EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[SEPULTURA]
SEPULTURA「ROOTS」

SEPULTURA ROOTS

ブラジル出身のトライバル・ヘヴィロックバンド、セパルトゥラの六作目。1996年発表。元々スラッシュメタルバンドだった彼等ですが、この作品ではスラッシュから完全に脱却し、ブラジル独自のリズム&ビートを取り入れたヘヴィロックとなっています。ブラジルの民族楽器なども積極的に使われており、普通のバンドでは味わえない独特のグルーヴ感が最大の魅力。マックス・カヴァレラ<Vo>の大迫力な咆哮も凄いです。

1.Roots Bloody Rootsがとにかく凄い。超ヘヴィなサウンドが物凄いグルーヴ感で迫ってくる最強の曲です。大地を揺るがすような重低音がホントたまらん!! 聴いていると独特のビートに誘われて、自然にノリノリになってしまいます。
2.Attitudeはイントロで民族楽器がミョンミョンと不思議な音を奏でている曲。その後の展開はやはりとてもヘヴィで、うねるようなギターサウンドがカッコいいです。
4.Ratamahattaは思いっきりブラジル民族音楽な曲。全て現地の言葉で歌われており、かなり異様な雰囲気ですが、パーカッションの叩き出す独特のリズムがとても心地よいです。「ラタマハタラマタ、ラタマハタラマタ!!」ってのがやけに頭に残ります。
特に大好きなのは上記の3曲ですが、他の曲も全体的にオススメ。敢えて選ぶとすれば10.Born Stubbornあたりでしょうか。ちなみに、12.Itsáriはどっかの民族のとこに出かけて行って、一緒に演奏してライブ録音した物なのだとか。

ということでこのアルバムはヘヴィミュージック界を代表する名盤。結構好き嫌いのあるサウンドだとは思いますが、機会があれば是非一度聴いてみてください。

オススメ度…87点

PV
Roots Bloody Roots

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。