EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妖精帝國 「PAX VESANIA」
妖精帝國 「PAX VESANIA」

妖精帝國 PAX VESANIA

<収録曲>
1. 序
2. Astral Dogma
3. Solitude
4. 狂気沈殿
5. ココロサンクチュアリ
6. 月鏡反魂シネラリウム
7. Siege oder sterben
8. missing
9. The Creator
10. Herrscher
11. 空想メソロギヰ
12. 葬詩
13. 機械


音楽を通じて人間達に妖精の存在を思い出させるために活動している音楽ユニット、妖精帝國の4作目。2013年発表。

元々はゴシカルなロック寄りのポップスという感じの音楽性でしたが、作を重ねるごとにメタル色が強くなっていき、この作品の前後あたりから完全にメタルといっても差し支えがないようなサウンドになってきました。シンフォニックな装飾やクワイアをたっぷり取り入れたシンフォニックメタルに、アニソンに通じるようなクサいメロディと、ゆい様の可憐な歌声がのっかるというのが基本的なスタイル。ヘヴィな音と、可愛らしい歌声とのギャップが普通のメタルとは違って新鮮で良いです。

#1は老婆の語りが収録されたイントロ。重々しく不穏な演奏の中でアニメのナレーションのような語りが流れているとなんか笑ってしまいます。
そのまま儀式のような妖しいイントロから一気に加速していく疾走系の#2へと突入。ゴリゴリのメタルサウンドと、クサクサなメロディ、キラキラしたKey、そして無駄に仰々しいクワイヤが上手くまとめ上げられたキラーチューンとなっています。
#3もヒロイックなメロディの疾走曲で、ここまでくるともはや完全にメロスピだなぁと思ってしまうような曲。サビで明るく爽快な感じに一気に広がりを見せるあたりがとても良い。
逆に#8はスラッシュメタルのようなザクザクとした重いリフが印象的な曲。歌メロ自体はやはりとてもクサい感じで、相変わらずとても好みです。
#11はドイツ語を多用したシンフォニックチューンで、本作二度目のハイライトといった感じ。ヒロイックなクサメロがやはり素敵です。ちょいちょい「あいつバイト無い!」とか「三倍馬券~!」とかの空耳が聞こえてくるのはご愛嬌。

ってことで、初期よりもずっとメタラー好みのサウンドに変容しているので、偏見さえなければゴリゴリのメタラーでも普通に楽しめる作品だと思います。個人的にはこれが妖精帝國の中で一番好きな作品かな。

<収録曲>
2. Astral Dogma(→PV)
11. 空想メソロギヰ

オススメ度…89点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

妖精帝國 「SHADOW CORPS[e]」
妖精帝國 「SHADOW CORPS[e]」

妖精帝國 SHADOW CORPSe

<収録曲>
1. Attack!!
2. "D" chronicle
3. 闇色corsage
4. 白銀薔薇奇譚
5. 残夜の獣
6. calvariae
7. Infection
8. 檄
9. Ancient Moonlit Battleground
10. Shadow Corps
11. 体内時計都市オルロイ


日本の音楽ユニット、妖精帝国の6作目。2015年発表。

妖精の存在を信じなくなった人間が増え、荒廃の一途をたどる「妖精帝國」。音楽を通じて人間達に妖精の存在を思い出させ、妖精帝國を再興させるため、皇女ゆいと橘尭葉による音楽ユニット「妖精帝國第参軍楽隊」を1997年名古屋市で結成。便宜上ユニット名を「妖精帝國」とする。(Wikipediaより)

というしょうもない設定で活動しておりますが、こういう馬鹿らしい世界観は嫌いじゃないわ。

初期の頃はもっとシンフォニックゴシック色の強いダークなポップスという感じだったのですが、ここ数作は完全にへヴィメタルなサウンドに移行してきており、今作ではもはや完全なメタルになったんじゃないかという印象です。まぁ元々メタル色の強いユニットではあったので、なるべくしてなった変化なのではないかと。シンフォニックな装飾や、クワイヤなどはしっかり残っているので、このユニットらしさもちゃんと残っていて嬉しいです。
皇女であるゆい様はかなり可愛らしいお声の持ち主であられるため、サウンドのヘヴィさとのギャップも、メタルバンドとしてはかなり特徴的で良いです。

