EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UNLUCKY MORPHEUS 「AFFECTED」
UNLUCKY MORPHEUS 「AFFECTED」

Unlucky Morpheus Affected

<収録曲>
1. affected
2. Get Revenge On The Tyrant
3. Gradient
4. imagimak
5. 虚妄の恋人
6. 落花流水
7. 殺戮のミセリア


同人メロディックスピードメタルバンド、アンラッキー・モルフェウスの1作目。2014年発表。
これまでに東方やその他のカヴァーアルバムは何枚も出しているようですが、オリジナルアルバムとしては初めての作品となります。

ドラゴンガーディアンやその他の国産メロスピバンドでサポートメンバーとして活躍していた実力派ギタリストの平野幸村と、ライト・ブリンガーでも歌っている女性VoのFuki(ここでは天外冬黄という名前)の二人によるプロジェクトで、通称は「あんきも」。

東方カヴァーとかはあんま興味ないので、過去に1作だけ聴いて「わりとカッコいいね」くらいの感想だったのですが、今作はついにオリジナルアルバム!
当然、演奏や歌唱力の方は既にお墨付きだったのですが、オリジナル曲の方もなかなか良いです。

イントロの#1を除く全てが疾走曲ということで、徹底的にメロスピ魂を貫き通した作品となっており、しかも当然のごとくクサい!さすが!
特に仰々しいクワイヤを導入した#2と、やたらネオクラ風味な#3のクオリティは頭ひとつ抜きんでています。後者のサビの「追いかけてーもー」がやたら頭に残って良いね。
あとは若干迫力不足のデスヴォイスが掛け合いで入っている#5とか、ギターソロがクサメロを奏でまくりの#7あたりも好きかな。

とりあえず国産メロスピが好きな方はぜひ試してみてください。Fukiが歌ってるってことでライト・ブリンガーっぽく感じる所もあるし、クサさ的にドラゴンガーディアン的なところもあるし、そこらへんのバンドが好きた人は手を出してみれば良いんじゃないかと。
同人メタルってわりと手に入れるの難しかったりめんどくさかったりするけど、このバンドならアマゾンでも売ってるし、ユニオンとかで扱ってたりもするし。

<オススメの曲>
2. Get Revenge On The Tyrant
3. Gradient
5. 虚妄の恋人
7. 殺戮のミセリア

オススメ度…82点

OFFICIAL(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

UNLEASHED 「ODALHEIM」
UNLEASHED 「ODALHEIM」

Unleashed Odalheim

<収録曲>
1. Fimbulwinter
2. Odalheim
3. White Christ
4. The Hour Of Defeat
5. Gathering The Battalions
6. Vinland
7. Rise Of The Maya Warriors
8. By Celtic And British Shores
9. The Soil Of Our Fathers
10. Germania
11. The Great Battle Of Odalheim


スウェーデン出身のデスメタルバンド、アンリーシュドの11作目。
2012年発表。

僕はこのバンドはこの作品で初めて聴いたのですが、ジャケットだけ見て完全にブラックメタルだと思って購入しました。そしてブラックメタルだと思ってずっと聴いていました。
が、実はどうやら調べてみるとこのバンドはデスメタルなのだそうで、この作品がバンド史上で一番ブラックメタル色が強いそうです。うんうん、確かに言われてみればデスメタルっぽいドロドロ感もあるし、Voもいかにもデスメタルな野太いデスヴォイスだわーって感じ。
ってことで、随分とトレモロリフやらメロいリフやらが乱舞し、ヴァイキングっぽい勇壮なメロディを交えながら、力強いサウンドでゴリゴリと突き進むタイプのデスメタルをやっており、ブラックメタル好きに強くアピールするかのような作品となっています。
過去作も今度聴いてみよーっと。

