EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年間ベスト
今年の年間ベストです。
時間が無かったのでちょっとやっつけ仕事的になってしまいました。


【年間ベストアルバム】

1位.EQUILIBRIUM「SAGAS」

SAGAS

今年の一位はドイツ出身のヴァイキングメタルバンド、イクイリブリウムです。ヒロイックな民謡メロが最高過ぎ。特に3曲目「Blut Im Auge」のキラーチューンっぷりが凄まじいです。(→過去記事)


2位.ELUVEITIE「SLANIA」

SLANIA

スイス出身のヴァイキングメタルバンド。メロデスっぽさとフォーク/トラッドっぽさの絶妙なバランスが素敵です。笛とフィドルの音色がツボ過ぎる…。とりあえず「Inis Mona」に悶絶。(→過去記事)


3位.COLDWORLD「MELANCHOLIE2」

Coldworld Melancholie 2

ドイツの独りデプレッシヴ・ブラックメタルプロジェクト。アンビエント系の儚く幻想的なサウンドがたまりません。暴虐なのに切ない。なんか一人で聴いてると哀しくなってくる。(→過去記事)


4位.THE MONOLITH DEATHCULT「TRIVMVIRATE」

The Monolith Deathcult Trivmvirate

オランダのブルータル・デスメタルバンド。やたら荘厳でシンフォニックな装飾と、物凄い圧迫感のブルデスサウンドが見事に融合しています。独特の宗教臭さがたまらん。


5位.KEEP OF KALESSIN「KOLOSSUS」

KEEP OF KALESSIN KOLOSSUS

ノルウェーのブラックメタルバンド。テクニカルかつドラマティックな曲構成が相変わらずのクオリティでした。Voの声が若干メロデスに近いので比較的聴きやすいかも。(→過去記事)


6位.THE RASMUS「BLACK ROSES」

The Rasmus Black Roses

フィンランドのメランコリック・ハードロックバンド。今回も相変わらずの哀愁っぷりで涙腺を刺激されまくりました。やっぱりラウリ・ヨーネンの甘い歌声が神過ぎる。(→過去記事)


7位.OPETH「WATERSHED」

Opeth Watershed

スウェーデンのプログレッシヴ・デスメタルバンド。もはやベテランの域に達してきた彼らですが、マンネリ感は一切ありません。ミカエルのデスヴォイスとクリーンヴォイスの絶妙な使い分けは至高。


8位.DIE APOKALYPTISCHEN REITER「LICHT」

Die Apokalyptischen Reiter Licht

ドイツのヘンテコメロデスバンド。民謡メロやら何やらをごちゃまぜにした変態サウンドは他に類を見ません。勇壮さMAXの漢くさいメタルが好きな方は是非。(→過去記事)


9位.DRACONIAN「TURNING SEASON WITHIN」

TURNING SEASON WITHIN

スウェーデン出身の絶望ゴシック/ドゥームメタルバンド。初期ほどの絶望っぷりはないものの、相変わらずのハイクオリティです。オーペスにちょっと似てきたね。(→過去記事)


10位.SHINEDOWN「THE SOUND OF MADNESS」

The Sound Of Madness

アメリカ出身のハードロックバンド。いかにもアメリカンなワイルドで迫力あるサウンドがたまりません。特に1曲目の「Devour」は珠玉の出来。ニッケルバック系の曲も多いです。


【年間ベストチューン】

1位.Black Empire / ANTHEM
2位.Blacksmith / KIVIMETSAN DRUIDI
3位.Captain Morgan's Revenge / ALESTORM

4位.魃 / 陰陽座
5位.Shat Out Of Hell / CRADLE OF FILTH
6位.All Nightmare Long / METALLICA
7位.本能寺謀反 / モノノフ
8位.Heading Northe / STORM WARRIOR
9位.Give Me Your Helping Hand / SYMPHONITY
10位.Wild Dogs / TOXIC HOLOCAUST


全てベストアルバムで挙げなかった作品から選びました。
アンセムの「Black Empire」は坂本英三の歌謡曲的なVoが見事にマッチした曲。何度も何度もリピートで聴きたくなるような中毒性の高い曲でした。KIVIMETSAN DRUIDIの「Blacksmith」は勇壮なヴァイキングメタル曲。いざ出陣!って感じの雰囲気なのに、Voが女性っていう意外さが良かったです。エイルストームの「Captain Morgan's Revenge」はパイレーツメタルって言葉がぴったりの曲。荒波へ突っ込んでいくような勇壮さがたまりません。陰陽座は相変わらずのハイクオリティでしたが、中でもこの曲が一番好き。クレイドル・オヴ・フィルスはブラックメタルっぽさと正統派メタルの要素のバランスが絶妙。メタリカは初期にはやはりかなわないものの、中々高品質な作品で、その中でもこの曲はかなりのキラーチューンだったのではないかと。モノノフは日本の落武者スラッシュメタルバンドで、独自の世界観が気に入りました。ストームウォリアーはこれぞジャーマンメタル!!なメロパワ。シンフォニティーは「メロスピもまだまだ捨てたもんじゃないな」と思わせてくれたこの曲を選曲。トキシック・ホロコーストは80年代のスラッシュメタルサウンドを正統に踏襲しており、中でもこの曲はかなりのお気に入り。


【新人賞】

ALESTORM

ALESTORM

イギリス出身のパイレーツ・メタルバンド。メンバー達のなりきりっぷりと、クオリティの高い楽曲群が魅力でした。この調子で今後も頑張ってもらって、チュリサスぐらいの存在になってもらいたいものです。


【ベストアルバムジャケット】

ROYAL HUNT「COLLISION COURSE... PARADOX 2」

Collision Course... Paradox 2

なんか気に入った。


【ワーストアルバムジャケット】

DRAGONFORCE「ULTRA BEATDOWN」

Ultra Beatdown

センスが感じられない。
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

忙しーい
しばらーく更新せずに放置してました。
パソコンが突然ネットに繋がらなくなってしまったり、それが直ったと思ったらサークルやらテストやらで死ぬほど忙しくなったりと、様々な要因が重なってしまったのです。

紹介したいCDはどんどん貯まる一方なので、色々と更新したいんだけど、まだしばらくは忙しいかなー。

とりあえず、そろそろ今年の年間ベストでもまとめて記事にしたいと思います。もう決めてあるからあとは書くだけなんですけど、いかんせん時間が…。まぁぼちぼちなんとかします(笑)




そういえば、バイト先の先輩のメタルバンド、Zero Sum Worksのホームページをリンクに加えました。

0 Sum Works

まだ音源出したりしてるわけではないですが、普通にカッコ良いですし、パフォーマンスも見てて面白いバンドなので、活動範囲の界隈に住んでる方は是非ライブにでも足を運んでみてあげて下さい。

…と、ちょっと宣伝。ではでは。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。