EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LEPROUS 「THE CONGREGATION」
LEPROUS 「THE CONGREGATION」

LEPROUS THE CONGREGATION

1. The Price
2. Third Law
3. Rewind
4. The Flood
5. Triumphant
6. Within My Fence
7. Red
8. Slave
9. Moon
10. Down
11. Lower
12. Pixel


ノルウェー出身のプログレッシヴメタルバンド、レプロスの5作目。2015年発表。

メンバーのEinar Solbarg<Vo,key>エンペラーIhsahnらしく、Ihsahnのソロ活動のバックバンドとして名を馳せた彼らなのですが、もはやそんな肩書きすら必要もないほどの研ぎ澄まされたプログレメタルをやっています。

まずは冒頭の#1がいきなりの超キラーチューン。クセのある独特のリズムと、シンプルだけどセンスを感じさせるリフ、そしてEinar Solbargの表現力の歌唱が一体となっており、とても完成度の高いプログレチューンとなっています。盛り上がるところは重厚に盛り上がり、それ以外のところは静かにシンプルにジワジワと前進していく感じで、その対比がとても素敵。
続く#2もリズムが独特で妙にクセになる曲。Djentっぽい雰囲気がとても好きです。そういう系統だと、#10なんかもDjentっぽくて良い。
あとはダークな雰囲気で、機械的なサウンドとエネルギッシュなサウンドが上手いこと融合した感じの#4なんかも好きかな。

プログレメタルなのでよくよく聴けば難解だとは思いますが、普通に聴く分スッと入り込んでくるようなポップさも内包した作品だと思います。重すぎず軽すぎずなバランスも個人的にはとても良いと思う。センスを感じるプログレメタルをお探しならばぜひ。

<オススメの曲>
1. The Price (→PV)

オススメ度…89点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

LAST AUTUMN'S DREAM 「LEVEL ELEVEN」
LAST AUTUMN'S DREAM 「LEVEL ELEVEN」

Last Autumns Dream Level Eleven

<収録曲>
1. Kiss Me
2. Follow Your Heart
3. Fight The World
4. I'll B There 4 U
5. L.osing You
6. Go Go Go - Get Ready For The Show!
7. Delirious
8. Made Of Stone
9. Stick Around
10. Star
11. PLZ
12. Oh Darlin'
13. Ja, Det Var Val Roligt


フェア・ウォーニングアンディ・マレツェク<G>とスウェーデンが誇る泣きメロ職人ミカエル・アーランドソン<Vo>を中心としたメロディアスハードロックバンド、ラスト・オータムズ・ドリームの11作目。

毎年コンスタントに作品を出し続けていた彼らですが、前年はベスト盤だったため、新作としては珍しく2年ぶりとなります。

11作目ともなるとさすがにネタ切れしそうなものですが、相変わらず日本人の琴線に触れるような哀メロを紡ぎ出してくれており、メロディメイカーっぷりは健在。さすがに真新しさはありませんが、アンディの繊細なギタープレイとミカエルのハスキーで甘い歌声があるだけで名盤の要素がしっかりと揃ってしまうんだから凄いです。
ミカエルが作曲した曲ばかりということもあって、かなり初期に近い雰囲気になっており、小粒ながらもクオリティの高い曲がずらっと並びます。

哀愁を帯びつつ小気味良く軽快に疾走する#1とか、初期を彷彿ととさせる憂いを帯びた#4、シンプルながらも物悲しさの漂う#10あたりが特に好きかな。

<オススメの曲>
1. Kiss Me
4. I'll B There 4 U
10. Star

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

LIFELOVER 「SJUKDOM」
LIFELOVER 「SJUKDOM」

Lifelover Sjukdom

<収録曲>
1. Svart Galla
2. Led By Misfortune
3. Expandera
4. Homicidal Tendencies
5. Resignation
6. Doften Av Tomhet
7. Totus Anctus
8. Horans Hora
9. Bitterljuv Kakofoni
10. Becksvart Frustration
11. Nedvaknande
12. Instrumental Asylum
13. Utdrag
14. Karma


