EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YNGWIE MALMSTEEN 「TRILOGY」
YNGWIE MALMSTEEN 「TRILOGY」

Yngwie Malmsteen Trilogy

ネオクラシカルメタルの生みの親である天才ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンの3作目。1986年発表。このアルバムではVoとしてマーク・ボールズが参加しており、ベースにイェンス・ヨハンソンとドラムスにアンダース・ヨハンソンというヨハンソン兄弟、そしてベースはイングヴェイ自身が兼任するという布陣で製作されています。サウンドの方はとにかく自己主張の強い弾きまくりのギタープレイが主軸。いったい楽譜にしたらどれだけ音符が並ぶんだろうという大量の音の粒が、圧倒的テクで華麗にそして流麗に奏でられていきます。弾きまくりの端々で鮮烈な印象を残す泣きのプレイもさすが。またギタープレイだけではなく楽曲自体のメロディや歌メロも秀逸で、クラシカルな旋律の中にしっかりとキャッチーさが散りばめられており、意外なほど聴きやすいというのもポイント。マークのパワフルな歌唱も存分に生かされており、楽曲にしっかりと華を添えています。

<収録曲>
1. You Don't Remember, I'll Never Forget
2. Liar
3. Queen In Love
4. Crying
5. Fury
6. Fire
7. Magic Mirror
8. Dark Ages
9. Trilogy Suite Op:5


<オススメの曲>
1. You Don't Remember, I'll Never Forget
2. Liar
3. Queen In Love
9. Trilogy Suite Op:5

#2はワイルドに疾走しながらも親しみやすいメロディラインを持った曲。そのくせギターはソロを初めとして存分に弾きまくっており、聴いてて実に爽快になる曲です。
#9はクラシカルな旋律で疾走しまくるインストチューン。ギターとKeyの高速ユニゾンが凄まじく、それをおいかけるさりげない高速ベースラインもとても素敵です。途中でいったん静かになってからドラマティックに盛り上がっていくという曲構成も王道だけど大好き。
あとはパワフルなマーク歌唱がよく映える#1とか#3が好きだな。

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[STRATOVARIUS]
STRATOVARIUS「VISIONS」



フィンランドのネオクラシカル系メロパワバンド、ストラトヴァリウスの6作目。1997年発表。某ネオクラ貴族に「あれはパクリですらない。同じなんだ」と文句を言われるほどのネオクラっぷりと、疾走感たっぷりのクサメロ、そしてKeyを使った議場に北欧らしいサウンドが実に魅力的です。ティモ・コティペルトのちょっとクセのあるハイトーンも圧巻。

とりあえず1.Black Diamondはメロパワ界屈指の名曲。イントロの美しいKeyメロでもう悶絶です。その後のドラマティックな展開も最高だし、曲全体を包み込む北欧っぽい雰囲気もヤバイ。サビのコーラスも良いなぁ。あと、曲の終わり方完璧。
5.Legionsは疾走感たっぷりのクサメロチューン。とにかくサビが最高で、聴いたら思わず一緒にと叫んでしまうはずです。さらにサビの最後が「兄ちゃん、そんな、虎いない~♪」という名空耳になってるのもたまらん(笑)
7.Holy Lightは疾走感たっぷりのネオクラ系インスト曲。キラキラしたKeyとギターの絡みが最高です。いったんスローになって再び疾走するのが良いね。興奮するわ。
9.Coming Homeは感動のバラード。ヤバイです。泣けます。ティモ・コティペルトの歌声がマジで切な過ぎ。「好きなメタルバラードを10個挙げろ」と言われたら絶対に入れると思います。このバンドのバラードは良い曲多いんだよなぁ。
他にも疾走系でサビが秀逸な3.Forever Freeや、疾走感はそこそこだけど歌メロが最高な8.Paradiseあたりがオススメです。

このアルバムはメロパワ系が好きならとりあえず抑えておきたい一枚。初心者でも聴きやすいので、ソナタ・アークティカあたりでメタルの世界に誘われた人は、次くらいに抑えてみるといいかも。もちろんバリバリのメタラーにもオススメです。

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[YNGWIE MALMSTEEN]
YNGWIE MALMSTEEN「RISING FORCE」



クラシックの旋律をメタルに導入した天才ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンの初ソロ作品。一応名義としては「YNGWIE MALMSTEEN’S RISING FORCE」で、1984年発表。「ネオクラシカル様式美」というジャンルの原点となる作品です。インストメインですが、テクニカルなギタープレイだけではなくメロディも秀逸。飽きることなく最後まで一気に聞かせる素晴らしい作品です。

