EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LEPROUS 「THE CONGREGATION」
LEPROUS 「THE CONGREGATION」

LEPROUS THE CONGREGATION

1. The Price
2. Third Law
3. Rewind
4. The Flood
5. Triumphant
6. Within My Fence
7. Red
8. Slave
9. Moon
10. Down
11. Lower
12. Pixel


ノルウェー出身のプログレッシヴメタルバンド、レプロスの5作目。2015年発表。

メンバーのEinar Solbarg<Vo,key>エンペラーIhsahnらしく、Ihsahnのソロ活動のバックバンドとして名を馳せた彼らなのですが、もはやそんな肩書きすら必要もないほどの研ぎ澄まされたプログレメタルをやっています。

まずは冒頭の#1がいきなりの超キラーチューン。クセのある独特のリズムと、シンプルだけどセンスを感じさせるリフ、そしてEinar Solbargの表現力の歌唱が一体となっており、とても完成度の高いプログレチューンとなっています。盛り上がるところは重厚に盛り上がり、それ以外のところは静かにシンプルにジワジワと前進していく感じで、その対比がとても素敵。
続く#2もリズムが独特で妙にクセになる曲。Djentっぽい雰囲気がとても好きです。そういう系統だと、#10なんかもDjentっぽくて良い。
あとはダークな雰囲気で、機械的なサウンドとエネルギッシュなサウンドが上手いこと融合した感じの#4なんかも好きかな。

プログレメタルなのでよくよく聴けば難解だとは思いますが、普通に聴く分スッと入り込んでくるようなポップさも内包した作品だと思います。重すぎず軽すぎずなバランスも個人的にはとても良いと思う。センスを感じるプログレメタルをお探しならばぜひ。

<オススメの曲>
1. The Price (→PV)

オススメ度…89点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

6:33 「DEADLY SCENES」
6:33 「DEADLY SCENES」

633 Deadly Scenes

<収録曲>
1. Hellalujah
2. Ego Fandango
3. The Walking Fed
4. I'm a Nerd
5. Modus Operandi
6. Black Widow
7. Last Bullet For a Gold Rattle
8. Lazy Boy
9. Deadly Scenes


フランス出身のアヴァンギャルドメタルバンド、6:33の1作目。2015年発表。

先の読めない展開と、ミュージカルのようなコミカルさ、そして何とも言えない胡散臭さが共存する、一言では言い合わらせないような音楽性のバンドです。複雑なのですが、プログレ的というよりはやはり"アヴァンギャルド"という言葉の方がしっくりくるというサウンドで、かなり特殊な雰囲気が漂っていてとても良い。
同郷のディアブロ・スウィング・オーケストラからジャズ要素を抜いたらこんな感じになるんじゃないかなぁという雰囲気かも。

綺麗な合従からスタートする冒頭の#1は、最初こそA.C.T.あたりを彷彿とさせるようなポップなプログレ風味を醸し出してきますが、どんどん胡散臭さが増していき、妖しさと楽しさの入り混じる不思議なミュージカルが開演していくような展開に。色んな要素が詰め込まれている割に、ポップで聴きやすいです。
#4は胡散臭さと妖しさがさらに全開の曲。ヘヴィなリフが響いたかと思いきや、気が付いたら遊園地のような楽しげな音楽へと変貌しており、その変化をなんとも自然にこなしてくるあたりがとても凄い。
#6はPVにもなったキラーチューン。ダークな雰囲気ながらも、弾むようなリズムが素敵で、めっちゃノリが良いです。ちょっぴりジャズっぽい雰囲気で、かなりディアブロ・スウィング・オーケストラっぽいかも。

ディアブロ・スウィング・オーケストラを初めて聴いたときはかなりの衝撃でしたが、このバンドもなかなかの衝撃度でした。フランスってたまーにこういうバンドが現れてくるから侮れないんだよな。どう考えても分類はメタルですが、メタル度はちょっぴり低めで、人によっては物足りなかったりもするのかも。でも個人的にはそこがまた魅力的なんだと思います。

<オススメの曲>
6. Black Widow (→PV)