<オススメの曲>
1. Fimbulwinter

メロいトレモロとパワフルな突進力の組み合わせが良い。

オススメ度…80点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

UNEXPECT 「FABLES OF THE SLEEPLESS EMPIRE」
UNEXPECT
「FABLES OF THE SLEEPLESS EMPIRE」


Unexpect Fables of the Sleepless Empire

カナダ出身の変態テクニカルメタルバンド、アンエクスペクトの3作目。2011年発表。超絶テクを持った演奏陣が各自やりたい放題に突き抜けているアヴァンギャルドなサウンドが特徴です。メタリックなサウンドを中心に、クラシカルな弦楽器が舞い踊ったり、プログレッシヴに変拍子で暴れまわったり、カオティックに暴走したり、オペラティックにおどけてみたりと、とにかくやりたい放題。ボーカル、ギター、ベースやドラムなどのリズム隊、キーボード、そしてヴァイオリンに至るまで全てが主人公ばりの自己主張を争ってくるのですが、それでも曲としてしっかり成り立っているのが凄いです。Voは女性Voとギターを兼任する男性Voが2人というトリプル編成で、オペラティックに歌い上げたりグロウルしたりコーラスしたりと、カオスな演奏の上にカオスな歌唱を被せてくるという変態っぷり。お前らみんな表現力豊かってレベルじゃねぇぞ!

<収録曲>
1. Unsolved Ideas Of A Distorted Guest
2. Words
3. Orange Vigilantes
4. Mechanical Phoenix
5. The Quantum Symphony
6. Unfed Pendulum
7. In The Mind Of The Last Whale
8. Silence This Parasite
9. A Fading Stance
10. When The Joyful Dead Are Dancing
11. Until Yet A Few More Deaths Do Us Part


<オススメの曲>
1. Unsolved Ideas Of A Distorted Guest
3. Orange Vigilantes
5. The Quantum Symphony
6. Unfed Pendulum
10. When The Joyful Dead Are Dancing

とりあえず冒頭の#1から展開読めなさすぎワロタwwな状態。静かに始まるシンフォニックメタルかと見せかけて、一番初めに騒ぎ始めるのはブンブンと唸りを上げる超テクニカルなベース。そこに同じくテクニカルなドラムと優しい音色のヴァイオリン、そして穏やかな女性Voが登場するのですが、ここまでならまだ比較的まともなテクニカルプログレ。2分あたりを境にどんどん仰々しくなっていき、変態性も一気に上昇していき、各パートが一斉に激しい自己主張を始め、完全に手が付けられないアヴァンギャルドな世界観が混沌と渦巻いていきます。
♯3はイントロのクラシカルな一瞬だけがまともで、その後はずっと変態フレーズのオンパレード。中盤でいったんムーディーで比較的落ち着いた雰囲気になるも、再び変拍子連続の凄まじい展開を見せつけてきます。とりあえず次は何が来るんだろう的なわくわく感がヤバい。
#5は完全に逝っちゃってる状態の狂気的な雰囲気すら漂う変態っぷりですが、サビになると比較的ポップで優しげな雰囲気に。そこのギャップとそこへの展開の持っていき方に思わず感心してしまいます。まさに美と狂の饗宴。
#6は混沌の中にコミカルさを内包した楽しい曲。Voの表現力が全面に押し出されており、次から次へと様々な歌唱がとっかえひっかえ登場して楽しませてくれます。
#10はヴァイオリンとギターとの絡み合いが印象的。お互いやりたい放題やっているようにしか聞こえないのに、不思議としっかり相互に支えあっているのが凄いです。