機械的なSEの流れるイントロ#1に続く#2は、ゴリゴリとしたアグレッシヴなリフで突き進むヘヴィチューン。キラキラとしたKeyや、キャッチーなリフ、そしてゆい様の声などが、ヘヴィさと対比されて面白いです。
個人的に一番好きなのはタイトル曲の#10で、ヘヴィでダークに這うようなリフと、クサいサビのメロディのコンビネーションがとてもツボでした。リフ自体はとてもグルーヴィーだし、雰囲気的にはなんだかエピカルだし、こういう曲めっちゃ好きだわ。妖精帝國は作品ごとにめっちゃツボる曲が必ず入ってて良いな。

ってなわけで、かなりメタル化したのでメタラーにも比較的受け入れやすい雰囲気になったのではないかなぁと思います。今までのアニソン的なキャッチーさが多分に含まれていた作品とはまた違っているので、そこは好みのわかれどころだとは思いますが、個人的にはこの方向性もアリなんじゃないかと。

<オススメの曲>
10. Shadow Corps (→PV)

オススメ度…83点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

ANGELA 「騎士行進曲」
ANGELA 「騎士行進曲」

Angela 騎士行進曲

<収録曲>
1. 騎士行進曲
2. 愛、ひと欠片
3. 騎士行進曲 (Off Vocal Version)
4. 愛、ひと欠片 (Off Vocal Version)


日本の二人組ユニット、アンジェラの24枚目のシングル。2015年発表。

atsuko<Vo>KATSU<G,Key>という二人で構成されているユニットで、アニメとタイアップした曲がとても多いようです。いわゆるアニソンシンガーという感じ。

このシングルのタイトル曲である#1も、『シドニアの騎士 第九惑星戦役』というアニメのオープニング曲だとのこと。アニメの方には興味がないのでそれは全然どうでもいいのですが、曲自体がめちゃくちゃ壮大やたらカッコいいのです。シンフォニックメタラーが歓喜しそうな壮大なスケール感と、クサいメロディによるサビのコーラスがとてもとてもツボ。まぁタイトルも「騎士行進曲」だし、そりゃあクサくもなるわな。行進曲というか、応援歌的な要素も非常に強くて、思わずサビを一緒に口ずさみながら拳を振り上げたくなるような力強さもあってとても良いです。
#2の方は比較的おとなしい曲で、まぁまぁといった感じです。

ってなわけで、タイトルチューンがメタラーにかなりオススメなタイプのアニソンなので、思わず紹介してしまいました。荘厳でクサい曲が好きな方は、アニメに興味なくても是非。アルバムに収録されてるのはリミックスバージョンだけで、そっちは正直なところかなり微妙なので、シングルのこちらを強くお勧めします。

<オススメの曲>
1. 騎士行進曲 (→PV)

オススメ度…85点

OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

鴉 「影なる道背に光あればこそ」
鴉 「影なる道背に光あればこそ」

鴉 影なる道背に光あればこそ

<収録曲>
1. 時の面影
2. Am
3. 茜空
4. 優しい歌
5. 爽鬱
6. 帰る場所


秋田出身の3人組ロックバンド、鴉の1stミニアルバム。2009年発表。

哀愁たっぷりのメロディラインと、激しさと切なさの同居する力強い演奏と、悲哀にまみれた歌唱の組み合わせがとても素敵で、「激情ロックバンド」という謳い文句がまさにぴったりな音楽性です。
特にVoの「抑えきれない感情が溢れ出て止められない!」みたいな悲痛ですらある歌声がとても良い。

秋田という寒い地方出身なのだからか知りませんが、どことなく陰鬱さが全体的に内包されており、湿った雰囲気を常に帯びているあたりもとてもツボです。そしてただ湿ってるだけじゃなくて、その中で一生懸命になっているかのような必至さも伝わってくるのもなお良い。