スウェーデン出身のデプレッシヴブラックメタルバンド、ライフラバーの4作目。2011年発表。

スウェーデン産の自殺系鬱メタルとしてSHININGと肩を並べる存在で、なかなかキテいる、というかイッてしまっているバンドです。ギターの音は重々しく歪んでいながらもあまりブラックメタルっぽくは無いのですが、そこにのっかる精神錯乱系のマジキチボーカルや、ポロポロと紡ぎ出される不安を掻き立てるようなピアノ、陰鬱な呟きなどが心を削いで侵食してきます。
1曲1曲が4分前後と非常にコンパクトで、この手の音楽にしてはわりと聴きやすくはあるのですが、それぞれの持つ怨念の様なものは本当に重く、病んでいるときに聴くと死にたくなる。美しさと狂気の狭間をゆらゆらと揺蕩う負のサウンドが好きな人はぜひ。

<オススメの曲>
1. Svart Galla
2. Led By Misfortune
3. Expandera

#3のジリジリとしたリフとピアノの組み合わせの美しさ、そしてそこにのっかる呟きの儚さがヤバい。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

LAST AUTUMN’S DREAM 「TEN TANGERINE TALES」
LAST AUTUMN’S DREAM
「TEN TANGERINE TALES」


LAST AUTUMN’S DREAM TEN TANGERINE TALES

<収録曲>
1. Ten Tangerine Tales
2. Pickin' Up The Pieces
3. 2nd Look
4. For You
5. Preludium - The Man I Used To Be
6. I Will See You Thru
7. When I Found You
8. Lie To My Heart
9. New York Rain
10. It's Magic
11. Rebel Rouser
12. My Final Love Song


毎年コンスタントに作品を送り出してくるメロディアスハードロックバンド、ラスト・オータムズ・ドリームの10作目。2012年発表。

フェア・ウォーニングアンディ・マレツェク<G>と泣きメロ職人ミカエル・アーランドソン<Vo>を中心としたプロジェクトですが、ここ数作はタリスマンジェイミー・ボーガー<Dr>が大きく作曲に関わるようになっています。
とはいえ哀愁たっぷりのメロディをミカエルがあまーい歌声で歌い上げるという基本的なスタンスは全く変わっておらず、今回も秀逸なメロディがたっぷり。ただ、初期のように哀愁一辺倒な感じではなく、全体的にアップテンポで明るい楽曲が多くなっているような気もします。また、一曲一曲のインパクトが薄く、要所要所のメロディ自体は良いものの、楽曲としてズバ抜けたものが無いのが残念。まぁこれだけハイペースで作品を出し続けていると、ある程度はしょうがないんだろうけど。絶対評価的な観点から見るとそこらのバンドに全く引けをとらない高品質な作品ですし、とりあえずミカエル信者の僕としては、このバンドが一定のクオリティを保ったまま存続してくれるだけで幸せです。

<オススメの曲>
2. Pickin' Up The Pieces
5. Preludium - The Man I Used To Be
9. New York Rain
10. It's Magic

オススメ度…80点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

LORDI 「TO BEAST OR NOT TO BEAST」
LORDI 「TO BEAST OR NOT TO BEAST」

Lordi To Beast Or Not To Beast

<収録曲>
1. We're Not Bad For The Kids (We're Worse)
2. I Luv Ugly
3. The Riff
4. Something Wicked This Way Comes
5. I'm The Best
6. Horrifiction
7. Happy New Fear
8. Schizo Doll
9. Candy For The Cannibal
10. Sincerely With Love
11. SCG6: Otus' Butcher Clinic


