EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MONO INC. 「VIVA HADES」
MONO INC.「VIVA HADES」

Mono Inc. Viva Hades

ドイツのゴシック/ダークメタルバンドのたぶん5作目。2011年発表。Voの声が見た目に反してセクシーで色っぽいのが特徴。バックコーラスに絡む女性Voも良い感じです。音の方はわりと普通ですが、ちょっぴりダークな雰囲気の漂うゴシックメタルという感じで悪くは無いです。というかむしろクオリティは高い方。圧倒的な特徴は無いですが、それなりのクオリティという、とっても紹介しにくいバンド。

1. Admiration Hill
2. Symphony Of Pain
3. A Love That Never Dies
4. Viva Hades
5. Potter’s Field
6. C'est La Vie
7. Revenge
8. When All My Cards Are Played
9. The Best Of You
10. Never Say Die
11. Reminiscence


<オススメの曲>
2. Symphony Of Pain(→PV)

この曲はかなり良いと思う。他も全体的に佳曲多し。

オススメ度…79点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

陰陽座 「鬼哭転生」
陰陽座「鬼哭転生」

陰陽座 鬼哭転生

妖怪ヘヴィメタルバンド、陰陽座の記念すべき1作目。1999年発表。この頃は和のイメージや、おどろおどろしい雰囲気、ドロドロしたサウンドなどが前面に押し出されていて、「妖怪ヘヴィメタルバンド」というコンセプトにとても忠実な音作りになっています。Voは瞬火<B/Vo>黒猫<Vo>のツインボーカルですが、この頃に比べると今の瞬火は歌上手くなったんだなーという感じ。まぁすっごく下手というわけではなく、あくまで比較的な話。黒猫は優雅な感じで、この頃から歌のお姉さん的な素晴らしい歌声を響かせています。曲によっては語りがやたら多かったりするので、人によってはそこがダメかも。

<収録曲>
1. 降臨
2. 眩暈坂
3. 鬼
4. 逢魔刻
5. 文車に燃ゆ恋文
6. 氷の楔
7. 鬼斬忍法帖
8. 百の鬼が夜を行く
9. 陰陽師
10. 亥の子唄


<オススメの曲>
2. 眩暈坂
5. 文車に燃ゆ恋文
8. 百の鬼が夜を行く
9. 陰陽師

とりあえず最強メロスピチューン#9が素晴らしい。「だっせぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」「くっせぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」となること間違いなしです。最初の語りからもうダサさMAX!
#8はめっちゃ和風なリフが素敵過ぎる一曲。黒猫の独特な歌い回しも最高です。
「この世に 不思議なことなど 何も無い」で始まる#2は京極夏彦の「姑獲鳥の夏」をモチーフにした曲。おどろおどろしい雰囲気がとても良いです。
#5は黒猫の歌唱が冴える一曲。サビのキャッチーな感じも好きです。
他にもリフがザクザクの#3、切ないバラード#6、お祭りソング#10あたりもなかなか。

オススメ度…86点

OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

NICKELBACK 「DARK HORSE」
NICKELBACK「DARK HORSE」

Nickelback Dark Horse

カナダ出身のハードロックバンド、ニッケルバックの5作目。2008年発表。元々アメリカンな乾いた感じの哀愁を内包したハードロックをやっていた彼らですが、アルバムを重ねるごとに少しずつキャッチーで一般受けしやすくなってきた印象です。このアルバムもとにかくキャッチーで聴き易く、それでいて従来の骨太なロック感も失っていないのがポイント。リフもソリッドでクールだし、チャド・クルーガー<Vo>のしゃがれた歌声も相変わらず渋くてたまらないし、何より曲自体のメロディも良いし、ということでとても優秀な作品かと。ニッケルバックってホント良いバンドだよね。日本ではまだまだ知名度低いので、どんどん有名になってほしいわ。

<収録曲>
1. Something In Your Mouth
2. Burn It To The Ground
3. Gotta Be Somebody
4. I'd Come For You
5. Next Go Round
6. Just To Get High
7. Never Gonna Be Alone
8. Shakin' Hands
9. S.E.X.
10. If Today Was Your Last Day
11. This Afternoon


<オススメ度>
1. Something In Your Mouth
2. Burn It To The Ground
3. Gotta Be Somebody
5. Next Go Round
10. If Today Was Your Last Day

