EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[DIE APOKALYPTISCHEN REITER]
DIE APOKALYPTISCHEN REITER
「RIDERS ON THE STORM」




DIE APOKALYPTISCHEN REITERは、ドイツ出身の超個性的メロディックデスメタルバンド。というか、一応「メロデス」という括りに入れられることが多いようですが、彼らの音楽性をジャンルで表すのは非常に難しいです。演奏は確かにメロデス的なところも多いですが、一概にそうとは言えません。また、Voの声もデスヴォイスとはちょっと違いますが、普通の声かと言われると答えは「NO」。個人的には男前ヴォイスと表現しておきたいところです(笑)。全体を貫くメロディは非常にインパクトが強く、とにかく「ドイツ」という国を具現化したような感じです。歌詞が基本的にドイツ語なのも特徴の一つですね。
このアルバムは彼らの六作目らしく、先月の末に発売(2006/8/24)。日本盤は出ていないので、欲しい人は輸入盤を探しましょう。

1.Friede Sei Mit Dirが絶品!! コレはヤバイ!! イントロのカッコ良さが尋常じゃないです。とにかくメロディが勇壮&激烈で、しかも非常にメロディアス。なんと表現としていいのかわからないサウンドですが、かなり魅力的なサウンドであることだけは確かです。Voの声質&ドイツ語歌詞が、楽曲と見事に調和。3分程度でコンパクトにまとまっている点もGOOD。
2.Riders On The Stormも、これまた勇壮でカッコいい曲。「アグレッシヴな歌い出し→突然アコースティック&男前ヴォイスでの囁き→英語でのサビ」という曲構成が最高です。「We Are Riders On The Storm~♪」というサビ部分は、もうみんなで歌うしかないでしょう。
3.Seemannは、いきなりヴァイオリンが使われている曲。演奏は結構荒々しいのですが、サビ部分は静かで、Voが感動的に歌い上げています。「Ich Bin Seemann~♪」という部分が頭から離れなくなる曲。
4.Der Adlerはちょっと爽やかな感じがする曲。サビのメロディがなんか好きです。
6.Wenn Ich Träumeは、またまた勇壮系な曲。イントロがかなり好きです。サビ部分もいいなぁ。
9.Liebeはアコースティックなイントロで始まるバラード。非常にドラマチックな感じで素晴らしいです。Voの低い声がうまく合ってていい感じ。後半部の盛り上がり方がヤバイ。
他には5.Revolutionとか10.Schenk Mir Heut Nachtあたりが好きかな。
14.Peace May Be With Youは1の英語バージョンですが、1を聞きまくった後だとちょっと違和感を感じるかも。

このアルバムはかなり良いです。一曲一曲が非常に個性的なので、一気に全部聞こうとすると少し疲れるかもしれませんが、聞けば聞くほど好きになっていくような作品です。ドイツ的なサウンドが好きな人は是非一度聞いてみましょう。また、とにかく1の中毒性が半端無いので、是非それだけでも聞いてみてください。

オススメ度…88点

PV
Friede sei mit dir

MYSPACE(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/108-f70d0c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。