EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[TRICK OR TREAT]
TRICK OR TREAT「TIN SOLDIERS」

Trick Or Treat Tin Soldiers

イタリア出身のメロディックパワーメタルバンド、トリック・オア・トリートの2作目。2009年発表。バンド名からして「もしや?」という感じですが、案の定ハロウィンのカヴァーバンドだったという過去があり、キーパー時代のハロウィンを全力でリスペクトしたジャーマンメタルをやっています。いかにもB級なメロパワなのですが、そのクサさ&ダサさがたまらない!Voも当然ながらマイケル・キスクタイプのハイトーンで、思った以上にちゃんと歌えているのがびっくりでした。特にバラードだとキスクに結構似てる気がする。ちなみに、元ハロウィンマイケル・キスクがちゃっかりとゲスト参加しているほか、元ヴィジョン・ディヴァインミケーレ・ルッピもゲスト参加しています。

<オススメの曲>
2.Paper Dragon (→YOU TUBE)
4.Freedom
5.Hello Moon

これぞジャーマンメタル!な曲ばかり。イタリアなのに。

オススメ度…81点

MYSPACE(→クリック)

このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[AC/DC]
AC/DC「BLACK ICE」

AC/DC Black Ice

ロックンロール界の生きる伝説、エーシー・ディーシーの15作目。2008年発表。再生ボタンを押した瞬間AC/DC以外の何物でもない軽快で鋭いリフが響き渡る、安定感抜群の作品です。メンバーはもう50代後半ですが、未だに何も変わらぬ音楽をやり続けているというその事実がすごい。マンネリと言ってしまえばそれまでですが、それでもカッコ良いものはカッコ良いのです。縦ノリロックンロールに身を委ね、頭を振りつつ楽しみましょう。

<オススメの曲>
1.Rock 'N Roll Train (→YOU TUBE)
3.Big Jack
4.Anything Goes
8.Wheels

どの曲を聴いても自然と体が揺れてしまう。

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[CASH CASH]
CASH CASH「TAKE IT TO THE FLOOR」

Cash Cash Take It To The Floor

米国出身のテクノポップバンド、キャッシュ・キャッシュのデビュー作。2008年発表。アメリカンロックとテクノポップを足して2で割ったようなサウンドが特徴で、ちょっぴりエレクトロニックなロックといった感じ。爽快でノリのメロディがこれでもかとばかりに次々と繰り出されます。ピコピコとしたサウンドと軽快なロックサウンドとの融合っぷりが絶妙。Voの声質がちょっぴり哀愁漂う感じなのもたまらん。

<オススメの曲>
3.Party In Your Bedroom (→YOU TUBE)
4.Cash Cash (→YOU TUBE)

前者はノリノリ、後者は哀愁っぷりが素晴らしい。

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[VERKA SERDUCHKA]
VERKA SERDUCHKA「DANCING EUROPE」

Verka serduchka Dancing europe

ウクライナ出身の女装コメディアン、ヴェールカ・セルジューチカの9作目。2007年発表。2007年のユーロヴィジョンソングコンテストにウクライナ代表として出場し、その圧倒的なビジュアルの奇抜さで見事2位を勝ち取ったイロモノ系アーティストです。他の作品ではもっとワールドミュージック的なサウンドが前面に出ているようですが、この作品では「テクノ的というかダンスミュージック的というか…」という感じの色合いが強く、無駄にノリノリでとにかく楽しいサウンドになっています。

中でも、ユーロヴィジョンソングコンテストで披露された1.Dancing (original version)の中毒性は異常で、一度耳にしたらしばらく脳が侵されること間違いなし。四六時中、この独特のメロディが頭にこびりついて離れなくなります。メロディの胡散臭さが半端ない一曲。決して歌は上手くないんだけど、逆にそこが良いのかも。
他の曲はまぁまぁかな。6.Gorbachev (Stravropol'stango)なんかは悪くない。

オススメ度…82点

PVとか
・Dancing (original version)(PV)
Dancing (original version)(ユーロヴィジョンコンテスト)