フィンランド出身のモンスターハードロックバンド、ローディの6作目。2013年発表。

メンバー全員が怪物であるということと、その見た目に反してキャッチーでポップなハードロックを掻き鳴らしているということで有名な彼ら。Kita<Ds>Awa<Key>が脱退し、その後任のOtus<Ds>が死去するという不幸に見舞われた彼らですが、Mana<Ds>Hella<Key>という二匹を新メンバーとして加えてようやく漕ぎ着けた作品です。やはりバンドの全てをMr.Lordi<Vo>が担っているためか、サウンドはメンバー交代の影響が微塵も見えないいつも通りのハードロック。曲単位でみると今までよりちょっぴり音がメタリックになった楽曲もちらほらありますが、全体的にみるとあまり大きな変化は感じられません。ただ、メロディのキャッチーさ的には今までの方がちょっと高かったかなぁ。これといったキラーチューンがあまりないんだよね。全体的にはどれも及第点の曲ばかりなので、ランダム再生とかしてれば普通に楽しめる作品ではあります。

<オススメの曲>
1. We're Not Bad For The Kids (We're Worse)
3. The Riff(→PV)

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

オススメ度…79点

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

LIGHT BRINGER 「SCENES OF INFINITY」
LIGHT BRINGER 「SCENES OF INFINITY」

Light Bringer Scenes Of Infinity

<収録曲>
1. Hyperion
2. Fallen Angel
3. if
4. 孔雀とカナリア
5. 人形が見た夢
6. Eau Rouge
7. Hydrangea
8. Tales of Promise~天国に寄せるポエトリー~
9. Infinite Fantasy
10. Venus


日本のメロディックパワーメタルバンド、ライト・ブリンガーの4作目。2013年発表。メジャーだと2作目になります。

メジャーデビュー作の3作目が出たのが昨年なので、とても早いペースで発売された今作ですが、相変わらずパワフルでアニソンチックなクサさを持った作品に仕上がっていました。前作よりちょっぴりメロディが弱くなっている感はあるものの、その分メタル度はぐっとアップしたという印象。
ドラゴン・ガーディアンなど様々なメタルプロジェクトに参加している女性VoのFukiの歌唱は相変わらず力強く、爽快なハイトーンでクサメロを高らかに歌い上げてくれています。Vo以外の演奏陣もとてもレベルが高く、特にクサメロの後ろで静かにうねっているベースラインの充実っぷりが素晴らしいです。

<オススメの曲>
1. Hyperion
2. Fallen Angel
3. if
7. Hydrangea

全体的にクオリティの高い楽曲が並んでいるのですが、良い具合にメロディがくどい#1、メロディアスなKeyに心躍る#2、爽やかで広がりのある展開が素敵な#3の、冒頭三曲が個人的にとてもお気に入り。これぞメロパワ!な感じがとても良いです。
美しいメロディが印象的な哀愁チューンの#7も好き。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

LEITHIAN 「SIN LIMITES」
LEITHIAN 「SIN LIMITES」

Leithian Sin Limites

<収録曲>
1. Sin Límites
2. Hechizo
3. Angel Seductor
4. Cruzando Senderos
5. Amanecer
6. La Era De La Mentira
7. Profundo Palpitar
8. Te Esperaré
9. Memoria Oscura
10. Matar O Morir
11. Un Legado A Rescatar


スペイン出身のメロディックスピードメタルバンド、LEITHIANの2作目。2012年発表。スペイン特有の哀愁を発しながらクサメロ疾走するスタンスで、たまーにメロハーっぽい爽やかなメロディを挟んでくるのも特徴です。Voはスペイン語なので、巻き舌Voを存分に楽しめるのも魅力の一つ。キラーチューンの不在が少々惜しいところですが、疾走曲を中心としてクサメロ好きの琴線に触れてくるような曲も多いです。

<オススメの曲>
2. Hechizo
4. Cruzando Senderos
10. Matar O Morir

オススメ度…74点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonでダウンロード

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

LOST SOCIETY 「FAST LOUD DEATH」
LOST SOCIETY 「FAST LOUD DEATH」


Lost Society Fast Loud Death

<収録曲>
1. N.W.L.
2. Trash All Over You
3. E.A.G.
4. Kill (Those Who Oppose Me)
5. Bitch, Out' My Way
6. Fast Loud Death
7. Lead Through The Head
8. Diary Of A Thrashman
9. Toxic Avenger
10. This Is Me 100
11. Braindead Metalhead
12. Piss Out My Ass
13. Fatal Anoxia
14. Escape From Delirium
15. I Stole Your Love