オススメ度…93点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

UNEARTH 「DARKNESS IN THE LIGHT」
UNEARTH 「DARKNESS IN THE LIGHT」

Unearth Darkness In The Light

米国出身のメタルコアバンド、アンアースの5作目。2011年発表。メロディアスなツインリードと野性味溢れる咆哮が特徴の、いかにもメタルコアなサウンドが身上です。メタルコア系のバンドはしっかりとした実力が伴っていないと凡百のバンドに埋もれてしまいがちなのですが、アンアースはしっかりと自分たちのサウンドを確立し、確固たる地位を築き上げているのが凄い。テクニカルでメロディアスなギターワークを、メロデスのようなコテコテのサウンドになる寸前で綺麗に纏め上げており、メタルコアとしての魅力を極限まで高めることに成功しています。アグレッシヴなエレキサウンドなのに、やたら音がクリアで綺麗ってのも良い。ワンフレーズ聴いただけで、「あ、アンアースだ!」と即座に判断出来るような音作りです。一時期やたら市場に氾濫していたメタルコアも最近はイマイチ下火になってる感が否めませんが、こういう実力派バンドがスタイルを変えずにしっかりと活躍しているのを聴くととても嬉しくなります。

<収録曲>
1. Watch It Burn
2. Ruination Of The Lost
3. Shadows Of The Light
4. Eyes Of Black
5. Last Wish
6. Arise The War Cry
7. Equinox
8. Coming Of The Dark
9. The Fallen
10. Overcome
11. Disillusion


<オススメの曲>
1. Watch It Burn
2. Ruination Of The Lost
9. The Fallen

モダンさとメロディアスさが絶妙のバランスで保たれている#1は、いかにもアンアースらしい一曲。アグレッシヴに突き進み、絶妙なタイミングでブレイクダウンするあたりがとてもクール。とりあえず暴れたくなります。
#2はミドルテンポのツーバスでドラマティックに幕を開け、途中から疾走したりアグレッシヴになったりと展開する曲。堂々とした威厳のようなものを感じます。
個人的に一番好きなのは、やたらメロディがクサい#9。ツインギターの音色がやり過ぎなくらいクッサクサで、一度聴いたら耳から離れません。ソロのピロピロ具合もたまらんぜ。そのくせメロデスっぽいかというとそうでもなく、しっかりとハードコア色も残しているのがさすが。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

ULVER 「NATTENS MADRIGAL」
ULVER「NATTENS MADRIGAL」

Ulver Nattens Madrigal

初期はフォーク風味のサウンドだったり、現在ではエレクトロなアンビエント音楽をやっていたりと、アルバムごとに全く違った方向性を見せてくれるウルヴァーの3作目。1997年発表。この作品では真性の禍々しいプリミティブブラックメタルをやっており、耳をつんざくようなノイジーで不快極まりないサウンドを紡ぎ出しています。この作品についてとりあえず一言だけ言わせてもらうと、マジうるさい。金属的でチリチリとしたギターサウンドがとにかく耳に痛いです。音質もめっちゃ劣悪で、これぞプリブラのお手本みたいな感じ。あ、ちなみにここまで全部褒め言葉なので悪しからず。肝心の曲の方はというと、寒々しいトレモロリフがこれでもかとばかりにブリザードのように吹き荒れる名曲ばかり。人を寄せ付けないほど凶暴で凶悪なサウンドなのに、どこか人を惹きつける抒情的なメロディが随所に散りばめられています。天才と変態は紙一重とはよく言うけれど、天才で変態なのがブラックメタル界の方々なんだよね。プリブラファンはとりあえず必携。

<収録曲>
1. Hymne I - Wolf And Fear
2. Hymne II - Wolf And The Devil
3. Hymne III - Wolf And Hatred
4. Hymne IV - Wolf And Man
5. Hymne V - Wolf And The Moon
6. Hymne VI - Wolf And Passion
7. Hymne VII - Wolf And Destiny
8. Hymne VIII - Wolf And The Night


<オススメの曲>
1. Hymne I - Wolf And Fear
3. Hymne III - Wolf And Hatred
4. Hymne IV - Wolf And Man
6. Hymne VI - Wolf And Passion

軋むギターリフがとにかくノイジー。どの曲もうるせぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。でもメロディは良いんだよぉぉぉぉ。ブリザードォォォォォォ!!!!