オススメ度…92点

FACEBOOK(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

神林長平の『グッドラック: 戦闘妖精・雪風』の感想
神林長平の『グッドラック: 戦闘妖精・雪風』を読み終わりました。

神林長平 グッドラック 戦闘妖精・雪風

『戦闘妖精・雪風〈改〉』の続編で、一冊目がとても面白かったので、そのままこちらに突入。
638ページと、なかなかのボリュームでしたが、相変わらず面白いのでスラスラと読めます。

[神林長平の『グッドラック: 戦闘妖精・雪風』の感想]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

妖精帝國 「PAX VESANIA」
妖精帝國 「PAX VESANIA」

妖精帝國 PAX VESANIA

<収録曲>
1. 序
2. Astral Dogma
3. Solitude
4. 狂気沈殿
5. ココロサンクチュアリ
6. 月鏡反魂シネラリウム
7. Siege oder sterben
8. missing
9. The Creator
10. Herrscher
11. 空想メソロギヰ
12. 葬詩
13. 機械


音楽を通じて人間達に妖精の存在を思い出させるために活動している音楽ユニット、妖精帝國の4作目。2013年発表。

元々はゴシカルなロック寄りのポップスという感じの音楽性でしたが、作を重ねるごとにメタル色が強くなっていき、この作品の前後あたりから完全にメタルといっても差し支えがないようなサウンドになってきました。シンフォニックな装飾やクワイアをたっぷり取り入れたシンフォニックメタルに、アニソンに通じるようなクサいメロディと、ゆい様の可憐な歌声がのっかるというのが基本的なスタイル。ヘヴィな音と、可愛らしい歌声とのギャップが普通のメタルとは違って新鮮で良いです。

#1は老婆の語りが収録されたイントロ。重々しく不穏な演奏の中でアニメのナレーションのような語りが流れているとなんか笑ってしまいます。
そのまま儀式のような妖しいイントロから一気に加速していく疾走系の#2へと突入。ゴリゴリのメタルサウンドと、クサクサなメロディ、キラキラしたKey、そして無駄に仰々しいクワイヤが上手くまとめ上げられたキラーチューンとなっています。
#3もヒロイックなメロディの疾走曲で、ここまでくるともはや完全にメロスピだなぁと思ってしまうような曲。サビで明るく爽快な感じに一気に広がりを見せるあたりがとても良い。
逆に#8はスラッシュメタルのようなザクザクとした重いリフが印象的な曲。歌メロ自体はやはりとてもクサい感じで、相変わらずとても好みです。
#11はドイツ語を多用したシンフォニックチューンで、本作二度目のハイライトといった感じ。ヒロイックなクサメロがやはり素敵です。ちょいちょい「あいつバイト無い!」とか「三倍馬券~!」とかの空耳が聞こえてくるのはご愛嬌。

ってことで、初期よりもずっとメタラー好みのサウンドに変容しているので、偏見さえなければゴリゴリのメタラーでも普通に楽しめる作品だと思います。個人的にはこれが妖精帝國の中で一番好きな作品かな。

<収録曲>
2. Astral Dogma(→PV)
11. 空想メソロギヰ

オススメ度…89点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

妖精帝國 「SHADOW CORPS[e]」
妖精帝國 「SHADOW CORPS[e]」

妖精帝國 SHADOW CORPSe

<収録曲>
1. Attack!!
2. "D" chronicle
3. 闇色corsage
4. 白銀薔薇奇譚
5. 残夜の獣
6. calvariae
7. Infection
8. 檄
9. Ancient Moonlit Battleground
10. Shadow Corps
11. 体内時計都市オルロイ


日本の音楽ユニット、妖精帝国の6作目。2015年発表。

妖精の存在を信じなくなった人間が増え、荒廃の一途をたどる「妖精帝國」。音楽を通じて人間達に妖精の存在を思い出させ、妖精帝國を再興させるため、皇女ゆいと橘尭葉による音楽ユニット「妖精帝國第参軍楽隊」を1997年名古屋市で結成。便宜上ユニット名を「妖精帝國」とする。(Wikipediaより)

