EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ANAAL NATHRAKH]
ANAAL NATHRAKH「ESCHATON」

Anaal Nathrakh Eschaton

イギリス出身の2人組ファストブラックメタルバンド、アナール・ナスラックの3作目。2006年発表。圧倒的なスピード感とノイジーなサウンドが特徴で、演奏もVoもとにかく全てがブチ切れています。なんかもうすべてのリミットを外しちゃった感じ。特に絶叫系のVoはもはやただの憎しみの塊みたいなことになっており、物凄い迫力になっています。ドラムは打ち込みですが、全く違和感はありません。

個人的に2.Between Shit And Piss We Are Bornがかなりツボ。禍々しさMAXで一気に突き進むのですが、サビ部分がやたら叙情的でメロディアス。そこだけVoもクリーンヴォイスで、良い感じの対比になっています。リフもほんの少しだけメロディアスな感じ。
3.Timewave Zeroはスピード感が半端ない曲。これも一部だけクリーンヴォイスになるのですが、そこの歌メロがめちゃくちゃ印象に残ります。その他の部分はマジで邪悪過ぎ。
全体的に似たような雰囲気で統一されていますが、悪い意味で似通っているわけではなく、どの曲を聴いても良いと思えるような感じです。個人的には1.Bellum Omnium Contra Omnesとか7.When The Lion Devours Both Dragon And Childが特に好きかなぁ。

このアルバム、ちょっとサイバー色が強いのでそういうサウンドが苦手な人にはダメかもしれませんが、そうでなくて速いブラックが好きなら是非とも聴いてみて欲しいです。圧倒的なスピード感と邪悪さを体全体で受け止めてあげてください。

オススメ度…89点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[EVIG NATT]
EVIG NATT「I AM SILENCE」

Evig Natt I Am Silence

ノルウェー出身のシンフォニック・ゴシック/ブラックメタルバンドの1作目。2007年発表。ダークで陰鬱なサウンドを、Keyの醸し出す幻想的な雰囲気で包みこむというスタイルです。基本的にはゴシックっぽいサウンドなのですが、所々でブラックメタルっぽい展開が登場。Voは男女混声で、女性の方は可憐で美しい声、男性の方はちょっと邪悪なデス声~ブラックっぽい喚き声という感じ。

1.Nemesis Of Heartはかなり陰鬱で幻想的な感じ。重厚な雰囲気の中で女性Voとデスヴォイスが交互に出て来る、ドラコニアンあたりを彷彿とさせるような曲です。中盤のクライマックス部分の女性Voの声が綺麗で好きだな。デスヴォイスの迫力も申し分なし。
2.In My Darkest Hourはイントロの儚いピアノと、その後のシンフォニックで幻想的なサウンドが最高。中盤でテンポが代わってトレモロリフになって以降もカッコ良過ぎてたまりません。
3.My Demonは初めは幻想的ですが、途中からは思いっきりブラックメタル。トレモロリフをバックに邪悪な喚き声が響き渡ります。所々で美しいピアノの音色や女性Voが入ったりと、普通のブラックメタルに終始しないところが良いです。8分もあるのに展開が多彩で飽きない曲。
5.A Final Lamentはイントロのギターリフに哀愁が漂いまくり。そして絶叫と共に一気にブラックメタル的な展開へと変わっていきます。
7.Fallenは最初っから最後までひたすら美しい曲。ゆったりとしたピアノの音色が実に心地よいです。繰り返しフレーズを聴いているうちになんだかうっとりしてしまいます。

このバンド、ゴシックっぽい部分もブラックっぽい部分もそれぞれかなりの高品質で、しかもそれが絶妙のバランスで同居しています。とりあえずゴシックもブラックもどっちも聞ける人は是非試してみて下さい。

オススメ度…86点

YOU TUBEで聴ける曲
Nemesis Of Heart

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

帰京
今日、尾瀬での住み込みバイトから帰ってきました!!