オススメ度…90点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

UNSUN 「THE END OF LIFE」
UNSUN「THE END OF LIFE」

Unsun The End Of Life

ポーランド出身のゴシックメタルバンド、アンサンの1作目。2008年発表。ヴェイダーのギタリストマウザーが中心となって結成されたバンドで、VoにAYAという女性Voが据えられています。デス/ブラック界隈の演奏陣が集まっているのでそっち方面のサウンドになっているかと思いきや、意外とキャッチーな曲が多くてびっくり。サウンド自体はかなりモダンで、比較対象としてはエヴァネッセンスあたりが挙げられそうなサウンドです。AYAの歌唱はそれほど特徴のあるものではないですが、こういうポップな曲にはこのくらいの方が逆に合うのかも。

<収録曲>
1. Whispers
2. Lost Innocence
3. Blinded by Hatred
4. Face the Truth
5. Other Side
6. Destiny
7. Memories
8. Bring Me to Heaven
9. On the Edge
10. Closer to Death
11. Indifference


<オススメの曲>
1. Whispers(→PV)
2. Lost Innocence
5. Other Side

サウンド自体は重厚なのにめっちゃキャッチーなのが凄い。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

UNHOLY RITUAL 「REX MUNDI」
UNHOLY RITUAL「REX MUNDI」

Unholy Ritual Rex Mundi

ギリシャ出身のシンフォニックブラックメタルバンド、アンホーリー・リチュアルの1作目。2009年発表。荘厳なKeyの装飾を纏いながら爆裂疾走で駆け抜ける、凶暴さと美麗さを兼ね揃えたバンドです。一本調子に爆走するだけでなく、うまく緩急をつけて飽きさせない構成になっているのもGood。Voの絶叫も鬼気迫っていて中々良い。

<収録曲>
1.Killer Instinct
2.Vae Victus
3.Exiled As A Serpent (Returned As A Wolf)
4.In Flagrante Delicto
5.Concequences
6.What Lies Beneath
7.Childish Fears
8.Where God's Light Is An Error
9.Subquantum
10.Unholy Ritual


<オススメの曲>
1.Killer Instinct
10.Unholy Ritual

基本的に全部良いけど、その中でも上記二つがかなり良い。
①は何故かちょっと和風なKeyメロが頭に残る。
⑩は曲展開が凝っていて素晴らしい。

オススメ度…89点

MYSPACE(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[ULVER]
ULVER「SHADOWS OF THE SUN」

Ulver Shadows of the Sun

ノルウェー出身の元ブラックメタルバンド、ウルヴェルの9作目。2007年発表。フォーク/トラッド色の強いブラックメタルをやったり、ノイジーなブラックメタルをやったりと、作品ごとに色んなことをやってきた彼らですが、ここ最近ではエレクトロニック色の強いアンビエント系の音楽をやっています。今作では幻想的な面が強く押し出され、浮遊感漂う何とも不思議なサウンド。Garmも儚いクリーンヴォイスで優しく歌っています。メタル色どころかロック色すら皆無なので、その辺を理解せずに手を出すと肩透かしを食うかも。美しさの中に神秘性とある種の不気味さを内包しており、なんだか精神的に落ち着かない。

1.Eosからもう独特の世界が展開されており、ふわふわとした実に幻想的なサウンド。癒しなんだけどどこか不気味、温かいんだけどどこか寂しい、そんな感じの曲。呟くようなVoが良い。
2.All the Loveもゆったりとした相変わらず浮遊感たっぷりの曲。Voはしっかりと歌っており、普通に美しい曲となっています。トランペットの音色がやたらムーディー。ピアノの音色が若干恐い。
3.Like Musicは弦楽器の重厚な音色が印象的。終盤のアンビエント色の強いパートが、なんだか精神的に不安定な気分にさせてくれます。根底に抑えきれない狂気のようなものが渦巻いていそうで恐い。
4.Vigilはピアノの音色と不気味なノイズのコラボレーション。中盤は美しいんだけど、だんだんそれが崩壊していきます。
6.Let the Children Goは何だか迫力のある感じ。うるさいわけじゃないけど、迫りくる何かを感じます。
7.Solitudeブラックサバスのカヴァー。あまりにもアルバム全体のサウンドに溶け込んでいて、そんなこと言われても気づきません。
9.What Happened? はなんか「幽玄」って言葉がしっくりくるかも。

