
2. Driving Fast
3. Tortured by the Beast

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

HAVOK 「UNNATURAL SELECTION」
HAVOK 「UNNATURAL SELECTION」

Havok Unnatural Selection

<収録曲>
1. I Am The State
2. Give Me Liberty... Or Give Me Death
3. It Is True
4. Under The Gun
5. Waste Of Life
6. Living Nightmare
7. Chasing The Edge
8. Worse Than War
9. Children Of The Grave
10. Unnatural Selection


米国出身のスラッシュメタルバンド、ハヴォックの3作目。
2013年発表。

前作まではザックザクのリフで小気味良く軽快に疾走するスラッシュメタルをやっていた彼らですが、今作はちょっぴりモダンな風味が加わり、ただひたすらスピード一辺倒なスラッシュメタルからの脱却を図っています。グルーヴ感重視の曲やミドルテンポのフレーズがちょっと増えたという感じかな。とはいえ疾走感も一定値以上はしっかり保たれていますし、一心不乱に頭を振りたくなるようなサウンドは相変わらず。エクソダスとかオーバーキルあたりの個性をちょっとずつ奪ってきたようなスラッシュメタルなので、その手のサウンドが好きな人なら楽しめると思います。

個人的にはザックリとしたリフでグルーヴィーかつスピーディーに展開していく#1が一番のお気に入り。Voの表現力も前作よりちょっと成長しており、ただ吐き捨てるだけじゃなくて微妙にメロディをなぞったりしてくれます。
#2は細かいリフを刻みながら駆け抜ける疾走チューン。いかにもなスラッシュメタルで良い。
#3はひねくれたリフが胡散臭い曲。独特の雰囲気が面白いです。
軽快なドラムのリズムに導かれる#4は、グルーヴィーでコミカルな曲。サビの「ガガガガガガガ、ガーン」が頭に残る。
#5はやたらモダンな雰囲気が漂う上に、なんだかメガデスっぽい曲。歌いまわしとか完全に大佐じゃないですかーー。
#6はちょっと暗めのリフがどっしりと刻まれる曲。
そして#7はさらにどっしりとしたリフのミドルテンポチューン。
#8も不穏なリフが妖しく響くミドルテンポチューン。
#9ブラックサバスのカバー。スラッシュメタルっぽくリフは刻まれていますが、歌メロがガッツリなのでちょっと違和感はあるかも。
最後を締めくくる#10は唐突にスピードを回復し、一気に猪突猛進型のスラッシュメタルに。やっぱこのくらい暴れてくれると嬉しい。

前作とはちょっぴり違った雰囲気があるので最初はちょっと戸惑う部分もあったのですが、なんだかんだこれはこれで良いなぁと思いました。後半の失速がちょっとだけ残念だけど。とりあえずここ最近の若手スラッシュメタル勢の中でもかなり有望な方だと思うので、スラッシュメタル好きはぜひ。

<オススメの曲>
1. I Am The State
2. Give Me Liberty... Or Give Me Death(→PV)
3. It Is True
4. Under The Gun

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

GAMA BOMB 「THE TERROR TAPES」
GAMA BOMB 「THE TERROR TAPES」

Gama Bomb The Terror Tapes

<収録曲>
1. The Wrong Stuff
2. Legend Of Speed
3. Backwards Bible
4. Beverly Hills Robocop
5. Smoke The Blow With Willem Dafoe
6. We Started The Fire
7. Terrorscope
8. The Cannibals Are In The Streets - All Flesh Must Be Eaten
9. Shitting Yourself To Live
10. Matrioshka Brain
11. Metal Idiot
12. Wrecking Ball


北アイルランド出身のクロスオーバースラッシュメタルバンド、ガマ・ボムの4作目。2013年発表。

疾走しまくりでちょっぴりパンキッシュなスラッシュメタルをやっており、軽快に刻みまくるリフがとにかく爽快です。基本的には高速リフを中心とした勢い重視のサウンドなのですが、ちょっぴりコミカルなリフワークや歌い回し、そして妙にキャッチーなシンガロング、ついつい頭を振りたくなるようなリズム感など、聴きどころも盛りだくさん。これだけ疾走一辺倒なのに、一曲一曲にしっかりと特徴があるのが素晴らしい。MUNICIPAL WASTEあたりをさらに元気いっぱいにして解き放ったようなサウンドなので、その手のスラッシュメタルが好きな方はぜひ。