フィンランド出身のスラッシュメタルバンド、ロスト・ソサエティの1作目。2013年発表。「メンバー全員が10代!」という売り文句にふさわしい、圧倒的な勢いで突っ走るタイプのスラッシュメタルをやっています。とにかくスピード全開で荒々しく突き進む様がひたすら痛快で、何も考えずに頭を振れるような元気いっぱいなサウンド。Voのシャウとにもキレがあるし、リフもシンプルながらザクザクと心地良いしで、スラッシュ好きなら素直に楽しめるような作品かと。

<オススメの曲>
2. Trash All Over You(→PV)
4. Kill (Those Who Oppose Me)(→PV)
5. Bitch, Out' My Way
6. Fast Loud Death
11. Braindead Metalhead
12. Piss Out My Ass

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

LIGHT BRINGER 「GENESIS」
LIGHT BRINGER 「GENESIS」

Light Bringer Genesis

<収録曲>
1. 創世
2. ark
3. noah
4. merrymaker
5. Babel
6. カルンシュタインの系譜
7. Just kidding!
8. 光の王女
9. espoir
10. 風
11. Love you


日本のメロディックパワーメタルバンド、ライト・ブリンガーの3作目にしてメジャーデビュー作。2012年発表。

明るく疾走感のあるサウンドと、絶妙なクサさを纏ったキャッチーなサビが持ち味でしたが、今作でもその持ち味は存分に発揮されており、むしろさらに研ぎ澄まされたという印象です。
Voはドラゴンガーディアン等の活躍でも知られる女性VoFuki。爽やかな楽曲にぴったりの、溌剌としたパワフルな歌唱が響き渡ります。

幻想的なイントロの#1から、骨太なリフのイントロが印象的な#2へ。ヘヴィ路線価と思わせるような出だしに一瞬「おやおや」と思わされますが、そっからピアノを絡めつつ徐々に明るく展開していきます。
先行シングルにもなっていた#3は、このバンドの本領発揮ともいえる疾走メロパワチューン。お約束レベルのクサメロがこれでもかとばかりに広がっていく、爽快なキラーチューンです。シンフォニックな感じの装飾も非常に魅力的。
#4はベースラインが派手で興味深い。サビになるとやはり明るく広がっていくような感覚が心地よいかと。
#5は比較的おとなしめでJ-Popっぽいなと思ったのですが、途中からしっかりとエレキサウンドが全面に出てきて一安心。プログレ風味の複雑な展開も楽しめます。
#6はドラマティックな感じがたまらない。クライマックスを超えてプロローグに入っていきそうな雰囲気。そしてやはり曲自体は良い具合にクサいです。
#7はヒロイックな疾走曲で、#8はバラード風味。
#9はテクニカルな演奏陣の技が光る一曲。
#10はピアノを中心としたバラード。ただ、しっとりという雰囲気ではなく、意外とパワフルな印象も受けます。
最後を飾る#11はヒロイックで明るいメロスピ。最後にこういういかにもな曲を持ってくるあたりがニクいですね。

ってことで、今までの延長上にあるような作品なので、今までのファンならとても心躍る作品なのではないかと。聴いたことない人もメロスピやメロパワが好きならばこの作品から入門してみれば良いんじゃないかと。

<オススメの曲>
3. noah
6. カルンシュタインの系譜
11. Love you

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939_20120521221052.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

