EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FIVE FINGER DEATH PUNCH 「THE WRONG SIDE OF HEAVEN AND THE RIGHTEOUS SIDE OF HELL VOLUME 2」
FIVE FINGER DEATH PUNCH
「THE WRONG SIDE OF HEAVEN AND THE RIGHTEOUS SIDE OF HELL VOLUME 2」


FIVE FINGER DEATH PUNCH THE WRONG SIDE OF HEAVEN AND THE RIGHTEOUS SIDE OF HELL VOLUME 2

<収録曲>
1. Here to Die
2. Weight Beneath My Sin
3. Wrecking Ball
4. Battle Born
5. Cradle to the Grave
6. Matter of Time
7. The Agony of Regret
8. Cold
9. Let This Go
10. My Heart Lied
11. A Day in My Life
12. House of The Rising Sun
13. Burn MF feat. Rob Zombie


米国出身のへヴィロックバンド、ファイブ・フィンガー・デス・パンチの5作目。2013年発表。タイトルからもわかるように2部作の2作目となっており、Vol.1とセットという位置付けです。

ゴリゴリのグルーヴメタルという点では前作の流れをそのまま踏襲していますが、今作の方が比較的メロウな曲が多いという印象です。イケイケでノリノリな力強いリフと、アタック音を強調したパワフルなドラミング、そして畳み掛けるような雄々しいVoがこのバンドの魅力だと思っているので、個人的には前作の方が好みだったかも。
とはいえクオリティの方はとても高く、似たような曲の多いバンドなので、こういうアプローチも無しでは無いかなという感じです。

ってことで、個人的にはやはりグルーヴメタル路線#1とか#3がとても好みかな。めっちゃ哀愁漂うメロウチューンの#4とか#8なんかも悪くはないんだけど。

<オススメの曲>
1. Here to Die
3. Wrecking Ball

オススメ度…80点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

FIVE FINGER DEATH PUNCH 「THE WRONG SIDE OF HEAVEN AND THE RIGHTEOUS SIDE OF HELL VOLUME 1」
FIVE FINGER DEATH PUNCH
「THE WRONG SIDE OF HEAVEN AND THE RIGHTEOUS SIDE OF HELL VOLUME 1」


Five Finger Death Punch The Wrong Side Of Heaven and The Righteous Side Of Hell Volume 1

<収録曲>
1. Lift Me Up (Feat. Rob Halford)
2. Watch You Bleed
3. You
4. Wrong Side Of Heaven
5. Burn MF
6. I.M.Sin
7. Anywhere But Here
8. Dot Your Eyes
9. M.I.N.E. (End This Way)
10.Mama Said Knock You Out
  (Feat. Tech N9ne, LL Cool J Cover)
11. Dairy Of A Deadman
12. I.M.Sin (Feat. Max Cavalera)
13. Anywhere But Here (Duet with Maria Brink)
14. Dot Your Eyes (Feat. Jamey Jasta)


米国出身のへヴィロックバンド、ファイブ・フィンガー・デス・パンチの4作目。2013年発表。

とりあえずバンド名もアルバム名も長いので、ブログタイトルに入りきらずに悲惨なことになっています。

アメコミ風のジャケ同様、サウンドの方もいかにもアメリカンなガチムチ系サウンドが特徴。イケイケでノリノリな力強いリフと、バスドラのアタック音を異常に強調したパワフルなドラミングから、グルーヴメタルとも呼ばれています。Voは雄々しいシャウトが中心で、力強いサウンドにまさにぴったり。途中途中に挟み込まれるクリーンヴォイスも良い具合のアクセントになっています。
基本的に前作と同じ方向性で、特に真新しいことはないのですが、今作ではゲストミュージシャンがとても豪華。曲もバラエティに富んでおり、ラップのカヴァー曲まで入っており、メタルやヘヴィロック好きだけではなく、ミクスチャー好きの人でも楽しめるような作品です。
なお、タイトルの通り今作は二部作の一作目という位置づけで、2013年の秋には「VOLUME 2」が発売されるのだとか。

