EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VREID 「V」
VREID「V」

Vreid V

ノルウェー出身のブラックメタルバンド、VREIDの5作目。2011年発表。Valfar<Vo>の死去という形で解散に至ったWINDIRの残りのメンバー達によって結成されたバンドで、2009年にギタリストが交代したことによって今ではWINDIRの元メンバーが全員ここに揃っています。WINDIRのようにシンフォニックなKeyの装飾は入っておらず、キレのあるリフで引っ張っていくメロディアスブラックという感じ。哀愁と勇壮の絡み合うヴァイキングテイストは多少WINDIR譲りかも。どことなく漢くさい戦士のようなサウンドと、小気味よく刻まれるリフによるグルーヴ感がとても良いです。Voは基本的にはブラックメタルらしいがなり声シャウトなのですが、ちょいちょいクリーンヴォイスも登場。

<収録曲>
1. Arche
2. The Blood Eagle
3. Wolverine Bastards
4. The Sound Of The River
5. Fire On The Mountain
6. The Others & The Look
7. Slave
8. Welcome To The Asylum
9. Then We Die


<オススメの曲>
1. Arche
4. The Sound Of The River(→PV)
5. Fire On The Mountain
7. Slave

#1はスラッシュメタルのようにザクザクと刻まれるリフが独特のグルーヴを生み出す良曲。そのリフが寒々しくって良いんだなこれがまた。
#4はダークにどろどろと侵攻していく曲。独特の邪悪な響きを聴かせるリフが秀逸です。
ベイエリアクランチに通じそうなリフでゴリゴリ攻める#5はかなりのキラーチューン。緩急をつけながらガンガン攻めてったかと思いきや、後半ではギターが泣きまくるドラマティックな展開を見せつけてくれます。後半部でのクリーンヴォイスの使い方が非常に上手く、幽玄で切ない感じがたまりません。
#7はかなりメロウな曲で、なんかこういうのも悪くないなって感じ。

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1094-f3524b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。