EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
APOCALYPTICA 「7TH SYMPHONY」
APOCALYPTICA「7TH SYMPHONY」

Apocalyptica 7th Symphony

フィンランドのチェロメタル集団、アポカリプティカの7作目。2010年発表。チェロ3人+ドラム1人でメタル曲をやるという風変わりな集団です。元々「メタリカの曲をチェロでやったら面白くね?」という発想から誕生したアポカリプティかですが、段々とオリジナル曲をやるようなり、ここ数作は「全部オリジナルで基本的にインストだけど、数曲はVoにゲストを迎える」というスタンスに。チェロの音を極限まで歪ませており、そこらのメタルバンドにも引けをとらないような重厚なサウンドを奏でてくれます。チェロならではのクラシカルでダークな響きが至る所に顔を出してくるのもポイント。

<収録曲>
1. At The Gates Of Manala
2. End Of Me feat.Gavin Rossdale(BUSH)
3. Not Strong Enough feat. Brent Smith(SHINEDOWN)
4. 2010 feat. Dave Lombardo(SLAYER)
5. Beautiful
6. Broken Pieces feat. Lacey Mosley(FLYLEAF)
7. On The Roaf Top With Quasimodo
8. Bring Them To Light feat. Joe Duplantier(GOJIRA)
9. Sacra
10. Rage Of Poseidon


<オススメの曲>
2. End Of Me(→PV)
4. 2010
8. Bring Them To Light

重厚だけどチェロならではの不思議な響きを持ったリフの#2はあまりにもキラーチューン。ゲストVoのギャヴィンのちょっとしゃがれた声もぴったりです。
あまりにもヘヴィに疾走する#8は、Voもデス声だし頑張ったらブラックメタルに分類できるんじゃないかというくらいのアグレッシヴな曲。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[APOCALYPTICA]
APOCALYPTICA「WORLDS COLLIDE」

Apocalyptica Worlds Collide

フィンランド出身のチェロメタルバンド、アポカリプティカの6作目。2007年発表。チェロ3人+ドラム1人という編成でメタルをするという実に個性的なバンドです。「これチェロなの!?」ってくらいのヘヴィでアグレッシヴなサウンドや、「弦楽器の音色って癒されるなー」って感じのしっとりしたサウンドを見事に使い分け、彼らならではの独自の世界観を完全に確立。基本的にはインスト曲ですが、最近ではゲストを招いたVo入りの曲も多くなっており、今作では4曲にゲストVoが参加しています。

とりあえず7.Last Hopeがキラーチューン過ぎる。チェロとは思えないくらいの攻撃性を持った曲で、ギュンギュンに歪まされたチェロの音色が乱舞しまくりです。疾走感も抜群で、マジ最高過ぎ。ゲストとしてスレイヤーデイヴ・ロンバート<Dr>が参加しており、クールなドラミングで楽曲の魅力をさらに引き立てています。
1.Worlds Collideは静と動との対比が良い。弦楽器隊ならではのクラシカルな響きと、さすがチェロメタルなヘヴィさが交互に訪れます。
2.Graceはリズミカルなリフ(?)と、しっとりしたチェロの音色との組み合わせがたまらない。緊張感のある展開が最高です。リフ部分では自然と体でリズムを取りたくなるし、その他の部分はじっくりと聴き入りたくなるような感じ。ちなみにこの曲では布袋寅泰<G>がゲスト参加。
3.I'm Not Jesusスリップノットコリィ・テイラー<Vo>参加のVo入り曲。そのせいか、幾分かモダンな雰囲気に仕上がっています。
5.Heldenにはラムシュタインティル・リンデマン<Vo>が参加。ラムシュタインとは全然違う雰囲気の曲をあの低音ヴォイスで歌っているので中々興味深いです。
10.SOS (Anything But Love)にはラクーナ・コイルクリスティーナ・スカビア<Vo>が参加。重厚なチェロの音色とクリスティーナの美しい声が見事にマッチしています。
他には9.Burnとか12.Peaceあたりが普通に好きかなぁ。

アポカリプティカのやってることは結構独特なので、言葉だけではどんなものか伝わりにくいかもしれませんが、もし少しでも興味を持ったのなら是非一度聴いてみて欲しいです。そしてチェロの音色の織り成す独特の世界観を味わってみてください。

オススメ度…86点

PV
SOS (Anything But Love)
I'm Not Jesus

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。