EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6:33 「DEADLY SCENES」
6:33 「DEADLY SCENES」

633 Deadly Scenes

<収録曲>
1. Hellalujah
2. Ego Fandango
3. The Walking Fed
4. I'm a Nerd
5. Modus Operandi
6. Black Widow
7. Last Bullet For a Gold Rattle
8. Lazy Boy
9. Deadly Scenes


フランス出身のアヴァンギャルドメタルバンド、6:33の1作目。2015年発表。

先の読めない展開と、ミュージカルのようなコミカルさ、そして何とも言えない胡散臭さが共存する、一言では言い合わらせないような音楽性のバンドです。複雑なのですが、プログレ的というよりはやはり"アヴァンギャルド"という言葉の方がしっくりくるというサウンドで、かなり特殊な雰囲気が漂っていてとても良い。
同郷のディアブロ・スウィング・オーケストラからジャズ要素を抜いたらこんな感じになるんじゃないかなぁという雰囲気かも。

綺麗な合従からスタートする冒頭の#1は、最初こそA.C.T.あたりを彷彿とさせるようなポップなプログレ風味を醸し出してきますが、どんどん胡散臭さが増していき、妖しさと楽しさの入り混じる不思議なミュージカルが開演していくような展開に。色んな要素が詰め込まれている割に、ポップで聴きやすいです。
#4は胡散臭さと妖しさがさらに全開の曲。ヘヴィなリフが響いたかと思いきや、気が付いたら遊園地のような楽しげな音楽へと変貌しており、その変化をなんとも自然にこなしてくるあたりがとても凄い。
#6はPVにもなったキラーチューン。ダークな雰囲気ながらも、弾むようなリズムが素敵で、めっちゃノリが良いです。ちょっぴりジャズっぽい雰囲気で、かなりディアブロ・スウィング・オーケストラっぽいかも。

ディアブロ・スウィング・オーケストラを初めて聴いたときはかなりの衝撃でしたが、このバンドもなかなかの衝撃度でした。フランスってたまーにこういうバンドが現れてくるから侮れないんだよな。どう考えても分類はメタルですが、メタル度はちょっぴり低めで、人によっては物足りなかったりもするのかも。でも個人的にはそこがまた魅力的なんだと思います。

<オススメの曲>
6. Black Widow (→PV)

オススメ度…92点

FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

THE 69 EYES 「X」
THE 69 EYES 「X」

The 69 Eyes X

<収録曲>
1. Love Runs Away
2. Tonight
3. Black
4. If You Love Me The Morning After
5. Red
6. I Love The Darkness In You
7. Borderline
8. I'm Ready
9. I Know What You Did Last Summer
10. When A Love Comes To An End


ヘルシンキのゴシックヴァンパイアこと、ザ・シックスティナイン・アイズの10作目。2012年発表。

ユルキィ<Vo>の低音ヴォイスを前面に押し出したダークでゴシカルなロックンロールというのがこのバンドの基本的なスタンスですが、今作でもそれは変わっておりません。ただ、比較的キャッチーでポップな曲が多くなっており、ダークさや妖しさは随分と減退してしまったかも。より普通のロックに近付いたような印象です。ユルキィの低音ヴォイスも相変わらずと言えば相変わらずなのですが、昔の方がもっとモゴモゴとした感じの官能的な響きを持っていて好みだったかなぁ。

曲の方は、イケイケなR&Rを基調とした彼ららしい#1と、まったりとしながらも官能的な響きを持った#7あたりが特に好きって感じでしょうか。PVも作られている#5も悪くはない。なんか最近のNEGATIVEの曲にユルキィの歌声をぶち込んだかのような印象。

<オススメの曲>
1. Love Runs Away
7. Borderline

オススメ度…78点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

5150 「神竜物語」
5150 「神竜物語」

5150 神竜物語

日本の同人メタルプロジェクト、5150のオリジナルアルバム3作目。2012年発表。普段は"シンフォニック東方"という東方カヴァーアルバムをやっているらしく、個人的に東方カヴァーには興味がない(というか東方が何なのかよくわかってない)のでそっちはよく知らないのですが、たまーにこうやってオリジナルアルバムの活動もやっている龍5150という人物を中心としたクサメタルプロジェクト。とにかく大仰でクサメロ満載のファンタジックなメロスピをやっており、大合唱メタルなんて呼ばれることもしばしば。Voにはゲストが迎えられており、今作では大半の曲をナイツ・オブ・ラウンドVocchangが歌っています。