とりあえずユーロヴィジョンの映像を見て衝撃を受ければ良いと思う。

MYSPACE(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[DIABLO SWING ORCHESTRA]
DIABLO SWING ORCHESTRA
「SING-ALONG SONGS FOR THE DAMNED AND DELIRIOUS」


Diablo Swing Orchestra Sing-Along Songs For The Damned And Delirious

スウェーデン出身のジャズメタルバンド、ディアブロ・スウィング・オーケストラの2作目。2009年発表。スウィングジャズとメタルの融合という斬新なサウンドが持ち味だった彼らですが、今回はさらにミュージカルっぽさが加わり、余計に変態的なサウンドになっています。前作でも歌っていたオペラチックな女性ソプラノVoに加え、近作ではバリトン男性Voも参加。その二人の掛け合いのせいでミュージカルっぽさが増大してるのかな。チェロやサックスなどのジャズっぽい楽器ももちろん前面に強く押し出されていますが、メタル要素が前作より強くなっており、スラッシーでザクザクしたリフをあちこちで聴くことができます。

<オススメの曲>
1.A Tapdancer's Dilema (→YOU TUBE)
2.A Rancid Romance
5.New World Widows
7.Vodka Inferno (→YOU TUBE)

オススメ度…94点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

近況など
こんにちは、お久しぶりです。
相当長いこと放置していました。

書きたいことはたくさんあるのに、時間が全くない。そんな毎日です。

そこで!
今後はめちゃくちゃ簡略化してさらっと書こうかなーということにしました。
全く更新しないよりはマシかなぁと思いまして。

もちろんガッツリ書きたいときはガッツリ書こうと思っています。



さて、せっかく書いたので最近の動向もついでに。

大学に入ってスキーサークルなんぞに入ってしまったため、お金のかかることかかること…、というのは以前から書いていましたが、相変わらずそのままです。

合宿費だけで30万以上。
今年は板も買う予定なのですが、その板もなんと11万(定価は13万)。

CDも買いたいからとにかく稼ぐしかない!

ということで、ひたすらバイトに明け暮れる毎日です。

とりあえず平日は全て朝5時起きでバイト→そのまま学校。
土日も基本的にはほとんど一日中バイトに捧げております。

学校ある時は月に10万前後は稼いでるのかな。
夏休みは30万ちょい。


でもスキーは楽しいのでやめられません。

今年もそろそろスキーシーズン!早く冬休みになってくれ!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[BEHEMOTH]
BEHEMOTH
「ZOS KIA CULTUS (HERE AND BEYOND)」


Behemoth Zos Kia Cultus (Here And Beyond)

ポーランド出身のブルデス系ブラックメタルバンド、ベヒーモスの6作目。2002年発表。初期のブラックメタル的サウンドから作を重ねるごとにブルデスサウンドに移行してきた彼らですが、この作品では殊更デス的要素が強いような印象を受けます。とにかくブラストブラストまたブラストといった感じの、息をつく暇もないドラミングがとても強烈。ところどころにオリエンタルなサウンドも取り入れられており、ナイルあたりを彷彿とさせることもしばしば。圧倒的音塊に身を委ねましょう。

<オススメの曲>
2.Modern Iconoclasts
7.The Harlot Ov The Saints
8.No Sympathy For Fools
11.Typhonian Soul Zodiack

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[BEHEMOTH]
BEHEMOTH「THELMA. 6」

Behemoth Thelma. 6

ポーランドのブルデス系ブラックメタルバンド、ベヒーモスの5作目。2000年発表。作を重ねるごとに攻撃性・迫力が増してきている気がします。邪悪なオーラを纏いつつ全力で突進し続ける驚愕のブルデスサウンドがたまらん。聴いていると破壊衝動に駆られる凶悪な一枚。

<オススメの曲>
1.Antichristian Phenomenon
5.Natural Born Philosopher
8.In The Garden Of Dispersion

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[BEHEMOTH]
BEHEMOTH「SATANICA」