LUCA TURILLI'S RHAPSODY 「ASCENDING TO INFINITY」
LUCA TURILLI'S RHAPSODY
「ASCENDING TO INFINITY」


Luca Turilli's Rhapsody Ascending To Infinity

ルカ・トゥリッリ<G,Key>ラプソディ・オブ・ファイアから分裂して立ち上げたバンド、ルカ・トゥリッリズ・ラプソディの1作目。2012年発表。元々「ラプソディ=ルカ」みたいなところはあったので、良くも悪くもいつものラプソサウンドを継承しております。シンフォニックでやり過ぎなほどの装飾、これでもかとばかりに紡ぎ出されるクサメロ、大仰なクワイア…etc。ただ、今までよりもドラマティックさのようなものがより大袈裟になっており、まるで映画か何かのサントラのような壮大なスケールの作品となっています。注目のVoにはトリック・オア・トリートアレッサンドロ・コンティが就いているのですが、これがなんと見事に楽曲にマッチしていてとてもびっくり。トリック・オア・トリートの時は「ハロウィンそっくりな曲を上手く歌い上げるマイケル・キスクのそっくりさん」程度の認識だったのですが、ここでは少々声は細いものの、オペラティックさを加えた見事なハイトーンを聴かせてくれています。さて、そんなこんなでVoがハイトーンタイプということもあって、全体的に受ける印象はどちらかと言えばRoFというよりはルカのソロ作品に近いという印象かもしれません。まぁとにかく大仰なクサメロが好きな人なら十分に満足できる作品なんじゃないですかね。

<収録曲>
1. Quantum X
2. Ascending To Infinity
3. Dante's Inferno
4. Excalibur
5. Tormento E Passione
6. Dark Fate Of Atlantis
7. Luna
8. Clash Of The Titans
9. Of Michael The Archangel And Lucifer's Fall
10. March Of Time
11. In The Mirror


♯10ハロウィン#11ラウドネスのカヴァー。

<オススメの曲>
2. Ascending To Infinity
5. Tormento E Passione
6. Dark Fate Of Atlantis
8. Clash Of The Titans

渋いおっさんのナレーションを含むいかにもなイントロ#1を経て、堂々のクサメロを撒き散らすスピードチューンの#2へとなだれ込む流れは安定のルカさんクオリティ。サビメロの盛り上がりがとても心地良い。
#5はオペラっぽさとクサメロを上手いバランスで合わせ持った曲。男性Voと女性Voの掛け合いが良い感じですアレッサンドロ・コンティってこんなに表現力溢れるVoだったんだね。
#6はちょっぴり中東的な要素を含んだ疾走曲。まぁ結局はクサクサクサのピロピロ系メロスピなのですが、普通に良いです。
#8はサイレンの音で幕を開ける曲。いつものラプソサウンドながらも、ちょっぴりSFっぽい雰囲気が漂っているのが新鮮です。

オススメ度…84点

OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939_20120521221052.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

LULLACRY 「CRUCIFY MY HEART」
LULLACRY 「CRUCIFY MY HEART」

Lullacry Crucify My Heart

フィンランド出身のメタルバンド、ララクライの3作目。2003年発表。ちょっぴりダークでゴシカルなテイストも含むのでゴシックメタルと形容されることもあるようですが、基本的にはキャッチーなメロディを全面に押し出したヘヴィロックという感じです。Voの甘く親しみやすい歌声とキャッチーなメロディとの組み合わせが絶妙で、音自体はヘヴィなのにとてもポップな印象を受けてしまいます。そんな親しみやすさの中に程よく存在する北欧らしい憂いや哀愁も素晴らしい。

<収録曲>
1. Alright Tonight
2. Crucify My Heart
3. Dont Touch The Flame
4. Every Single Day
5. Pitch Black Emotions
6. Unchain
7. Nothing To Lose
8. Heart Of Darkness
9. This Time
10. Over Me
11. Better Days


<オススメの曲>
1. Alright Tonight
3. Dont Touch The Flame(→PV)
9. This Time
11. Better Days

冒頭の#1からもう超キャッチーでメロディアス。リフ自体はとてもヘヴィなのですが、メロディ自体はそこらのポップロックバンドに匹敵するほどの親しみやすさを持っています。
♯3はキャッチーながらも超メランコリックな曲。サビの口ずさみやすいメロディの中に、思いっきり哀愁が漂っています。
#9は軽快に駆け抜けるメロディアスな曲。明るくキュートな歌声と、憂いを含んだメロディの組み合わせがたまらぬ。
#11はゴシカルな雰囲気漂うダークなリフが印象的。ただ、Voの声によって曲自体に暗い印象はあまりなく、やはり良い具合にキャッチーです。

