EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EUROPE 「WAR OF KINGS」
EUROPE 「WAR OF KINGS」

Europe War Of Kings

<収録曲>
1. War Of Kings
2. Hole In My Pocket
3. The Second Day
4. Praise You
5. Nothin' To Ya
6. California 405
7. Days Of Rock N Roll
8. Children Of The Mind
9. Rainbow Bridge
10. Angels (With Broken Hearts)
11. Light Me Up
12.Vasastan


スウェーデン出身の北欧メタルの雄、ヨーロッパの10作目。2015年発表。
再結成してからは5作目となります。

初期はキラキラとしたいかにも北欧メタルといった感じのメロディアスなサウンドで多くのファンを魅了していましたが、再結成以降はモダンでブルージーな雰囲気に路線変更し、ファンの中では賛否両論となっておりました。
個人的には雰囲気は変わったものの、メロディアスな部分は根底に残ってて悪くないなと思っており、再結成以降もなんだかんだそれなりに好きだったりします。

で、今作も相変わらずのブルージーなハードロック路線を継承してきたわけですが、なんというか退屈な曲が多く、いまいちパッとしないというのが率直な感想です。シンプルなリフの曲が多く、各メンバーの技巧も随所でキラリと光り、ジョーイ・テンペストの歌唱もしっかりしていてとても良いのですが、音楽性云々という前に曲自身がどうもつまらない。特に耳を惹くこともなくさらーっと過ぎていく印象です。

ただ、そんな中でスコーピオンズとかUFOっぽい雰囲気を醸し出すメロディアスな#7の1曲のみが立派に健闘。この曲だけめっちゃ好きだわ(笑)

せっかくジャケはカッコいいのになんか残念だな。底力はあるんだろうから、次作以降にまた期待です。

<オススメの曲>
7. Days Of Rock N Roll

オススメ度…71点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ENSIFERUM 「ONE MAN ARMY」
ENSIFERUM 「ONE MAN ARMY」

Ensiferum One Man Army

<収録曲>
Disc.1
1. March of War
2. Axe of Judgment
3. Heathen Horde
4. One Man Army
5. Burden of the Fallen
6. Warrior Without a War
7. Cry for the Earth Bounds
8. Two of Spades
9. My Ancestors' Blood
10. Descendants, Defiance, Domination
11. Neito Pohjolan

Disc.2
1. Rawhide
2. Warmetal
3. Candour and Lies
4. Bonus Song


フィンランド出身のヴァイキングメタルバンド、エンシフェルムの6作目。2015年発表。

勇壮かつクサいメロディでガリガリと突き進みながらオーオーと盛り上がるサウンドが特徴ですが、その路線は今作でも基本的に変わっておりません。

RPGメタルだったら秘境の村のBGMになっていそうな民謡チックなイントロ#1から一気に加速していく#2は、いかにも彼ららしい基本に忠実な疾走ヴァイキングメタルチューン。荒々しい疾走感、そのバックでオーオーと雄々しく盛り上がるコーラス、力強いデスヴォイスなど、彼らの魅力がシンプルに纏まっています。
続く#3はミドルテンポで拳を突き上げたくなる系の曲。コーラスの盛り上がり方がさすがです。
#4はこれまた荒々しく疾走する曲。メロディもクサいし、コーラスも仰々しいしとても良い。
個人的に一番キラーチューンだったのはやたらヒロイックな#6。メロディの中にそこはかとなく漂う哀愁と、エピカルで仰々しく響き渡るクサメロがとても良いです。疾走チューンじゃないのに勢いを感じる。
#8は軽快なドラムとメロディアスなリフの組み合わせが妙に印象的な曲。ヴァイキングメタルのくせにちょっぴり爽やかさすら感じさせるような軽快さです。
#10は10分を超える大曲。このバンドの長い曲はドラマティックでかなり好きなんだけど、今作はそこまででもなかったかな。ちょっとドラマティックさが足りないかも。
ディスク2のボーナスディスクにはカバー曲やウエスタンな雰囲気の曲やらが入っていますが、格別カッコいいってわけでもないかな。

