EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ALESTORM]
ALESTORM「BLACK SAILS AT MIDNIGHT」

Alestorm Black Sails at Midnight

イギリス出身のパイレーツメタルバンド、エイルストームの2作目。2009年発表。海賊のコスチュームを身にまとい、海賊っぽい勇壮なメロディ曲をダミ声で歌い上げるという素敵なヴァイキングメタルバンドです。ヴァイオリンやらアコーディオンやらの音色が至る所で乱舞しているのも最高。その手のサウンドが好きな人にはホントたまりません。メロディが全体的に陽気で、これぞエイルストームな楽しさが徹頭徹尾貫かれているのが凄い。フィントロールコルピクラーニっぽい所も多いので、そこらへんのバンドが好きな人は気に入るかも。

とりあえず1.The Questがとっても良い。勇壮なイントロから一転してやたら民謡チックなメロディが登場する所がめちゃくちゃカッコ良いです。ヘヴィなメロパワって感じの雰囲気やサビのコーラスも印象的。
2.Leviathanは重厚な雰囲気を持った曲。荘厳なストリングスアレンジが良いです。
そしてそして4.Keelhauledはアコーディオンとヴァイオリンがこれでもかとばかりに絡み合う爆走ポルカチューン。フィントロールもびっくりです。メロディもとにかく楽しく、サビのコーラスはやたらノリノリ。みんなで叫ぶ「Yo-Ho-Ho!」がたまりません。
7.No Quarterはインストで、後半には「パイレーツ・オブ・カリビアン」のあの曲を導入。このバンドにぴったりの雰囲気で中々良いです。
10.Wolves Of The SeaPirates Of The Seaというバンドがユーロヴィジョンソングコンテスト2008で披露した曲のカヴァー。これまた陽気な曲で、エイルストームにぴったりです。サビの楽しさがヤバい。
他には3.That Famous Ol' Spicedとか9.Chronicles Of Vengeanceあたりもオススメかなぁ。

ってことでこのバンド、1stの時点で既にスタイルが確立されていましたが、今作も同様に素晴らしい作品に仕上がっています。陽気なヴァイキングメタルが好きな人はきっと気に入るのではないかと。

オススメ度…85点

PV
Keelhauled

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[DRAGON GUARDIAN]
DRAGON GUARDIAN「DRAGONVARIUS」

Dragon Guardian Dragonvarius

勇者アーサー<G>率いる同人メタルバンド、ドラゴンガーディアンの3作目。2009年発表。今作はなんと何を間違ったか同人市場ではなくサウンドホリックからの発売です。圧倒的クサメロと台詞満載のストーリー的歌詞展開という「ラプソディMeetsサウンドホラズン」な音楽性は相変わらず。今作では新VoにFukiという女性を迎えており、1st、そして2ndよりもVo面が格段にパワーアップしています。同人っぽさはそのままにその他のスケールが格段に進化しているので、聴いてるこっちが恥ずかしくなってくるようなクッサいメロディ&台詞が満載のハイクオリティメロスピの完成。日本語詞のエピックメタルということでアニソンっぽさやオタ臭さが漂いまくってますが、逆にそこが良いです。ちなみにストーリーの稚拙さは今回も相変わらず。

1.序曲はキラキラとしたKeyの印象的なイントロ。この時点でちょっぴり「今作のドラガは良いんじゃないか?」という期待が高まります。
そして続く2.暗黒舞踏会は全力疾走の超クサメロチューン。イントロからサビまでとにかくクサいことクサいこと。しかもVoが普通に上手いので安心して聴くことができます。中盤に入るとやっぱり恥ずかしい台詞が登場して「うわーっ」ってなりますが、それでこそドラガ。「ぬっ、ぬぅっあっ、この音色はっ、おい誰か、演奏を止めさせろっ!」が印象的。
3.旅立ちの朝はもうイントロからナレーション。その後の展開はやっぱりクサメロ疾走チューンで、なかなか良い。
5.忘却の島はクサメロ炸裂のドラマティックな曲。コーラスがやたらチープなのが気になりますが、メロディはとても印象に残ります。中盤の台詞はこの作品の中で群を抜く恥ずかしさで、「ここまでの案内御苦労!」ってとこはホント聴くに堪えません。しゃべってる本人がめっちゃ頑張ってるのは伝わってくるけど。
6.ドラゴンヴァリウスは12分の大曲。徐々に盛り上がるドラマティくな展開がなかなか素敵です。