<オススメの曲>
2. Legend Of Speed
4. Beverly Hills Robocop
7. Terrorscope(→PV)
11. Metal Idiot
12. Wrecking Ball

わずか4分半でめぐるましく展開しまくる高速リフワークが秀逸な#4が最高。急にグルーヴ感たっぷりになってみたり、コミカルなコーラスを挟んでみたりと、このバンドの魅力がたっぷり詰まった一曲です。
#7はギターソロが唐突に剣の舞のメロディになるのが面白い。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

REVOCATION 「CHAOS OF FORMS」
REVOCATION 「CHAOS OF FORMS」

Revocation Chaos Of Forms

<収録曲>
1. Cretin
2. Cradle Robber
3. Harlot
4. Dissolution Ritual
5. Conjuring The Cataclysm
6. No Funeral
7. Fractal Entity
8. Chaos Of Forms
9. The Watchers
10. Beloved Horrifier
11. Dethroned
12. Reprogrammed


米国出身のデスラッシュメタルバンド,レヴォケイションの3作目。
2011年発表。

デスラッシュとか言いながらもサウンドはかなりスラッシュメタル寄りで、あまりデスっぽい要素はありません。基本的にはザックザクのリフで勢いよく突っ走っていくタイプなのですが、曲によってはいきなり正統派メタルっぽくなったり、はたまたプログレっぽい転調を繰り返してみたりとやたら個性的。リフも唐突にメロディアスになったり、Voも明るいコーラスがいきなり始まったりと、聴いていてとても楽しいです。
ジャンルの枠にとらわれない自由奔放なスラッシュメタルという感じで、ごった煮サウンド大好きな僕にとってはあまりにもツボ過ぎるサウンドでした。

<オススメの曲>
1. Cretin
2. Cradle Robber
6. No Funeral
10. Beloved Horrifier
11. Dethroned

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WITCHBURNER 「BLOODTHIRSTY EYES」
WITCHBURNER 「BLOODTHIRSTY EYES」

Witchburner Bloodthirsty Eyes

<収録曲>
1. Sermon of Profanity
2. Possession
3. Master and Slave
4. Path of the Sinner
5. Apocalyptic Visions
6. Bloodthirsty Eyes
7. Never Surrender
8. Spirit of the Dead
9. The Bringer of Disease


ドイツ出身のスラッシュメタルバンド、ウィッチバーナーの7作目。
2013年発表。

シンプルなリフで突っ走るタイプのスラッシュメタルをやっています。リフの種類も豊富だし、ちょいちょい挟み込んでくるメロディも悪くはないんだけど、小奇麗に纏まりすぎていて個性はあまりないかも。Voはちょっと汚めの吐き捨て方で、いかにもスラッシュメタルという感じです。どの曲も疾走しまくりで聴いてて小気味良いことは確かなので、他のバンドに埋もれない個性が欲しい。

<オススメの曲>
4. Path of the Sinner

オススメ度…78点

FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

HATCHET 「DAWN OF THE END」
HATCHET 「DAWN OF THE END」

Hatchet Dawn Of The End

<収録曲>
1. After The Dark
2. Silenced By Death
3. Screams Of The Night
4. Fall From Grace
5. Revelations Of Good And Evil
6. Signals Of Infection
7. Dawn Of The End
8. Sinister Thoughts
9. Welcome To The Plague
10. Vanishing Point


サンフランシスコ出身のスラッシュメタルバンド、HATCHETの2作目。2013年発表。

1作目は未聴なのですが、ギターがVo兼任してメンバーを一新しての作品なのだそうです。ベイエリアクランチ的なザックザクのリフに、時折メロディアスなリフを織り交ぜてくるというのが基本的なスタンス。スッタンスッタンという裏打ち系のドラムと、小気味良いリフとの組み合わせがなかなか良い。Voは吐き捨て系のわりにあまり迫力はありませんが、適度に聴きやすくて逆に良いかも。抜きんでて素晴らしいってほどではないけど、聴けばしっかり楽しめるような作品です。

<オススメの曲>
2. Silenced By Death
4. Fall From Grace
10. Vanishing Point

オススメ度…79点

MYSPACE(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

MEGADETH 「SUPER COLLIDER」
MEGADETH 「SUPER COLLIDER」

Megadeth Super Collider

<収録曲>
1. Kingmaker
2. Super Collider
3. Burn!
4. Built For War
5. Off The Edge
6. Dance In The Rain
7. The Beginning Of Sorrow
8. The Blackest Crow
9. Forget To Remember
10. Don't Turn Your Back...
11. Cold Sweat
12. All I Want(Bonus Track)
13. A House Divided (Bonus Track)
14. Countdown To Extinction - Live At Fox Theater,
   Pomona, CA [2012]