冒頭の#1は、後に出る1stアルバムにも収録されている曲。鴉らしさがギュッと詰まった一曲で、哀しげな曲調と、爆発力のある悲哀たっぷりのサビがとても素敵。
#2はいかにのロックな感じのリフなのに、Voがのった瞬間にぐっと哀愁たっぷりになるのが凄いなと思わされる曲。これぞ鴉マジック。
そして#3は曲名からしてこのバンドにぴったりな題材ですが、中身の方もそれに違わない素晴らしい哀愁キラーチューン。エモーショナルな雰囲気と、歌謡曲のようなクサいメロディとの組み合わせがとにかくたまりません。Voの激情っぷりもここぞとばかりに冴え渡っています。

ってなわけで、冒頭の3曲がとても秀逸な、デビュー作とは思えないような1作です。
曲数こそ少ないですが、せっかくの鴉の原点なので、後の作品が好きな方はぜひ。

<オススメの曲>
3. 茜空

オススメ度…83点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

鴉 「終繕」
鴉 「終繕」

鴉 終繕

<収録曲>
1. 酩酊
2. 太陽
3. 二度寝
4. 憧れ
5. 黄昏
6. 愛の歌
7. 徘徊
8. あかし
9. 終繕
10. 昨日の恋人


秋田出身の3人組激情ロックバンド、鴉の3作目。2013年発表。

悲哀と哀愁にまみれた感情的なロックサウンドが特徴だったのですが、この作品では前作までと雰囲気がガラッと変わった印象です。暗いことは暗いんだけど、このバンドの一番の持ち味だった悲哀とか哀愁の要素が薄れてしまい、なんだか物足りないような…。歌謡曲のようなクサメロが減ってしまったのが大きな要因かもしれません。
抑えきれない感情が爆発するかのような悲痛な歌声は健在なので、そのあたりだけは鴉っぽいです。

そんなな中で唯一輝いているのはPVにもなっている#4。イントロが無駄に長くてちょっと無駄な気がしますが、その後の展開はさすが鴉といった感じの感情大爆発系激情哀愁チューンです。哀しさと烈しさの同居するクサいサビがたまらない。
他の曲だと、#2とか#10は鴉らしさが残ってるかな。

ってなわけで、色々と凝り過ぎた結果、なんか失敗しちゃったような気がする作品です。もっとシンプルに感情を表現してくれた方がこのバンドらしくていいんだけどな。次回作がちょっと心配ですが、頑張って持ち直してほしいです。せっかく良いメロディセンスはあるんだから。

<オススメの曲>
4. 憧れ (→PV)

オススメ度…78点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

清竜人25 「PROPOSE」
清竜人25 「PROPOSE」

清竜人25 Propose

<収録曲>
1. Will♡You♡Marry♡Me?
2. Mr.PLAY BOY...♡
3. A・B・Cじゃグッと来ない!!
4. Call♡Me♡Baby
5. ハードボイルドに愛してやるぜ♡
6. プリ~ズ…マイ…ダ~リン♡
7. ラブ♡ボクシング
8. どうしようもないよ...
9. 天上天下唯我独尊
10. 逢いたいYO~♪
11. The♡Birthday♡Surprise
12. やっぱりWifeがNo.1♪
13. 誓いのワルツ


奇才、清竜人の率いるアイドルユニット、清竜人25の1作目。2015年発表。

アイドルなのに何故か一夫多妻制を掲げており、センターの清竜人を夫人たちが取り囲むという謎の構成で、アイドルとしての既成概念を完全にぶっ壊しております。

女の子メンバーは第1夫人から第7夫人までおり、夫人ということで全員名前は清姓。
ちなみに既に第5夫人はご懐妊で産休という名目で活動休止です。
これはアイドルとして許されるのか…?