このバンド、前作までは話題先行だったりネタバンド的扱いだったりしましたが、今作は普通に良いです。セリフが苦手とかオタ臭いのはちょっと…って人には厳しいのかもしれませんが、それ以外のクサメロスピ好きならば試してみる価値はちょっとあるのではないかと。アニソンとか好きな人はいけるんじゃないかな。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[AMORPHIS]
AMORPHIS「SKYFORGER」

Amorphis Skyforger

フィンランド出身のメタルバンド、アモルフィスの9作目。2009年発表。初期はメロデスに分類されることが多かったですが、最近はゴシックメタルやメランコリックメタルといった括りで語られることが多いようです。作品ごとに少しずつ音楽性が変化している彼らですが、今作は前作や前々作と同じような方向性。哀愁漂う儚いメロディをバックに、哀しげなクリーンヴォイスと深みのあるデスヴォイスを器用に使い分けるVoが堂々と歌い上げています。北欧ならではの雰囲気と、ちょっぴり民謡ちっくな要素が随所に散りばめられているのも最高。

1.Sampoからしてまず鳥肌モノ。ピアノとギターで織り成されるメランコリックなフレーズがとても素敵です。クリーンヴォイスが切なく響くパートとデスヴォイスがアグレッシヴに轟く中盤との対比も絶妙。
2.Silver Brideもメランコリックさが半端ない素晴らしい曲。なんか儚さが感じられます。Voの声質がとりあえず反則。
3.From The Heaven Of My Heartはイントロだけで即KOのキラーチューン。これぞメランコリックの極み。ピアノが、ギターが、ボーカルが…、とにかく全てが涙を誘います。そして全てが美し過ぎます。
4.Sky Is Mineも同じく超メランコリック。もはや何も言うことはありません。サビが切な過ぎる…。
5.Majestic Beastはダークでミステリアスな曲。深みのあるデスヴォイスが響き渡り、どこかオーペスを彷彿とさせます。
8.Skyforgerは美しいイントロから意外とハードに展開していく曲。ただ、やっぱりボーカルのメロディラインはどこか切なく、なんともいえない哀愁を漂わせています。

ってことでこの作品、とりあえず14の流れが素晴らしく、その他の曲も非常に高い水準で保たれています。前々作や前作と同じ路線なのでさすがに飽きるかと思いきや、そんな思いを軽く吹っ飛ばすほどのハイクオリティっぷり。個人的に前々作が今まで聴いてきた中でもかなり上位に入るくらい好きな一枚なのですが、今作はそのさらに上をいくかもしれません。まさに神盤。

オススメ度…98点

PV
Silver Bride

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[STEEL PANTHER]
STEEL PANTHER「FEEL THE STEEL」

Steel Panther Feel The Steel

時代錯誤も甚だしい米国のヘアメタルバンド、スティールパンサーのデビュー作。2009年発表。元FIGHTや元L.A.GUNSなど、さりげなくキャリアのあるメンバーから構成されています。音楽性の方は80年代の良いとこ取りな感じ…、というよりホントにそのまんまパロッてきたフレーズがたっぷり。少々頭の固いリスナーには厳しいものがあるかもしれませんが、そういうバンドだということを理解して聴くと、あまりにも潔いパクリっぷりで聴いてるこっちまで楽しくなってしまいます。「とりあえずBON JOVIみたいなフレーズ入れりゃビッチが寄ってくるんだぜ」「俺達はファックが好きなんだ」というスタンスも馬鹿らしくて素敵。

1.Death To All But Metalはリフがノリノリのキラーチューン。「Alright! Yeah! C-c-come on!」で幕を開ける非常にハイテンションな一曲です。オジーオズボーンラットホワイトスネイクメタリカなどからやりたい放題パロッてます。タイトルもずばり「メタル以外死ね」。歌詞の方でも「ブリトニースピアーズは死ね」など言いたい放題。とりあえず「Death To All But Metal!!!!!」は一緒に叫びたくなること必至。
そしてもう一つのキラーチューンが7.Party All Day (F*ck All Night)。こっちは全てがボンジョヴィです。「Runaway」っぽいKeyで幕を開け、その後の展開は完全に「Livin' On A Prayer」。イントロの呟き、ワウワウしたギター、出だしのメロディライン、サビのコーラスなど、ほとんど同じだけど微妙に違うってのが非常に不思議な感覚。サビの「うぉーおーおおー、ヘイヘイヘイ!Fuck All Night And Party All Day!!」ってフレーズがとにかく楽しくて頭から離れなくなります。
他にも色んなパロディチューンが収録されていますが、個人的にはスコーピオンズ&ドッケン&ナイトレンジャー8.Turn Out The Lightsとか、完全にエクストリームの「More Than Words」な11.Turn Out The Lightsあたりがお気に入り。