ってなわけで、相変わらずのハイクオリティなヴァイキングメタルだと思います。個人的には3作目の「VICTORY SONGS」が好き過ぎてそれを超える作品がなかなか出てこないのが残念ではあるのですが、前作なんかよりも勢いがあるし、6作目なのによくもまぁこれだけ安定したクオリティを維持できるなぁと感心してしまいました。

<オススメの曲>
2. Axe of Judgment
4. One Man Army (→PV)
6. Warrior Without a War

オススメ度…85点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

EARTHLESS 「FROM THE AGES」
EARTHLESS 「FROM THE AGES」

Earthless From the Ages

<収録曲>
1. Violence Of The Red Sea
2. Uluru Rock
3. Equus October
4. From The Ages


米国出身のサイケデリック/ストーナーロックバンド、アースレスの3作目。2013年発表。

ギター、ベース、ドラムという3人編成のインストバンドで、ボーカルは一切入らないというのが特徴。
初期サバスを彷彿させるような気だるげでゆっくりしたサウンドですが、ボーカルがいない分、それぞれの楽器が隙あらば自己主張をしまくってくるといった感じです。中でもギターの存在感は際立っており、気だるげな雰囲気に溶け込みながらもテクニカルなフレーズを次々と繰り出してくるところがとても印象的です。

収録曲はたった4曲ですが、#1#2は15分弱、#4にいたっては30分超という信じられないほどのボリューム。インストでその長さなのに、変幻自在の展開を見せる楽曲なので飽きずずっと聴いていることが出来るというのが凄い。
なんか作業しながらBGMとして聞き流すも良し、テクニカルなプレイに耳を傾けながらじっくりと聴きこむのも良しという良作だと思います。

<オススメの曲>
1. Violence Of The Red Sea
4. From The Ages

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20131220095311c9b.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

EVIL INVADERS 「EVIL INVADERS」
EVIL INVADERS 「EVIL INVADERS」

Evil Invaders Evil Invaders

<収録曲>
1. Victim of Sacrifice
2. Driving Fast
3. Tortured by the Beast
4. Speed Invasion
5. Alcoholic Maniac
6. Evil Invaders


ベルギー出身のスラッシュメタルバンド、イーヴル・インベーダースのデビューEP。2013年発表。

バンド名はRAZORのアルバムから拝借しているようです。

サウンド的にはザクザクと刻みまくりながらも正統派メタルに近いようなリフが存分に織り込まれているのがとても面白い。しかも疾走感が抜群で、とにかくスピード感とエネルギーに溢れたサウンドになっています。Voの声はちょっぴり素っ頓狂なハイトーンヴォイスで、これまた吐き捨て型スラッシュメタルとB級メロスピの中間みたいな歌い方がとても面白いです。

冒頭の#1はなぜか風のSEを交えた物悲しげなイントロでスタートするのですが、途中で一気に疾走を始めてやりたい放題に突き進みます。高速で刻まれるリフと、イッてしまったVoとの組み合わせがとても爽快。
#2はスピードメタル的なリフが高速で紡ぎだされる曲。メロディアスさと小気味良い疾走感が絶妙に両立されています。中盤でスピードを落としてまた疾走しだす所とかも素晴らしい。
#3はイントロ的にミドルテンポのずっしりとした感じと思いきや、B級メロスピのような奇妙なシャウト共にやはり疾走開始。かなりスピードメタル的な曲ですが、スラッシュっぽさが全く失われていないのが凄い。
#4はタイトルの通り疾走感がMAX。インストですが、ノリの良いリフや小技の光るベースなどが高速で紡ぎだされ、聴きどころ満載です。
#5はシンプルなリフと素っ頓狂なハイトーンで突き進む。やたらピロピロとしたギターソロが印象に残ります。
バンド名を関した#6は他の曲とはちょっぴり違った重々しいイントロの曲。ドラマティックな感じで盛り上がっていく、正統派メタルに一番近い曲です。

ってことで、ここ最近の若手スラッシュはどれも元気があって良いですが、このバンドも期待に違わずとても良い。デビューEPでこのクオリティは凄いわ。個性もなかなかしっかりしているし、今後の活躍にも期待です。

