EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YEARNING 「MERGING INTO LANDSCAPES」
YEARNING 「MERGING INTO LANDSCAPES」

Yearning Merging Into Landscapes

フィンランド出身のメランコリック・ドゥーム/ゴシックメタルバンド、YEARNINGの5作目。2007年発表。どっしりと、そしてまったりとしたスローテンポな展開と、美しく陰鬱なメロディが特徴のゴシックメタルをやっています。叙情的なメロディでねっとりと展開する様がとにかく美しくロマンティック。随所で挟み込まれるKeyがかなり良い仕事をしており、陰鬱さの中に希望の光が差し込んでくるような幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。スローテンポ具合はドラコニアンあたりに通じる部分もありますが、あちらがただひたすら絶望の中に沈み込んでいくのに対し、こちらは絶望の中から上に向かって這い上がってくるような印象かと。Voのねちっこい歌唱はサウンドのねっとり具合と良い感じに絡み合っており、怪しい雰囲気を醸し出しています。要所要所で登場する深い迫力満点のデスヴォイスや、細く消え入りそうな女性Voもとても良いアクセントになっています。

<収録曲>
1. Nascentes Morimur
2. Kaleidoscopic Inscape
3. Sphere Of Disgust
4. Return
5. Datura Stramonium
6. October Rain
7. Lethean Waters
8. Merging Into Landscapes
9. Dead
10. The Dying Morn
11. Nemo Ante Mortem Beatus


<オススメの曲>
1. Nascentes Morimur
6. October Rain

儚いアコギの音色に導かれるイントロ#1から一転して、ずぶずぶと深い沼の中に沈んでいくかのような重厚なサウンドで幕を開ける♯2がもう初っ端から全力でロマンティック。スローなリフの中には凄まじい叙情性が込められており、もはやクサメロレベルの素晴らしいメロディ。陰鬱ながらも暗すぎないギリギリのラインで展開し、途中でKeyと女性Voを絡めつつ少しずつ少しずつ明るい方向に浮上していこうともがいているような感じがたまりません。
#6はイントロのモダンなリフに少々驚きますが、歌いだしと共に一気に静かで幻想的になります。キラキラとしたKeyがとんでもなく美しく、ダークなリフと透き通るKeyの絡み合いがあまりにも秀逸。ドラマティックな展開にゾクゾクします。
アルバム全体的に雰囲気が似ている感は否めないのですが、その雰囲気があまりにもツボ過ぎて基本的にはどの曲も楽しめました。中でも上記二つが群を抜いて素晴らしかったので特にオススメという形で。

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

YNGWIE MALMSTEEN 「TRILOGY」
YNGWIE MALMSTEEN 「TRILOGY」

Yngwie Malmsteen Trilogy

ネオクラシカルメタルの生みの親である天才ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンの3作目。1986年発表。このアルバムではVoとしてマーク・ボールズが参加しており、ベースにイェンス・ヨハンソンとドラムスにアンダース・ヨハンソンというヨハンソン兄弟、そしてベースはイングヴェイ自身が兼任するという布陣で製作されています。サウンドの方はとにかく自己主張の強い弾きまくりのギタープレイが主軸。いったい楽譜にしたらどれだけ音符が並ぶんだろうという大量の音の粒が、圧倒的テクで華麗にそして流麗に奏でられていきます。弾きまくりの端々で鮮烈な印象を残す泣きのプレイもさすが。またギタープレイだけではなく楽曲自体のメロディや歌メロも秀逸で、クラシカルな旋律の中にしっかりとキャッチーさが散りばめられており、意外なほど聴きやすいというのもポイント。マークのパワフルな歌唱も存分に生かされており、楽曲にしっかりと華を添えています。

<収録曲>
1. You Don't Remember, I'll Never Forget
2. Liar
3. Queen In Love
4. Crying
5. Fury
6. Fire
7. Magic Mirror
8. Dark Ages
9. Trilogy Suite Op:5


<オススメの曲>
1. You Don't Remember, I'll Never Forget
2. Liar
3. Queen In Love
9. Trilogy Suite Op:5

#2はワイルドに疾走しながらも親しみやすいメロディラインを持った曲。そのくせギターはソロを初めとして存分に弾きまくっており、聴いてて実に爽快になる曲です。
#9はクラシカルな旋律で疾走しまくるインストチューン。ギターとKeyの高速ユニゾンが凄まじく、それをおいかけるさりげない高速ベースラインもとても素敵です。途中でいったん静かになってからドラマティックに盛り上がっていくという曲構成も王道だけど大好き。
あとはパワフルなマーク歌唱がよく映える#1とか#3が好きだな。

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[YNGWIE MALMSTEEN]
YNGWIE MALMSTEEN「RISING FORCE」



クラシックの旋律をメタルに導入した天才ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンの初ソロ作品。一応名義としては「YNGWIE MALMSTEEN’S RISING FORCE」で、1984年発表。「ネオクラシカル様式美」というジャンルの原点となる作品です。インストメインですが、テクニカルなギタープレイだけではなくメロディも秀逸。飽きることなく最後まで一気に聞かせる素晴らしい作品です。

とりあえず2.Far Beyond The Sunはメタル界を代表する究極のインスト。「これぞネオクラシカル!!」というような曲です。弾きまくりのギターがとにかくカッコよく、曲構成も完璧。ホント文句のつけようがありません。「ギターってこんな凄い楽器だったのか」と改めて思ってしまうこと間違い無しです。
1.Black Starはちょっと渋い感じのインスト。やっぱり高速ギタープレイがかなりカッコ良く、聞いているだけで心が高ぶってしまいます。
3.Now Your Ships Are Burnedはリズムがノリノリな感じの歌入りの曲。歌も悪くないけどやっぱり耳を引くのはイングヴェイのギタープレイ。ヤバイ、カッコ良過ぎる。
他には独特のメロディセンスを感じとることのできる4.Evil Eye、ドラマティックな5.Icarus' Dream Suite Opus 4とかが好きだな。

このアルバムは「これを聞かずにイングヴェイは語れない!!」というくらいの代表作。メタル好きなら是非一度は聞いておくべき作品の一つです。まぁインストが苦手な人はダメかもしれないけど…。

オススメ度…87点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[YNGWIE MALMSTEEN]
YNGWIE MALMSTEEN「THE SEVENTH SIGN」



イングヴェイマルムスティーンは、ネオ・クラシカル様式美と呼ばれるジャンルの第一人者。クラシックとヘヴィメタルの融合を目指した天才ギタリストです。そしてこのアルバムは1993年発表の8作目。とにかく全曲捨て曲なしで、彼独特のクラシカルなフレーズと、超高速ギターソロ満載です。

その中でも特に僕が好きなのは、タイトル曲の7.Seventh Sign。静かで綺麗なメロディのイントロから始まり、その後疾走。かっこよすぎる…。マイク・ヴェセーラのヴォーカルも最高。
そしてもう一つ大好きな曲は、11.Crash And Burn。コレもイントロがいいんですよ、マジで。ホント美しいって感じ。曲全体を通してもカッコいい。
泣きのギター満載のインスト曲、6.Brothersも最高に素晴らしい。ほんとクラシックとメタルの融合って感じです。

イングヴェイは、メタラーならば好き嫌いに関わらず一度は聞いておくべき。歌物好きならこのアルバムから入ってもいいかも。

オススメ度…88点

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。