EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[AKEBOSHI]
AKEBOSHI「ROUNDABOUT」

Akeboshi Roundabout

日本のシンガーソングライター、アケボシ(本名:明星嘉男)のセレクションアルバム。2008年発表。主題歌として起用された映画『ぐるりのこと。』の公開に合わせて発売された、インディーズ時代やメジャーデビュー後のミニアルバムに収録されていた曲から選曲された作品なのだそうです。フォークサウンドにエレクトロニカやアイリッシュ・トラッドを融合させたサウンドが特徴で、全体的にふんわりほのぼのとした優しい雰囲気。普通に日本語詞(英詩の曲もあるけど)なのに70年代の洋楽っぽさが漂う独特の世界観を持っています。

1.leaf on leafは聴いていると安心できるようなゆったりまったりチューン。ピアノや弦楽器が優しく3拍子で奏でられ、聴く者を暖かく包み込んでくれるかのような癒し系サウンドになっています。Voの声もゆったりした素朴な感じで、ちょっと哀愁漂う感じが非常にツボ。
2.Sky in the pondはケルトな雰囲気がたまらない癒しの曲。これもゆったりまったりできる落ち着いた曲です。
3.One step behind the doorは素朴な笛の音色が素敵過ぎる曲。こういう民族音楽的な笛の音色が好きな僕にはたまらない一曲です。アイリッシュトラッドとフォークサウンドの融合っぷりが絶妙過ぎる。
4.Along the Lineは70年代の洋楽ポップスっぽさが半端ない曲。郷愁を誘うコーラスがとてつもなく切ないです。なんか過去を回想しながら遠くを見つめたくなるような感じ。
他には7.Rusty lanceとか8.Soundsも良いなぁ。
11.Wind [Live]は8分の5拍子というちょっと新鮮な曲ですが、普通に違和感はありません。というか普通に良い曲。普通のアルバムにライブ音源が混ざってるのって好きじゃないからあんまり聴いてないけど、スタジオ音源の方も今度じっくり聴いてみたいな。

ってことでこのアルバム、独特の世界観が僕のツボに見事にハマってくれました。哀愁漂うアイリッシュトラッドを日本人に聴きやすい感じにしてくれたような音なので、その手のサウンドが好きな人は是非。

オススメ度…90点

PV
Along The Line

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[CRADLE OF FILTH]
CRADLE OF FILTH
「GODSPEED ON THE DEVIL'S THUNDER」


Cradle Of Filth Godspeed On The Devil's Thunder

イギリス出身のシンフォニック・ブラックメタルバンド、クレイドル・オヴ・フィルスの8作目。2008年発表。正統派メタル寄りになっていたサウンドが原点のブラックメタルサウンドに若干戻って来ており、「聴くホラー」といった感じのエンターテインメント的な禍々しさをたっぷりと楽しむことができます。彼らの特徴であるシンフォニックさも多過ぎず少な過ぎずという絶妙なバランス。ダニ・フィルス<Vo>はダークな低音ヴォイス中心で歌っていますが、狂気的なスクリームも以前より減ったといえど至る所で聴くことができ、相変わらずの多彩っぷりです。

とりあえず2.Shat Out Of Hellが個人的にかなり好き。スココココとブラストするドラムと、ダークで不気味な感じのするギターリフとの組み合わせが最高です。中盤のリフとリフとの合間に入る「Ha! Ho!」って感じの掛け合いも妙にツボ。
3.The Death Of Loveは邪悪さの中に織り込まれた美麗な女性Voがかなり良い感じ。うごめくようなへヴぃなリフが良いね。
4.The 13th Caesarはその他の装飾もカッコ良いですが、とにかく純粋にリフがカッコいい曲。耳を惹かれるリフがたっぷりです。
9.Midnight Shadows Crawl To Darken Counsel With Life10.Darkness Incarnateはどちらも9分近い大曲。多彩な変化とダニの七変化スクリームにより飽きずに一気に聴くことが出来ます。
11.Ten Leagues Beneath Contemptはミドルテンポな曲。結構単調な曲ではあるのですが、圧迫感のあるギターリフがやたら印象的で、グイグイと引っ張られていくような感覚がたまりません。
タイトル曲12.Godspeed On The Devil's Thunderはドラムがブラストしまくりの超疾走曲。スッタンスッタンからスコココココへと変化する部分が個人的に超ツボです。

