FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MY DYING BRIDE 「FOR LIES I SIRE」
MY DYING BRIDE「FOR LIES I SIRE」

My Dying Bride For Lies I Sire

英国出身のドゥーム系ゴシックメタルバンド、マイ・ダイイング・ブライドの10作目。2009年発表。ドロドロとした、そして鬱々としたリフが耽美的に響きるゴシックメタルをやっており、とにかく暗く沈みこむようなサウンドが特徴。Voの声も物憂げで、ひたすらダークな世界観が演出されています。遅くて暗くて哀しくて美しくて、決して取っ付きやすい作風ではないのですが、意外とリフやメロディはしっかりしているので聴きやすい面も無いことは無く、親しみやすさと親しみにくさが渦巻く不思議な空間が展開。鬱なメロディを美しく聴かせるという、暗黒世界の美学を体現しています。すっげぇ脱力感と倦怠感に見舞われるけど、力を抜いてぼーっと聴いてるとなんか心地良いんだよね。ヴァイオリンの音色が何とも言えない物悲しさと叙情性を増しており、不穏な空気を終始醸し出しているのもたまりません。テンション上がるようなサウンドのことをアゲアゲっていうのは良く聞くけど、こういうサウンドは逆にサゲサゲって言っとけばいいのかな。とりあえずこれを聴いて、底なしに沈んでいけばいいと思う。死にてぇ…、ってテンションになるから。

<収録曲>
1. My Body, A Funeral
2. Fall With Me
3. The Lies I Sire
4. Bring Me Victory
5. Echoes From A Hollow Soul
6. Shadow Haunt
7. Santuario Di Sangue
8. A Chapter In Loathing
9. Death Triumphant


<オススメの曲>
1. My Body, A Funeral
4. Bring Me Victory
6. Shadow Haunt
9. Death Triumphant

もうCD再生して#1が流れ始めた瞬間テンションはダダ下がりに。暗い、遅い、鬱、でも美しいという、このバンドの魅力を集約したような曲です。なんかもうヴァイオリンの音色が儚過ぎて死にたい。
#4は比較的短くて聴きやすい曲。イントロの時点でやはり美しさと鬱度が半端なく、ずーんとテンションが下がります。暗いリフが流れる中、やたらドラムだけがグル―ヴィーなのが個人的にツボ。
#9なんかもリフが叙情的過ぎて死にたくなる。そしてなんと言っても美しい。この曲にも不思議なグルーヴ感がありますが、そのグルーヴに巻き込まれてどんどん沈んでいく泥沼のような曲です。

オススメ度…89点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1116-201824ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。