清竜人は元々色んなアイドルとか声優に曲を提供してるし、最近の楽曲だとかなりアイドルに歌わせるにもぴったりな感じなので、基本的に違和感はなにもありません。そもそも清竜人自体もメインで思いっきり歌っており、完全に最近のソロアルバムの方向性の延長といった感じ。

アルバム自体は半分くらいが既にシングルでの既発曲ばかりなので、あまり新鮮味はありませんが、個人的にはカラフルでごちゃごちゃと展開していく#3が一番好き。ごちゃごちゃしている割にサビはめっちゃ明るくてキャッチーだし、何より頭に残ります。他には#1とか#2#7#5あたりが好きかな。

女の子たちはおまけ程度で、清竜人が完全に好き放題やるためだけに結成された感が半端無いですが、リスナーサイドもアイドルが好きというよりは清竜人が好きって人が多そうだし、それで需要と供給がバランス取れているんだと思います。"痛いよ"とか歌っていたころの彼が、気が付けばたくさんの夫人を抱え込んでいるというあたりが何ともシュールですが、これからもゆるーく応援していきたいと思います。

<オススメの曲>
3. A・B・Cじゃグッと来ない!! (→PV)

オススメ度…85点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

HAWAIIAN6 「WHERE THE LIGHT REMAINS」
HAWAIIAN6 「WHERE THE LIGHT REMAINS」

Hawaiian6 Where The Light Remains

<収録曲>
1. Blue
2. Prism
3. Butterfly Beats
4. Forever Young
5. Maze
6. In The Deep Forest
7. Void
8. Wisdom Tree
9. Universal Feeling
10. The Ghost
11. Sunset Melodies
12. Holding Out For A Hero
13. Sound Of Liberty
14. Break Your Fate, Make Your Way
15. Light Remains The Same


日本産のメロコアバンド、ハワイアン6の4作目。2014年発表。

哀愁のクサメロをこれでもかとばかりに振りまくエモーショナルなパンクをやっております。間にミニアルバムやスプリットを出してはいましたが、アルバムとしては5年ぶりになるのかな。そのミニアルバムやスプリットの出来が「悪くは無いけど、すっげぇ良いわけではないかも…」って感じだったので少し心配はしていたのですが、いざアルバムが出てみると完全にいつも通りの哀愁クサメロコアでめっちゃ良い。下手くそな英詩からにじみ出る国産ならではの哀愁がとてもノスタルジックに響き渡ります。

個々の曲に関してわざわざ特筆することはなく、言いたいことは「とにかくクサくて悶絶できるよ!」ってことだけなのですが、強いて一番好きな曲を挙げるとなると#10とかかなぁ。イントロの尖ったギターサウンドに痺れます。

かつてクサメロコアをあさりまくってた時期もあって、色々と悪くないなってバンドも多かったのですが、今でも繰り返し聴きたくなるのはやっぱハワイアン6くらいかな。そんな彼らの作品が相変わらず高品質でとても嬉しかったです。

<オススメの曲>
1. Blue
2. Prism
3. Butterfly Beats
6. In The Deep Forest
8. Wisdom Tree (→PV)
10. The Ghost

オススメ度…84点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

清竜人25 「A・B・Cじゃグッと来ない!!」
清竜人25 「A・B・Cじゃグッと来ない!!」

清竜人25 A・B・Cじゃグッと来ない!!

<収録曲>
1. A・B・Cじゃグッと来ない!!
2. 鬼の目にもナ♡ミ♡ダ♡
3. A・B・Cじゃグッと来ない!!(Instrumental)
4. 鬼の目にもナ♡ミ♡ダ♡(Instrumental)


奇才、清竜人の率いる一夫多妻制アイドルユニットの2ndシングル。2015年発表。

アイドルなのに旦那が居て、その旦那がセンターにでーんと構えているという設定からしてそもそも掟破りな感が否めないのですが、実際に音楽の方を聴いてみても清竜人がメインパートを歌いまくっているし、PVを見ても何故か清竜人の入浴セクシーシーンがあったりと、なんかもう色々と好き放題にやりまくっております。女の子を従えての清竜人のソロプロジェクトという感が否めないですが、むしろそれが良い。

表題曲の#1は明るくカラフルで弾けるような曲。良い具合に音数が多くてごちゃごちゃしてて、その癖にメロディはめっちゃシンプルかつキャッチーだし、いかにも清竜人の曲って感じでとても良いです。サビとか一度聴いたらしばらく頭から離れないわ。
カップリングの#2はちょっとお洒落っぽくまとめてきた曲。悪くは無いけどこっちはまぁまぁかなぁ。

