FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LEAVES' EYES 「MEREDEAD」
LEAVES' EYES 「MEREDEAD」

Leaves' Eyes Meredead

ドイツ出身のシンフォニック系ゴシックメタルバンド、リーヴズ・アイズの4作目。2011年発表。ドイツ出身ながらもどことなく北欧風味なサウンドが特徴です。音作り自体はわりかしヘヴィなのですが、フォーク/トラッドの要素も多分に取り入れたシンフォニックなサウンドがそれを上手く和らげているという印象。荘厳で崇高な雰囲気も漂う中、リヴ・クリスティンの可憐で美しいソプラノヴォイスが心地よく響きます。ちょいちょい入ってくる大仰なクワイヤも幻想的な雰囲気を増してて良いな。前作ではヴァイキングっぽいサウンドがかなり大々的に取り入れられていましたが、今作では民謡やケルトティックなメロディが中心で、前作もなかなか好きでしたが個人的にはこっちの方がさらに好みかも。作品重ねるごとにちょっとずつ俺の好みに近付いてくるなぁ。

<収録曲>
1. Spirits' Masquerade
2. Etain
3. Velvet Heart
4. Krakevisa
5. To France
6. Meredead
7. Sigrlinn
8. Mine Taror er ei Grimme
9. Empty Horizon
10. Veritas
11. Nystev
12. Tell-Tale Eyes
13. Sorhleod


<オススメの曲>
1. Spirits' Masquerade
3. Velvet Heart
5. To France(→PV)
7. Sigrlinn
11. Nystev

#1はいきなりクワイヤで始まる荘厳な曲。ちょっとしたらすぐにケルティックな音色が陽気に響き渡りますが、すぐにまた緊迫したサウンドに戻ります。ケルト風味とゴシック風味がうまいことブレンドされててとても良い感じの曲。
♯3は弦楽器が優雅に響き渡るフォーキッシュな曲。音はゴシカルで荘厳なのに、メロディはとてもふわっと幻想的で柔らかなのが印象的です。リヴの歌声もこういう幻想的な曲には良く合ってて素晴らしい。
#5はパイプの音色で幕を開けるこれまたケルティックな曲。重厚なギターリフと、それを激しいと感じさせない優しげなメロディとの組み合わせがたまりません。
#7はアコギをバックにした素朴な曲かと思いきや、意外にも勇壮な展開を見せる曲。デスヴォイスまで登場し、ドラマティックに展開していきます。
#11は緩急の付け方が印象的な曲。疾走する弦楽器の音色がとても良いです。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

GALLOGLASS 「HEAVENSEEKER」
GALLOGLASS 「HEAVENSEEKER」

Galloglass Heavenseeker

ドイツ出身のメロディックパワーメタルバンド、GALLOGLASSの2作目。2005年発表。いかにもジャーマンメタルな力強い疾走リフと勇壮なメロディ、適度にシンフォニックなKeyの装飾、さらにはクワイヤやらヴァイオリンやらが顔を出し、その手のサウンドが好きな人にはたまらないクサメタルをやっております。愚直に疾走を続ける姿勢が非常に微笑ましく、漢臭さと爽やかさとの適度なバランスも素敵。Voもしっかりとしたハイトーンで、安心して聴けるタイプです。強烈な個性があるというかというとそうでもありませんが、楽曲の一つ一つがとても丁寧に作りこまれていてとても好感触。メタルに対する愛が感じられて、メタラーなら自然と応援したくなるようなサウンドを出しています。

<収録曲>
1. Burden Of Grief
2. After Forever
3. Perished In Flames
4. Dawn Of A New Age
5. Banished From Eternity
6. At The Shadowcross
7. To Kneel Is To Suffer
8. Heavenseeker
9. Signs
10. Beyond The Mirror
11. Kings Who Die


<オススメの曲>
1. Burden Of Grief
2. After Forever
4. Dawn Of A New Age
6. At The Shadowcross
9. Signs

#1からもうジャーマンメタルのお手本のような疾走曲。パワフルなリフが元気に駆け抜けていき、勇壮でクッサいサビが力強く響き渡ります。うっすらと奏でられるヴァイオリンの音色も良いね。
#2はヴァイオリンがやたら活躍する曲。無駄に壮大な感じが素敵。
そしてクサメロ大爆発な#4が本作で一番のキラーチューン。イントロの時点で既に悶絶級のクサさを誇るのですが、朗らかで明るいサビメロでさらにノックアウトされます。クワイヤのコーラスがたまらん。ピロピロのギターソロもたまらん。
#6はやたらリフが勇壮な曲。そんな中でシンフォニックに響き渡るKeyも勇壮さをさらに増幅させていて、なんか「いざ出陣!」みたいな雰囲気で良いな。サビになるとちょっぴり哀愁が漂うあたりもGood。
#6はイントロ部分がやたら爽やかなのですが、サビになるとヴァイオリンが舞って爽やか度がさらにアップ。勇壮さと優雅さとの組み合わせが良い。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

KRISIUN 「THE GREAT EXECUTION」
KRISIUN 「THE GREAT EXECUTION」

Krisiun The Great Execution

ブラジル出身の3兄弟によるスリーピースデスメタルバンド、クリジウンの8作目。2011年発表。グルーヴィーなリフで爆走しまくるオールドスクールなデスメタルをやっています。前作よりもスラッシュメタル的なザクザクとしたリフが増えた印象を受けるものの、周りの全てを薙ぎ倒して突進し続けるような破壊力は相変わらず。重厚なサウンドプロダクションでゴリゴリと突き進み、圧倒的な威圧感で攻めて攻めて攻めまくるデスメタルです。疾走パートよりもグルーヴィーなパートの比率が増えた気もしますが、緩急を上手くつけて飽きさせない構成はさすが。