<オススメの曲>
1. Victim of Sacrifice
2. Driving Fast
3. Tortured by the Beast

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   FACEBOOK(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

EQUILIBRIUM 「WALDSCHREIN」
EQUILIBRIUM 「WALDSCHREIN」

Equilibrium Waldschrein

<収録曲>
1. Waldschrein
2. Der Sturm
3. Zwergenhammer
4. Himmelsrand
5. Waldschrein (Acoustic version)


ドイツ出身のヴァイキングメタルバンド、イクリブリウムのEP。
2013年発表。

3rdの「REKREATUR」から3年の時が経ち、新作を今か今かと待ちわびている中でのリリースなのですが、曲数は5曲と少なめ。そして新曲はたったの1曲しか収録されていません。

そしてその新曲である#1は、完全にいつもの彼ららしい安心のクサメロ乱舞系ヴァイキングメタル。ピヨピヨという鳥の囀りから一転、ヒロイックかつエピカルなメロディで疾走しまくり、これでもかとばかりに勇壮なメロディを響き渡らせます。シンフォニックなKeyの装飾も相変わらず素敵。いかんせん方向性が同じ過ぎて過去作のキラーチューン達に比べると若干の聴き劣り感は否めないですが、それでも十分にキラーチューンとして通用します。
#2は1st収録曲の再録。1stでは全体的に薄味なサウンドだったのが、ここ最近のしっかりとした音像に変わっています。それ以外のアレンジは特に変わっていないのですが、やはりいかにも彼ららしい曲なのでとても楽しめる。
#3は過去の未発表曲の再録らしいのですが、前半の勇壮さはなかなかのモノ。ただ、中盤でテンポダウンした後がちょっとダレるかなぁ。
#4は「Skyrim」というゲームのテーマ曲のカヴァーらしいのですが、いかんせんそのゲームを知らない。が、なかなか壮大でイクリブリウムっぽい曲だと思います。
#5#1のアコースティックバージョン。牧歌的な要素が強まっていて、これはこれで悪くない。

ということで、クオリティとしては低くないものの、若干の物足りなさは残るという作品でした。早くフルアルバムを!

<オススメの曲>
1. Waldschrein

オススメ度…81点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

EYECONOCLAST 「DRONES OF THE AWAKENING」
EYECONOCLAST
「DRONES OF THE AWAKENING」


Eyeconoclast Drones of the Awakening

<収録曲>
1. Proclaiming From Dead Dimension
2. Rise Of The Orgamechanism
3. Dawn Of The Promethean Artilect
4. Anoxic Waters
5. Sharpening Our Blades On The Mainstream
6. Obsolesced
7. Hallucinating In Genetic Disarray
8. XXX - Manifest Of Involution
9. Mother Genocidal Machine
10. Invoking Carnage (Racing Blind)
11. Executioner (Slayer Of The Light)


イタリア出身のテクニカルデス/デスラッシュバンド、EYECONOCLASTの2作目。2013年発表。

デスラッシュよりはデスメタルに近く、デスメタルよりはデスラッシュに近いようなサウンドです。とにかく超高速ブラストが非常に魅力的で、軽めの音でスタタタタタタと叩きまくられる様子がとても爽快。こういう手数足数の多いドラムはやはり聴いていて気持ち良い。ギターもザクザクと刻む系ではあるのですが、要所要所にメロディアスで叙情的なフレーズを挟み込んでくるところがとてもニクいです。ブルータルさというよりも、とにかくスピードと勢いで押し切るタイプなので、何も考えずに聴けるところがとても良い。

まずは冒頭の#1の時点で凄まじいブラストの嵐。そしてギターソロが異様にメロい。
#2もスタタタタタというドラミングが心地よく、もはやキャッチーにすら聴こえてしまうほど。その割に結構複雑なリズムを繰り出してくるところがとても良いです。サビの掛け声が比較的ポップなのもたまらぬ。
#3はとてもデスラッシュ的なザックザクのリフが印象体な曲。畳み掛けるようなVoの吐き捨てヴォイスもカッコいい。
その後も一瞬も息をつかせないような凄まじい攻勢を続け、最後まで一気に駆け抜けてくれます。

とりあえず力と勢いで押し切るタイプのですメタルが好きな人や、激しめなスラッシュメタルが好きな人はぜひ!

