EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KONTRUST 「EXPLOSITIVE」
KONTRUST 「EXPLOSITIVE」

KONTRUST EXPLOSITIVE

<収録曲>
1. Dance
2. Why
3. Just Propaganda
4. I Freak On
5. Shut Up
6. Cosmic Girls
7. Vienna
8. Bulldozer
9. Play!
10. This Is My Show
11. Bad Time
12. Ladies
13. Lucky Bastard


オーストリア出身のミクスチャーメタルバンド、コントラストの3作目。2014年発表。

ヘヴィなギターサウンドを中心としているものの、ダンスミュージック的なノリの良さ、レゲェ的な能天気さ、そしてなんだかよくわからない怪しさと胡散臭さがぐちゃぐちゃにぶっこまれた変わった音楽性を特徴としています。曲によって様々な顔をのぞかせる彼らの作品ですが、どの曲にも一貫して言えることは聞いててとにかく楽しいこと。何にも考えずにノリながら聴くことの出来る素敵な作品です。
野太い女性Voと、コミカルな男性Voの組み合わせもこのバンドの長所を上手いこと増していて良い。

アルバム冒頭の#1はPVにもなっている強烈な曲で、このバンドの特徴を如実に表している楽しい曲。こんなにヘヴィでグルーヴィーなのに、馬鹿馬鹿しさが全面に押し出されていてとても好き。
同じくPVになっている#3はシリアスな雰囲気すら漂うヘヴィなリフから一転、サビでやっぱりこのバンドらしい胡散臭さが一気に発揮される曲。

とりあえず上記2曲がやっぱり耳を惹きますが、他の曲も平均して面白おかしい感じでとても良い。前作に比べてはっちゃけっぷりが少し減退した感も否めませんが、それでもやっぱりハイクオリティです。

<オススメの曲>
1. Dance (→PV)
3. Just Propaganda (→PV)

オススメ度…82点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

KRALLICE 「YGG HUUR」
KRALLICE 「YGG HUUR」

Krallice Ygg huur

<収録曲>
1. Idols
2. Wastes of Ocean
3. Over Spirit
4. Tyranny of Thought
5. Bitter Meditation
6. Engram


米国出身のブラックメタルバンド、クラリスの5作目。2015年発表。

今まではしつこいくらいのトレモロリフで執拗に押して押して押しまくるタイプのブラックメタルをやっていましたが、今作では雰囲気がちょっとかわり、カオティックハードコア寄りのサウンドに変化しています。
トレモロリフ自体は確かに多用されているのですが、音の質がかなり変わったので、それに伴って印象もだいぶ違ってるのかな。

さらにリフ自体も今までよりも多彩に変化して展開していくようになっており、随分と複雑さが増したという印象。ひたすらトレモロリフを刻みまくるだけではなく、複雑に緩急をつけてみたり、リフの雰囲気を変えてみたりと、ちょっとプログレッシブな分野にも片足を突っ込んでいる感じがします。
ブラッケンド・プログレッシブ・ハードコアってなんか新しいな。

その一方で、曲自体は彼らにしてはかなり短くまとめられており、#2#5の4曲は全て6分42秒で統一。アルバム全体でも35分ちょい。いままで10分超えの曲が作品の大半を占めていた彼らとは思えないほどのコンパクトさになっております。

ってなわけで雰囲気が結構違っており、今までの作品が好きだった人はちょっと戸惑うかもしれません。
決して悪くは無いんだけど、個人的には今までのシャリシャリとしたトレモロの嵐の方が好きだったし、メロディ重視なとことかも過去作の方が好きだったかも。

でも過去作の方が好きってだけで、これはこれで全然アリなところが逆にちょっと複雑な気持ちです。
たまにはこういう変化がないとマンネリになっちゃうし、これはこれで良いのかな。

<オススメの曲>
2. Wastes of Ocean

オススメ度…81点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入
[KRALLICE 「YGG HUUR」]の続きを読む

