EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ZERO DEGREE 「SURREAL WORLD」
ZERO DEGREE 「SURREAL WORLD」

Zero Degree Surreal World

ドイツ出身のメロディックデスメタルバンド、ゼロ・ディグリーの1作目。2010年発表。ダーク・トランキュリティーの慟哭メロディと初期イン・フレイムスの叙情性とを併せ持ったような、泣きのツインギターでぐいぐい引っ張っていくタイプのサウンドが特徴です。音の質感的にはわりとモダンな印象も受けるのですが、メロディ自体は超正統派なメタル精神に則ったメロデス。多少はクリーンヴォイスも出てきたりはするものの、それに頼りきったりせず、基本的に深みのある慟哭系デスヴォイスがずっと頑張っているのが好印象だったり。

<収録曲>
1. The Door To The Unknown
2. Tomorrow Dies Today
3. Frozen Alive
4. The Storm And The Silence
5. Grapes Of Wrath
6. Whispering Age
7. Virus
8. Disease
9. Surreal World
10. Where Angels Die
11. The Fog


<オススメの曲>
2. Tomorrow Dies Today
3. Frozen Alive
4. The Storm And The Silence
7. Virus
9. Surreal World

渋い叙情メロがこれでもかとばかりに響き渡るイントロ#1に続く#2は、メロディアスさと攻撃性を兼ね揃えた秀曲。メロいツインギターがやりたい放題弾きまくりです。
♯3はアグレッシヴにドタバタするドラムが前面に押し出されていますが、その後ろで鳴り響いているのはやはり圧倒的な叙情メロ。サビでの慟哭系のデスヴォイスや、絡み合うツインギターソロなど要所要所が素晴らしいです。
もはやクサメロレベルの叙情メロを見せつけてくる♯4は個人的にこのアルバム一番のお気に入り。ドラマティックに絡み合っていくギターメロにただただ感心するばかりです。
#7はかなりアグレッシヴに疾走していく曲。自然とヘドバンしたくなるような激しさと、やはりツインギターの生み出す叙情性がたまりません。
#9も激しいリフの中に顔を出す叙情メロにやはりどうしても耳が行ってしまう曲。哀しさを感じさせるレベルの扇情力が素敵。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

ZAO 「THE FUNERAL OF GOD」
ZAO 「THE FUNERAL OF GOD」

Zao The Funeral Of God

米国出身のメタルコアバンド、ゼイオーの9作目。2004年発表。元々はハードコア方面の流れから出てきたバンドらしいですが、今ではその名残を残しつつも、とても威圧感バリバリのヘヴィな音楽をやっています。凶暴なギターが不協和音を交えつつグルーヴィーに展開し、時折エモーショナルで叙情的なメロディも取り入れるというのが基本的なスタイルなのですが、全体的な音作りが非常に極悪な雰囲気を作り出していてなかなか面白い。最近の綺麗な歪み方のメタルコアサウンドではなく、とても汚く荒々しい音作りです。Voもわりと凶暴な感じのがなり声で、サウンドの極悪さを増すのに一役買っています。

<収録曲>
1. Breath Of The Black Muse
2. The Rising End (The First Prophecy)
3. The Last Revelation (The Last Prophecy)
4. The Last Song From Zion
5. Live... From The Funeral Of God
6. The Lesser Lights Of Heaven
7. In Times Gone Past
8. Praise The War Machine
9. Truly, Truly, This Is The End
10. I Lay Sleepless In My Grave
11. Psalm of the City of the Dead


<オススメの曲>
1. Breath Of The Black Muse
3. The Last Revelation (The Last Prophecy)
6. The Lesser Lights Of Heaven
9. Truly, Truly, This Is The End

メインのリフがドロドロとしていて心地良い#1がとりあえず一番のお気に入り。グルーヴィーなリズムに自然と体が縦にノッてしまうような曲です。Voのがなり声も絶好調で迫力満点。中盤では一気にエモーショナルに展開し、そこからまた縦ノリリズムと交互に展開していく部分がとてもカッコいいです。
♯3は冒頭からスピード感バリバリに突っ走っていく曲。荒々しいリフが軽快に突き進んでいき、一心不乱にヘドバンしたくなるような曲になっています。
#6はとても美しい抒情メロが汚く掻き鳴らされる曲。そこにのるVoも極悪な感じで、メロディとサウンドとのギャップがとても面白いです。
#9も荒々しいサウンドとエモいパートとの対比が良い感じの曲なのですが、バックでブンブンと唸るベース音の存在が圧倒的です。