一番始めにリード曲の#3を聴いた時には「お前どこのバックストリートボーイズだよwww」なんて思ったものですが、これがかなりの良曲だから困る。サビのキャッチーさがとても素晴らしいです。
#2はサビがとにかくイケイケな感じ。拳を振り上げて一緒に歌いたくなるような曲です。
他には骨太なリフが響く#1とか#5、哀愁漂いまくりの#10が好き。

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

世界の終わり 「EARTH」
世界の終わり「EARTH」

世界の終わり Earth

日本のロックバンド、世界の終わりの1作目。2010年発表。ベースとドラムがいなく、代わりにDJがいるという不思議な編成のロックバンドです。そのため打ち込み要素も多く見られますが、サウンドの方はわりとしっかり。メロディがとても魅力的で、美麗かつクサメロというとてもメタラー好みな感じ。歌詞の世界観が宗教クサい中二病全開の痛い感じなので、「メロディは良いのに歌詞が全然共感できません!ぷんすかぷんすか!」みたいなレビューがAmazonとか色んなブログとかで見受けられますが、そもそも歌詞を気にしないメタラー諸君にはあまり関係ないかと。むしろ中二病はメタラーの十八番だからね!全体的に激しさの無いメロスピという感じの曲が多いので、クサメロ好きは一聴の価値ありかと。

<収録曲>
1. 幻の命
2. 虹色の戦争
3. インスタントラジオ
4. 青い太陽
5. 死の魔法
6. 世界平和
7. 白昼の夢


<オススメの曲>
1. 幻の命
2. 虹色の戦争
6. 世界平和

#1はピアノの音色が美麗なしっとりバラード。Voの声変わり前の中学生みたいな声質がとてもよく合っています。しっとりゆったりでもメロディはわりとクサい感じで良い。
#2は完全に激しさの無いクサメロスピ。サビとかダサくてマジ良いです。#6も同様な感じですが、終わり方がイマイチ盛り上がらないのだけが残念。これで最後に大サビをもう一回入れるだけでかなりのキラーチューンに仕上がった気がするのに。

オススメ度…81点

OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

GOTHMOG 「THE STEP IN THE DARK」
GOTHMOG「THE STEP IN THE DARK」

Gothmog A Step In The Dark

スペイン出身のメロディックブラックメタルバンド、GOTHMOGの1作目。2009年発表。邪悪なクサメロ全開で疾走するブラックメタルで、いかにもなわかりやすいメロディが特徴。暴虐っぷりも適度な感じで、メロディもしっかりしているのでブラックメタルにしてはかなり聴きやすい印象です。ナグルファーあたりと同様、メロデスの延長みたいな感じで聴けるかも。スペインという国からは想像できないような暗く寒々しい雰囲気もとてもGood。VoはCAIN’S DINASTYでも歌っている人なのだそうですが、同一人物とは思えないほどの豹変極悪っぷりに驚き。ブラックメタルによく合い、かつ聴き易いという適度な邪悪さです。

<収録曲>
1. Eternal Hate
2. The Awakening of Lord Strigio
3. Raging Spiritual Ecstasy
4. Nostalgia of Heaven
5. Spirit of Nature
6. Wandering Viking
7. Death of a Warrior
8. Ghost of Ancient Days
9. Art of War
10. Downwards the Hades of the Soul


<オススメの曲>
9. Art of War

全部クサメロ満載で最高なんだけど、敢えて選ぶとしたらこれか。いやホント全曲良いよ。トレモロリフ最高。

オススメ度…90点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

少女病 「残響レギオン」
少女病「残響レギオン」

少女病 残響レギオン

サウンドホライズンのフォロワーとして同人業界で名を馳せてきた少女病のメジャーデビュー作。2010年発表。アルバム一枚で一つの物語になっており、恥ずかしくなるような台詞がたっぷり、クサイメロディ満載でやたらシンフォニックな「ラプソディーがJ-Popになったらこんな感じなんだろうなー」という、初期サンホラそのまんまなスタンスが特徴です。プロの声優さんを毎回大々的に起用するというセレブっぷりを見せつけていますが、サウンドの方も生の弦楽器を取り入れたりとかなり本格的。別にメタルを意識しているわけではないんでしょうが、メタラーが喜びそうなヒロイックなメロディや疾走エレキなども多分に登場します。Voは女性Vo二人の掛け合いで、そこまで特徴のある感じではないかな。変にアニメ声だったりはしないのでその点はご安心を。逆に台詞はアニメチックな恥ずかしーい感じなので、それに耐えられるかが好みの分かれ目か。まぁサンホラが好きな人はきっと余裕で大丈夫かと。個人的には男語りがちと苦手かも…。