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

KEEP OF KALESSIN 「REPTILIAN」
KEEP OF KALESSIN 「REPTILIAN」

Keep Of Kalessin Reptilian

<収録曲>
1. Dragon Iconography
2. The Awakening
3. Judgement
4. The Dragontower
5. Leaving The Mortal Flesh
6. Dark As Moonless Night
7. The Divine Land
8. Reptilian Majesty


ノルウェー出身のブラックメタルバンド、キープ・オブ・カレシンの5作目。2010年発表。

相変わらず嵐のような手数足数の多いブラストをバックに、ゴリゴリと激しく展開していく激烈なブラックメタルをやっております。作を重ねるごとにメロディアスさをどんどん増している彼らですが、今作でもその傾向は色濃く出ており、凶悪さの中にメロウなトレモロリフなどを織り込んだり、神々しいコーラスを挟んでみたりと、展開の多彩さを存分に見せつけてきます。それに伴ってさらに聴きやすくなった印象で、ブラックメタルにしてはかなり親しみやすい部類に入るんじゃないかな。

どこからどう聴いてもキープ・オブ・カレシンな楽曲がずらっと並ぶのですが、個人的には#1#2#3の怒涛の勢いにとにかく圧倒されました。疾走に次ぐ疾走で止まることを知らない音の洪水が信じられない圧力で押し寄せてきます。
サビがキャッチーな#4なんかも印象的。
アルバムの最後を締める14分超の大曲も、勢いで押し切る前半と、ドラマチックに聴かせてくる後半とで、最後までひたすら圧倒されるばかりです。

インパクトという点では前作や前々作の方が勝りますが、この作品も安定のクオリティでとてもカッコいい1枚だと思います。とりあえずメロディアスかつ凶暴なブラックメタルを聴きたい方はぜひ。

<オススメの曲>
1. Dragon Iconography
2. The Awakening
3. Judgement

オススメ度…89点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

KEEP OF KALESSIN 「EPISTEMOLOGY」
KEEP OF KALESSIN 「EPISTEMOLOGY」

Keep Of Kalessin Epistemology

<収録曲>
1. Cosmic Revelation
2. The Spiritual Relief
3. Dark Divinity
4. The Grand Design
5. Necropolis
6. Universal Core
7. Introspection
8. Epistemology


ノルウェー出身のブラックメタルバンド、キープ・オブ・カレシンの6作目。2015年発表。

相変わらず手数足数の多いドラムがひたすらブラストをかましながら、邪悪に疾走しまくるブラックメタルをやっており、安定のクオリティを誇っています。ちょっとずつメロディアスさが増してきていたという印象の彼らですが、今作が今までで一番メロディアスに感じるかも。攻撃性と凶悪さもピカイチなのですが、要所要所で顔を出すメロディアスなトレモロリフが非常に魅力的に響き渡ります。リードVoのThebonが脱退したため、ギタリストのObsidian ClawがVoを兼任するようになったのですが、前のVoよりもかなり聴きやすいデスヴォイスなため、メロディアスさが増したように感じる部分もあるのかもしれません。
今作ではコーラスもあちこちで目立っている印象で、邪悪なサウンドをバックに広がるメロディアスなコーラスはなんとも崇高で神秘的な雰囲気を醸し出しています。

とりあえず相変わらず長尺な曲が多く、平均的に7分超の曲が並ぶのですが、どの曲もひたすら邪悪に疾走しまくり、ドラマティックに緩急を付けて盛り上がっていく曲ばかりです。全てがめちゃくちゃカッコよくて甲乙つけ難いところはあるのですが、個人的には神々しくも凶悪なコーラスがやたら印象的な#6とか、PVにもなった#7あたりが特に好きかも。

非常に整合性のとれたわかりやすい演奏でとてもわかりやすく、しっかりとしたメロディアスな曲作りが見事な作品なので、個人的にはブラックメタルの入門には最適なんじゃないかなぁと思います。熟練者が聴いても単純にカッコいいと感じることが出来るのはもちろんなので、とりあえず速くてメロディアスなブラックメタルが聴きたいという方はぜひ。