オススメ度…81点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20111216214103.gif

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[ZENO]
ZENO「ZENOLOGY」

Zeno Zenology

ウリ・ジョン・ロートの実弟であるジーノ・ロート<G>率いるメロディアス・ハードロックバンド、ジーノの未発表音源集第一弾。1995年発表。心に直接染み渡っていくような美旋律が湯水のようにあふれ出てくる素晴らしい作品で、とても未発表音源を集めただけのものとは思えない完成度の高さです。Voはマイケル・フレクシグがメインですが、現フェア・ウォーニングトミー・ハートや、ヘルゲ・エンゲルケが歌っていたりする曲も。レコーディング時期がバラバラな楽曲が一気に詰め込まれているので少々散らかった印象も受けますが、それでもメロディが圧倒的クオリティを誇っているので何の問題もありません。

1.Heat Of Emotionフェア・ウォーニングに提供した曲のマイケル・フレクシグバージョン。哀愁漂うサビがとにかく最高で、聴いていると何とも切ない気持ちになってしまいます。フレクシグの擦れたハイトーンが曲にぴったりマッチしており、哀愁度20%増しといった感じ。
2.Is It Loveも哀愁たっぷり。トミー・ハートがVoをとっており、心に響くような熱い歌声を披露してくれています。
3.Togetherは哀愁駄々漏れのバラード。サビのメロディが切な過ぎてヤバイです。広がりのある包み込むようなコーラスも良いなぁ。ギターメロも泣きまくりで、反則級の哀愁を醸し出しまくっています。
4.Surviving The Nightはイントロのコーラスからして最高。「適度にハードで適度にポップ」というサウンドがたまらなく魅力的です。パワフルながら時折哀愁度が一気に高まるってのも最高。
とりあえず上記の4曲が群を抜いて大好きですが、他にも6.Let There Be Heavenとか8.Out In The Night11.In Love With An Angelあたりも普通に好きかな。
1316のデモ曲群も中々興味深くて良いです。

デモ音源集というとファン向けのアイテムという印象が強いですが、この作品は普通にオリジナル作品にも負けないくらいの素晴らしすぎる楽曲がたっぷりと詰まっています。ジーノは作品の数が少ないので、もしどれか聴いて気に入ったならとりあえずこの作品を含めて全て聴いてみることをオススメします。哀愁好きなら絶対に損はしないはず。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[ZENO]
ZENO「ZENOLOGY II」



ジーノ・ロート<G>率いるフェア・ウォーニングの兄弟分とも言えるメロディアス・ハードロックバンド、ジーノの未発表音源集第二弾。2005年発表。録音された年代もバラバラな古い未発表の音源にジーノ・ロート自身があれこれ手を加え、リマスターしたものなのだそうです。「何でこれが未発表音源なんだよ!!」と思わず叫んでしまいたくなるほどの楽曲ばかりで、最初っから最後まで名曲だらけ。ジーノらしい美旋律をこれでもかというほど堪能することが出来ます。ちなみにVoは、全11曲中9曲がお馴染みのマイケル・フレクシグ、2曲が現フェア・ウォーニングのトミー・ハート。どちらも楽曲にぴったりの歌声です。

冒頭の1.Call Of The Heartでいきなり悶絶。相変わらず歌メロが最高過ぎです。特に哀愁漂うサビといったらもう…。さすがジーノ。
そして2.Tonightでいきなりハイライト。サビの切なさが究極過ぎる超名曲です。マイケル・フレクシグの歌声はかなり独特ですが、個人的にはそこがまたツボ。この声で切なさ三割増って感じです。こんな曲を未発表にしていたなんて信じられないわ。
そしてさらに3.Hard Beatも名曲。溢れんばかりの美旋律が怒涛の勢いで押し寄せてきます。この曲のVoはトミー・ハートですが、彼の歌声もやはり最高です。
4.Dreaming The Night Awayトミー・ハートが歌っている曲。これもやはり名曲です。こんなに「名曲」を連呼してると嘘っぽく感じるかもしれませんが、本当に名曲なんだからしょうがない。伸びやかに歌い上げられるサビメロが実に爽快で、そこにさらに切なさが加わってくるんだからもうたまりません。心に直接響いてくる感じ。
5.Good Game Bad Gameからは再びマイケル・フレクシグがボーカル。ちょっぴりポップな曲で、これまたサビが反則級に素晴らしい。
続く曲も一つ残らず素晴らしい曲ばかりで、あっという間に一枚を聞き通してしまうこと間違い無し。特に6.Victoria8.Keep Your Loveは上に挙げた曲と同様にかなりの名曲です。