とりあえず#1が好きで、めっちゃ聴きまくっております。清竜人、やっぱ天才だわ。

<オススメの曲>
1. A・B・Cじゃグッと来ない!! (→PV)

オススメ度…84点

OFFICIAL(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

BABYMETAL 「BABYMETAL」
BABYMETAL 「BABYMETAL」

BABYMETAL BABYMETAL

<収録曲>
1. BABYMETAL DEATH
2. メギツネ
3. ギミチョコ!!
4. いいね!
5. 紅月-アカツキ-
6. ド・キ・ド・キ☆モーニング
7. おねだり大作戦
8. 4の歌
9. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
10. Catch me if you can
11. 悪夢の輪舞曲
12. ヘドバンギャー!!
13. イジメ、ダメ、ゼッタイ


メタル系アイドルユニット、ベビーメタルの1作目。2014年発表。

元々はさくら学院というアイドルグループの中の重音学部という設定の、サイドプロジェクト的なポジションだったのですが、いつの間にか本家よりも活動が活発となり、さりげなく世界にまで雄飛していってしまいました。「アイドルとメタルの融合」を掲げており、しょうもないノリのプロジェクトだなぁ、でも意外と曲はキャッチーだし悪くないなぁ、なんて思ってたら、いつの間にか海外の大御所バンドの人からも気に入られるような存在になっていてビックリ。まぁみんな良い歳したおっさんだし、若い女の子がヘヴィな音楽やってるってだけで嬉しくなっちゃうんだろうな。

当然ながら演奏などは本人たちがやっているわけではなく、全てサポートメンバーがやっており、本人たちは歌いながら踊っているだけです。VoのSU-METALは綺麗な透明感のある声で、メタル的な歌唱ではないですが意外としっかり歌えております。

音の方もゴリゴリのメタルというわけではなく、ヘヴィなギターをガッツリ取り入れたポップスといった感じでかなりキャッチー。ヘヴィロック系のミクスチャー的な楽曲が多いです。

この作品、ほとんど今までに出してきたシングルとそのカップリングをまとめただけで、基本的にはベスト盤的な内容になっております。そんなわけで真新しさはあまりないですが、今までシングルでしか出ていなかったものがまとめられているので、かなり取っつきやすくて良いです。

個人的にはデビュー曲でめっちゃキャッチーな#6がなんだかんだ一番好きなのですが、これまたキャッチーなピコリーモの#4とか、憂いを帯びたグルーヴィーなヘドバンチューンの#12、ゴリゴリの正統派メタルチューンの#13あたりも好きかな。
和な雰囲気のピコリーモチューンの#2とか、リフが思いっきりスリップノット#10とかも微笑ましいです。

頭の固いメタラーからは「ふざけるな!」とか言われてしまいそうですが、こういうノリでメタルを楽しくアレンジしてくれるのは個人的に嫌いじゃないので、これからも適度な距離感で応援していきたいです。

<オススメの曲>
4. いいね! (→PV)
6. ド・キ・ド・キ☆モーニング (→PV)
12. ヘドバンギャー!! (→PV)
13. イジメ、ダメ、ゼッタイ (→PV)

オススメ度…84点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

植田真梨恵 「はなしはそれからだ」
植田真梨恵 「はなしはそれからだ」

植田真梨恵 はなしはそれからだ

<収録曲>
1. Intro
2. FRIDAY
3. 彼に守ってほしい10のこと
4. hanamoge
5. 支配者
6. 昔の話
7. a girl
8. プリーズプリーズ
9. ペースト
10. ザクロの実
11. 泣いてない
12. カルカテレパシー
13. さよならのかわりに記憶を消した


