EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UNEXPECT 「FABLES OF THE SLEEPLESS EMPIRE」
UNEXPECT
「FABLES OF THE SLEEPLESS EMPIRE」


Unexpect Fables of the Sleepless Empire

カナダ出身の変態テクニカルメタルバンド、アンエクスペクトの3作目。2011年発表。超絶テクを持った演奏陣が各自やりたい放題に突き抜けているアヴァンギャルドなサウンドが特徴です。メタリックなサウンドを中心に、クラシカルな弦楽器が舞い踊ったり、プログレッシヴに変拍子で暴れまわったり、カオティックに暴走したり、オペラティックにおどけてみたりと、とにかくやりたい放題。ボーカル、ギター、ベースやドラムなどのリズム隊、キーボード、そしてヴァイオリンに至るまで全てが主人公ばりの自己主張を争ってくるのですが、それでも曲としてしっかり成り立っているのが凄いです。Voは女性Voとギターを兼任する男性Voが2人というトリプル編成で、オペラティックに歌い上げたりグロウルしたりコーラスしたりと、カオスな演奏の上にカオスな歌唱を被せてくるという変態っぷり。お前らみんな表現力豊かってレベルじゃねぇぞ!

<収録曲>
1. Unsolved Ideas Of A Distorted Guest
2. Words
3. Orange Vigilantes
4. Mechanical Phoenix
5. The Quantum Symphony
6. Unfed Pendulum
7. In The Mind Of The Last Whale
8. Silence This Parasite
9. A Fading Stance
10. When The Joyful Dead Are Dancing
11. Until Yet A Few More Deaths Do Us Part


<オススメの曲>
1. Unsolved Ideas Of A Distorted Guest
3. Orange Vigilantes
5. The Quantum Symphony
6. Unfed Pendulum
10. When The Joyful Dead Are Dancing

とりあえず冒頭の#1から展開読めなさすぎワロタwwな状態。静かに始まるシンフォニックメタルかと見せかけて、一番初めに騒ぎ始めるのはブンブンと唸りを上げる超テクニカルなベース。そこに同じくテクニカルなドラムと優しい音色のヴァイオリン、そして穏やかな女性Voが登場するのですが、ここまでならまだ比較的まともなテクニカルプログレ。2分あたりを境にどんどん仰々しくなっていき、変態性も一気に上昇していき、各パートが一斉に激しい自己主張を始め、完全に手が付けられないアヴァンギャルドな世界観が混沌と渦巻いていきます。
♯3はイントロのクラシカルな一瞬だけがまともで、その後はずっと変態フレーズのオンパレード。中盤でいったんムーディーで比較的落ち着いた雰囲気になるも、再び変拍子連続の凄まじい展開を見せつけてきます。とりあえず次は何が来るんだろう的なわくわく感がヤバい。
#5は完全に逝っちゃってる状態の狂気的な雰囲気すら漂う変態っぷりですが、サビになると比較的ポップで優しげな雰囲気に。そこのギャップとそこへの展開の持っていき方に思わず感心してしまいます。まさに美と狂の饗宴。
#6は混沌の中にコミカルさを内包した楽しい曲。Voの表現力が全面に押し出されており、次から次へと様々な歌唱がとっかえひっかえ登場して楽しませてくれます。
#10はヴァイオリンとギターとの絡み合いが印象的。お互いやりたい放題やっているようにしか聞こえないのに、不思議としっかり相互に支えあっているのが凄いです。

オススメ度…93点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。