EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WITHIN TEMPTATION 「THE UNFORGIVING」
WITHIN TEMPTATION「THE UNFORGIVING」

Within Temptation The Unforgiving

エンジェリックボイスで魅了する女性シンガー、シャロン・デン・アデルを擁するオランダのシンフォニック系ゴシックメタルバンド、ウィズイン・テンプテーションの5作目。2011年発表。荘厳で壮大な装飾の中、シャロンの美声が優しげに響くというのがこのバンドのスタンスだったのですが、今作では荘厳さや崇高さが少し減退し、かなりポップでキャッチーな路線に変わってきたという印象です。もちろんシンフォニックな要素も残って入るのですが、あくまでおまけ的な感じで、基本的には歌メロ重視。ただ、シャロンのエンジェリックヴォイスでそのメロディを歌いあげられるため、クオリティとしてはやはりとても高いです。ゴシック的な要素がかなり減ってきているのが残念ではあるのですが、これはこれで全然ありなんじゃないかと。コンセプトアルバムということでジャケットも何故かアメコミ風だし、サウンドもキャッチーになってるしで、これじゃない感"も半端なかったのですが、聴きこむにつれて素晴らしい作品だということに段々と気付かされました。

<収録曲>
1. Why Not Me
2. Shot In The Dark
3. In The Middle Of The Night
4. Faster
5. Fire And Ice
6. Iron
7. Where Is The Edge?
8. Sinéad
9. Lost
10. Murder
11. A Demon's Fate
12. Stairway To The Skies


<オススメの曲>
3. In The Middle Of The Night
4. Faster(→PV)
6. Iron
8. Sinéad(→PV)

#3とか#4はちょっとモダンなギターサウンドにシンフォニックサウンドが絡む曲。サビはやはり親しみやすく、突き抜けるような爽快さがあります。デジタル風味な味付けに戸惑ったりもしたけど、これはこれで効果的で悪くない。
個人的にはいい具合にシンフォニックで、サビがやたらキャッチーな#8が一番お気に入り。シャロンの美声をこれでもかというばかりに堪能できます。

オススメ度…91点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1087-b98b2aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。