EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神林長平の『グッドラック: 戦闘妖精・雪風』の感想
神林長平の『グッドラック: 戦闘妖精・雪風』を読み終わりました。

神林長平 グッドラック 戦闘妖精・雪風

『戦闘妖精・雪風〈改〉』の続編で、一冊目がとても面白かったので、そのままこちらに突入。
638ページと、なかなかのボリュームでしたが、相変わらず面白いのでスラスラと読めます。

[神林長平の『グッドラック: 戦闘妖精・雪風』の感想]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

神林長平の『戦闘妖精・雪風〈改〉』の感想
神林長平の『戦闘妖精・雪風〈改〉』を読了しました。

戦闘妖精・雪風 改

友達に面白いと薦められ、結構前に買ってはいたのですが、ずっと本棚に入れたままになってた1冊です。
[神林長平の『戦闘妖精・雪風〈改〉』の感想]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

ジェームズ・ロリンズの『ナチの亡霊』を読了
ジェームズ・ロリンズの『ナチの亡霊』の上下巻を読み終わりました。

ナチの亡霊 上 ナチの亡霊 下

『マギの聖骨』に続くシグマフォースシリーズ第2弾です。
[ジェームズ・ロリンズの『ナチの亡霊』を読了]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

小川一水の『風の邦、星の渚 - レーズスフェント興亡記』を読了
自分の中で最も好きな作家の一人、小川一水の『風の邦、星の渚 - レーズスフェント興亡記』の上下巻を読了しました。

風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記 上 風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記 下

ジャンルとしては歴史ファンタジーSF小説といった感じです。
[小川一水の『風の邦、星の渚 - レーズスフェント興亡記』を読了]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

アンディ・ウィアーの『火星の人』の感想
明日から米国では映画が公開されるので、アンディ・ウィアーの『火星の人』の感想でも書こうと思います。
読み終わったの、ちょうど1年前くらいだけど。

とりあえず、去年読んだ本の中で個人的に一番面白いと思った一冊です。

The Martian

原題は『The Martian』で、映画だと何故かタイトルが『オデッセイ』に変わっております。
[アンディ・ウィアーの『火星の人』の感想]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

ジェームズ・ロリンズの『マギの聖骨』を読了
またちょっと生活に余裕が出てきたので、久々にブログを再開。
まずは手始めに本の話。

ジェームズ・ロリンズの『マギの聖骨』の上下巻を読み終わりました。
といっても、1ヶ月くらい前ですが。

マギの聖骨 マギの聖骨 下

シグマフォースシリーズと題されたシリーズ物の第一部です。
[ジェームズ・ロリンズの『マギの聖骨』を読了]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

百田尚樹の『海賊とよばれた男』を読了
今更ながら、百田尚樹の『海賊とよばれた男』の上下巻を読み終わりました。

百田尚樹 海賊とよばれた男 上 百田尚樹 海賊とよばれた男 下

ちょうど就活してた頃に出版されて流行っていたのですが、知らない間に文庫化されており、それに気づいて購入したあともずっと積んだままになっていました。

出光興産の創始者である出光佐三をモデルとしたお話です。
[百田尚樹の『海賊とよばれた男』を読了]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

ニック・カーターの『スカウト52』を読了
ニック・カーターの『スカウト52』を読みました。

ニックカーター スカウト52

ホラー系のサスペンス小説って感じかな。

かなり面白いけどめっちゃエグかったです。
[ニック・カーターの『スカウト52』を読了]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

ケン・リュウの『紙の動物園』を読了
ケン・リュウの『紙の動物園』を読み終わりました。

ケン・リュウ 紙の動物園

書評とかTwitterなどでやたら評判だった中国系米作家のSF短編集です。

個人的には短編集ってあんまり好きじゃないのですが、「そんなに評判が良いならちょっと気になるなぁ」ということで読んでみることに。『新☆ハヤカワ・SF・シリーズ』はちょっと割高だけど面白いの多いんだよなぁと思いながら購入してまいりました。
[ケン・リュウの『紙の動物園』を読了]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

北方謙三の『史記 武帝記』を読了
北方謙三の『史記 武帝記』の全7巻を読了しました。

Shiki_1.jpg Shiki_2.jpg Shiki_3.jpg Shiki_4.jpg
Shiki_5.jpg Shiki_6.jpg Shiki_7.jpg

元々、北方謙三の歴史小説はめっちゃ好きだったので、ずっと読みたいと思っていたのですが、7巻というそれなりのボリュームがあったのでずっと後回しにしていました。
[北方謙三の『史記 武帝記』を読了]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

光瀬龍の『百億の昼と千億の夜』を読了
光瀬龍の『百億の昼と千億の夜』を読みました。

光瀬龍 百億の昼と千億の夜

1973年の作品で、僕が読んだのは2010年に出版された新装版。
日本SFの金字塔と言われており、壮大なスケールで神と宇宙を描いた作品です。
[光瀬龍の『百億の昼と千億の夜』を読了]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

恒川光太郎の『月夜の島渡り』を読了
恒川光太郎の『月夜の島渡り』を読み終わりました。

月夜の島渡り

角川ホラー文庫なんか普段はあまり読まないのですが、この恒川光太郎という人の小説は雰囲気が好きなので、作品が出るたびに購入しています。
[恒川光太郎の『月夜の島渡り』を読了]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

ジェフ・ヴァンダミアの『サザーン・リーチ』三部作を読了
ジェフ・ヴァンダミアの『サザーン・リーチ』三部作を読みました。

第一部が『全滅領域』、第二部が『監視機構』、第三部が『世界受容』です。

ジャンルとしてはホラー系ミステリ風SFみたいな感じかな?
よくわかりません。

海外ではかなりの話題作らしく、既に映画化も決定されているのだそうです。

全滅領域 監視機構 世界受容

以下、ネタバレ含みます。
[ジェフ・ヴァンダミアの『サザーン・リーチ』三部作を読了]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。