かつてインテレクチュアルスラッシュメタルと呼ばれていたメガデスの14作目。2013年発表。デイヴ・ムステイン<G,Vo>自身が新たに設立した新レーベルからの第一弾です。

ずいぶん前からインテレクチュアルスラッシュメタルの道を踏み外しつつも、基本的にはギリギリでスラッシュの範疇に留まりつつ良曲を量産してきたこのバンドですが、今作はもはやスラッシュメタルなのかどうか疑わしい作品に仕上がっています。
ただ、デイヴ・ムステインのメロディメイカーっぷりがいい具合作用しており、かつての問題作である「RISK」のようになってはおらず、普通にカッコいいメタルチューンが盛りだくさん。ポップながらも要所要所にスラッシーで切れ味鋭いリフが効果的に使われており、そのピンポイントなカッコ良さと、全体的な聴きやすさとの融合に唸らされることとなりました。しかもそこにデイヴ・ムステインのヘタウマVoがのっかることにより、しっかりとメガデスの曲っぽく仕上がっているのがズルい。

とりあえずアルバム冒頭を飾る#1は、この作品の中で最もスラッシュメタルに近い曲。ただ、メガデス以外のバンドがこの曲をやってたら、わりと普通にカッコいいグルーヴ感を携えた正統派メタルに分類したくなる。イントロや感想はわりとアグレッシヴですが、メロディライン自体はわりとキャッチーです。
先行で聞くことの出来た#2は、このアルバムで一番ポップな曲。なんでこれを先行にしてしまったんだろう。意外性を狙いたかったのかな。ちなみに僕自身はあんまこの曲は好きではありません。
そして#6はこの曲で個人的に一番のお気に入りチューン。静かなイントロからデイヴ・ムステインの語りが始まった時はどうしようかと思いましたが、途中からの盛り上がり、そして最後の1分ほどの畳み掛けが最高にクールです。前半は信じられないくらいメガデスっぽさゼロな感じですが、最後の畳み掛けは全盛期のメガデスに匹敵すると絶賛したくなるほどのインテレクチュアルなリフの応酬。テンションあがるわー。
#10はアダルトなムードで始まるのでこれまたどうしたことかと思ってしまいますが、そのあとはグルーヴィーなリフでオラオラと突き進む曲へと変化。メロディラインもポップで良いね。
#11は「普通にカッコいいけど、もはやこれハードロックじゃん!」なんて思ったら、THIN LIZZYのカヴァー曲でした(笑)。今度原曲の方を入手してこようっと。

ってことで、今作はメガデスの中では大きく違う方向に舵を取ってみたようなチャレンジングな作品ですが、アリと言えばアリだなぁという仕上がりでした。従来のファンからも「RISK」ほどの反感は買わないんじゃないかな。個人的には「RISK」も悪いアルバムだと思っていないので、この作品は普通に楽しめました。初めてメガデス聴く人には別にオススメしないけどね。

<オススメの曲>
1. Kingmaker
6. Dance In The Rain
10. Don't Turn Your Back...

オススメ度…81点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

ACCUSER 「DIABOLIC」
ACCUSER 「DIABOLIC」

Accuser Diabolic

<収録曲>
1. Apocalyptic Decay
2. Diabolic
3. Cannibal Insanity
4. Deification
5. Dethroned
6. Beyond The Blackness
7. Save Your Legend
8. Immortal Aggression
9. Remains Of Chaos
10. World Wide Violence


ドイツ出身のスラッシュメタルバンド、アキューザーの9作目。2013年発表。

狂ったように高速でリフを刻みまくるB級スラッシュメタルとは違い、カッチリとした重厚なリフを堂々と刻んでいく貫禄のあるスラッシュメタルをやっています。初期メタリカをしっかりとした音質でやったらこんな感じになるんじゃないかなって感じ。Voもデス声一歩手前くらいの迫力のある咆哮で、重々しいサウンドにぴったりなタイプです。往年の名盤「Repent」あたりと比較しても遜色のない高品質な作品に仕上がっているのではないかと。

<オススメの曲>
1. Apocalyptic Decay
2. Diabolic
3. Cannibal Insanity
8. Immortal Aggression

オススメ度…82点

OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。