<オススメの曲>
6. Universal Core
7. Introspection (→PV)

オススメ度…92点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

KRAMPUS 「SURVIVAL OF THE FITTEST」
KRAMPUS 「SURVIVAL OF THE FITTEST」

Krampus Survival Of The Fittest

<収録曲>
1. Arise (The Day Of Reckoning)
2. Beast Within
3. Unspoken
4. Rebirth
5. Aftermath
6. The Bride
7. Redemption
8. The Dance Of Lies
9. Kronos' Heritage
10. Shadows Of Our Time
11. Tears Of Stone
12. The Season Of Revenge


イタリア出身のフォークメタルバンド、KRAMPUSの1作目。
2012年発表。

Vo、G×2、B、Dr、Keyに加えてバイオリンとティンホイッスルを擁した8人組の大所帯バンドで、ティンホイッスルの人はバグパイプとブズーキも兼任しているのだとか。

サウンド的にはちょっとモダンで骨太なメロデスサウンドにフォーク要素を思いっきりぶち込んだ感じで、ヒロイックなメロディと相まってヴァイキングメタルっぽい雰囲気もあります。イメージとしてはエルヴェイティあたりが一番近いのではないかと。
Voの系統も似てるので、余計にそう感じるのかな。

個人的に即効性が高くてグイグイ引き込まれていったのは#7#10で、どちらも笛やバグパイプが乱舞しまくるいかにもな曲。特にヒロイックな笛が大活躍しまくる#10が好き過ぎてたまりません。

全体的なクオリティも普通に高いので、その手のサウンドが好きな方はぜひ。

<オススメの曲>
7. Redemption
10. Shadows Of Our Time

オススメ度…84点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

KATANA 「STORMS OF WAR」
KATANA 「STORMS OF WAR」

Katana Storms Of War

<収録曲>
1. Reaper
2. Wrath Of The Emerald Witch
3. Khubilai Khan
4. The Samurai Returns
5. City On The Edge Of Forever
6. No Surrender
7. In The Land Of The Sun
8. The Gambit
9. Modesty Blaise
10. The Wisdoms Of Emond's Field


スウェーデン出身の正統派メタルバンド、カタナの2作目。
2012年発表。

バンド名やジャケからしてもうイロモノ臭しかしませんし、実際に歌詞もそんな感じだったりはするのですが、とても真面目で王道な正統派メタルをやっています。アイアン・メイデンに通じるようなメロディアスなリフで軽快に疾走していくタイプのサウンドで、少々エピックメタル寄りのメロディがちょいちょい顔を出してくるのが特徴。NWOTHMの中の変わり種のようなバンドで、なかなか面白いです。

冒頭の#1は超王道な疾走曲。軽快なツーバスとリフで心地よく駆け抜けていきます。
#2も同様にメロディアスに疾走していく曲。ピロピロとしたツインリードが良い。
#3は無駄にドラマティックな雰囲気を出してくる曲。やはり音自体は正統派メタルど真ん中なのですが、やたらエピカルでクサいところがダサくて素敵。「クビラーイ・カーン♪」という音の響きのダサさたるや!
#4はこれまたヒロイックなリフが耳を惹く。勢いもあって良い曲です。
#5はツッタカツッタカとしたリフがどことなくメイデンを彷彿とさせる。サビはしょーもないコーラスですが、耳に残ってしまいます。
#6はミドルテンポの勇壮な曲。ヴァイキングメタルのような雰囲気が漂いますが、それにしてはちと音が軽いので、ちょっとだけ物足りないかもしれません。
#7はSEを交えた静かなイントロから徐々に盛り上がっていく曲。メイデンのプログレライクな部分をそっくり取り入れたかのような雰囲気がとても微笑ましい。
#8はシンプルなリフで突き進む曲。良くも悪くも忠実に伝統的。
#9は冒頭のメロいツインギターのハモりがとても素敵な曲。
#10は最後を飾るにふさわしいドラマティックな曲ですが、やはり注目を集めるのはメイデン風のメロいリフ運びです。

