EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ASIA]
ASIA「ASIA」



キング・クリムゾンジョン・ウェットン<Vo,B>、元イエススティーヴ・ハウ<G>、元EL&Pカール・パーマー<Dr>、元バグルスジェフ・ダウンズ<Key>という豪華メンバーで結成されたスーパーバンド、エイジアの一作目。1982年発表。プログレ界の重鎮が集まっているため、「3分プログレ」などと呼ばれたりもしていたそうですが、実際のところはプログレ臭のほとんど無いポップロックです。抜群のメロディセンス、優しげなVo、最高のギターワークとメロディアスなソロ、ふんわりと包み込むような幻想的なKeyなど、その全てが完璧。まさしく20世紀を代表するロックアルバムの一枚です。

1.Heat Of The Momentからもう最高過ぎ。ギターとKeyの作り出す幻想的な音世界と、憂いを帯びた歌メロ、そしてそれを優しく歌い上げるジョン・ウェットンのVoはマジで鳥肌モノです。なんか聞いてるとしみじみとした気分になっちゃうわ…。
もう一つ個人的に大好きなのは6.Wildest Dreams。哀愁漂いまくりのサビメロが最高で、ジョン・ウェットンがその素晴らしさに拍車をかけています。ほんとマジで泣けるわ。わずか5分の中に詰め込まれたドラマティックな構成も凄いし、スティーヴ・ハウのメロディアスなソロもたまらないし、最後のカール・パーマーのドラムプレイもカッコ良過ぎ。完璧。
7.Without Youも哀愁駄々漏れの曲。やっぱりなんといってもジョン・ウェットンの歌声が最高過ぎです。もちろん演奏陣も相変わらず完璧。
とりあえず個人的に超お気に入りな3曲を挙げてみましたが、収録曲9曲とも全てが普通に名曲と呼べるレベルの曲です。「やっぱりこれだけ才能あるメンバーが集まると自然とそうなるんだなぁ」って感じ。

ということでこの作品、洋楽好きで聴いたこと無いような人は是非聞いておくべきです。メンバーだけ見てプログレを想像してしまうと肩透かしを食うのかもしれませんが、あらかじめポップだと言うことを知っていれば絶対に期待を裏切らないはず。哀メロ派は必聴!!

オススメ度…90点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。