EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[DEICIDE]
DEICIDE「STENCH OF REDEMPTION 」



米国フロリダ州出身のアンチクライスト・デスメタルバンド、ディーサイドの8作目。2006年発表。「神殺し」というバンド名を掲げ、徹底的に反キリストを標榜しているため、爆破テロを受けたりキリスト教団体などから攻撃を受けたりしたこともあるのだそうです…。音楽性のほうはスラッシュメタルをさらに過激にしたような、典型的なデスメタルサウンド。この作品では従来よりもメロディアスさが増しており、至る所に耳を惹くフレーズが盛り込まれています。グレン・ベントン<Vo,B>の迫力あり過ぎのデスヴォイスも凄い。

1.The Strench Of Redemptionからいきなり超アグレッシヴ。グレン・ベントンの声がとにかく強烈で、「ドスが利いた声」という表現では生温過ぎる物凄いデスヴォイスを吐き出しています。演奏の方も素晴らしく、ヘヴィなリフがぐぉーーーっと迫って来たかと思えば、突然メロディアスなソロが挿入されたりと、聞いてて全く飽きません。
個人的に一番好きなのは4.Crucified For The Innocence。やっぱり基本的には相当ブルータルかつアグレッシヴなのですが、サビ(?)と思われる部分のメロディアスさ具合が半端ありません。華麗というかなんというか、とにかく凄い。マジで鳥肌モノのカッコ良さ。メロデスではなくてあくまで曲自体はデスメタルな所がポイントです。
他の曲も全てが気合の入った高速デスメタルチューンで、捨て曲は一切無しです。ホント全ての曲が凄すぎて、選ぶのが難しいくらい。敢えて選ぶとすると、2.Death To Jesusとか6.Homage For Satanとか9.The Lords Seditionとかかなぁ。
ちなみに10.Black Nightはなんとディープ・パープルの名曲のカヴァーですが、当然の如くデスメタルVerになってます。スピード上がりすぎ&アグレッシヴになり過ぎで、普通にブラストとかしまくってますが、ちゃんと原曲だとわかります。しかもめちゃくちゃカッコいい。

ということでこのアルバム、デスメタルの中でもかなりの名盤。デス好きならば必聴です。過激さの中に華麗さを求める人は是非。

オススメ度…90点

PV
Homage for Satan

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/103-6405acb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。