ってことでこのアルバム、どんな人に勧めていいのか全然わかりません。だけど僕は嫌いじゃないです。というかむしろ好きです。どこが魅力なのかと聞かれるとイマイチ説明できないのですが、聴いてると不思議な気分になれる所が好きなのかもしれません。まぁもし気になれば是非。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[UFO]
UFO「LIGHTS OUT」

UFO Lights Out

イギリス出身のハードロックバンド、ユーフォーの7作目。1977年発表。唯一神マイケルシェンカー<G>がまだ在籍していた頃の作品で、泣きまくりかつエモーショナルなギタープレイがふんだんに散りばめられています。4th「Phenomenon」と双璧を成すといわれる名盤で、とにかく秀逸な曲ばかり。作品全体を包み込む荒々しさと何とも言えない寂しさのバランスが絶妙です。邦題は「新たなる殺意」。

やっぱり一番好きなのは4.Lights Outマイケルの弾きまくりギターが半端無くカッコ良いです。かなりメタリックな雰囲気で、リフもクールだし、疾走感もたまらないし、まさに言うこと無し。
1.Too Hot To Handleはキャッチーな感じで親しみやすい曲。サビのコーラスが口ずさみやすくて良いわ。
3.Try Meは感動のバラード。切ないピアノの音色物憂げなVoがぴったりマッチしています。後半では泣きのギターも炸裂しまくり。
8.Love To Loveもかなりのキラーチューンで、やっぱりキーワードは"泣き"。ドラマティックな盛り上がりと、全体を支配する最高級の哀愁がたまりません。アコギの音色は切ないし、エレキの音色は叙情的だし…、ほんと凄いな。最後の1分は神のみのなせる業です。

70年代ということで古き良きハードロックって感じがしてしまうことは確かですが、そういう年代の壁を超えた魅力を持った作品です。マイケルのプレイを是非ここでも体験してみてください。

オススメ度…84点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[URIAH HEEP]
URIAH HEEP「LOOK AT YOURSELF」



ブリティッシュ・ハードロックバンド、ユーライアヒープの3作目。1971年発表。現在は知名度的にレッド・ツェッペリンディープ・パープルの影に隠れてしまった感のある彼らですが、実力的には充分それらのバンドに匹敵。そしてこのアルバムは紛れも無く70年代ハードロックの名盤の一つです。当時にしてはかなりヘヴィめなリフも魅力的ですし、何よりもケン・ヘンズレーの奏でる重厚なオルガンが最高。なんとも言えない独特の音色を響かせています。ハードでありながらもメロディ重視な楽曲群の完成度も実に驚異的。