Behemoth Satanica

ポーランド出身のブルデス系ブラックメタルバンド、ベヒーモスの4作目。1999年発表。前作まではブラックメタルっぽさが残っていましたが、この作品から完全にブルデス方面のサウンドへと変化を遂げました。圧倒的破壊力、暴虐性、過激さ、その全てが一切の妥協を許さない恐るべき音の塊として耳に轟いてきます。Voの咆哮、手数足数の多い怒涛のドラミングが実に魅力的。

<オススメの曲>
1.Decade of Therion
3.Ceramony Of Shiva
8.Chant For Eschaton 2000

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[BEHEMOTH]
BEHEMOTH「PANDEMONIC INCANTATIONS」

Behemoth Pandemonic Incantations

ポーランド出身のブルデス系ブラックメタルバンド、ベヒーモスがまだ「いかにもブラックメタルなサウンド」を出していた3作目。1998年発表。シンセなどが使われるようになり神々しさが増したものの、Voが少しずつ咆哮型に変化してきていたり、ドラムのブラストが増えいたりと、着実に最近のブルデス的なサウンドに近づいてきています。ひたすら疾走しまくる曲が多く、滲み出る暴虐さが実に快感。。

<オススメの曲>
2.The Thovnsend Plagves I Witness
3.Satan’s Sword (I Have Become)
5.In Thy Pandemaeternvm
7.The Entrance To The Spheres Of Mars

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[BEHEMOTH]
BEHEMOTH「GROM」

Behemoth Grom

現在ではかなりブルデス寄りのサウンドへと変化を遂げているポーランドのベヒーモスが、まだ「いかにもブラックメタル」なサウンドだった2作目。1996年発表。全体的にかなり音がこもっており、ギターサウンドも今よりずっとノイジー。Voも現在のような咆哮型ではなく、邪悪で憎しみに溢れた声を絞り出しています。アコギパートがあったり女性Voが入ったりと展開はなかなか多彩。最近のサウンドとはまったく違いますが、これはこれで非常に良いです。ブラックメタルが好きな人にはこの頃の彼らのほうがずっと良いのではないかと。

<オススメの曲>
2.The Dark Forest (Cast Me Your Spell)
3.Spellcraft And Heathendom
6.Rising Proudly Towards The Sky
8.Grom

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[BEHEMOTH]
BEHEMOTH「DEMIGOD」

Behemoth Demigod

ポーランド出身のブルデス系ブラックメタルバンド、ベヒーモスの7作目。2005年発表。ブラックメタルらしい崇高な雰囲気を残しつつも、サウンドの方はかなりブルデスっぽさが強くなっています。手数足数の多いドラミングや、迫力満点の咆哮がとっても素敵。他の追随を許さない圧倒的破壊力。

<オススメの曲>
2.Demigod
5.Towards Babylon
8.XUL
9.Slaves Shall Serve

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[BUTCH WALKER]
BUTCH WALKER「SYCAMORE MEADOWS」

Butch walker Sycamore Meadows

アヴリル・ラヴィーンPUFFYなどを手がけ、現在ではプロデューサーとして有名なブッチ・ウォーカーのソロ4作目。2008年発表。カラッとしたポップなサウンドの曲がずらっと並び、晴れた日にドライブしながら聴いたら快適だろうなぁという作品になっています。ちょっぴり憂いを含んだブッチの歌声や、全体に漂うドライな哀愁も良いね。じっくり面と向かって聴きこむというよりは、さらっと聴き流して心地よい一枚。

<オススメの曲>
1.The Weight Of Her
4.Ponce De Leon Ave.

オススメ度…80点

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[BEHEMOTH]
BEHEMOTH「EVANGELION」

Behemoth Evangelion

ポーランド出身のブラックメタルバンド、ベヒーモスの9作目。2009年発表。タイトルが日本人的にアレですが、「Evangelion」はドイツ語で「福音」という意味なのだとか。初期はもっとブラックメタルらしさの強いサウンドでしたが、ここ最近は圧倒的破壊力&突進力のブルデス系のサウンドが特徴で、今作もその路線のままです。ポジション的には、普通のデスメタルよりはメロディアスで、普通のブラックメタルよりはブルータルって感じかな。ネルガル<Vo>の迫力満点の咆哮や、インフェルノ<Dr>の手数足数の多いドラミングが非常にカッコ良いです。