ってことでこのアルバム、パロディといえども曲としての完成度は非常に高く、メタルや原曲に対する愛が感じられます。「あ、このフレーズはあれだ!」とほくそ笑みながら聴ける楽しい作品なので、HR/HMというジャンルが好きなら好きなほど楽しめるんじゃないでしょうか。8月5日に日本盤が出るようなので、興味のある方は是非。

オススメ度…93点

PV
Death To All But Metal

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[DR.METAL FACTORY]
DR.METAL FACTORY「カヴァメタ NOW」

Dr.Metal Factory カヴァメタ Now

J-Popをメタルアレンジするためだけに結成されたスペシャルユニット、ドクターメタルファクトリーの1作目。2009年発表。ただのネタバンドかと思いきや、意外にもMAKE-UPNoB<Vo>,アースシェイカーシャラ<G>,そしてサウンドプロデュースにHΛLという実力派で構成されています。NoBの歌声は伸びやかで素晴らしいし、演奏ももちろん申し分無し。収録曲は以下の通り。カッコ内は原曲のアーティスト。

1.Jupiter (平原綾香)
2.三日月 (絢香)
3.瞳をとじて (平井堅)
4.千の風になって (秋川雅史)
5.蕾 (コブクロ)
6.雪の華 (中島美嘉)
7.愛唄 (GReeeeN)
8.涙そうそう (BEGIN、夏川りみ)
9.ハナミズキ (一青窈)
10.地上の星 (中島みゆき)


とりあえず10.地上の星はメタルっぽさが原曲にあるせいか非常にカッコ良い。ヨーロッパの「Final Countdown」風のアレンジになっており、北欧メタル的な透明感のあるKeyとNobの伸びやかな歌声が良い感じにマッチしています。そもそも原曲のドラマティックな展開がとってもメタルでたまらん。まぁ中島みゆきの歌はメタルっぽい曲多いからなぁ。
他には途中から加速するというあざと過ぎるアレンジの1.Jupiterとか、サビ前後のアレンジが無駄にダサい3.瞳をとじて、リフがやたらクールな5.蕾あたりがまぁオススメかなぁ。

どの曲もカッコ良いことはカッコ良いのですが、10以外は全体的にネタ曲の域を出ないのがちょっと残念です。カッコ良いの前に面白いという感想が来てしまうというかなんというか…。ジャケ写に「スッキリ!!」の阿部リポーターがコスプレで参加するなどもお遊び感が増してしまってなんだかなぁという感じ。ギターだけ聴くとめっちゃアースシェイカーしてて良かったりもするんだけど。

オススメ度…77点

PV
Jupiter

MYSPACE(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[Teräsbetoni]
Teräsbetoni「MYRSKYNTUOJA」

Teräsbetoni Myrskyntuoja


2008年ユーロヴィジョンソングコンテストのフィンランド代表ともなった正統派メタルバンド、テラスベトーニの3作目。2008年発表。フィンランドのマノウォーとも形容される硬派で熱いサウンドが特徴です。「これぞ漢!」なサウンドをひたすら貫き通しており、とにかく良い意味でダサい。Voの声は若干上ずった感じで、なんとなくオペラチック。歌詞が全てフィンランド語なので、英語とは違った独特の世界観があります。

とりあえず3.Missä Miehet Ratsastaaが圧倒的キラーチューン。イントロの勇ましいドラムと「ウッ!! ハッ!!」という掛け声の時点でもう超絶ダサいです。歌メロもとにかく熱く、コーラスはひたすら勇ましい。サビの「ミッサッ!ミーヘッ、ラッツァッスタ!」は一度聴いたら頭から離れません。なんとなくドラマティックな雰囲気なのもGood。ちなみに彼らはこの曲でユーロヴィジョンのフィンランド代表を勝ち取りました。
1.Voiman Vartijatは警戒に疾走するなんとなく爽やかな曲。ただ、Voは相変わらず暑っ苦しく漢クサさ全開。だがそれが良い。
4.Ukkoshevonenは「いざ進軍!」って感じのこれまた勇ましい曲。パワフルなリフとコーラスが素敵です。
8.Metallin Voimaは細かく刻まれるシンプルなリフが妙に印象に残る曲。サビメロがやたら開放的で明るいのも良い感じです。
他には6.Paha Sanooとか10.Vihollisilleも好きだなぁ。