<収録曲>
1. Resurrection Of Dark Soul        
2. 神竜物語
3. My Spirit Lives On
4. 魔曲崇拝
5. 炎に変われ
6. 喜びの歌を ~聖域より告ぐ~
7. 聖戦


<オススメの曲>
2. 神竜物語
3. My Spirit Lives On
4. 魔曲崇拝
6. 喜びの歌を ~聖域より告ぐ~

シアトリカルなイントロ#1に続く#2は、いかにも5150らしい派手で大仰なメロスピチューン。もう出だしの時点で猛烈な異臭を放っているのですが、サビでさらにクサさが激増し、のびのびとクサメロが広がっていきます。これぞ大合唱メタルの真骨頂。
#3は明るいメロディが印象的なクサメロスピ。ドラゴンフォースを思い出さずにはいられないような高速弾きまくりギターも素敵。
#4はまさかのシンフォニックブラックチューン。Voもこの曲ではRib:y(uhki)という人が歌っており、ダニ・フィルスを思い出させるような高音スクリームと低音のデスヴォイスとを使い分けています。わりと本格的なシンフォブラックなのに、サビだけノーマルヴォイスでクサい感じになるのが良い。
#6もこれまたシンフォニックな曲。全体から発せられるダッサい雰囲気がたまらない。バックでオーオーいってるクワイアも秀逸。

オススメ度…85点

OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939_20120521221052.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

9MM 「DEM TEUFEL EIN GEBET」
9MM 「DEM TEUFEL EIN GEBET」

9mm Dem Teufel ein Gebet

ドイツ出身のパンキッシュなロックンロールバンド、9MMの2011年の作品。何作目かは知らん。2作目?かなついでに言うと、バンド名もここでは9MMとだけ表記されてるけど、オフィシャルとかを探すと9MM ASSI ROCK'N'ROLLと出てくるので、そっちが正式名称なのかもしれません。いかんせんオフィシャルがドイツ語なもので(笑)。さて、内容の方はと言いますと、イェーイってノリでワイルドに突き進むロックンロールで、サビになるとキャッチーで明るいコーラスが登場。適当なノリでゆるーく盛りあがれるダーティーなロックンロールとなっています。グルーヴ感もそこそこあって、親しみやすさもそこそこあって、何度もヘビロテするほどの強力な曲はないけど、聴いてる分には楽しいって感じ。こういうバンドは肩の力を抜いて適当に聴けばいいと思うよ。Voはだみ声で、サビのコーラスは男くさいというか、とてもムッサいです。ちなみに歌詞は全編ドイツ語。

<収録曲>
1. Wenn Träume fliegen
2. Symphonie des Zorns
3. Der letzte Engel
4. Kain vs. Abel
5. 9mm ARR
6. Dein Wille ist Gesetz
7. Feigheit
8. Party Rock n Bier
9. Evil Knievel
10. Sommer
11. Amigos Para Siempre
12. Störtebeker
13. Durstige Männer


<オススメの曲>
2. Symphonie des Zorns
11. Amigos Para Siempre(→PV)
13. Durstige Männer

サウンドがメタリックで、グルーヴ感が優秀な#2が一番好きかな。グルーヴ感だけだったら#13も捨てがたい。#11は馬鹿馬鹿しくて無駄に楽しそうなPVがあるので見ておくと良いかも知れません。こういうしょうもないノリは正直好きだよ。

オススメ度…78点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonでダウンロード

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

5150 「四季楽典 -第二章-」
5150「四季楽典 -第二章-」

龍5150 四季楽典 -第二章-

日本の同人メタルバンド、というかメタルプロジェクト、5150のオリジナルアルバム2作目。2011年発表。普段は東方カヴァーをやっていて、オリジナルでは2作目なのだとか。大合唱メタルを自称している通り、ラプソディーあたりに通じるような超絶クサいメロパワをやっております。Voは龍5150本人のほか、色んな同人プロジェクトからゲストを迎え入れており、男女混声の大合唱メタルに。たまーに喚き声Voとかデス声が出てくるのもわりと良いアクセントかも。語りはさすがに出てこないのですが、アルバム一枚を通して物語になっていたり、登場人物に色んなキャラ設定があったりなど、ドラゴンガーディアンとタメを張れる貴重な存在。ダッサいメロパワが好きなら是非。

