EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HEAVENSDUST 「THE ASHES STILL WARM」
HEAVENSDUST 「THE ASHES STILL WARM」

HeavensDust The Ashes Still Warm

<収録曲>
1. Distressed
2. World Goes Gray
3. Drowning
4. Annihilation
5. Emerge From Silence
6. In My Sleep
7. Gaze (Through Your Heart)
8. Memories Dripping From Darkness
9. The Break
10. The Ashes Still Warm
11. Eyes Of Secrets
12. So Unclear
13. Where There Is Illusion


日本出身の和風ヘヴィロックバンド、ヘヴンスダストの7作目。2013年発表。メンバーに尺八、琴、太鼓を擁しており、基本的にはグルーヴ重視のモダンなヘヴィロックなのですが、そこに和楽器独特の響きが加わることによって何とも独特な空気を醸し出しているというのが特徴です。PVなどヴィジュアル的に見るとヘドバンしながら尺八を吹いたり琴をはじいている姿は何とも浮いた感じに見えてしまうのですが、サウンドの方ではびっくりするほどマッチしており、違和感なくモダンな重低音と和の音色が融合しています。YOUTUBEのコメント欄などで外人が「これが日本のスリップノットだ!」みたいなコメントをしていましたが、本当にそんな感じ。Voはちょっと迫力が足りない気もしますが、それを補って余りある個性がとても魅力的だと思います。

個人的にはPVにもなっている#4が群を抜いてツボで、サビの太鼓のグルーヴがとても好き。3分と言うコンパクトなサイズもリピート再生に拍車をかけてくれています。

<オススメの曲>
2. World Goes Gray
4. Annihilation(→PV)

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

MYPOLLUX 「CONTRAIRES」
MYPOLLUX 「CONTRAIRES」

Mypollux Contraires

フランス出身のゴシック系ヘヴィロックバンド、ミュポラックスの2作目。2006年発表。ゴシカルで時にインダストリアル風味にもなるヘヴィロックで、全体的にダークな印象の楽曲が多いという印象。Voはゴスロリ姿の女性で、可憐さと妖しさ、そして激しさを併せ持った独特の雰囲気が漂います。歌詞が全てフランス語で、慣れない語感に不思議な違和感を覚えるあたりも妖しさに拍車をかけているのかも。ゴシカルなヘヴィロックということでよくエヴァネッセンスが引き合いに出されるようですが、こちらの方がよりゴシカルでヘヴィなサウンドです。

<収録曲>
1. Ego
2. Chrysalide
3. Qui Dort Dîne
4. Jeu
5. Ubiquité
6. Paraffine
7. Coffre à Souhaits
8. Lettre à ma Bulle
9. Contrego
10. Par Défaut
11. Or et le Coton
12. Notre Nouveau Monde
13. Mon Lit à Baldaquins


<オススメの曲>
2. Chrysalide
4. Jeu(→PV)
8. Lettre à ma Bulle

比較的キャッチーで親しみやすい#2が個人的にはこのアルバムで一番好きかな。ダークさとヘヴィさもいい具合だし、リフにグルーヴ感もあってシンプルなカッコ良さがあります。女性Voのフランス語による怪しげな歌い回しもめっちゃ印象的。
#4は比較的アグレッシヴなリフを持つ曲。Voの歌唱も比較的パワフルで、妖しさを保ちながらも堂々とした歌唱を響かせています。
#8は変拍子ドラムに合わせてグルーヴィーなリフが刻まれる曲。楽曲自体も変拍子多用のプログレ的な不思議さを醸し出しているのに、Voの歌唱法でそれがさらに増幅されます。

オススメ度…75点

MYSPACE(→クリック))

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KORN 「THE PATH OF TOTALITY」
KORN 「THE PATH OF TOTALITY」

Korn The Path Of Totality

アメリカ出身のニューメタル/へヴィロックバンド、コーンの10作目。2011年発表。今作で一番注目すべきは、あまりにも大胆すぎるエレクトリック畑のアーティスト達とのコラボレーション。SKRILLEXなどの今を時めくエレクトロ界のアーティスト達がアルバムに参加し、思う存分に猛威を奮っています。エレクトロ要素の入ったへヴィロックというとどうしてもインダストリアルメタル系の音を想像する人が多いと思うのですが、ここでコーンが手に入れたのはそれとは全く異なる新種のサウンド。特にダブステップとの接近が顕著で、コーンらしいへヴィサウンドと同じくらいの配分でバッキバキの電子音が響き渡っています。まさしく流行最先端のダブステップ界にコーンが殴り込んでいったような構図なのですが、ダブステップ自体もなかなかにへヴィな電子音を掻き鳴らすようなジャンルなので、コーンの持つへヴィサウンドと意外なほどマッチ。従来からのファンは戸惑う人も多いかもしれませんが、これはこれでありなんじゃないかと思います。まぁ俺、もともと電子音好きだし、ダブステップにも抵抗ないからな。コーンがこんな作品を出した背景には、「ジョナサンが最近ダブステップにめっちゃハマってる」という非常に単純明快な理由があったらしいのですが、たったそれだけの理由で電子音にまみれたアルバムを1枚作り上げてしまうのが凄い。

<収録曲>
1. Chaos Lives In Everything (feat. Skrillex)
2. Kill Mercy Within (feat. Noisia)
3. My Wall (feat. Excision)
4. Narcissistic Cannibal (feat. Skrillex & Kill The Noise)
5. Illuminati (feat. Excision & Downlink)
6. Burn the Obedient (feat. Noisia)
7. Sanctuary (feat. Downlink)
8. Let's Go (feat. Noisia)
9. Get Up! (feat. Skrillex)
10. Way Too Far (feat. 12th Planet)
11. Bleeding Out (feat. Feed Me)
12. Fuels the Comedy (feat. Kill The Noise)
13. Tension (feat. Excision, Datsik & Downlink)