<オススメの曲>
1. Proclaiming From Dead Dimension
2. Rise Of The Orgamechanism
3. Dawn Of The Promethean Artilect
4. Anoxic Waters
5. Sharpening Our Blades On The Mainstream
8. XXX - Manifest Of Involution

オススメ度…91点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

EVERSHINE 「RENEWAL」
EVERSHINE 「RENEWAL」

Evershine Renewal

<収録曲>
1. Evershine
2. Angel / Killer
3. Run
4. Demon's Ride
5. The Storm
6. Chance To Be Free
7. Here We Come
8. Faith And Dreams
9. Where Heroes Lie
10. X Japan Medley (Instrumental)


イタリア出身のメロディックスピードメタルバンド、エヴァーシャインの1作目。2012年発表。

爽やかでメロハー寄りの音質で、クサメロを撒き散らしながら疾走する典型的なB級メロスピです。音も軽いしVoの歌唱も弱めという、いかにもなB級クサメロスピなのですが、メロディセンスはそれなりに秀逸。特に疾走曲は聴いていて思わず笑みがこぼれるような微笑ましいクサメロがあちらこちらでポンポンと飛び出します。Keyがキラキラしまくっていたり、シンフォニックな装飾もふんだんに使われていたりしますが、こちらのセンスもなかなか良い。
あとはもっとしっかりと音作りを頑張って、Voがもっと頑張って練習しまくれば、きっと君らでも異臭騒ぎを起こせるはず!頑張れ!
ちなみに日本の音楽が好きということを公言しており、それに伴ってボートラもXのカヴァーメドレー。イタリアに日本の音楽好きなバンドが多い気がするけど、なんでなんだろ。

<オススメの曲>
1. Evershine
4. Demon's Ride

オススメ度…78点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

EDHELLEN 「SOMBRA Y ANHELO」
EDHELLEN 「SOMBRA Y ANHELO」

Edhellen Sombra y Anhelo

<収録曲>
1. Preludio
2. La Senda Celeste
3. Cuento Olvidado
4. Buscando Un Sol
5. Eterna La Noche
6. Sombra En El Océano
7. Interludio
8. Reflejos
9. Entre Cielo Y Mar
10. Tras Las Llamas
11. Todos Los Sueños


スペイン出身のシンフォニック系メロディックスピードメタルバンド、エデレンの1作目。2011年発表。国内盤はつい最近「幻影と光明」という邦題で発売されました。

OPERA MAGNAのドラマーとギタリストのプロデュースということもあって、サウンドの方はいかにもスペイン産メロスピといった感じ。クサいメロディでヒロイックに疾走し、そこに巻き舌スパニッシュのハイトーンVoがのっかります。適度に派手な装飾や、仰々しいコーラスなんかもなかなか秀逸。デビュー作ということでまだまだメロディにも弱い部分もありますが、今後もっともっと化けていくといいねといった感じの期待の持てるメロスピ作品です。

<オススメの曲>
2. La Senda Celeste
3. Cuento Olvidado

オススメ度…78点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

EXARSIS 「THE BRUTAL STATE」
EXARSIS 「THE BRUTAL STATE」

Exarsis The Brutal State

<収録曲>
1. Annihilation...Proceed!!!
2. Mind Poisoning
3. Addicting Life Waste
4. Vote For Crisis
5. Dying Earth
6. Toxic Terror
7. Surveillance Society
8. Apathy, Ignorance, Oblivion
9. Suicide Disorder
10. Under Destruction
11. Critical Mass
12. A Lesson In Violence


ギリシャ出身のスラッシュメタルバンド、エクサルシスの2作目。2013年発表。
鋭く細かく刻まれるリフで突き進む猪突猛進型のスラッシュメタルをやっています。楽曲的には普通にクオリティの高いスラッシュメタルなのですが、このバンドをさらに特徴づけているのはVoで、何とも言えない素っ頓狂なハイトーン型吐き捨てヴォイスがとても印象的。子供がぎゃあぎゃあ喚いているようなVoが、楽曲の荒々しさと合わさってキチガイじみてて面白いです。