とりあえず2.Far Beyond The Sunはメタル界を代表する究極のインスト。「これぞネオクラシカル!!」というような曲です。弾きまくりのギターがとにかくカッコよく、曲構成も完璧。ホント文句のつけようがありません。「ギターってこんな凄い楽器だったのか」と改めて思ってしまうこと間違い無しです。
1.Black Starはちょっと渋い感じのインスト。やっぱり高速ギタープレイがかなりカッコ良く、聞いているだけで心が高ぶってしまいます。
3.Now Your Ships Are Burnedはリズムがノリノリな感じの歌入りの曲。歌も悪くないけどやっぱり耳を引くのはイングヴェイのギタープレイ。ヤバイ、カッコ良過ぎる。
他には独特のメロディセンスを感じとることのできる4.Evil Eye、ドラマティックな5.Icarus' Dream Suite Opus 4とかが好きだな。

このアルバムは「これを聞かずにイングヴェイは語れない!!」というくらいの代表作。メタル好きなら是非一度は聞いておくべき作品の一つです。まぁインストが苦手な人はダメかもしれないけど…。

オススメ度…87点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[SPACE ODYSSEY]
SPACE ODYSSEY「EMBRACE THE GALAXY」



スペースオデッセイは、タイム・レクイエムなどで知られる、鍵盤魔人ことリチャード・アンダーソン<Key>によるプロジェクト。正式名称は「Richard Andersson's SPACE ODYSSEY」だそうです。もろイングヴェイ・マルムスティーンなネオクラで、「似てると言うか同じじゃね?」というフレーズも散見しますが、演奏自体はとてもハイレベルだし、ディオ風の歌唱を響かせるパトリック・ヨハンソン<Vo>もかなりのものなので、パクリ云々を気にしない人は普通に楽しめるでしょう。このアルバムは彼らの一作目で2003年発表。

1.Despair And Painから思いっきりイングヴェイしていますが、サビのメロディがかなり良いです。しかもVoが上手いので、その良さがさらに引き立っています。途中の弾きまくり名ギター&キーボードも最高。
6.Grand Openingはメロパワ風のキャッチーなサビを持った曲。凄く親しみやすいです。その他のパートは思いっきりネオクラシカルで、それもかなりカッコ良い。このアルバムでは一番これが好きかな。
もう一つオススメなのは8.Seduction Of Life。サビに漂う哀愁が最高です。その他の部分も非常にテクニカルで秀逸です。
他には2.Embrace The Galaxy4.Entering The Domeもカッコいいかな。
あと、ボーナストラックの10.The Pagamo Thrillはクラシックのカヴァーで、パガニーニモーツァルトの曲を混ぜたもの(パガニーニの方は知らないけど、モーツァルトの方は『トルコ行進曲』)ですが、最高にカッコいいです。

このアルバムはネオクラが好きな人にオススメですが、上にも書いたように、パクリ云々にうるさい人は色々と気になるフレーズがあるかもしれません。ただ、こういう高品質なネオクラを、ここまで素晴らしいテクニックで演奏しているバンドはなかなかいないので、興味がある人は是非聴いてみてください。

オススメ度…85点

音源(飛んだ先のMP3 SAMPLE。右クリックで保存も可)
Despair And Pain

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[ADAGIO]
ADAGIO「SANCTUS IGNIS」



アダージョは、ピンククリーム69デイビッド・リードマン<Vo>マジェスティックの鍵盤魔神ことリチャード・アンダーソン<Key>エレジーダーク・ブルイネンバーグ<Dr>という錚々たるメンバーに、ステファン・フォルテ<G>が加わったスーパープロジェクト。とてもシンフォニックなサウンドが特徴的で、クラシック的な要素もかなり強いです。全体的に高貴な印象が漂っていて、『宮殿』という感じのイメージ。演奏はかなりテクニカルで、ネオクラっぷりが全開!!
このアルバムは彼らのデビュー作で、2002年発表。

とりあえず3.In Nomine...が究極に素晴らしい曲。イントロのキーボードによる幻想的な音色もからして最高です。イントロのあとは疾走しますが、ただむやみやたらに疾走する曲ではなく、劇的な美しい曲展開を見せてくれます。デイビッドの堂々とした歌唱や、ステファン・フォルテのテクニカルなギターソロも素晴らしいの一言。サビの「ア~ヴェ~マリ~ア~」が頭から離れなくなります。
7.Sanctus IgnisはイントロがRPGゲームっぽい曲。その後の曲展開も素晴らしく、サビの盛り上がりが圧巻です。曲の後半のギターソロやキーボードソロも最高!!
4.The Stringless Violinのイントロはとにかく『宮殿』的な感じ。この高貴そうな雰囲気がたまらない。とても荘厳で美しい曲で、曲展開も素晴らしい。
1.Second Sightは比較的ヘヴィな印象を受けるが、シンフォニックさも全開。これもやはり強力な曲です。
他には2.The Inner Roadとか大曲の5.Seven Lands Of Sinも好きかな。