普段体験できないような事も色々とあり、とても充実した毎日でした。

とりあえずこれでようやくネット環境に戻ってきたので、明日からまた更新できると思います。

でもバイトも忙しいんだよなぁ…。


そういえば、東京に帰ってきていきなりユニオンに直行し、ドラゴンフォースの新作を買ってきました。
相変わらずの疾走っぷりがたまらん(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

住み込みバイト
今、尾瀬の宿に住み込みバイトに来ています。
うちのスキーサークルで伝統的にお世話になっている宿で、夏と冬に住み込みで働きに来ます。

夏は給料が出ますが冬は給料が出ず、代わりに空いた時間でスキーをさせて貰えるというシステムです。

空いた時間にCD紹介でも書きまくるつもりでノートパソコンを持って来たのですが、残念ながら尾瀬はeーmobileの圏外でした。

13日に尾瀬に来て、27日までいるのでしばらく更新は滞りそうです。


ちなみに住み込みはめちゃくちゃ楽しいです。
宿のお父さんお母さんが超優しいので、空いた時間は色々と遊ばせてもらえます。

その分仕事も頑張らなきゃなぁ。
[モノノフ]
モノノフ「上月残照」

モノノフ 上月残照

大阪の落武者スラッシュメタルバンド、モノノフの2ndミニアルバム。2008年発表。CATAPLEXYGRIM FORCENARCOTIC GREEDといったバンドで活躍していたメンバーで構成されているのだそうです。メンバーは甲冑で完全武装しており、戦国時代に滅びていった無名に近い武将達をテーマとした楽曲が特徴。サウンドの方はかなりしっかりとしたデスラッシュで、セリフや合戦のSEなどを時折挟みつつアグレッシヴに駆け抜けていきます。せっかく歌詞にこだわってるのに、デス声なせいで聞き取りにくいのがちょっとだけ残念だな。

1.「無念なり宇山殿」は尼子家筆頭家老の宇山久兼を主人公とした曲。ゴリゴリと刻まれるリフと迫力のあるデスヴォイスが良い感じで、「無念!無念!無念!無念!」って部分がやたら頭に残ります。
2.「本能寺謀反」はご存じ明智光秀を主人公とした曲。「敵は本能寺にあり!!」の掛け声と共に疾走し始める部分が大好きです。こういう徹底した世界観ってなんか良いな。イントロでのトレモロリフもクール。
3.「上田原討死」は武田家に仕えた板垣信方が主人公。曲名の通り上田原の戦いをテーマにした曲ですが、デスラッシュの荒々しさとマッチしていてなんか良い感じ。「御屋形様ー!!」がめっちゃ耳に残ります。
4.「忍原崩れ」は尼子晴久を主人公とした曲。猪突猛進な勢い重視な曲で、ガンガン突き進んでいくアグレッシヴな展開がたまりません。
5.「我に七難八苦を与え給へ」は山中鹿之助が主人公。鉄砲や馬のSEから一転してへヴィなリフがずっしりと刻まれていきます。なんかもう一心不乱にひたすら頭を振りたくなるわ。
タイトル曲の6.「上月残照」は尼子勝久を主人公とする曲。クールなリフが次々と繰り出され、怒涛の勢いで一気に駆け抜けていきます。

個人的に戦国時代や戦国武将が大好きなこともあり、このバンドの自分達の世界観を徹頭徹尾貫き通すという姿勢にはかなり好感を持ってしまいました。サウンド自体も非常にしっかりとしたデスラッシュなので、戦国時代が好きでスラッシュ系の突撃サウンドが好きな人は是非とも試してみる価値はあるのではないかと思います。

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[MY MATERIAL SEASON]
MY MATERIAL SEASON「EYES OF ENEMY」

My Material Season Eyes Of Enemy

日本のメロディックデスメタルバンド、マイ・マテリアル・シーズンの6曲入り1stミニアルバム。2008年発表。ユニオンの売り文句によると「ピアノを大胆に取り入れた美しく儚いメロディと激情のメロディが陰影をなす、極上メロデス!」とのことですが、正直なところ新鮮さは全く無いです。ピアノの使い方やギターの音色が思いっきりエックスジャパンな感じで、ただそこにデス声を乗っけてみましたって感じ。しかも所々に入ってくる「下手くそなヴィジュアル系バンド」っぽいクリーンVoが中途半端さを増しており、何とも言えない微妙な仕上がりになっています。