ってことで、全体的にアイアン・メイデンを再現しながら少しだけエピカルにした雰囲気が漂う作品です。めっちゃイロモノ臭漂うのに、やってることがめっちゃ正統的ってとこに好感度を持たざるを得ない。普通に良いバンドなので、正統派メタルが好きな方はぜひ。

<オススメの曲>
1. Reaper
3. Khubilai Khan
7. In The Land Of The Sun
10. The Wisdoms Of Emond's Field

オススメ度…82点

FACEBOOK(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KONTRUST 「TIME TO TANGO」
KONTRUST 「TIME TO TANGO」

Kontrust Time To Tango

<収録曲>
1. Dancer In The Sun
2. Play With Fire
3. On The Run
4. Personal Rotation
5. The Smash Song
6. Sin
7. We Add The World
8. Mainstream Bypass
9. Clown Parade
10. 1K1
11. Lato
12. Vodka, Tribe And Dynamite
13. Zero
14. Känämänännä
15. Bomba
16. Face And Filter

オーストリア出身のミクスチャーメタルバンド、コントラストの1作目。2010年発表。

ミクスチャーといっても、いったい何と何が混ざり合っているのか意味不明なくらい独創的なサウンドをしており、へヴィロックを中心に、レゲェ、ヒップホップ、民族音楽、ダンスミュージックなど、ありとあらゆるものが混沌と渦巻いています。基本的には能天気で楽しいサウンドに終始しており、トライバルなグルーヴ感でノリノリになりながら愉快に爽快に跳ね回る感じ。男女ツインVoなのですが、男も女も非常に表現力豊かで、普通の歌唱からラップまで幅広くこなしています。
へヴィなのにキャッチーで、ふざけてるのにカッコいいという、とってもセンスフルな作品。

<オススメの曲>
1. Dancer In The Sun
2. Play With Fire
3. On The Run(→PV)
5. The Smash Song(→PV)
9. Clown Parade
15. Bomba(→PV)

トライバルなへヴィロックサウンドということで、セパルトゥラの"Roots Bloody Roots"を彷彿とさせる曲がちらほら。特に#15とか。まぁセパルトゥラとは比べ物にならないくらい能天気だけど。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KVELERTAK 「MEIR」
KVELERTAK 「MEIR」

<Kvelertak Meir

<収録曲>
1. Åpenbaring
2. Spring Fra Livet
3. Trepan
4. Bruane Brenn
5. Evig Vandrar
6. Snilepisk
7. Månelyst
8. Nekrokosmos
9. Undertro
10. Tordenbrak
11. Kvelertak


ノルウェー出身のパンキッシュなブラックメタルバンド、クヴェラトークの2作目。2013年発表。

邪悪なパンクと言ってしまった方が分かりやすいんじゃないかというような音楽性をしており、パンク、ハードコア、ハードロック、ロックーンロール、などのエッセンスを全部ぶっこんでぐちゃぐちゃにかき混ぜたようなブラックメタルをやっています。ってかブラックメタル要素はほとんどVoの喚き声だけなんじゃないかっていう。
しかもギターはまさかのトリプル編成。こんだけギターが居れば、リフは基本的にハモりまくりで、荒々しさの中に彩りを添えてくれます。さらにその3本のギターに負けないブリブリのベース音もとても魅力的で、存在感をしっかリ見せつけているのがとても良い。
前作はエネルギッシュでぶっ飛んだ荒々しい楽曲が中心でしたが、今作は前作よりは少し落ち着いた印象で、メロディアスなフレーズが比較的多くなっています。とはいえそこらのバンドには負けないくらいのエネルギッシュなサウンドを響かせているので、前作が気に入った人なら何も気にせず手にして大丈夫なのではないかと。
とにかくブラックメタルという単語を出すのもはばかられるほどのイケイケなサウンドなので、うらっくメタル好きというよりは、ロックンロール好きとかパンク好きの方はぜひ。