<収録曲>
1. 深紅のエヴェイユ
2. 十三月の不確定なドール
3. 偽物の夜に誓え反逆者
4. 未完幻想トロイメライ
5. 黒衣の放浪者
6. recollection
7. Legion
8. 終幕症候群
9. 真実の解放
10. 残響


<オススメの曲>
1. 深紅のエヴェイユ
5. 黒衣の放浪者
8. 終幕症候群
9. 真実の解放

台詞の後にサンホラの「聖戦と死神」を思い出させるようなヒロイックなクワイアが始まる#1が中々のキラーチューン。サビの一気に広がる爽快な感じも好き。
他にもクールなリフで幕を開ける#5や、これまたヒロイックな疾走チューン#8、弦楽器の乱舞する#9あたりも良い感じ。

オススメ度…84点

OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

POISONBLACK 「DRIVE」
POSONBLACK「DRIVE」

Poisonblack Drive

センテンスドヴィレ・レイヒアラ<G/Vo>率いるポイズンブラックの5作目。2011年発表。哀愁を帯びながらもノリの良いサウンドが特徴で、かつてノーザンメランコリーメタルと呼ばれたセンテンスドの面影をちらほら覗かせながら悲哀を帯びて疾走します。体が前後に揺れるようなノリノリサウンドなのに、サビではしっかり哀愁漂わせちゃうのがずるい。ヴィレの歌声も相変わらず憂いを帯びていて反則級。

<収録曲>
1. Piston Head
2. Mercury Falling
3. A Good Day For The Crows
4. Maggot Song
5. From Now-Here to Nowhere
6. Sycophant
7. The Dead-End Stream
8. Futile Man
9. Scars
10. Driftwood


<オススメの曲>
1. Piston Head
2. Mercury Falling(→PV)
4. Maggot Song
6. Sycophant
10. Driftwood

かなりの良曲がずらっと並ぶ。今作はノリの良い曲の出来が素晴らしいので、上記5曲あたりが特に優秀か。全体的に甲乙つけがたいかなりの良盤。

オススメ度…89点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

OTEP 「ATAVIST」
OTEP「ATAVIST」

Otep Atavist

英国出身のヘヴィロックバンド、オーテップの4作目。2011年発表。女性版コリィ・テイラーなどと言われたりもしているオーテップ・シャマヤ<Vo>のシャウトがかなりカッコ良く、呟き気味の歌唱から一気に感情を爆発させるかのようなシャウトに豹変する瞬間がとてもクールです。サウンドの方はモダンなリフがノリよくザクザク刻まれる感じ。全体的にダークな空気と狂気っぷりが良い感じに渦巻いており、爆音で鳴らすととても楽しく聴けるサウンドだと思います。

<収録曲>
1. Atavist Animus
2. Atom To Adam
3. Drunk On The Blood Of Saints
4. Remember To Forget
5. Skin Of The Master
6. We Dream Like Lions
7. I, Alone
8. Baby\\\'s Breath
9. Fists Fall
10. Stay
11. Bible Belt
12. Not To Touch The Earth


<オススメの曲>
3. Drunk On The Blood Of Saints
7. I, Alone
9. Fists Fall(→PV)

ぶつぶつ呟いてるだけの曲とかも収録されてますが、とりあえず上の3曲はガチでカッコ良い。ザックザクのノリの良いリフと、それに乗る狂気的なシャウトが素敵過ぎます。イントロか全開の#9のノリの良さが特にヤバい。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

ぶっ壊れた
熱が出て、そのあと慢性的な腹痛に見舞われて、iTunesの音楽ファイルが入った外付けHDDがぶっ壊れて、バイトのシフト出し忘れた。心身ともに衰弱しています。

何がキツイって、外付けHDDだよ!
俺のiTunesの中身、38000曲強が全部入ってたんだから!