ということでこの作品、熱きメタル魂を持つ漢ならば是非とも聴いておくべき一枚なのではないかと。フィンランド語で歌っているせいか国内盤は出ていませんが、クオリティ的には普通に国内盤が出てもおかしくないレベルです。ド直球な正統派メタルが好きな方は是非。

オススメ度…86点

PV
Missä Miehet Ratsastaa

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[Teräsbetoni]
Teräsbetoni「VAADIMME METALLIA」

Teräsbetoni Vaadimme Metallia

フィンランド出身の正統派メタルバンド、テラスベトーニの2作目。2006年発表。ジャケットだけ見るとヴァイキングメタルかと思いがちですが、実際はちょっぴり民謡要素を持った正統派サウンドが特徴です。北欧独特の涼しげな雰囲気と、無駄に熱いマノウォー的な正統派サウンドが絶妙のバランスでブレンドされており、聴きやすい漢メタルという感じ。歌詞は全てフィンランド語で、巻き舌が妙に新鮮です。

1.Vaadimme Metalliaはリフが妙に明るいキラーチューン。重厚さと爽快さを兼ね揃えた不思議なサウンドで、「爽やかになったマノウォー」という感じの印象を受けます。やたらオペラティックなVoと、やたら雄々しいコーラスが最高。「Hey Boy!!」が無駄に熱いッ!!
2.Viimeinen Tuoppiはミドルテンポが心地良い曲。自然と頭が縦に動きます。ゆったりとした巻き舌Voがたっぷり堪能出来て良いね。とりあえず、始まって割とすぐのとこで「桜咲くー、後輪回転」って空耳が聴こえる気がする。どうでもいいけど。
5.Kuninkaatはこれまた無駄に爽やかでドラマティックな曲。サビのヒロイックな展開がたまりません。
9.Kotiinpalaajaは若干メロパワっぽい疾走曲。軽快なサウンドに乗るフィンランド語独特の響きが良いです。サビで「加藤はー、母さんの魚ー、海ー老ー海ー鮮がー」って空耳が聞こえる。
他にはヘヴィなリフの6.Saalistajaとか異国情緒あふれる7.Paha Silmäあたりがオススメ。

ってことでこのバンド、マノウォー系のやたら漢らしいサウンドが好きな人にオススメです。全力で拳を突き上げたい人は是非。

オススメ度…84点

PV
Vaadimme Metallia

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[Teräsbetoni]
Teräsbetoni「METALLITOTUUS」

Teräsbetoni Metallitotuus

フィンランドのマノウォーと名高いテラスベトーニのデビュー作。2005年発表。ガリマッチョ風の4人の漢達が掻き鳴らす力強い正統派サウンドは確かにマノウォーを連想させ、そこに北欧ならではちょっとした哀愁がブレンドされています。ちょっぴりヴァイキングメタル的な民謡要素が入ってるのも非常に良い。歌詞は全てフィンランド語で、若干オペラチックに朗々と歌い上げられる巻き舌ヴォイスが絶妙です。

バンド名を冠した1.Teräsbetoniは堂々とした重厚なリフがズンズンと響く心地よい曲。ミドルテンポに合わせて縦に頭を振りたくなる非常に漢らしい曲です。
3.Taivas Lyö Tultaは力強いリフがこれまたミドルテンポで重厚に響き渡るキラーチューン。サビのコーラスが妙に明るく、そして無駄に雄々しいのが個人的にかなりツボです。「そうそう、こういう無駄に熱くてダサいのがメタルの醍醐味なんだよねー」と再認識させてくれる感じ。拳を握り締めて天高く突き上げたくなる衝動に駆られます。
他には5.Silmä Silmästäとか9.Metallitotuusの重厚なリフもたまんないなー。あとは若干疾走気味の8.Tuonelaanとか、熱いバラード12.Maljanne Nostakaaもオススメ。

ってことでこのバンド、無駄な熱さを追求する漢メタラーにオススメです。マノウォーという言葉を聞いて血沸き肉踊るあなた、自分は「漢」だと信じて疑わないあなた、「偽りのメタルに死を!!」と高らかに宣言してしまうようなあなたは是非。

オススメ度…82点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。