このアルバム、以前から進行してきた正統派メタルへの歩み寄りと、従来のブラックメタル的な部分が上手く融合した非常に高品質な作品です。「CRUELTY AND THE BEAST」や「MIDIAN」を彷彿とさせる要素も多いですし、ファンならば普通に満足できるはず。「比較的聴きやすいブラックメタルにちょっと手を出してみたい!」って人は是非。

オススメ度…87点

YOU TUBEで聴けるもの
Shat Out Of Hell
Ten Leagues Beneath Contempt
Godspeed On The Devil's Thunder

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[JUDAS PRIEST]
JUDAS PRIEST
「DEFENDERS OF THE FAITH」


Judas Priest Defenders Of The Faith

メタルゴッド率いるヘヴィメタルの象徴、ジューダス・プリーストの9作目。1984年発表。メタル好きを公言するならばとりあえず聴いておかねばならない名盤の一つで、王道ヘヴィメタルの完成形ともいえる一枚です。サウンドがメタリックなのはもちろん、ロブ・ルフォード<Vo>の歌声までもがメタリックに聴こえるのが凄い。シンプルなのにカッコ良いという、真のヘヴィメタルとはなんぞやという問いに対する曲が、全てここに集約されているかのような作品です。

1.Freewheel Burningは硬質なリフで一気に駆け抜ける疾走曲。聴くだけで一気にテンションがMAXまで上がるような熱い曲です。ツインギターのせめぎ合いと、ロブの早口Voが最大の聴きどころ。
2.Jawbreakerは熱き魂と漢の哀愁とが共存する奇跡の名曲。シャウトに入る前の溜めの部分が個人的にツボ過ぎてヤバいです。リフ構成も完璧だし、泣きまくりのギターソロも最高過ぎ。
4.The Sentinelはドラマティックな構成となんとも言えない孤高の哀愁がたまらない曲。内側にため込んだ感情を全てぶちまけるような、ロブの魂のこもった歌唱には鬼気迫るものがあります。ギターソロでのK.Kグレンの掛け合いもたまらない。
6.Eat Me Aliveはへヴィなリフでガンガンと迫ってくるような曲。ちょっと単調だけど、シンプルだからこそのカッコ良さがあります。
他には3.Rock Hard Ride Free5.Love Bitesも良いなぁ。

ってことでこのアルバム、JPファンの中ではこれを真っ先に傑作として挙げる人もいるくらいの名盤です。個人的には「PAINKILLER」が一番だけど、やっぱその次くらいには来るかな。とりあえず「これを聴かずにメタルを語るな!」っと言ってしまいたくなるくらいの素晴らしい作品なので、最近のバンドしか聴いたことのないような人は是非これを聴いて、往年のメタルの素晴らしさを体感してみてください。

オススメ度…95点

PV
Free Wheel Burnin

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[STORM WARRIOR]
STORM WARRIOR「HEADING NORTHE」

Storm Warrior Heading Northe

ドイツのメロディック・パワーメタルバンド、ストーム・ウォリアーの3作目。2008年発表。初期ハロウィンガンマレイのサウンドをそのまま受け継いだような古き良きジャーマンメタルをやっています。メロディーラインだけではなくVoの声も完全にカイ・ハンセンタイプで、ここまでストレートにやってくれると聴いてるこっちまで清々しい気持ちに。「疾走感+荒々しさ+雄々しさ+ドラマティックさ」という感じの、ジャーマンメタルにちょっぴりヴァイキングメタルの要素が加わったようなサウンドなので、ランニング・ワイルドあたりを彷彿とさせてくれます。

やたら大仰なイントロ1.And The Horde Calleth For Odenに続く2.Heading Northeはメタル魂全開の疾走キラーチューン。無駄に速い!無駄に熱い!無駄に雄々しい!というメタルの魅力がたっぷり詰まっています。いやー、それにしても完全にガンマレイだなー。
3.Metal Legacyはもうタイトルからしてメタルへの愛がぷんぷん匂ってくるような曲。軽快なリフが駆け抜けて行き、キャッチーなコーラスへと繋がるという王道メロパワチューンです。サビ前のちょっとだけ勇壮なコーラスが好きだな。とりあえず拳を振り上げたくなります。
6.Ragnarökは勇壮なリフで疾走する力強い曲。サビのメロディがやたら頭に残ります。これもちょっとしたコーラスが良い感じ。
8.Remember The Oatheはピロピロなイントロがメロスピ魂を呼び起こしてくれる疾走曲。条件反射的に頭を振りまくりたくなります。
10.Into The Battleは勇壮なリフが響き渡る、「いざ出陣!全軍出撃せよ!」みたいなタイトル通りの曲。力強さがたまらなく素敵です。
他には5.Iron Godsとか9.Lion Of The Northeあたりもオススメ。