まずは冒頭の#1がいきなりのキラーチューン過ぎる。これぞアメリカンなサウンドと、ゴリゴリと突き進むグルーヴ感が半端ないです。ゲストにジューダス・プリーストロブ・ハルフォードが参加しているのも話題の一つですが、ロブ様は高音スクリーミングではなく、このグルーヴメタルに良く合った凄みを効かせた歌唱を響かせています。
#2もやはりグルーヴ感満点の曲。サビはやたらキャッチーで爽やかです。
#3がリフの刻みがカッコいい曲。畳み掛けるような早口ボーカルも印象的。
#5は速いリフが印象的な曲。サビの「バーン、マザファッカーバーン!マザファカバーン!!」がやたら頭に残ります。
#6はこれまたグルーヴィーなリフでアグレッシヴにゴリゴリ突き進み、サビでは一気にキャッチーになる曲。ちなみに#12セパルトゥラマックス・カヴァレラが参加したVerです。
#7はへヴィながらも曲自体はかなりメロディアスな曲。メロディアスでもやはり雄々しいです。#13イン・ディス・モーメントマリア・部リンクが参加したVerなのですが、個人的にはそっちの方が華があって好きかな。
#8はやはりグルーヴィーでイケイケな曲。#14ヘイトブリードジェイミー・ジェスタが参加したVerです。

ってことで、ノリが良くて親しみやすいという、いかにも売れ線狙い的な楽曲が多いのですが、やっぱりそれでも普通に良いというのが凄いと思います。だって聴いてて楽しいし爽快なんだもん。ちなみにデラックスエディションにはディスク2としてライブ盤が付いており、そちらの方もなかなか良い内容なので、買うのならそちらがオススメ。

<オススメの曲>
1. Lift Me Up (Feat. Rob Halford)(→LYRIC VIDEO)
3. You
5. Burn MF
12. I.M.Sin (Feat. Max Cavalera)
14. Dot Your Eyes (Feat. Jamey Jasta)

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KONTRUST 「TIME TO TANGO」
KONTRUST 「TIME TO TANGO」

Kontrust Time To Tango

<収録曲>
1. Dancer In The Sun
2. Play With Fire
3. On The Run
4. Personal Rotation
5. The Smash Song
6. Sin
7. We Add The World
8. Mainstream Bypass
9. Clown Parade
10. 1K1
11. Lato
12. Vodka, Tribe And Dynamite
13. Zero
14. Känämänännä
15. Bomba
16. Face And Filter

オーストリア出身のミクスチャーメタルバンド、コントラストの1作目。2010年発表。

ミクスチャーといっても、いったい何と何が混ざり合っているのか意味不明なくらい独創的なサウンドをしており、へヴィロックを中心に、レゲェ、ヒップホップ、民族音楽、ダンスミュージックなど、ありとあらゆるものが混沌と渦巻いています。基本的には能天気で楽しいサウンドに終始しており、トライバルなグルーヴ感でノリノリになりながら愉快に爽快に跳ね回る感じ。男女ツインVoなのですが、男も女も非常に表現力豊かで、普通の歌唱からラップまで幅広くこなしています。
へヴィなのにキャッチーで、ふざけてるのにカッコいいという、とってもセンスフルな作品。

<オススメの曲>
1. Dancer In The Sun
2. Play With Fire
3. On The Run(→PV)
5. The Smash Song(→PV)
9. Clown Parade
15. Bomba(→PV)

トライバルなへヴィロックサウンドということで、セパルトゥラの"Roots Bloody Roots"を彷彿とさせる曲がちらほら。特に#15とか。まぁセパルトゥラとは比べ物にならないくらい能天気だけど。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