1.Look at Yourselfからもう最高。曲全体を包み込むこれでもかと言わんばかりの重厚なオルガンの音色と、ハードにうねり荒れ狂うギターサウンドがたまりません。感想のなんとも言えないエキゾチックなメロディとか、サビの後ろのコーラスとか、後半に突如現われる絶妙なパーカッションとかも良いなぁ。
3.July Morningは10分にも渡る大曲。そして誰もが認める名曲の一つです。静と動の対比が絶妙なドラマティックな曲構成と、哀愁を携えた叙情的なメロディがとにかく素晴らしい!! デヴィッド・バイロン<Vo>の歌声もどこか憂いを帯びており、曲にピッタリマッチしています。中盤の「ラァ~ラァ、ラァーラァァ、ラァァァ~~~~ラァ、ラァァァァァッァ~~~~~~~!!」が印象的過ぎ。あとはオルガンサウンドもやっぱ印象的だな。
5.Shadows of Griefはオルガンが大活躍のノリノリな曲。ミョンミョンしまくってるオルガンとヘヴィなギターリフの組み合わせはホント最強としか言いようがありません。曲構成も実はかなり拘り抜かれており、聴けば聴くほど魅力が増す楽曲です。
他にも、ハードで歌メロが良い2.I Wanna be Free、中盤のアコギが最高過ぎる4.Tears in My Eyes、ピアノ主体のバラード系6.What Should be Done、やっぱりオルガンが魅力なロックンロール7.Love Machineと、一切捨て曲はありません。

ということでこのアルバム、「古いから」という理由で聴かないのは勿体無さ過ぎる名盤です。というかむしろ「その古っぽさがカッコよさを増してんだよ!!」と主張しておきたい。この絶妙なオルガンの音色を是非とも体感してみてください。

オススメ度…88点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[USER of a common name]
USER of a common name「FREEWAY」



ユーザーはスウェーデン出身の男女混成バンド。ドラムとヴォーカルが女性です。確かにハードロックといえばハードロックですが、かなりポップで非常に聴きやすい。リンダ<Vo>のキュートかつパワフルな歌声がたまりません。アヴリル・ラヴィーンをほんの少しハードロックに近づけた感じもするかも。バンド名は元々「ユーザー」だけだったのですが、デビューしたら、カナダの同名バンドからしつこく文句を言われたため、一応「ユーザー・オブ・ア・コモン・ネーム」という名前に変えたそうです。

アルバム冒頭を飾る1.Don't Stop Loving Meはポップで軽快なオープニングに相応しい曲。サビが非常に心地良いです。
3.Miss Wantedはポップでノリノリな曲。出だしのリズムがまずいい感じです。そしてサビがホント良い!!一度聴いたら頭から離れなくなります。リンダ<Vo>の歌声が素晴らしすぎ。
綺麗なピアノのイントロで始まる6.Freewayは7分にも及ぶ壮大なバラード。静かに始まって段々と盛り上がっていきます。
2.I Will Get Over Youも中々いい感じの曲で、アヴリルラヴィーンっぽいってのはこの曲を聴いての感想です。
他には4.St Deniseとか8.Someoneがオススメかな。

ということでこのアルバムはポップなロックが好きにはホントオススメです。一般リスナーの方も抵抗無く聴けると思うので是非どうぞ!!

オススメ度…89点

PV
Miss Wanted

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[UFO]
UFO「PHENOMENON」



「神」と崇められる孤高の天才ギタリスト、マイケルシェンカーがかつて在籍していたバンドです(マイケルは途中で失踪→脱退)。そしてこのアルバムは彼が在籍していたときの最高傑作。1974年発表という非常に古い作品ですが、究極の名盤です。

3.Doctor Doctorが究極の名曲。マイケルの奏でる泣きのギターがたまりません。メロディも哀愁漂いまくり。「ドクタ、ドクタ、プリ~ズ♪」って歌詞が耳から離れなくなります。ああ、泣けるわ。
5.Rock Bottomも超名曲。やはりコレもマイケルのギターがずば抜けて素晴らしい。ギターソロとかはホントヤバイです。
7.Time On My Handsも素晴らしい。アコースティックギターの美しい曲です。後半のギターソロはやはり泣きまくりです。
あとは、2.Crystal Lightとか10.Queen Of The Deepが好きだな。インストの9.Lipstick Tracesも素晴らしい。

このアルバムは70年代の作品なので、やはり音質が古臭い。しかし、それを補っても余りある名盤です。特に3はホント名曲なんで是非聞いてみて下さい。古いロックが好きな人は必聴です。

オススメ度…85点

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。