<収録曲>
1. The Will To Potency
2. Blood Of Lions
3. The Great Execution
4. Descending Abomination
5. The Extremist
6. The Sword Of Orion
7. Violentia Gladiatore
8. Rise And Confront
9. Extinção Em Massa
10. Shadows Of Betrayal


<オススメの曲>
1. The Will To Potency
3. The Great Execution
5. The Extremist
7. Violentia Gladiatore

フラメンコ的なフレーズで軽やかに開始する#1ですが、ちょっとずつドス黒いオーラに包み込まれ、気が付けば物凄い音圧のリフに押しつぶされそうな展開に。ブラストの圧迫感とリフの醸し出す暗黒オーラが凄まじいです。
♯3は爆走に爆走を重ねる疾走曲。スラッシーなリフが印象的ですが、そのヘヴィさはスラッシュメタルのそれとは大違いで、超へヴィでドロドロとした暗黒オーラを纏い、圧倒的凶暴さを発しながら刻まれていきます。不穏な音色を響かせるギターソロも超良い。
#5は疾走感とグルーヴ感を兼ね揃えた曲。これまた圧倒的迫力で、他を寄せ付けない圧倒的な破壊力を持っています。スローパートも充実してて、良い具合のアクセント。
#7はあわただしく動き回るテクニカルなリフと、それに合わせて叩かれるドタバタとしたドラミングが印象的。不協和音気味のギターソロもたまらん。

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

「KISS MY ASS」
「KISS MY ASS」

Classoc Kiss Regrooved Kiss My Ass

地獄の軍団ことキッスのトリビュートアルバム。1994年発表。参加アーティストは大御所とそこまで有名じゃないバンドが半々くらいですかね。HR/HM関連のバンドも多数参加しております。トゥールレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンフェイス・ノー・モアのメンバーによるこの場限りのプロジェクトであるシャンディーズ・アディクション以外は、基本的に既存のバンド単位での参加。

<収録曲>
1. Deuce / Lenny Kravitz
2. Hard Luck Woman / Garth Brooks
3. She / Anthrax
4. Christine Sixteen / Gin Blossoms
5. Rock And Roll All Nite / Toad The Wet Sprocket
6. Calling Dr. Love / Shandi's Addiction
7. Goin' Blind / Dinosaur Jr
8. Strutter / Extreme
9. Plaster Caster / The Lemonheads
10. Detroit Rock City / The Mighty Mighty Bosstones
11. Black Diamond
 / Yoshiki & The American Symphony Orchestra
12. Unholy / Die Ärzte


<オススメの曲>
1. Deuce / Lenny Kravitz

とりあえずこの場で全力で推しておきたいのはダントツに#1。基本的には原曲に忠実なのですが、レニー・クラヴィッツ独特の歌い方と乾いたギターリフがとってもクール!めっちゃ渋い!そして派手にハーモニカを吹いているのはなんとスティーヴィー・ワンダーという豪華さ。スティーヴィーが参加してるのに一切歌わせないという無駄遣いっぷりにもびっくりです。まぁハーモニカ普通にすごいし決して無駄遣いってほどでもないんだけどさ。とりあえずこのCDをい買うならこの曲のためだけに買えと言っても過言ではないクオリティです。
あとはまぁどの曲もそれなりにバンドごとのアレンジを加えていて楽しく聴ける感じですかね。#12でドイツのパンクバンドのディー・アルツテが参加してるのが個人的にちょっと嬉しかったり。歌詞もドイツ語になってます。

オススメ度…80点

100円とかで投げ売りされてるのをよく見かけるので、そういう時は買っても損は無いと思いますよ。アマゾンでも中古で1円というあまりに酷すぎる扱い…。

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

HOUSE VS HURRICANE 「FORFEITURE」
HOUSE VS HURRICANE 「FORFEITURE」

House Vs Hurricane Forfeiture

オーストラリア出身のトランス風ハードコア/スクリーモバンド、ハウスVSハリケーンのデビューEP。2008年発表。ザクザクとした荒々しいサウンドの中に時折エモーショナルなメロディを織り交ぜ、そこにトランス風味というかレイブ風味のエレクトロサウンドを大胆に導入したサウンドが特徴です。やたらダンサブルなノリが奇妙なポップさを生み出しており、激しい割には親しみやすい感じ。レイブ風味という点ではエンター・シカリに通じるものもあるかもしれません。Voの咆哮はなかなか迫力があっていい感じ。

<収録曲>
1. Introduction
2. Forfeiture
3. Comforting Our Thoughts In A Continuous Blue
4. Seeing Things Through Water
5. Colour Space
6. The Only Virtue
7. Furious George


<オススメの曲>
2. Forfeiture(→PV)
4. Seeing Things Through Water

オルゴールのようなイントロ#1に続く#2がとても良い。トランス風味のサウンドをバックにヘヴィなリフが荒々しく暴れまわったかと思えば、一気にしっとりエモーショナルにクールダウン、そして唐突なブレイクダウンをかまし、なぜかピッコピコのゲームミュージックのようなダンスサウンドへと展開します。そのピコピコパートがなんともいえないアンバランスな感じで個人的に超好み。
#4も比較的ノリの良い曲。スクリーモならではのグルーヴ感が心地よいです。ドタバタしたドラムも好き。

オススメ度…79点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。