福岡出身のシンガーソングライター、植田真梨恵のメジャー1作目。2015年発表。

インディーズでミニアルバムを3枚とアルバムを1枚出しており、それなりにキャリアは長いみたいなのですが、メジャーではこれが1作目となるようです。

基本的にはストレートなJ-Rockといった感じの音楽性なのですが、歌い方と歌声にとてもクセがあって、個人的にそれがめっちゃツボ。

とりあえずYOUTUBEで#10のPVをたまたま視聴したのが初聴だったのですが、ピアノの物哀しくセンチメンタルなメロディと、独特のクセのある歌唱、そして妙に印象的な歌声がど真ん中のストライクで一発KOされまてしまいました。サビのなんとも言えない抑揚が最高の超キラーチューンです。

それ以外の曲は比較的シンプルなJ-Rockが並ぶのですが、やはり所々でクセのある声や歌い方がちょいちょい主張をしてくるのでなかなか良いです。PVが作られてる#2#3とか、キャッチーな#11あたりが印象的かな。

こういう声とか歌い方に魅力のある女性アーティストはとても好みなので、今後もぜひ頑張ってほしいです。個人的には#10みたいな哀愁たっぷりな曲を今後も量産してくれるとめっちゃ嬉しいんだけどな。

<オススメの曲>
3. 彼に守ってほしい10のこと (→PV)
10. ザクロの実 (→PV)

オススメ度…83点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

でんぱ組.inc 「WWDD」
でんぱ組.inc 「WWDD」

でんぱ組inc WWDD

<収録曲>
1. でんぱな世界 ~It’s a dempa world~
2. でんぱーりーナイト
3. ダンス ダンス ダンス
4. NEO JAPONISM
5. FD2 ~レゾンデートル大冒険~
6. ちゅるりちゅるりら
7. まもなく、でんぱ組.incが離陸致します
8. Dear☆Stageへようこそ
9. バリ3共和国
10. ファンシーほっぺ ウ・フ・フ
11. 檸檬色
12. ブランニューワールド
13. イロドリセカイ
14. サクラあっぱれーしょん


秋葉原出身のアイドルグループ、でんぱ組.incの3作目。2015年発表。

なんか色々あってライブに行ったこともあるし(→過去記事)、今までのアルバムも全部聴いてるんよね…。

基本的にやたら耳に残る中毒性の高い曲が多いのですが、中でもWienners玉屋2060%が作曲する音を詰め込みまくりつつクサいメロディでごちゃごちゃと展開する曲が非常に好みで、結構聴いていたりします。
今作だと#2#14がそれにあたるのですが、前者はロシアっぽいメロディが印象的な独特の曲で、後者ははサビのようなBメロからキャッチーなサビに繋がる明るい曲。どっちもなかなか中毒性は高めです。
他にも耳に残るのはやっぱり#6とか#9あたりのシングルになっていた曲かな。
アルバムのみに収録で耳に残ったのは#5で、ピコピコした8ビット音とキャッチーなメロディが印象的です。

とりあえずメンバー全員がアニメ声なので人によっては嫌悪感を持つかもしれませんが、それに耐えられればAKBなんかよりは面白い曲が多いと思うんだけどな。一般的にも結構流行ってるっぽいし、世の中何が流行るかわかりませんな。

<オススメの曲>
2. でんぱーりーナイト (→PV)
14. サクラあっぱれーしょん (→PV)

オススメ度…85点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

でんぱ組.inc 「WORLD WIDE DEMPA」
でんぱ組.inc 「WORLD WIDE DEMPA」

でんぱ組.inc WORLD WIDE DEMPA

<収録曲>
1. ハジマリ。~WORLD WIDE DEMPA~
2. でんぱれーどJAPAN
3. Future Diver
4. VANDALISM
5. Sabotage
6. W.W.D
7. ナゾカラ
8. イツカ、ハルカカナタ
9. キラキラチューン
10. 冬へと走りだすお!
11. なんてったってシャングリラ
12. W.W.D II
13. ORANGE RIUM
14. 強い気持ち・強い愛
15. でんでんぱっしょん


秋葉原発祥のアイドルグループ、でんぱ組.incの12作目。2013年発表。

出てきた当初はすっげーイロモノっぽいオタクカルチャー全開の変なグループだった気がするのですが、いつの間にかアキバ系のサブカルっぽさを前面に押し出しながらも比較的まともなアイドルになっており、それなりに一般にも受け入れられているみたいです。
ただ、メンバー全員がアニメ声だったり、わけわかんないコンセプト曲とかがあったりもするので、人によっては受け入れられないかもしれません。