HEAVENSDUST 「THE ASHES STILL WARM」
HEAVENSDUST 「THE ASHES STILL WARM」

HeavensDust The Ashes Still Warm

<収録曲>
1. Distressed
2. World Goes Gray
3. Drowning
4. Annihilation
5. Emerge From Silence
6. In My Sleep
7. Gaze (Through Your Heart)
8. Memories Dripping From Darkness
9. The Break
10. The Ashes Still Warm
11. Eyes Of Secrets
12. So Unclear
13. Where There Is Illusion


日本出身の和風ヘヴィロックバンド、ヘヴンスダストの7作目。2013年発表。メンバーに尺八、琴、太鼓を擁しており、基本的にはグルーヴ重視のモダンなヘヴィロックなのですが、そこに和楽器独特の響きが加わることによって何とも独特な空気を醸し出しているというのが特徴です。PVなどヴィジュアル的に見るとヘドバンしながら尺八を吹いたり琴をはじいている姿は何とも浮いた感じに見えてしまうのですが、サウンドの方ではびっくりするほどマッチしており、違和感なくモダンな重低音と和の音色が融合しています。YOUTUBEのコメント欄などで外人が「これが日本のスリップノットだ!」みたいなコメントをしていましたが、本当にそんな感じ。Voはちょっと迫力が足りない気もしますが、それを補って余りある個性がとても魅力的だと思います。

個人的にはPVにもなっている#4が群を抜いてツボで、サビの太鼓のグルーヴがとても好き。3分と言うコンパクトなサイズもリピート再生に拍車をかけてくれています。

<オススメの曲>
2. World Goes Gray
4. Annihilation(→PV)

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

AMARANTHE 「THE NEXUS」
AMARANTHE 「THE NEXUS」

Amaranthe The Nexus

<収録曲>
1. Afterlife
2. Invincible
3. The Nexus
4. Theory Of Everything
5. Stardust
6. Burn With Me
7. Mecanical Illusion
8. Razorblade
9. Future On Hold
10. Electroheart
11. Transhuman
12. Infinity


スウェーデン出身のヘヴィロックバンド、アマランスの2作目。2013年発表。ゴリゴリとしたモダンでヘヴィなサウンドを基軸としながらも、やたらポップなメロディを前面に押し出したとても聴きやすいサウンドを身上としています。シンセを大々的に取り入れているところも聴きやすさアップのポイント化と。Voがトリプル編成で、デスヴォイス気味の迫力のあるスクリームと、男女のクリーンヴォイスがくるくるとめぐるましく交代していくという点も非常に面白いです。
モダンなメロデスバンドばりの攻撃的なサウンドですが、メロディのポップさがそれを遥かに凌駕するので、普段メタルとか聴かない層にも是非とも聞いてみて頂きたいところ。#3#10のサビのように「もうこれ完全にポップスやん!」みたいな曲も多いので、とてもオススメです。こういう音だと頭の堅い一部のメタラーなどは拒絶反応を示すのかもしれませんが、普段から雑食で色々と聴く人には非常にオススメな作品です。

<オススメの曲>
1. Afterlife
2. Invincible
3. The Nexus(→PV)
5. Stardust
10. Electroheart

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

HELMET 「BETTY」
HELMET 「BETTY」

Helmet Betty

米国出身のヘヴィロックバンド、ヘルメットの3作目。1994年発表。ずっしりとした重たいサウンドと、やたら骨太なリフ、そしてゆったりとうねるような独特のグルーヴ感が特徴です。メタルっぽいというよりはオルタナティブロックを極限まで重くしたようなサウンドで、やたら重くてグルーヴィーなグランジって感じの印象。Voもちょっと籠った気だるげな感じなので、余計にそう思ってしまうのかもしれません。どこか空間的というか、ぼやーっとした輪郭の掴みにくい音像ではあるのですが、そのくせやたらリフが醸し出すオーラは鋭いってのが凄い。ぶんぶん響き渡るベースの音も心地良いです。ほとんどの曲が2分から3分というコンパクトなサイズなのも聴きやすくて好印象。