ってことでこのアルバム、上でも書いたように初期ハロウィンガンマレイが好きな人には普通にオススメです。「これぞジャーマンメタル!」「俺の迸るメタル魂を受け止めてくれ!」みたいなサウンドが好きな人は是非。

オススメ度…84点

YOU TUBEで聴ける曲
Heading Northe
Metal Legacy

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[LORDI]
LORDI「DEADACHE」

Lordi Deadache

フィンランド出身のモンスター・ハードロックバンド、ローディの4作目。2008年発表。モンスターの特殊メイクに身を包んだおどろおどろしいメンバー達ですが、曲の方はヘヴィながらもシンプルでキャッチーなハードロック。Mr.Lordi<Vo>のダミ声がちょっと人によってはダメかもしれませんが、親しみやすいメロディたっぷりなので老若男女問わずだれでも楽しめるようなサウンドになっています。

2.Girls Go Choppingはいきなりグルーヴ感溢れるハードロック。イントロとかのリフがちょっとキッスの「Deauce」っぽいかも。まぁMr.Lordiはキッス信者らしいので、当然と言えば当然かも。
2.Bite It Like A Bulldogはサビのキャッチーさが半端ない曲。これだけ親しみやすいと、思わず一緒に歌わずにはいられません。
12.The Devil Hides Behind Her Smileはオペラ座の怪人のメロディを大胆に導入した曲。ただでさえ親しみやすいメロディなのに、よく知ってるあのメロディが加わることによってさらに親しみやすくなっています。サビメロがやっぱ良いね。
他には10.Raise Hell In Heavenとか11.Deadache13.Missing Miss Charleneが特に印象に残るかな。

とりあえず「さすがローディ!!」って感じの高品質ではあるのですが、前作での「Hard Rock Hallelujah」のような圧倒的キラーチューンが存在していないのがちょっと残念です。まぁ普通に良曲だらけだし、期待が大き過ぎただけかもしれないんだけどさ。

オススメ度…81点

PV
Bite It Like A Bulldog

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[DIE APOKALYPTISCHEN REITER]
DIE APOKALYPTISCHEN REITER「LICHT」

Die Apokalyptischen Reiter Licht

ドイツのヘンテコ・メロディックデスメタルバンド、ディー・アポカリプティシェン・ライターの7作目。2008年発表。一応メロデスに括りましたが、実際は民謡メロやら何やらがひしめき合う非常に独特なサウンドで、他に類を見ない個性的な世界観が特徴。Voは大してデス声ではなく、やたら勇壮で漢らしい歌声です。ちなみに歌詞は全てドイツ語で、ドイツ語独特の堅さが勇壮度を大幅にアップ。今までの作品に比べると変態っぽさが若干減りましたが、その分クリーンヴォーカルの比重が増え、勇壮さの中に漢の哀愁をたっぷりと感じ取ることができます。

1.Es wird schlimmerはゴリゴリとした力強いリフの曲。サビでは一転して叙情的なメロディが響き渡る漢らしいコーラスを聴くことができます。男泣き系の独特の哀愁っぷりがたまらないね。
7.Heut’ ist der Tagも叙情メロが乱舞する漢の哀愁チューン。サビでの力強い歌声が心にグッと響いてきます。
9.Der Wegは勇壮なパートとしっとり系なパートとの絡みあいが素敵過ぎる曲。勇壮パートではリフの刻み方がとにかくカッコ良く、しっとりパートではピアノの音色が切なく響き渡ります。サビはもちろん「勇壮だけど切ない」って感じの漢の哀愁たっぷりなメロディになっています。なんかもう全身全霊で一緒に歌い上げたくなる感じ。
他には2.Auf die Liebeとか5.Adrenalin8.Wir Hoffenあたりも普通にツボだわ。

ってことでこのバンド、漢らしいサウンドにしびれてガッツポーズしちゃうような人に全力でオススメします。哀愁サウンドが好きな人は試してみる価値ありかも。まぁ北欧系の哀愁とは全然違うけどね(笑)

オススメ度…88点

PV
Es wird schlimmer
Der Weg

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。