1.Last Hope I Wishは「エックスのSilent Jealousyをメロデスアレンジしてみたよー」って感じの曲。メロディ自体はクサクサなので、その手のサウンドが好きな人は普通に楽しめる感じなのですが、むしろここまで来ると別にデス声にしなくても良かったんじゃないかと思ってしまいます。所々で入るしょぼいクリーンVoは大きなマイナス要素。もうせっかくメロデスにしたなら最後まで頑張ろうよ…。
3.June Bride Graveはドラマティックなピアノのイントロで始まり、その後ドラムとギターが暴れ回ってくるような曲。悪くないんだけど、その転換の瞬間の「い゛や゛ぁぁぁぁーーーぉう!!」がちょっとしょぼくて残念です。その他は普通にクサメロデスとして中々のクオリティかな。
5.Serenityはイントロの普通声&女性Voの時点で残念ながらアウト。しょぼ過ぎ。その後はクサクサでそこまで悪くないんだけどなー。
6.Rosallyはピアノと弦楽器のイントロがドラマティックな曲。これもやっぱり曲展開がかなりエックスっぽい。

ってことでこのアルバム、なんか色々と惜しい感じがしてしまう作品です。とりあえずしょぼいクリーンVoを何とかするだけでだいぶ良くなるんじゃないかなぁ。エックスっぽいメロディは個人的に大歓迎ではあるので、全体に漂う中途半端さを何とかして改善してくれれば結構好きになれる気がします。

オススメ度…76点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[陰陽座]
陰陽座「紅葉」

陰陽座 紅葉

日本の妖怪メタルバンド陰陽座の、アルバム「魑魅魍魎」に先駆けて発売されたシングル。2008年発表。読み方は「こうよう」ではなく「くれは」なのだそうです。カップリングは2曲で、どちらもアルバムには未収録とのこと。初期のようなおどろおどろしさはもはや完全に消えてしまい、かなりポップ化が進行した感じのサウンドになっています。

1.「紅葉」は若干おとなしめでしっとりとした曲。なんだか「妖花忍法帖」あたりを彷彿とさせます。黒猫<Vo>の歌声は相変わらず綺麗で透き通っており、サビでの伸びやかな歌唱が実に心地よいです。
2.「飛影」はちょっぴり和風でメタリックなリフがやたらクール。瞬火<B,Vo>のサビでの歌唱がかなり印象に残ります。
3.「木葉天狗」は「ズンチャチャ、ズンチャ♪」って感じのお祭りソング風な曲。サビの落ち着いたメロディが綺麗です。なんか昔話を語っているかのような雰囲気も好きだな。ギターソロがやたら和風で、ちょっと三味線風になる所では人間椅子を少し思い出したりもしました。

とりあえず先行シングルとしてはかなり無難な出来で、良曲ばかりなのでアルバムへの期待はそれなりに高まってきます。ちょっとポップな雰囲気が目立つのでアルバム全体のサウンドがどのようになってくるのか心配なところもありますが、「まぁきっと上手いところで落ち着いてくれるんだろうな」と信じて待つしかありません。

オススメ度…80点

PV
紅葉

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

帰還
昨日、サークルの合宿から帰ってきました。

バーベキューしたり、花火したり、キャンプファイアーしたり、海に行ったり、肝試しをしたり、運動会をしたり…。

恐ろしい量のご飯を食べさせられたり、顔面にパイをべシャっとやられたり、芸をやらなきゃいけなかったり…(笑)

とにかく物凄く充実した夏合宿で、心の底から楽しかったです。


あ、芸の方は「数打ちゃ当たる(?)ショートコント」を友人2人と勢いだけで敢行しました。 まぁ一応なんとかなった…かな…?(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

合宿
昨日、高校の卓球部の夏合宿から帰ってきました。
コーチとして参加したのですが、なんだかんだで結構ツライ。

あー、腕の筋肉痛が…。

明日からは大学のサークルの方の合宿です。
前日の今日は友達の家にお泊り。

CD紹介はもうしばらく書けなさそうです。残念。

まぁそういうことで、とりあえず行ってきます!(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。