<オススメの曲>
1. Åpenbaring
2. Spring Fra Livet
3. Trepan
4. Bruane Brenn(→PV)
11. Kvelertak

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KALMAH 「SEVENTH SWAMPHONY」
KALMAH 「SEVENTH SWAMPHONY」

Kalmah Seventh Swamphony

<収録曲>
1. Seventh Swamphony
2. Deadfall
3. Pikemaster
4. Hollo
5. Windlake Tale
6. Wolves on the Throne
7. Black Marten's Trace
8. The Trapper
9. Cold Gin


フィンランド出身のメロディックデスメタルバンド、カルマーの7作目。2013年発表。

スワンプメタルと言われるような泥臭く土着的なメロディをふんだんに織り交ぜたメロデスをやっていることで有名な彼らですが、7作目となる本作でもその基本的なスタンスには何ら変化はありません。ただ、前作や前々作ではゴリゴリの堅めな音作りであったのに対し、今作では角が取れて比較的まろやかな音作りになったという印象。さらにタイトルに「Swamphony」と入っているのも関連しているのかは知りませんが、Keyの使い方がキラキラというよりはシンフォニック気味な装飾という使われ方が多くなっている気がします。
メロディの充実度は相変わらず凄まじく、びっくりするほど叙情的でメロいリフが次々と飛び出すというメロディメイカーっぷりはさすが。今までよりもメロディアスさはさらにアップしている気がするし、そのくせブルータルさもしっかり残っているし、文句のつけようがない作品です。ここ最近のカルマーは高品質な作品をポンポン出してくるから本当に凄いわ。

冒頭を飾る#1はブルータルなイントロで幕を開けますが、そっからすぐにメロメロのツインギターが登場。攻撃性と美しさが絶妙の均衡を見せる秀逸な曲です。
そしてそれに続く#2はもうイントロから全力でメロい。こんなんツボらないわけがないじゃないか!
それに続く#3もまだまだ叙情メロの嵐。ツインギターの大活躍に心躍らずにはいられません。
#5は細かく刻むリフを中心とした勇壮な曲。ヒロイックなクサメロでヴァイキングメタル風味に駆け抜けていきます。
#7はキラキラと幻想的に幕を開けたかと思いきや、アグレッシヴに疾走を開始する曲。荒々しさの中に潜むメロいギターがやはりとても秀逸です。

<オススメの曲>
1. Seventh Swamphony
2. Deadfall
3. Pikemaster
5. Windlake Tale
7. Black Marten's Trace

オススメ度…90点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KALMAH 「SWAMPSONG」
KALMAH 「SWAMPSONG」

Kalmah Swampsong

<収録曲>
1. Heroes To Us
2. Burbots Revenge
3. Cloned Insanity
4. The Third The Magical
5. Bird Of Ill Omen
6. Doubtful About It All
7. Tordah
8. Man With Mystery
9. Moon Of My Nights


フィンランド出身のメロディックデスメタルバンド、カルマーの3作目。2003年発表。

キラキラ系Keyとメロいリフでグイグイと引っ張っていくメロデスをやっています。従来の作品よりもリフのメロディアスさがさらに研ぎ澄まされると同時に、サウンドにも随分と厚みが出てきたという印象。それによりダークさがちょっと強まり、土着的メロディの持つ質感がさらにヌットリとした沼から這い出る系へと強まっていったような気がします。アグレッシヴさが増してメロディの質もアップするという順調な進化を遂げた秀逸な作品かと。

とりあえず#1#2#3という冒頭3曲のメロいリフが非常に素晴らしい。縦横無尽に駆け巡るエモーショナルなギタープレイには心躍らずにはいられません。

<オススメの曲>
1. Heroes To Us
2. Burbots Revenge
3. Cloned Insanity
6. Doubtful About It All
7. Tordah