<収録曲>
1. Wilma's Rainbow
2. I Know
3. Biscuits For Smut
4. Milquetoast
5. Tic
6. Rollo
7. Street Crab
8. Clean
9. Vaccination
10. Beautiful Love
11. Speechless
12. The Silver Hawaiian
13. Overrated
14. Sam Hell


<オススメの曲>
1. Wilma's Rainbow
2. I Know
3. Biscuits For Smut
4. Milquetoast
6. Rollo
11. Speechless

アルバム初っ端の、もっさりしたグルーヴにぐいぐい引き込まれる#1が個人的に一番好き。低音でうねりまくるサウンドが聴いててとても心地よいです。のっぺりしてるんだけどなんかリフが印象に残る。
#2は静かでゆったりなんだけど圧倒的存在感を見せつけてくるドラムが超目立つ。こういうゆっくりとしたサウンドの中で自己主張できるドラマーって凄いと思う。
#6は自然と体が動いてしまうようなグルーヴ感たっぷりの曲。これも乾いたドラムの音が目立っており、リズムパターンがシンプルながらもとても魅力的です。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

MYPOLLUX 「CONTRAIRES」
MYPOLLUX 「CONTRAIRES」

Mypollux Contraires

フランス出身のゴシック系ヘヴィロックバンド、ミュポラックスの2作目。2006年発表。ゴシカルで時にインダストリアル風味にもなるヘヴィロックで、全体的にダークな印象の楽曲が多いという印象。Voはゴスロリ姿の女性で、可憐さと妖しさ、そして激しさを併せ持った独特の雰囲気が漂います。歌詞が全てフランス語で、慣れない語感に不思議な違和感を覚えるあたりも妖しさに拍車をかけているのかも。ゴシカルなヘヴィロックということでよくエヴァネッセンスが引き合いに出されるようですが、こちらの方がよりゴシカルでヘヴィなサウンドです。

<収録曲>
1. Ego
2. Chrysalide
3. Qui Dort Dîne
4. Jeu
5. Ubiquité
6. Paraffine
7. Coffre à Souhaits
8. Lettre à ma Bulle
9. Contrego
10. Par Défaut
11. Or et le Coton
12. Notre Nouveau Monde
13. Mon Lit à Baldaquins


<オススメの曲>
2. Chrysalide
4. Jeu(→PV)
8. Lettre à ma Bulle

比較的キャッチーで親しみやすい#2が個人的にはこのアルバムで一番好きかな。ダークさとヘヴィさもいい具合だし、リフにグルーヴ感もあってシンプルなカッコ良さがあります。女性Voのフランス語による怪しげな歌い回しもめっちゃ印象的。
#4は比較的アグレッシヴなリフを持つ曲。Voの歌唱も比較的パワフルで、妖しさを保ちながらも堂々とした歌唱を響かせています。
#8は変拍子ドラムに合わせてグルーヴィーなリフが刻まれる曲。楽曲自体も変拍子多用のプログレ的な不思議さを醸し出しているのに、Voの歌唱法でそれがさらに増幅されます。

オススメ度…75点

MYSPACE(→クリック))

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

NEMESEA 「THE QUIET RESISTANCE」
NEMESEA 「THE QUIET RESISTANCE」

Nemesea The Quiet Resistance

オランダ出身のゴシック系シンフォニックメタルバンド、ネメシーの3作目。2011年発表。ヘヴィロックに通じるようなモダンなリフ、そしてインダストリアルとまではいかないまでも多分に取り入れられたエレクトロ要素が大きな特徴で、そこにゴシカルなエッセンスが加わったようなシンフォニックメタルをやっています。Voは女性で綺麗なソプラノヴォイス。少々線が細いものの、綺麗で可憐な歌声を響かせてくれています。曲自体はわりと可もなく不可も無くといった感じで、エヴァネッセンスの持つモダンさと、ウィズインテンプテーションの持つシンフォニックゴシック要素を足し合わせて、ちょっと薄めたような感じかな。エレクトロニックなサウンドが入った曲はなかなか惹かれる部分は多いのですが、イマイチ中途半端感は否めません。もっと個性を出さないと飽和状態のこのジャンルの中ではどうしても埋もれがちになってしまうのではないかと。あ、どうでも良いけど、ジャケはめちゃくちゃカッコいい。