このアルバムはとにかく完成度が高い!!、ステファン・フォルテのセンスにはホント脱帽です。クラシカルでシンフォニックなサウンドが好きな人はとりあえず必聴でしょう。プログレ的な要素や、メロパワ・メロスピ的な要素も強いので、そっち系の音楽が好きな人も試してみたらいかがでしょうか。

オススメ度…89点

このCDをAmazonで購入

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[CONCERTO MOON]
CONCERTO MOON「GATE OF TRIUMPH」



コンチェルトムーンは、日本屈指の様式美系ギタリスト、島 紀史が率いるバンドです。ジャケットも海外のバンドっぽいですが、楽曲の方も海外のバンド達に負けず劣らず素晴らしい。ネオクラシカルな響きが素晴らしく、ギターとキーボードの超絶バトルがたまりません。このアルバムは2001年発表で、のソロプロジェクト的な色合いが強いアルバム。なのでインスト曲も多めです。Voには新しく井上貴史が加入しており、パワフルな歌唱を聞かせてくれます。

イントロの1.Waiting For Coming Strikesに続く2.To Die Forはインストなのですが、とにかくこれが素晴らしい!!とにかく疾走しまくり&ギター弾きまくりです。マジでギター速すぎ。の奏でる優雅なギターにただただ圧倒されるばかりです。キーボードソロもカッコいい。
2.Over And Over井上のパワフルなVoが際立っている超名曲。サビがホント最高です。の華麗ギターソロも炸裂!!
タイトル曲の4.Gate Of Triumphはインスト。そしてコレもやっぱりヤバイ!!ネオクラシカルなギターメロディの嵐です。とにかく上手くて速い!!上手い人のインストは、聞いててホント楽しいです。
10.Alone In The Paradise '01Take You To The Moon '01は過去の名曲のリメイク。歌詞が全部英語になってます。この二曲もやっぱり最高に素晴らしい。

このアルバムは様式美系が好きな人にはかなりオススメ!!イングヴェイ・マルムスティーンとかが好きな方は是非どうぞ。上手くて速いギターが聞きたい!!って人にもオススメです。

オススメ度…84点

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[STRATOVARIOUS]
STRATOVARIUS「INFINITE」



ストラトヴァリウスは、様式美系ギタリストティモ・トルキ率いるメロパワ系バンド。バンド内のごたごたが絶えないバンドですが、毎回毎回クオリティの高い作品を生み出しています。このアルバムは2000年の八作目で、とてもポップで聴きやすい内容。ティモ・コティペルト<Vo>の伸びやかなハイトーンも炸裂です。

冒頭を飾る1.Hunting High And Lowは、超爽やかな名曲。軽い疾走感を伴ったアップテンポなメロディに、。ティモ・コティペルト<Vo>のハイトーンが乗っかります。サビがとても心地良く、爽快な気分になれる曲。
2.Millenniumは疾走系の曲。やはりハイトーンVoが心地良い。
7.Freedomはイントロがなかなか印象的な曲。やっぱりこれも疾走系です。サビのメロディが好き。
他には大曲の3.Mother Gaiaとか、アコースティックバラードの9.Celestial Dreamとかが好きかな。ちなみに3は地球環境破壊問題について歌っているそうです。

このアルバムは非常にポップで聞きやすいので、メタラー、普通の人問わずにオススメです。聞けばきっと爽やかな気分になれるでしょう。

オススメ度…83点

PV
Hunting High And Low

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[YNGWIE MALMSTEEN]
YNGWIE MALMSTEEN「THE SEVENTH SIGN」



イングヴェイマルムスティーンは、ネオ・クラシカル様式美と呼ばれるジャンルの第一人者。クラシックとヘヴィメタルの融合を目指した天才ギタリストです。そしてこのアルバムは1993年発表の8作目。とにかく全曲捨て曲なしで、彼独特のクラシカルなフレーズと、超高速ギターソロ満載です。

その中でも特に僕が好きなのは、タイトル曲の7.Seventh Sign。静かで綺麗なメロディのイントロから始まり、その後疾走。かっこよすぎる…。マイク・ヴェセーラのヴォーカルも最高。
そしてもう一つ大好きな曲は、11.Crash And Burn。コレもイントロがいいんですよ、マジで。ホント美しいって感じ。曲全体を通してもカッコいい。
泣きのギター満載のインスト曲、6.Brothersも最高に素晴らしい。ほんとクラシックとメタルの融合って感じです。

イングヴェイは、メタラーならば好き嫌いに関わらず一度は聞いておくべき。歌物好きならこのアルバムから入ってもいいかも。

オススメ度…88点

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。