この作品、何度も言うように未発表音源集だということが信じられないくらいの名盤です。確かに寄せ集めという印象が無いと言えば嘘になりますが、一つ一つの曲の完成度がホント半端無い。メロハー好きなら3rdや1stと共に是非とも抑えておくべき一枚。

オススメ度…97点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[ZENO]
ZENO「ZENO」



ZENOは、メロディアスハード界屈指のソングライターで、兄にスコーピオンズのウリ・ロート<G>を持つスーパーギタリスト、ジーノ・ロート<G>が率いるバンド。彼の書く歌はとにかく「美しい」としか言いようがなく、心にスーッと染み込んで来るような素晴らしいサウンドです。エモーショナルで味のあるギタープレイも絶品。
このアルバムは彼の記念すべきデビュー作で1986年発表。歌っているのはマイケル・フレキシグです。彼の声はちょっと独特なので「苦手かも…」という人もいるかもしれませんが、個人的には味のある良い歌声だと思います。

個人的に一番好きなのは2.A Little More Love。非常にメロディアスな曲で、サビはキャッチー。一度聴いたらもう耳から離れません。マイケルの甲高い歌声も見事にマッチしています。文句のつけようが無い名曲中の名曲!!
3.Love Will Liveはゴスペルのようなバラードソング。メロディが美しすぎ&哀愁漂いまくりです。サビもホント素晴らしく、心が洗われるような曲。なんかもう天使とかが舞い降りてきそうな感じです。
4.Signs On The Skyも超名曲。サビの高音部は、マイケルにしか成しえない独特の世界観に包まれています。聴いてて非常に心地の良い曲。
いちいち曲名を挙げてもどうせ「美しい」としか言えないので、名前を挙げるのは特にお気に入りのこの3曲だけにしておきますが、この他にも収録曲全てが名曲です。

このアルバムはメロディアスハード界を代表する作品。「コレを聴かずにメロディアスハードは語れない」というくらいの究極の名盤です。音質は今に比べると悪いですが、そんなことは関係ありません。ハードロックといっても音が全体的に軽いので、一般の方も是非一度聞いてみてください。そして美しいメロディの洪水に酔いしれてください。

オススメ度…97点

PV
A Little More Love
Love Will Live

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[ZENO]
ZENO「RUNWAY TO THE GODS」



ジーノは、スコーピオンズで活躍していたウリ・ロート<G>の実弟である伝説のギタリスト、ジーノ・ロート<G>によるバンド。現在はジーノ・ロートのソロプロジェクトとなっていますが、フェア・ウォーニングの前身バンドだったということでも有名です。彼の書く曲はとにかく美しく、メロディアスハード界の中でもその素晴らしさは髄一。叙情的でメロディが聞く者の心を捕えて離しません。この作品は、未発表音源集を二枚挟む8年ぶりの三作目で、2006年発表。元ジェイデッド・ハートマイケル・ボーマンが歌っています。

とりあえず1.Fanfares Of Loveが最高に素晴らしい曲。30秒程のイントロを聴いただけでもう悶絶。ジーノの叙情的なギタープレイが炸裂しています。新任のマイケル・ボーマンの歌声もとてもエモーショナルで、サビ部分の哀愁漂いまくりの歌唱が見事。ギターソロもとても素晴らしく、とにかく弾きまくり&泣かせまくりです。最初っから最後まで文句のつけようが無い、名曲中の名曲。
1が前半のハイライトならば、後半のハイライトは7.Refugees(Longing For Paradise)。1stの頃を彷彿させるような曲で、非常にジーノらしいイントロが印象的です。哀愁漂いまくりのメロディも最高!!
個人的には4.Shades Of Blueもかなり大好き。サビの美しい&哀愁度MAXなメロディが僕の心を捕えて離しません。所々で聞かれるアコースティックギターやピアノの音色も絶妙です。心に直接響いてくるような曲。
8.I Feel - I Liveディープ・パープルの「BURN」っぽい始まり方をする曲。これまたサビが哀愁が半端無いです。マイケル・ボーマンの歌唱が本当に見事。いいわ~。
10.Do You Feel The Timeは心が温かくなるような優しげな曲。これもかなり好きです。
他には2.Climb The Sky3.Land Of Illusion、タイトル曲の6.Runway To The Godsもかなりよい曲!! もうホント美しいと言う他ありません。
インスト曲の6.Sogno Di Angelo(Mascagni Arr. Zeno)11.Sunset Birds Flying Home(Celestial Touchdown)もいいアクセントになっています。