<収録曲>
1. The Quiet Resistance
2. Caught In The Middle
3. Afterlife
4. Whenever
5. If You Could
6. High Enough
7. Say
8. It's Over
9. I Live
10. Stay With Me
11. Rush
12. Release Me
13. 2012
14. Allein


<オススメの曲>
2. Caught In The Middle
3. Afterlife(→PV)
4. Whenever

#2はモダンなリフがヘヴィに響く曲。リフに絡むエレクトロニックなサウンドと、サビでの高揚感がなかなか良いです。
#3もモダンゴシックという感じの曲なのですが、曲の節々でエヴァネッセンスとか最近のウィズイン・テンプテーションをいちいち思い出す。どっかで聴いたことある気がしてしまうのが残念な気もしますが、サビの力強さとかはなかなか良いと思います。
#4も完全に最近のウィズイン・テンプテーション。雰囲気が似てるのは良いけど、曲調まで似通ってたらダメですよ。
後半になるとエレクトロ要素が強くなってきて良い雰囲気になってくるのですが、今度はいかんせんメロディが印象に残らないっていう残念な感じ。頑張れ。

オススメ度…76点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

FIVE FINGER DEATH PUNCH 「AMERICAN CAPITALIST」
FIVE FINGER DEATH PUNCH
「AMERICAN CAPITALIST」


Five Finger Death Punch American Capitalist

米国出身のヘヴィロックバンド、ファイブ・フィンガー・デス・パンチの3作目。2011年発表。オラオラ系で突き進むいかにもアメリカンなヘヴィロックをやっており、何も考えずに頭を振れるようなグルーヴィーなリフが盛りだくさんです。基本的には「ゴリゴリぐいぐいと重厚なリフで引っ張っていき、サビになるとちょっと明るくて口ずさみやすいコーラス」というスタンスで、それ以外に何も捻ったところは無いのですが、ここまでド直球にそれだけをやり続けられると自然に楽しめてしまいます。とりあえず頭をぶんぶんふり回して、拳を突き上げながら、楽しくノッてれば良いんじゃないのかな。ちなみにVoは基本的にはがなり声系で、サビになるとクリーンヴォイスという感じ。

<収録曲>
1. American Capitalist
2. Under and Over It
3. The Pride
4. Coming Down
5. Menace
6. Generation Dead
7. Back for More
8. Remember Everything
9. Wicked Ways
10. If I Fall
11. 100 Ways to Hate


<オススメの曲>
1. American Capitalist
2. Under and Over It(→PV)
3. The Pride
5. Menace

とりあえず冒頭の#1からしてかなりの重量感。グル―ヴィーに楽しくゴリゴリとリフが刻まれていき、サビではキャッチーなコーラスが響き渡ります。普通にメタル的なギターソロが出てくるのも嬉しいところ。
そして続く#2はアルバム屈指のグルーヴ感を持つ最強にノリの良い曲。PVのドラムの人みたいに、ブンブンと頭をぶん回したくなります。メインのリフのキレも素晴らしいし、2回目のサビ終了後の「ズンズズーン!ヘイ!ズンズズーン!ヘイ!」みたいなリフとシャウトの掛け合いみたいなところも大好き。
#3はアメリカが誇るものを羅列していくしょうもない曲だけど、「USA!USA!」みたいなノリが微笑ましい。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。