別にアイドル詳しかったり好きだったりするわけでもないのですが、たまたま聴いたシングル曲の「でんでんぱっしょん」がツボ過ぎたり、ちょいちょい頭から離れなくなる曲があったりで、一時期仲間たちの間でひそかなブームになっておりました。修士2年の時、研究室で麻雀やりながらずっと流れてたなぁ…。

基本的に今までのシングル曲とそのカップリングをさくっとまとめただけの作品で、それ以外の曲はほんの少ししか収録されてません。

とりあえず#15が圧倒的に中毒性高くてキラーチューンなのは言わずもがななのですが、それ以外だと同じくWienners玉屋2060%が作曲している#2も良い具合にごちゃごちゃしてて良い。歌詞とかマジで意味不明だけど。まぁこのグループの場合、基本的に意味不明か。
ヒャダインこと前山田健一が作曲の#6とか#12はさすがのキャッチーさで耳に残るのですが、変なコンセプトでしょーもない茶番とセリフが入ってるのが邪魔かなぁ。
あとは1stの曲を現在のメンバーで録り直した#3もキャッチーで良いし、爽やかで普通のまともなポップスに一番近い#9なんかも良いです。

とりあえず2013年の非メタル年間ベストにさりげなくランクインする程度にはよく聴いていたので、アイドルとかに抵抗が無くて中毒性の高めの曲が聴きたければ試してみれば良いのではないでしょうか。

<オススメの曲>
2. でんぱれーどJAPAN (→PV)
15. でんでんぱっしょん (→PV)

オススメ度…87点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

清竜人25 「WILL♡YOU♡MARRY♡ME?」
清竜人25 「WILL♡YOU♡MARRY♡ME?」

清竜人25 WillYouMarryMe

<収録曲>
1. Will♡You♡Marry♡Me?
2. ラブ♡ボクシング


歌って踊れる奇才シンガーソングライターの清竜人が率いる一夫多妻制アイドルグループ、清竜人25の1stシングル。2014年発表。

アイドルグループなのに一夫多妻制とかいうわけわかんないコンセプトだったり、メンバーの女の子は清竜人の第1夫人から第6夫人だとかいう意味不明な設定だったり、そもそも歌ってるのが半分くらい清竜人本人だったりと、とにかく自由にやりたい放題やっているグループです。

清竜人自体が元々はアコースティックで切ない楽曲を売りとしていたのに、ここ最近で一気にハジけて路線変更しているのですが、このグループは完全に最近の清竜人の流れを汲んでおります。

声優の堀江由衣とかアイドルのでんぱ組.incに楽曲提供したりもしてたし、最近の楽曲だとかなりアイドルに歌わせるにもぴったりだし、アイドル業界に参戦してきたのは結果的にはかなり正解なんじゃないかと。
そして普通にアイドルグループをプロデュースするわけじゃなくて、謎のコンセプトで本人が参戦したりという変わり種アイドルグループなのも清竜人らしくてとても良いと思います。

とりあえず表題曲である#1は、ノリノリで弾むようなリズムと、耳に残るメロディが良い感じのキラーチューン。女の子たちが歌うAメロやサビよりも、清竜人が裏声で歌うBメロが一番良いってのがまた何とも言えない。全体を通してみてもポップで華やかでとても良いと思います。
カップリングの#2はソロアルバムの「MUSIC」に収録されていそうな雰囲気の曲。これまたノリがよくてわりと好きです。ラップしてんのもだいたい清竜人だし、ほんと女の子たちは華やかさ&賑やかし担当だな。

とりあえず一応はアイドルなのですが、清竜人のソロの延長のような側面の方が強い気がするので、最近の彼の作品が好きなら普通に気に入ると思います。

<オススメの曲>
1. Will♡You♡Marry♡Me? (→PV)

オススメ度…83点

OFFICIAL(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。