<オススメの曲>
6. Toxic Terror(→PV)

PVにもなってるこれが一番好きかな。イントロはシンプルにカッコ良いのに、Voが入った瞬間ずっこける。いや、褒めてます。

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

ENFORCER 「DEATH BY FIRE」
ENFORCER 「DEATH BY FIRE」

Enforcer Death By Fire

<収録曲>
1. Bells Of Hades
2. Death Rides This Night
3. Run For Your Life
4. Mesmerized By Fire
5. Take Me Out Of This Nightmare
6. Crystal Suite
7. Sacrificed
8. Silent Hour / The Conjugation
9. Satan


スウェーデン出身の正統派メタルバンド、エンフォーサーの3作目。2013年発表。超正統派なリフでこれでもかとばかりに疾走しまくるスタイルが持ち味で、とてもエネルギッシュなサウンドを聞かせてくれます。ツインギターのリフがとにかく耳触り良く、メタル好きの琴線をこれでもかとばかりに掻き鳴らすかのようなサウンドがたまらん。全盛期のアイアンメイデンあたりに通じるような、適度にメロディアスなリフでひたすら爆走しまくりです、

どの曲も素晴らしくアツい楽曲ばかりなのですが、中でもイチオシは#2かな。これだけは群を抜いて素晴らしい。元気いっぱいという言葉が本当にぴったりの楽曲です。

<オススメの曲>
2. Death Rides This Night
3. Run For Your Life
4. Mesmerized By Fire(→PV)
8. Silent Hour / The Conjugation

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

ELEANOR 「BREATHE LIFE INTO THE ESSENCE」
ELEANOR
「BREATHE LIFE INTO THE ESSENCE」


Eleanor Breathe Life Into The Essence

<収録曲>
1. Time, Mediation And Dawn
2. A Rain Song
3. Fatal Movement
4. Mourning
5. Prayer
6. Blue Moon
7. Sleeping Water
8. Once
9. Fragments


日本のゴシックメタルバンド、エレノアの2作目。2013年発表。
適度なダークさと陰鬱がとても良い感じで、独特の世界観を持っています。変に英詞をのせるのではなく、日本語詞で直球勝負をしているのも非常に好印象。その日本語詞がダークな曲調と相まって、妖しさを増している所も素敵。
Voは基本的には女性Voなのですが、たまーに男Voが参加してくるのも良いアクセント。そして男Voのうさんくさい感じがなんか好き。

<オススメの曲>
5. Prayer

この曲だけ群を抜いてツボだった。メランコリックながらも歌謡曲的なメロディが大好き。雰囲気は全然違うんだけど、Aメロがやたらアルフィーの"星空のディスタンス"っぽい気がする。

オススメ度…78点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20130408170008.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

ECLIPSE 「BLEED & SCREAM」
ECLIPSE 「BLEED & SCREAM」

Eclipse Bleed & Scream

<収録曲>
1. Wake Me Up
2. Bleed And Scream
3. Ain't Dead Yet
4. Battlegrounds
5. A Bitter Taste
6. Falling Down
7. S.O.S
8. Take Back The Fear
9. The Unspoken Heroes
10. About To Break
11. After The End Of The World


エリック・モーテンソン<Vo,G,B>率いるスウェーデンのメロディアスハードロックバンド、エクリプスの4作目。2012年発表。メロディアスハードというジャンルのド真ん中を突き進んでいく総会で溌剌としたサウンドが特徴です。音作り自体はエッジの立ったギターサウンドでなかなかモダンな印象も受けるのですが、全体から発散される北欧臭とVoのエモーショナルさが全体を包み込み、激しいながらもそれを激しいと感じさせません。
タイプとしては決してオリジナリティに溢れてるわけでもないし、むしろ王道ド真ん中であるが故にありがちな方に分類されるのかもしれませんが、美しいものは美しいし、良いものは良いのです。