<収録曲>
1. 世界歌合唱
2. 白色矮星
3. 愛国者達の大行進~わが祖国よ永遠なれ~
4. 悪魔達の行進
5. 000の戦い
6. 幼い連星
7. 死神との契約
8. 旧い世界と新しい世界
9. 思い出の場所
10. 教授堂々
11. 1章「想いを奏でる少女」~自由な四季への指揮~
12. 2章 世界再生への賛歌


<オススメの曲>
2. 白色矮星
3. 愛国者達の大行進~わが祖国よ永遠なれ~
5. 000の戦い
10. 教授堂々

超王道メロスピの#3がとっても素敵。なんかアズラエルっぽい。#5はイントロがやたらカッコ良い。クレイドル・オヴ・フィルスをメロスピにした感じのパートと、女Voの王道疾走メロスピが交互にやってくる曲。

オススメ度…81点

OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[1349]
1349「HELLFIRE」



ペストの蔓延などにより歴史上最も多くの人が死んだとされる年をバンド名として冠するノルウェー出身のファスト・ブラックメタルバンド、1349(サーティーン・フォーティナイン)の3作目。2005年発表。今までゲスト扱いだったサテリコンフロスト<Dr>は、このアルバムから正式メンバーとなりました。とにかくファストで激烈なサウンドが特徴で、フロストの嵐のようなドラミングがヤバイ。無機質で寒々しいギターサウンドも強く印象に残ります。

「ヘェィルファイアッ!!」という邪悪な掛け声で幕を開ける1.I Am Abominationがまず最高。最初っから最後まで暴虐的に疾走する強烈な曲で、フロストの人間離れしたドラムマシーンっぷりがヤバイです。まじで正確過ぎ。
他の曲も全て強烈なファストブラックですが、中でも2.Nathicanaとか3.Sculptor Of Flesh,4.Celestial Deconstructionあたりが個人的にお気に入り。特に3はリフが意外とノリノリだったりもするのがたまりません。やっぱり一番耳を惹くのは激烈ドラミングですが、無慈悲にかき鳴らされるギターリフもかなり良いです。
タイトル曲の8.Hellfireはかなり長めな曲。バンド名にちなんで13分49秒あります。炎の燃え上がる不穏な徐々に転じてきて、邪悪なリフが響き渡っていきます。他の曲に比べるとメロディアスですが、果たしてこれをメロディアスといって良い物なのだろか…。これだけ長い曲なのにVoパートがほとんど無いのも特徴です。

ということでこのアルバム、ファストブラックが好きな人は是非聞いてみてください。フロストの超人っぷりに驚愕すること間違い無しです。

オススメ度…88点

Sculptor Of Flesh

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[THE 69 EYES]
THE 69 EYES「ANGELS」

…。

フィンランドのゴシック・ヴァンパイアこと、ザ・シックスティナイン・アイズの七作目。2007年発表。前作軽快なロックンロールとゴシカルなサウンドの絶妙なバランスが彼らの魅力です。そしてこのバンドのもう一つ特徴は、ユルキィ69<Vo>のディープな歌声。官能的な妖しさが漂う独特の歌声で、そのせいか女性ファンもかなり多いのだとか。まぁ声に関しては前作の方がもっと妖しさ抜群だった気もしますが…。ちなみにタイトルからもわかるとおり、前作「DEVILS」と対になっている作品です。