ということでこのアルバムは捨て曲一切無しの超名盤。メロディアスハードが好きな人は迷わず買いましょう。マイケル・ボーマンの声を「暑苦しい」と感じる方もいるようですが、個人的にはかなり好きです。確かに前任のマイケル・フレクシグとはタイプが違いますが、僕はどちらもそれぞれジーノの音楽性に合っていると思います。

オススメ度…97点

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[ZONATA]
ZONATA「BURIED ALIVE」



ゾナタはスウェーデン出身のメロパワ・メロスピ系バンド。バンド名はクラシック雑誌を読んでいる時に「ソナタ」という言葉を見て思いついた造語だそうです。キーボードを大胆に取り入れたシンフォニックで透明感のあるサウンドが特徴で、歌メロが全体的に良い感じ。ハイトーンVoも結構しっかりしているので違和感無く聞けるでしょう。残念ながら三枚のアルバムを残して解散してしまったそうです。
このアルバムは彼らの三作目で2002年発表。

1.Buried Aliveは、かなり正統派っぽい曲。サビが結構良い、なかなかの佳曲です。
そしてこの2.isions Of Sorrowがズバ抜けて良い!! Keyによるメルヘンチックなイントロに感動。その後の疾走し始める部分で悶絶。とにかくKeyのメロディアスさが素晴らしいです。Keyといってもソナタ・アークティカのようなキラキラサウンドとは少し違い、普通のピアノに近い感じの音色なのがGOOD。歌メロもかなり秀逸で、サビの盛り上がりも好きです。6分ってのは少し長いかな、というのは贅沢な悩み。
10.Heroes Of The Universeもメロディが秀逸な曲。Keyの音色がやはりいい感じです。
他には5.The Mourner's Taleとか6.Unleashedが好きかな。

アルバム全体を通して聞くと少しインパクトが薄い気もしますが、クオリティは決して低くはないです。個人的にはドラムの音のバランスにちょっと違和感で、ポータブルプレイヤーで聞くとバスドラの音がちょっとでか過ぎかなー、ってのが少々残念なところ。ただ、2はそんなことも忘れさせるほどの素晴らしい出来なので、機会があれば聞いてみると良いかもしれません。Keyのサウンドが好きな方にオススメ。

オススメ度…80点

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[ZYKLON]
ZYKLON「WORLD OV WORMS」



ザイクロンは、元エンペラーザモス<G>タリム<Dr>により結成されたバンド。まぁ当然のごとくブラックメタルバンドです。エンペラーよりもモダンでサイバーチックな雰囲気が出ており、シンフォニックさはありません。インダストリアル・ブラック・メタルなどとも呼ばれているようです。タリムによる怒涛のブラストビートがとにかく圧巻!!物凄い攻撃性で突き進んできます。
このアルバムはそんな彼らの一作目。2001年発表。

1.Hammer Revelationは、いきなりブラストビートが凄い曲。もうねぇ、いきなりヤバ過ぎ。速すぎ。凄すぎ。「アグレッシヴ」なんていう言葉じゃ表しきれないほど攻撃的な曲です。荒々しいリフも凄い。
4.Storm Detonationは比較的ゆっくり目に始まる曲。サイバー的な雰囲気が出まくりです。が、油断していると突如疾走(暴走?)。そこから先はもうブラストの嵐です。やべぇよコレは。
7.Worm Worldは荘厳で邪悪さ抜群のリフが聞ける曲。もちろんブラストも全開です。
他には2.Deduced To Overkillとか6.Terrordromeとか…。ってかもう全部すげぇよ。

ということでこのアルバムは、ブラスト好きにはたまらない作品でしょう。過激な音楽を求める方は是非聞いてみて下さい。

オススメ度…88点

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。