というしょうもない設定で活動しておりますが、こういう馬鹿らしい世界観は嫌いじゃないわ。

初期の頃はもっとシンフォニックゴシック色の強いダークなポップスという感じだったのですが、ここ数作は完全にへヴィメタルなサウンドに移行してきており、今作ではもはや完全なメタルになったんじゃないかという印象です。まぁ元々メタル色の強いユニットではあったので、なるべくしてなった変化なのではないかと。シンフォニックな装飾や、クワイヤなどはしっかり残っているので、このユニットらしさもちゃんと残っていて嬉しいです。
皇女であるゆい様はかなり可愛らしいお声の持ち主であられるため、サウンドのヘヴィさとのギャップも、メタルバンドとしてはかなり特徴的で良いです。

機械的なSEの流れるイントロ#1に続く#2は、ゴリゴリとしたアグレッシヴなリフで突き進むヘヴィチューン。キラキラとしたKeyや、キャッチーなリフ、そしてゆい様の声などが、ヘヴィさと対比されて面白いです。
個人的に一番好きなのはタイトル曲の#10で、ヘヴィでダークに這うようなリフと、クサいサビのメロディのコンビネーションがとてもツボでした。リフ自体はとてもグルーヴィーだし、雰囲気的にはなんだかエピカルだし、こういう曲めっちゃ好きだわ。妖精帝國は作品ごとにめっちゃツボる曲が必ず入ってて良いな。

ってなわけで、かなりメタル化したのでメタラーにも比較的受け入れやすい雰囲気になったのではないかなぁと思います。今までのアニソン的なキャッチーさが多分に含まれていた作品とはまた違っているので、そこは好みのわかれどころだとは思いますが、個人的にはこの方向性もアリなんじゃないかと。

<オススメの曲>
10. Shadow Corps (→PV)

オススメ度…83点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

SLAYER 「HELL AWAITS」
SLAYER 「HELL AWAITS」

Slayer Hell Awaits

<収録曲>
1. Hell Awaits
2. Kill Again
3. At Dawn They Sleep
4. Haunting The Chapel
5. Praise Of Death
6. Necrophiliac
7. Captor Of Sin
8. Crypts Of Eternity
9. Hardening Of The Arteries


スラッシュメタル四天王の一角を担うスラッシュメタル界の帝王、スレイヤーの2作目。1985年発表。

スレイヤーといえば3作目が最高傑作として名高く、もはや伝説の一枚として扱われていますが、そのひとつ前のこの作品もかなりの傑作となっております。荒削りだし、サウンドプロダクションも劣悪だし、1曲ずつが微妙に長めでまだまだ洗練されきってはいない感はありますが、それを補って余りある圧倒的なアグレッションが詰まっており、当時のエクストリームメタルの限界点を軽くぶち破るような凶暴性がとても素敵。

冒頭の#1なんかはその最たるもので、2分弱の儀式めいたSEと、ジワジワと盛り上がってくるリフにやきもきさせられますが、そっから一気に加速しまくる様子は本当に圧巻。細かく荒々しく刻まれまくるリフがめちゃくちゃクールです。
#2も不穏な空気をまといながら疾走しまくる曲で、スレイヤーの速い曲は本当にカッコいいなと感じさせられるような曲。ただやみくもにリフを刻むだけではなく、メロディアスさも感じさせるところが凄い。
#5も同じくリフがめちゃくちゃカッコよく、最初っから最後まで突っ走り続ける曲。5分強の曲ですが、最初っから最後まで一切気を緩めずに突き進むアグレッシヴな曲です。
#6もやはり凶暴なリフがとても魅力的で、邪悪さが前面に押しだされていてとても好きです。次作に繋がるようなリフノ醸し出す不穏なメロディもめっちゃ良い。

ってなわけで、究極の名盤の1枚である3作目はもちろんなのですが、スラッシュメタルを語る上ではこのアルバムも欠かせない一枚だと思います。とにかく速くて凶暴なスラッシュメタルを聴きたい方はぜひ。

<オススメの曲>
1. Hell Awaits
6. Necrophiliac

オススメ度…88点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

SLAYER 「REPENTLESS」
SLAYER 「REPENTLESS」

Slayer Repentless

<収録曲>
1. Delusions Of Saviour
2. Repentless
3. Take Control
4. Vices
5. Cast The First Stone
6. When The Stillness Comes
7. Chasing Death
8. Implode
9. Piano Wire
10. Atrocity Vendor
11. You Against You
12. Pride In Prejudice