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KALMAH 「SWAMPLORD」
KALMAH 「SWAMPLORD」

Kalmah Swamplord

<収録曲>
1.Evil In You
2.Withering Away
3.Heritance Of Berija
4.Black Roija
5.Dance Of The Water
6.Hades
7.Alteration
8.Using The Word


フィンランド出身のメロディックデスメタルバンド、カルマーの1作目。2001年発表。

キラキラとしたKeyとメロディアスなリフということで、当時は飛ぶ鳥を落とすような勢いだったチルボドとやたら比較されていた気がします。むしろ僕もずっと比較していました。
確かにチルボドに通じる部分はあるのですが、こちらの方がメロディが土着的で泥臭く、沼の中から這い上がってきたチルボドというようなイメージ。
ただ、1stにしてそのメロディセンスには既に非凡なものがあり、ツインギターでグイグイとハモりまくるリフ構成にはメロデス好きなら悶絶せざるを得ません。

とりあえずこの作品は冒頭を飾る#1が圧倒的にキラーチューン。スッタンスッタンとしたドラムに合わせてリズミカルかつメロいリフ、そしてキラキラKeyが華麗に乱舞するというイントロがあまりにもツボ過ぎる。そしてそのイントロがやたらクドい。イントロの後もそのままの勢いで突っ込んでいく素晴らしきキラーチューン。
他にはメロいリフと派手なKeyがこれまた素敵な#6とかが好きかな。

<オススメの曲>
1.Evil In You
6.Hades

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KALMAH 「FOR THE REVOLUTION」
KALMAH 「FOR THE REVOLUTION」

KALMAH FOR THE REVOLUTION

<収録曲>
1. For the Revolution
2. Dead Man's Shadow
3. Holy Symphony of War
4. Wings of Blackening
5. Ready for Salvation
6. Towards the Sky
7. Outremer
8. Coward
9. Like a Slave


フィンランド出身のメロディックデスメタルバンド、カルマ―の5作目。2008年発表。

土着的なクサメロを撒き散らしながらクラシカルに疾走するメロデスをやっております。初期の圧倒的キラキラ感はだいぶ減退し、モダンな音作りになってきてはいますが、それでも十分にKeyの装飾は活かされていますし、いかにもメロデス黎明期といった感じのサウンドで非常にハイクオリティ。カルマーの他のアルバムに比べるとちょっと強烈に印象に残るような曲が少ないかなぁという気もしますが、メロディの一つ一つは非常に優秀で、聞けば全力で楽しめるような楽曲が並んでいます。秀でた曲が数曲というよりは、アルバム全体としての平均点が高いタイプかと。

<オススメの曲>
1. For the Revolution
3. Holy Symphony of War
4. Wings of Blackening
6. Towards the Sky

オススメ度…81点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KALMAH 「12 GAUGE」
KALMAH 「12 GAUGE」

Kalmah 12 Gauge

<収録曲>
1. Rust Never Sleeps
2. One Of Fail
3. Bullets Are Blind
4. Swampwar
5. Better Not To Tell
6. Hook The Monster
7. Godeye
8. 12 Guage
9. Sacramentum


フィンランド出身のメロディックデスメタルバンド、カルマーの6作目。2010年発表。

土着的なメロディをふんだんに織り込みつつ荒々しく疾走するタイプのメロデスで、ただひたすらカッコいい。初期のキラキラ感は無くなってしまいましたが、相変わらずKeyは適度な装飾をしており、メロディの良さをさらに際立てています。今作は4thに近いようなな音像で、メロディアスながらも非常に攻撃的でストレートなメロデスを楽しむことが出来ます。Voは深みのある迫力満点のデスヴォイスで、時折見せる沼地から這い上がってきたようなぬちゃっとした感触も素敵。
捨て曲と呼べるものが一切存在しない素晴らしい作品です。

<オススメの曲>
4. Swampwar
6. Hook The Monster
8. 12 Guage(→PV)

オススメ度…91点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。