まずはワイルドなイントロが印象的な#1から、サビのエモーショナルさが抜群のタイトル曲#2、疾走感の中に爽やかさの漂う#3という三連発にいきなりノックアウト。なんという強力な先制攻撃…。
#4も伸びやかでどこまでも広がっていきそうな印象を受けるサビが素敵。
#5はゆったりとしたバラードで、ちょっと箸休め的な感じかな。
#6はもったいぶったドラムで始まるこれまたワイルドなリフを前面に押し出した曲。
ちょっぴりモダンなリフがずっしりと攻めてくる#7は一瞬「おっ」となりますが、やはりサビは他の曲に勝るとも劣らないエモーショナルさです。
細かいリフを刻みながら疾走する#8は、なかなかアグレッシヴな曲。
#9はリフ回しがとても印象的ですが、基本的にはやはり王道メロハー。
#10はミドルテンポのメロいリフでドラマティックに盛り上げる曲。哀愁漂うわぁ。
そして最後を締める#11は再びワイルドなリフでグイグイ押していくタイプの曲。攻めのメロハーって感じがして良い。

ってことでこのバンド、やはりとても高品質です。北欧メロハーが好きなら聴いて損はしないはず。

<オススメの曲>
1. Wake Me Up
2. Bleed And Scream(→PV)
3. Ain't Dead Yet
4. Battlegrounds
8. Take Back The Fear

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

EX DEO 「CALIGVLA」
EX DEO 「CALIGVLA」

Ex Deo Caligvla

<収録曲>
1. I, Caligvla
2. The Tiberius Cliff (Exile to Capri)
3. Per Oculus Aquila
4. Divide et Impera
5. Pollice Verso (Damnatio ad Bestia)
6. Burned to Serve as Nocturnal Light
7. Teutoberg (Ambush of Varus)
8. Along the Appian Way
9. Once Were Romans
10. Evocatio the Temple of Castor & Pollux


ドイツ出身のシンフォニックデスメタルバンド、EX DEOの2作目。2012年発表。KATAKLYSMというバンドのメンバーが中心となっているのだそうです。

古代ローマをテーマにしているらしく、非常にエピカルで勇ましいサウンドが特徴。重々しい緊迫感と、非常に雄々しく猛々しい雰囲気がたまらなく素敵です。「全軍突撃ぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」という叫び声が非常にマッチしそうな、まさに戦場メタルといった感じ。重厚なオーケストレーションと派手なクワイアの中、デスメタルど真ん中な演奏がぶち抜いてくる様はまさに圧巻。ラプソディあたりに通じそうな壮大な世界観ですが、メロディを全く重視していない真っ当なデスメタルなところがとても新鮮です。

ファンファーレのようなサウンドで派手に幕を開ける#1から、あまりにも壮大なスケールにいきなりノックアウトされること間違いなし。じわじわと圧殺してくるような緊迫感がたまりません。
続く#2も同様の圧迫感でさらにゴリゴリと突き進みます。
#3は高貴な雰囲気すら漂うドラマティックなシンフォサウンドがとても素敵。
#4は比較的アグレッシヴさを前面に押し出した曲で、とてもパワフルに突進を繰り返していくような印象です。若干メロディアスなリフもかなりツボ。
#5はジワジワ圧殺系ですが、こちらもリフのメロい感じがなかなか。
#6は嵐の前の静けさ的なイントロから徐々に盛り上がっていくドラマティックな展開がたまらぬ一曲。
前半叙情的なリフが良い#7は、後半でブルータルさを増していく曲。エピカルさも失わないあたりが非常に素晴らしい。
#8は重々しい暗黒サウンドがとても魅力的。ディム・ボガーあたりのシンフォニックブラックっぽい感じもします。
なんかセリフで始まる#9は、いかにもなゴリゴリ系デスメタル。
#10は最後の決戦の様なヒロイックな雰囲気のアウトロ。

ってことで、目を閉じれば古代ローマの扇情が脳裏に思い描けるようなコンセプトを忠実に守ったデスメタルです。全体的に同じ傾向の曲が並ぶので、一曲ずつの差別化は難しいのかもしれませんが、それでもクオリティが高いので最後まで一気に聴けてしまうと思います。

<オススメの曲>
1. I, Caligvla
3. Per Oculus Aquila
4. Divide et Impera
7. Teutoberg (Ambush of Varus)

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。