スラッシュメタル界の帝王、スレイヤーの11作目。2015年発表。
前作から6年ぶり、ジェフ・ハンネマン<G>の死去という大事件を経てからは初となる作品です。

ジェフの代役としてエクソダスゲイリー・ホルトが参加しており、ドラマーもデイヴ・ロンバートからポール・ボスタフにチェンジ。作曲面ではケリー・キング<G>が孤軍奮闘しているようで、ジェフが生前に残した#9以外は全てケリーの作曲となっております。

サウンドとしては良くも悪くも"安定のスレイヤー印"といった感じで、勢いのあるリフでゴリゴリと過激に押していくスタイルは完全にいつも通りのスレイヤー。
個人的にはスレイヤーは勢いだけで押し切るような速い曲が大好きなので、#2#3のような何も考えずに頭を振れるようなスラッシュチューンはやはりとても良いなと思いました。
速さよりもヘヴィさを押しだしたような曲も、スレイヤーらしい不穏な空気が良い具合に醸し出されていてなかなかの出来ですが、イマイチ頭に残らないというのが少し残念なところ。ただ、過激さの中にオーソドックスなへヴィメタルサウンドをしっかりと残していると感じられるところは、いかにもベテランらしい貫録でさすがだなと感じさせられます。

ってなわけで、「スレイヤーの復活だ!!」と大絶賛するほどでもなく、かといって決して満足しないわけでもないという作品でした。良く言えば安定した作品、悪く言うと無難な作品といった感じでしょうか。ここまでのベテランになると、もはやアルバムを出すという行動自体に価値があるという部分もあるので、そういった中でこれだけの安定性を出せるというのは個人的にはとても凄いと思います。

<オススメの曲>
2. Repentless
3. Take Control
10. Atrocity Vendor

オススメ度…82点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

ANGELA 「騎士行進曲」
ANGELA 「騎士行進曲」

Angela 騎士行進曲

<収録曲>
1. 騎士行進曲
2. 愛、ひと欠片
3. 騎士行進曲 (Off Vocal Version)
4. 愛、ひと欠片 (Off Vocal Version)


日本の二人組ユニット、アンジェラの24枚目のシングル。2015年発表。

atsuko<Vo>KATSU<G,Key>という二人で構成されているユニットで、アニメとタイアップした曲がとても多いようです。いわゆるアニソンシンガーという感じ。

このシングルのタイトル曲である#1も、『シドニアの騎士 第九惑星戦役』というアニメのオープニング曲だとのこと。アニメの方には興味がないのでそれは全然どうでもいいのですが、曲自体がめちゃくちゃ壮大やたらカッコいいのです。シンフォニックメタラーが歓喜しそうな壮大なスケール感と、クサいメロディによるサビのコーラスがとてもとてもツボ。まぁタイトルも「騎士行進曲」だし、そりゃあクサくもなるわな。行進曲というか、応援歌的な要素も非常に強くて、思わずサビを一緒に口ずさみながら拳を振り上げたくなるような力強さもあってとても良いです。
#2の方は比較的おとなしい曲で、まぁまぁといった感じです。

ってなわけで、タイトルチューンがメタラーにかなりオススメなタイプのアニソンなので、思わず紹介してしまいました。荘厳でクサい曲が好きな方は、アニメに興味なくても是非。アルバムに収録されてるのはリミックスバージョンだけで、そっちは正直なところかなり微妙なので、シングルのこちらを強くお勧めします。

<オススメの曲>
1. 騎士行進曲 (→PV)

オススメ度…85点

OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

TO/DIE/FOR 「EPILOGUE」
TO/DIE/FOR 「EPILOGUE」

To Die For Epilogue

<収録曲>
1.Crimson Twins
2.Vala Of Tears
3.Hollow Heart
4.Veiled
5.The Unknown
6.Frail Without You
7.In Solitude
8.Chains
9.Immortal Love
10.Victim Of Love
11.Garden Of Stones