とりあえず去年の1月に取ったバックアップファイルを発見したのですが、いかんせん30000曲くらいしかバックアップされてない。

残りの8000曲強のうち、iPodに入ってたのはPod野郎というフリーソフトで吸い出すことになんとか成功しました。


ただ、バックアップファイルが「Libraryファイルの重複で保存できません」とかわけわかんない事言いだすから、とりあえず新しいiTunesファイルを作り直してそこに音楽ファイルを入れ直す羽目に。
とりあえず全部一気にぶち込んだら、6時間ぐらい経った後、1万曲入ったところでフリーズして、最初っから全部やり直しになってしまった…。

今はこまめに分けてやり直してるのですが、まだ頭文字Bのあたりで早くも挫折しそう…。とりあえず今日中に復旧は無理だな。



ってことで、失ったものは、

・去年の1月以降に入れた曲で、iPodに入れてなかった1000曲くらい
・再生回数とかのライブラリデータ
・アルバムアートワーク


って感じですかね。
ライブラリデータとか地味に寂しい。中3から積み上げてきたものだったのに…。
アルバムアートワークももう入れ直す気にはならないな。さすがにめんどい。

iPodに入れてなかった1000曲が何なのかわからんけど、そのうち「あれがない!」「これもない!」ってなるんだろうな…。




とか言ってる間にまたiTunesフリーズしたよ。またBの最初からやり直し。ファック。

iPodが壊れた時とかもそうだけど、膨大な量のファイルを動かすことのめんどくささったら…。

ってことで、みなさんもちゃんとこまめにバックアップ取った方が良いですよ!
1000曲増えるごととか、一か月ごととか。マジいきなり何の前触れもなくぶっ壊れるから。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

Turmion Kätilöt 「PERSTECHNIQUE」
Turmion Kätilöt「PERSTECHNIQUE」

Turmion Kätilöt Perstechnique

フィンランドのサイバートランス風インダストリアルデスメタルバンド、Turmion Kätilötの4作目。2011年発表。トランス風のピコピコとした電子音サウンドを多用したインダストリアルメタルをやっており、メロディは意外とキャッチー。そのわりにVoはやたら迫力のあるデスヴォイスですが、基本的にノリノリなのでかなり親しみやすくなっています。サウンドもメンバーの奇抜なメイクもかなりインパクトが強いので、一度ハマるとやみつきになるバンド。変態好きは是非どうぞw

<収録曲>
1. Grand Ball
2. Ihmisixsixsix
3. Suolainen Kapteeni
4. Hanska
5. Hellbound Earth
6. Lapset ja Vanhemmat
7. Herran toinen tuleminen
8. Verta sataa
9. Rukoukset Rattoisat
10. Vedetäänkö vai ei?


<オススメの曲>
1. Grand Ball
2. Ihmisixsixsix
9. Rukoukset Rattoisat

踊りながらヘドバンするがいい!!!!!!

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

SYMFONIA 「IN PARADISUM」
SYMFONIA「IN PARADISUM」

Symfonia In Paradisum

ストラトヴァリウスティモ・トルキ<G>、元アングラアンドレ・マトス<Vo>、元ストラトヴァリウスヤリ・カイヌライネン<B>、元ソナタ・アークティカミッコ・ハルキン<Key>、元ハロウィンウリ・カッシュ<Dr>という、メタル界の問題児達が終結したスーパーバンド、シンフォニアの1作目。2011年発表。音楽性としては、完全に「マトスの歌うストラトヴァリウス」という感じです。バンド名的にもうちょっとシンフォニックな感じになってたりするのかなーなんて思ってましたが、わりと普通な感じでちょっとがっかりだったり(笑)。マトスの歌唱は思ったより悪くは無いんですが、曲がわりと平凡な感じでイマイチ盛り上がりに欠けるかと。ジャケはめちゃくちゃカッコいい。

<収録曲>
1. Fields Of Avalon
2. Come By The Hills
3. Santiago
4. Alayna
5. Forevermore
6. Pilgrim Road
7. In Paradisum
8. Rhapsody In Black
9. I Walk In Neon
10. Don't let Me Go


<オススメの曲>
1. Fields Of Avalon
5. Forevermore

疾走感はよろしいんだけど、メロディラインが平坦。サビでもっと盛り上がって欲しかった。これだったらストラトヴァリウス聴くし、マトスの歌声聴くならアングラ聴くわ…、という感じ。

オススメ度…73点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。