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

LEAVES' EYES 「MEREDEAD」
LEAVES' EYES 「MEREDEAD」

Leaves' Eyes Meredead

ドイツ出身のシンフォニック系ゴシックメタルバンド、リーヴズ・アイズの4作目。2011年発表。ドイツ出身ながらもどことなく北欧風味なサウンドが特徴です。音作り自体はわりかしヘヴィなのですが、フォーク/トラッドの要素も多分に取り入れたシンフォニックなサウンドがそれを上手く和らげているという印象。荘厳で崇高な雰囲気も漂う中、リヴ・クリスティンの可憐で美しいソプラノヴォイスが心地よく響きます。ちょいちょい入ってくる大仰なクワイヤも幻想的な雰囲気を増してて良いな。前作ではヴァイキングっぽいサウンドがかなり大々的に取り入れられていましたが、今作では民謡やケルトティックなメロディが中心で、前作もなかなか好きでしたが個人的にはこっちの方がさらに好みかも。作品重ねるごとにちょっとずつ俺の好みに近付いてくるなぁ。

<収録曲>
1. Spirits' Masquerade
2. Etain
3. Velvet Heart
4. Krakevisa
5. To France
6. Meredead
7. Sigrlinn
8. Mine Taror er ei Grimme
9. Empty Horizon
10. Veritas
11. Nystev
12. Tell-Tale Eyes
13. Sorhleod


<オススメの曲>
1. Spirits' Masquerade
3. Velvet Heart
5. To France(→PV)
7. Sigrlinn
11. Nystev

#1はいきなりクワイヤで始まる荘厳な曲。ちょっとしたらすぐにケルティックな音色が陽気に響き渡りますが、すぐにまた緊迫したサウンドに戻ります。ケルト風味とゴシック風味がうまいことブレンドされててとても良い感じの曲。
♯3は弦楽器が優雅に響き渡るフォーキッシュな曲。音はゴシカルで荘厳なのに、メロディはとてもふわっと幻想的で柔らかなのが印象的です。リヴの歌声もこういう幻想的な曲には良く合ってて素晴らしい。
#5はパイプの音色で幕を開けるこれまたケルティックな曲。重厚なギターリフと、それを激しいと感じさせない優しげなメロディとの組み合わせがたまりません。
#7はアコギをバックにした素朴な曲かと思いきや、意外にも勇壮な展開を見せる曲。デスヴォイスまで登場し、ドラマティックに展開していきます。
#11は緩急の付け方が印象的な曲。疾走する弦楽器の音色がとても良いです。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

LOVEX 「WATCH OUT!」
LOVEX 「WATCH OUT!」

Lovex Watch Out!

フィンランド出身のメランコリックメタルバンド、ラヴエックスの3作目。2011年発表。哀愁たっぷりのキャッチーなノリノリ系ゴシックサウンドが特徴でしたが、今作では哀愁度が幾分か抑えられ、80年代のアメリカンハードロック的なカラッとした爽やかさを持つようになりました。元々ポップスに通じるようなキャッチーさは持っていましたが、今作ではそれがさらに進行し、CDジャケット同様にボーイズグループ的なイメージに。とはいえリフはそれなりにヘヴィですし、Voも相変わらず色気があるしで、バッサリ切り捨てるにはもったいないクオリティを備えており、HR/HM由来の曲展開にはやはり心が躍ります。

<収録曲>
1. Queen Of The Night
2. U.S.A.
3. Slave For The Glory
4. Time Of Your Life
5. Watch Out!
6. 15 Minutes
7. Crash My World
8. Worlds Collide
9. One
10. Marble Walls
11. U.S.A. (Acoustic)


<オススメの曲>
1. Queen of the Night
2. U.S.A.(→PV)
3. Slave for the Glory
5.Watch Out!(→PV)

ダイナミックでノリが良く、サビメロでは仄かに哀愁が漂う#1が一番のお気に入り。他の曲も全体的に哀愁系ハードポップスって感じだけど、曲自体はとても良いと思います。

オススメ度…80点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。