フィンランド出身のゴシックメタルバンド、トゥ・ダイ・フォーの2作目。2001年発表。

最近の彼らも普通に好きですが、初期の彼らは今以上に陰鬱さと耽美的かつ退廃的な雰囲気がアルバム全体をがっつり覆い包んでいて、個人的にかなり好きです。ゴシカルな雰囲気でねっとり包み込んでくるくせに、メロディはとてもしっかりしていて、むしろかなりキャッチーってのもこのバンドの魅力的なところ。そして何よりもジェイプ・ペラタロののっぺりとした官能的な歌唱がサウンドにとても合っていて、耽美的な美しさをさらに増幅してくれています。

冒頭の#1はイントロの効果音がちょっと長いですが、そこからKeyとギターがメランコリックに絡み合い、ねっとりとした歌声が加わっていく展開がとても素晴らしい曲。キャッチーなメロディのくせに、その中にも何とも言えない陰りが残っているのがとてもこのバンドらしくて良い。
#3はちょっぴりアップテンポなイントロですが、歌い始めるとやっぱり何とも言えない陰りが差し込んできて、何とも言えない哀種が漂ってくるのがとても素敵。
個人的に一番好きなのは#5で、ヘヴィで陰鬱なリフと、哀愁漂いまくりの歌メロがほんと最高。この"The Unknown"はこれ以降のアルバムでシリーズ化されていき、個人的には3rd収録の"The Unknown II"が一番好きなのですが、元祖のこの曲も負けず劣らずの名曲です。
#9も隠れた名曲で、ヒロイックさすら感じさせるクサいメロディと、このバンドらしい陰りのあるメロディが上手い具合に融合されている曲。胸を締め付けるような哀愁ダダ漏れな感じがとても良い。

初期の彼らの作品は本当にどれも良いので、哀メロや耽美的な雰囲気、ゴシカルなサウンドが好きな方にはとてもオススメです。

<オススメの曲>
5.The Unknown
9.Immortal Love

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

TO/DIE/FOR 「CULT」
TO/DIE/FOR 「CULT」

To Die For Cult

<収録曲>
1. In Black
2. Screaming Birds
3. Unknown III
4. Mere Dream
5. You
6. Straight Up
7. Let It Bleed
8. End Of Tears


フィンランド出身のゴシックメタルバンド、トゥ・ダイ・フォーの7作目。2015年発表。

前作は音作りが比較的モダンになってしまい、彼らの一番の持ち味である耽美的かつメランコリックなサウンドがかなり控えめだったのですが、今作ではかなりそれが持ち直しており、個人的な好みに合致するサウンドに回帰してくれました。哀愁たっぷりで、どことなく陰鬱で、メロディもしっかりしてて…という感じでとても良い。ジェイプ・ペラタロ<Vo>の官能的な歌声が楽曲によくマッチしていて、「このバンドはこういう雰囲気だからこそこの声がピッタリなんだよなぁ」と改めて思わされます。

冒頭の#1は、イントロがとてつもなくカッコいい感じ。やたらヒロイックなのですが、その中にもちょっと物憂げな雰囲気が内包されているのがめちゃくちゃツボでした。比較的アップテンポながらも、終始哀愁が漂いまくりで最高です。
#3はここにきてまさかのUnknownシリーズ。"The Unknown II"が個人的にトゥ・ダイ・フォーで一番の名曲だと思っているのですが、この曲もその雰囲気を踏襲していてなかなか良いです。サビのメロディが完全にUnknownシリーズだなぁって感じで、同じメロディを軸にした曲がこうやってシリーズ化されているのは面白くて良いなぁと思います。
#4は美しいピアノの音色をバックにし、ギターサウンドなども必要最小限に抑えられたしっとり系の曲。哀しいメロディがとても印象的です。2分ちょいしかないのが残念。
#6ポーラ・アブドゥルのカバー曲。もともとめっちゃ明るい曲なのに、なんでこんな陰鬱な仕上がりにできるんだろうと笑ってしまいます。
#8はアルバムの最後を締める暗い曲。沈み込むようなドロドロとした雰囲気で締めるってのが、このバンドらしくていいかもしれない。

ってなわけで、前作が個人的に「うーん」って感じだったので、今作はかなり持ち直してくれて本当に良かったなと思いました。耽美的なサウンドが好きな方にオススメ!

<オススメの曲>
1. In Black(→PV)
3. Unknown III

オススメ度…83点

FACEBOOK(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20121002221319_20150616172427091.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。