アルバム冒頭を飾る1.Angelはなかなかヘヴィなサウンドを響かせる曲。Keyの音色が妖しさをパワーアップさせていて中々良いです。
2.Never Say Dieは彼ららしいノリノリな曲。聴いてると楽しくなって、自然に体が動いてしまう感じです。ユルキィの官能Voも良い感じで、特にサビの後の「ネヴァセイ、ネヴァセーイ、ダァーイ♪」が印象的。
4.Ghostは同郷のアポカリプティカが参加している曲。彼らの奏でるチェロの音色が非常に美しいです。チェロのソロみたいなところも最高。楽曲自体もかなり良く、アルバムの中でもかなり好きな方かな。
5.Perfect Skinはダークな雰囲気が漂っている曲。イントロがかなり印象的です。リフは結構シンプルだったりしますが、その中にカッコ良さを感じさせるのがさすが。
個人的に一番好きなのは7.Star Of Fate。静かなバラード系の曲ですが、ユルキィのディープヴォイスの魅力が一番際立っている曲です。メロディもかなり秀逸で、コーラス部もかなり良い。他の曲でもこのくらい妖しく歌ってくれれば良いのに。
他には8.Los Angelesとか9.In My Nameあたりがオススメ。

この作品、良いことは良いのですが、前作に比べるとちょっと弱い気もするかな。ユルキィの歌声が少し普通寄りになってしまっているのが一番残念。個人的には彼の妖しい声に惹かれてファンになったので、「それはやりすぎだろ」ってくらい官能的な歌声を出しちゃって欲しいです。まぁ逆に普通の人にも聴きやすくなったって事もあるけどね。

オススメ度…82点

PV
Perfect Skin
Never Say Die

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[40FT.RINGO]
40FT.RINGO「FUNNY THING」



米国ニュージャージー出身のポップ系ハードロックバンド、フォーティ・フット・リンゴの一作目。2003年発表。元TRIXTERのGとBにを中心に結成されたバンドなのだそうです。ギターは割りと歪んでいますが、メロディは軽やか&楽しげで、ハードロックというよりは普通のロック。晴空の下で聞きたいような爽快なメロディが特徴で、心地よく聴くことのできるサウンドです。爽やかさの裏に見え隠れする哀愁も良いね。

冒頭の1.Anywayから非常にいい感じ。ぶっちゃけ普通のロックですが、メロディがかなり良い。Voのちょっと枯れた感じの甘い声がとても良いです。
僕が一番好きなのは3.Inside Your Head。ちょっぴり漂う哀愁と、Voの歌声がとてもマッチしています。乾いたギターの爽やかな音色も非常に心地よい。
7.Be My Fixはイントロなどのベース音が印象的な曲。メロディ自体はやはり普通に素晴らしく、聴いていると落ち着いた気分になれるゆったりとした曲です。
他の曲も全体的にいい感じで、一つ一つの曲にこれといった特徴があるというわけではないのですが、一定以上のクオリティを保った佳曲がずらっと並んでいます。2.Wiredとか8.A Freak Like You,15.Hopelessが好きかな。アルバム全体を通して基本的に3分前後の曲ばかりなので、どれもさらっと聞けるのが良いです。

このアルバムは、ハードロックリスナーよりも普通のロックリスナーにオススメ。AMERICAN HI‐FIとかが好きな人はきっと気に入るんじゃないかと思います。

オススメ度…83点

ちなみにこのバンド、どうやら現在は解散してしまっているようです。

このCDをAmazonで購入

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[THE 69 EYES]
THE 69 EYES「BLESSED BE」



ザ・69・アイズはフィンランド出身のゴシック・ロックンロールバンド。ゴシックヴァンパイアことユルキィ<Vo>のセクシー&ディープな歌声と、ノリノリなロックンロールサウンド、そしてそこに絡むゴシック的なサウンドが特徴です。特にユルキィ<Vo>の独特の歌声は一度聞いたら頭から離れません。ユルキィのルックスの良さ(?)から、女性にも大人気だそうです。 このアルバムは彼らの五枚目で、2005年発表。

とりあえず一番好きな曲は4.Brandon Lee。ブルース・リーの息子で、若くして命を失ったブランドン・リーについての曲だそうです。ダークで怪しげなサウンドに乗る、ユルキィのディープな歌声が絶妙。全体的に親しみやすいメロディも秀逸です。
2.Gothic Girlもこれまたダークな曲調を持った曲。サビが妖しげな雰囲気に包まれています。
3.The Chairはたぶんこのアルバムで二番目に好きな曲。何度も言うようですが、ユルキィの独特な歌声でしか表現できないような世界観です。何でこんな声で歌えるのか不思議。
他には5.Velvet Touchもヘヴィでいい感じの曲ですし、12.Heaven/Hellもサビが魅力的な曲。6.Sleeping With Lionsも捨てがたいかな。

