EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AMORPHIS 「THE BEGINNING OF TIMES」
AMORPHIS「THE BEGINNING OF TIMES」

Amorphis The Beginning Of Times

フィンランド出身のメランコリックメタルバンド、アモルフィスの10作目。2011年発表。元々は土着的要素を持ったメロデス系のバンドとして活躍していた彼らですが、ここ数作ではその土着的要素を上手いこと引き継いだままゴシカルでメランコリックなメタルへと昇華することに成功し、今作でもその素晴らしい流れに乗った作品です。悲哀さと勇壮さの二面性を併せ持った独特のフォーク/トラッドサウンドは今作でもやはり健在。祖国の叙事詩カレワラをルーツに、壮大に叙情的に描き出されます。トミ・ヨーツセン<Vo>の悲しげなクリーンヴォイスと迫力満点のグロウルの使い分けはいつ聴いても見事なものですが、今作ではクリーン主体でグロウルは味付け程度といった感じでしょうか。スタイルが変わらないでもマンネリになることなく満足出来るのは、やっぱりメロディの質が高いからなのかな。

<収録曲>
1. Battle For Light
2. Mermaid
3. My Enemy
4. You I Need
5. Song Of The Sage
6. Three Words
7. Reformation
8. Soothsayer
9. On A Stranded Shore
10. Escape
11. Crack In A Stone
12. Beginning Of Time
13. Heart's Song


<オススメの曲>
1. Battle For Light
2. Mermaid
4. You I Need(→PV)
10. Escape

いかにも最近のアモルフィスらしい#4がやはり一番のキラーチューンでしょうか。終始メランコリック過ぎてもうたまりません。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1067-8fb595ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。