EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WHITE WIZZARD 「FLYING TIGERS」
WHITE WIZZARD「FLYING TIGERS」

White Wizzard Flying Tigers

米国出身の正統派メタルバンド、ホワイト・ウィザードの2作目。2011年発表。最近ではNWOTHM(ニュー・ウェイブ・オブ・トラディショナル・ヘヴィ・メタル)なんて呼ばれているNWOBHMの回帰サウンド的なバンドの代表格で、初期アイアン・メイデンあたりのサウンドを忠実に再現し、現代に蘇らせています。今作ではあまり派手さはありませんが、堅実な音作りが特徴。とりあえずNWOBHMサウンドが好きならば手放しで喜べるような作品で、いかにも過ぎるギターリフが次から次へと繰り出されて止まりません。Voのハイトーンもド直球で非常に好感度高し。この古臭くてダサい感じがやはりメタルの真髄なのではないかと。

<収録曲>
1. Fight to the Death
2. West L.A Nights
3. Starchild
4. Flying Tigers
5. Night Train to Tokyo
6. Night Stalker
7. Fall of Atlantis
8. Blood on the Pyramids
9. Demons and Diamonds
10. Dark Alien Overture
11. War of the Worlds
12. Starman's Son


<収録曲>
1. Fight to the Death
2. West L.A Nights
4. Flying Tigers
7. Fall of Atlantis

わりと金太郎飴状態なところはあるのですが、この音を聴いてるだけでとりあえず楽しいし嬉しい。#1とか#2プレイング・マンティスあたりの音作りを思い出すわ。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1134-50b68de6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。