ということでこのアルバムは良い曲が盛りだくさん。ユルキィの歌声については好き嫌いが分かれるかもしれませんが、興味を持った方は是非一度聞いてみてください。まぁ下に貼ったPVを見るのが一番手っ取り早いかもしれません。

オススメ度…87点

PV
Brandon Lee
The Chair
Gothic Girl

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[РетриеМ]
РетриеМ「Идик к судьбе」



РетриеМは、文字からもわかるようにロシアのバンド。ディスクユニオンの輸入盤コーナーに「掘り出し物!!」と書いてあったので、異国語メタル好きの僕は思わず買ってしまいました。とにかく全てがロシア語なので、バンド名もアルバム名も全く読めません。詳細も不明。Googleで検索してもロシア語サイトしかヒットしませんし(笑)

サウンド的にはメロスピ系で、ちょっと正統派メタル的なところもあります。演奏も歌唱もしっかりしていて、なかなかクオリティの高いバンドです。シンフォニックでウェットなKeyが多用されてます。

1.Изгойはイントロがカッコいい曲。シンフォニックなKeyにギターが入ってくるドラマティックなイントロです。その後は疾走気味の曲調で、ロシア語のVoが良い感じ。
7.Зачем был создан этот мир?はかなりカッコいい疾走曲。特にイントロ部分が良いです。曲のメロディ展開もかなり良く、ギターソロも素敵。そしてやっぱりロシア語のVoが新鮮。
他には2.Проклятьеとか4.Смерть за Смертьあたりがオススメかな。10.Одинокие волкиも捨てがたい。

全ての人にオススメできるような物ではないかもしれませんが、バンドとしてのクオリティは中々高いです。音質的にはちょっと劣る感じがしますが、それでも及第点。
僕みたいに英語・日本語以外の異国語メタルが好きな人は楽しんで聞けるでしょう。スペイン語もかっこいいけどロシア語も良い感じです。

オフィシャル的なものがあったので、ロシア語わかる人はどうぞ(笑)
クリック

オススメ度…77点

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

[THE 69 EYES]
THE 69 EYES「DEVILS」



フィンランド出身のゴシック系ロックンロールバンド、ザ・シックスティーンナイン・アイズの6作目。2004年発表。このバンドの魅力は、何と言ってもユルキィ69<Vo>の歌声。「地獄から甦りしエルヴィスプレスリー」とも形容される独特の妖しい魅力を持った声は、一度聞いたら耳から離れません。その魅惑的なヴォーカルのせいか結構女性にも人気なのだとか。ゴシック好きにでもロックンロール好きでも楽しめる作品です。

まず、5.Lost Boyがかなりヤバイ。メチャクチャ中毒性が高いです。ノリノリなサウンドだけでも悶絶なのに、そこにユルキィの官能的な妖絶ヴォイス。これは女性じゃなくても一発KOです。歌メロも最高だけど、シンプルなギターソロとかもカッコいいんだよねぇ。
1.Devilsはダークでゴシカルな雰囲気が漂う曲。ユルキィのディープな歌声にホントぴったりです。メロディも良いし、曲全体から発散される雰囲気も最高。
3.Sister Of Charityはすごく美しい曲。こういう静かなゆったりとした曲になると、これまたユルキィの歌声が…。ゴシカルな雰囲気がたまらない一曲です。
他の曲も全て彼らの魅力がぎっしり詰まった素晴らしい楽曲ばかり。中でも2.Feel Berlin7.August Moon8.Beneath The Blue9.Christina Deathあたりが特に好きかな。

このバンド、他国での人気に比べて、日本での人気はイマイチと言わざるを得ませんが、かなり素晴らしいバンドです。この作品ではゴシック的な部分が色濃く出ているので、そういうのが好きな人は是非とも聴いてみてください。

オススメ度…89点

PV
Lost boys
Devils

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。