FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MACHINE HEAD 「UNTO THE LOCUST」
MACHINE HEAD「UNTO THE LOCUST」

Machine Head Unto The Locust

米国サンフランシスコ州出身のモダン系ヘヴィメタルバンド、マシーン・ヘッドの3作目。2011年発表。元々はモダンヘヴィネスなサウンドで鮮烈にデビューを果たし、一時期やたらヌーメタルな音楽をやっていた時期もありますが、最近の作品ではかなり純粋なヘヴィメタルへと歩み寄ってきた感があり、今作でもその流れを完全に汲んでおります。基本的にはスラシュメタルやデスメタルのような攻撃性を上手く消化したグルーヴィーなメタルという感じで、モダンさとうまいこと折衷させて完全た自分達独自のサウンドを展開。しかもただグルーヴィーなだけではなく、しっかりと扇情力のあるメロディが至る所に散りばめられているのも素晴らしいです。比較的長い曲が多いのが個人的にはあんまり気に入らなかったりもするのですが、一気に聴きとおせるだけのサウンドではありますし、これはこれで悪くは無いんじゃないかと。

<収録曲>
1. I Am Hell (Sonata In C#)
2. Be Still And Know
3. Locust
4. This Is The End
5. Darkness Within
6. Pearls Before The Swine
7. Who We Are


<オススメの曲>
3. Locust
4. This Is The End
7. Who We Are

#3はうねりのあるリフがたまらないグルーヴ感たっぷりな曲。ドラマティックに展開し、途中でやたら哀愁たっぷりなパートに突入するあたりも良い。ギターソロも扇情力抜群だし、サビもとってもメロディアス。
#4はやたらスラッシーで勢いのあるキラーチューン。メロディアスなトレモロリフもガンガン使われていて、トレモロ大好きな俺はそれだけで満足です。アグレッシヴな中でクリーンヴォイスのサビがちょっと切なげなのも良い。
ヘヴィなのにやたら明るくてポップな#7も良いな。中盤とかめっちゃ正統派メタルっぽくなるし、なんか新鮮。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1103-541b0677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。