<オススメの曲>
1. Chaos Lives In Everything (feat. Skrillex)
3. My Wall (feat. Excision)
4. Narcissistic Cannibal (feat. Skrillex & Kill The Noise)
9. Get Up! (feat. Skrillex)

#1はダンサブルなビートを刻むドラムと、コーンらしいグルーヴ感とメロディライン、そしてそこにスクリレックスらしい電子音が軽く絡む曲。軽快なビートに一瞬驚きはするものの、コーンの曲としてびっくりするほど違和感がないです。
#3はへヴィなリフと混ざり合ってデジタルなサウンドがリズムを刻む曲。いつもとは違ったへヴィさが妙に新鮮だったり。
#4はコーンらしい沈むような超へヴィなリフをバックに、いかにもスクリレックスなバキバキとした機会をぶっ壊したような電子音がグルーヴィーに絡んでいく曲。サビのメロディもいかにもコーンで非常に耳に残ります。
#9も電子音がリフを押しのけるレベルで猛威を振るう曲。ちょっぴり憂いを含んだようなサビメロと、そっから電子音をバックにしたシャウトに移っていくあたりが超好き。

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

FIVE FINGER DEATH PUNCH 「AMERICAN CAPITALIST」
FIVE FINGER DEATH PUNCH
「AMERICAN CAPITALIST」


Five Finger Death Punch American Capitalist

米国出身のヘヴィロックバンド、ファイブ・フィンガー・デス・パンチの3作目。2011年発表。オラオラ系で突き進むいかにもアメリカンなヘヴィロックをやっており、何も考えずに頭を振れるようなグルーヴィーなリフが盛りだくさんです。基本的には「ゴリゴリぐいぐいと重厚なリフで引っ張っていき、サビになるとちょっと明るくて口ずさみやすいコーラス」というスタンスで、それ以外に何も捻ったところは無いのですが、ここまでド直球にそれだけをやり続けられると自然に楽しめてしまいます。とりあえず頭をぶんぶんふり回して、拳を突き上げながら、楽しくノッてれば良いんじゃないのかな。ちなみにVoは基本的にはがなり声系で、サビになるとクリーンヴォイスという感じ。

<収録曲>
1. American Capitalist
2. Under and Over It
3. The Pride
4. Coming Down
5. Menace
6. Generation Dead
7. Back for More
8. Remember Everything
9. Wicked Ways
10. If I Fall
11. 100 Ways to Hate


<オススメの曲>
1. American Capitalist
2. Under and Over It(→PV)
3. The Pride
5. Menace

とりあえず冒頭の#1からしてかなりの重量感。グル―ヴィーに楽しくゴリゴリとリフが刻まれていき、サビではキャッチーなコーラスが響き渡ります。普通にメタル的なギターソロが出てくるのも嬉しいところ。
そして続く#2はアルバム屈指のグルーヴ感を持つ最強にノリの良い曲。PVのドラムの人みたいに、ブンブンと頭をぶん回したくなります。メインのリフのキレも素晴らしいし、2回目のサビ終了後の「ズンズズーン!ヘイ!ズンズズーン!ヘイ!」みたいなリフとシャウトの掛け合いみたいなところも大好き。
#3はアメリカが誇るものを羅列していくしょうもない曲だけど、「USA!USA!」みたいなノリが微笑ましい。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

MACHINE HEAD 「UNTO THE LOCUST」
MACHINE HEAD「UNTO THE LOCUST」

Machine Head Unto The Locust

米国サンフランシスコ州出身のモダン系ヘヴィメタルバンド、マシーン・ヘッドの3作目。2011年発表。元々はモダンヘヴィネスなサウンドで鮮烈にデビューを果たし、一時期やたらヌーメタルな音楽をやっていた時期もありますが、最近の作品ではかなり純粋なヘヴィメタルへと歩み寄ってきた感があり、今作でもその流れを完全に汲んでおります。基本的にはスラシュメタルやデスメタルのような攻撃性を上手く消化したグルーヴィーなメタルという感じで、モダンさとうまいこと折衷させて完全た自分達独自のサウンドを展開。しかもただグルーヴィーなだけではなく、しっかりと扇情力のあるメロディが至る所に散りばめられているのも素晴らしいです。比較的長い曲が多いのが個人的にはあんまり気に入らなかったりもするのですが、一気に聴きとおせるだけのサウンドではありますし、これはこれで悪くは無いんじゃないかと。

<収録曲>
1. I Am Hell (Sonata In C#)
2. Be Still And Know
3. Locust
4. This Is The End
5. Darkness Within
6. Pearls Before The Swine
7. Who We Are


<オススメの曲>
3. Locust
4. This Is The End
7. Who We Are

#3はうねりのあるリフがたまらないグルーヴ感たっぷりな曲。ドラマティックに展開し、途中でやたら哀愁たっぷりなパートに突入するあたりも良い。ギターソロも扇情力抜群だし、サビもとってもメロディアス。
#4はやたらスラッシーで勢いのあるキラーチューン。メロディアスなトレモロリフもガンガン使われていて、トレモロ大好きな俺はそれだけで満足です。アグレッシヴな中でクリーンヴォイスのサビがちょっと切なげなのも良い。
ヘヴィなのにやたら明るくてポップな#7も良いな。中盤とかめっちゃ正統派メタルっぽくなるし、なんか新鮮。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。