とりあえず1.Daimonosからもう圧倒的な爆裂っぷりで素晴らし過ぎる。不穏なSEから不気味なイントロに繋がり、突然の爆走!オカズの多い高速ドラミングがめちゃくちゃ良いです。ネルガルの邪悪な咆哮も申し分なし!サビでは思わず一緒に吼えたくなります。
2.Ov Fire And The Voidは全体的にゆったりずっしりとした、邪悪さがこれでもかとばかりに滲み出る曲。ツーバスだけは高速で繰り出されており、非常に印象に残ります。
他の曲も彼らの魅力がずっしりと詰め込まれた曲ばかりで、「速い・邪悪・過激」の3つが揃った良曲がずらっと並んでいます。個人的には4.Transmigrating Beyond Realms Ov Amentiとか5.He Who Breeds Pestilence8.Defiling Morality Ov Black Godあたりが特に好きかな。基本的に似たような曲調ながら、どれも飽きずに聴くことができます。
8分と長めの9.Luciferも起伏があって良いです。

ってことでこのアルバム、ブラックメタル好きというよりはブルデス系が好きな人にオススメ。同郷のヴェイダーとかが好きな人は気に入るんじゃないかな。

オススメ度…89点

PV
Ov Fire And The Void

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[聖飢魔II]
聖飢魔II
「悪魔 Nativity ‟Songs Of The Sword‟」


聖飢魔II 悪魔 Nativity Songs Of The Sword

1999年12月31日に地球制服を完遂し解散した悪魔教団、聖飢魔IIの25周年セルフカバー大教典。魔歴11年(西暦2009年)発表。海外での人気に答えて全編英詞アレンジで採録された海外向けのアルバムを逆輸入した形になっており、「新録音&英語詞で世界発布された奇跡の逆輸入最新大教典!」とのことです。初回限定盤と通常盤ではアレンジや曲順が違うそうで、僕がもってるのは通常盤。限定版には曲によっては閣下の前口上が入ってたり和楽器が取り入れられてたりするらしいです。ちなみに通常盤にのみ新曲が収録。

収録曲は以下の通り。
[[聖飢魔II]]の続きを読む

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

[CANDLEMASS]
CANDLEMASS「DEATH MAGIC DOOM」

Candlemass Death Magic Doom

スウェーデン出身のドゥームメタルバンド、キャンドルマスの10作目。2009年発表。ヘヴィにうねる這いずりまわるようなリフが最大の魅力で、そこにロバート・ロウェ<Vo>の力強い歌唱が妖しく響き渡ります。ドゥームメタルといえど、爆走チューンからドロドロとした曲までバラエティ豊かに備えられているので、普段ドゥーム系に馴染みのない人でも手軽に聴けるのではないかと。

とりあえず1.If I Ever Dieがやたらノリノリの爆走キラーチューン。ドロドロとしたリフがうねりながら爆進していき、ドゥルドゥルと奇妙に疾走していきます。間奏のリフがめちゃくちゃクール。Voがとにかく力強く、かつめちゃくちゃ怪しいのもたまりません。
2.Hammer of Doomは一転してめちゃくちゃドゥーミーで遅い曲。鐘の音や途中でテンポアップする展開など、初期ブラックサバスを彷彿とさせます。なんとなくドラマチックな感じ。
6.Dead Angelはこれまた爆走系の曲。めちゃくちゃヘヴィなドリルのようなリフが印象的です。透き通った感じのコーラスも不気味で良い。
7.Clouds of Dementiaはこれぞドゥームなドロドロ系リフの曲。ゆーっくりとしたメロディアスなリフがたまりません。
9.Lucifer Risingはノリの良いリフにノリの良いコーラスがのる、かなり頭に残りやすい曲。「ルッシファー!ルッシファー!ルッシーファー、ラ~イジング!」がめっちゃ頭の中でリピートされます。

ってことでこのアルバム、ドゥーム系の好きな人ももちろん満足できるクオリティですし、ドゥーム初心者にも最適な一枚。中毒性の高い曲が多いので、長いこと楽しめると思います。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。