EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MOONSORROW 「VARJOINA KULJEMME KUOLLEIDEN MAASSA」
MOONSORROW 「VARJOINA KULJEMME KUOLLEIDEN MAASSA」

Moonsorrow Varjoina Kuljemme Kuolleiden Maassa

フィンランド出身のフォーク/ペイガン/ヴァイキングメタルバンド、ムーンソロウの6作目。2011年発表。重厚で緊張感のある雰囲気の中、扇情性の高いメロディでドラマティックにゆっくりじっくり進んでいく、荘厳なスケールのヴァイキングメタルをやっています。疾走感は皆無でとにかくスローテンポなのですが、メロディの質がとにかく高い!どことなく切なさや儚さの漂いつつも荒々しさを失わないサウンドが非常に素晴らしいです。最初っから最後までずっと戦争映画のクライマックスシーンのような壮大な世界観で、荒涼とした大地に佇む戦士の姿が頭の中に浮かび上がるようなイメージ。民族楽器や重厚なコーラスなどもこの世界観を盛りたてるのに存分に活躍しており、熱き漢のペイガンマインドを表現するのに一役買っています。例のごとく長尺の曲が多く、1分台のSE的なのが3曲、10分超えの大曲が4曲という構成ですが、最初っから最後まで聴きごたえ十分の、聴く映画のような作品です。まぁ母国語だし何言ってんのかわかんないんだけどさ(笑)

<収録曲>
1. Tähdetön
2. Hävitetty
3. Muinaiset
4. Nälkä, Väsymys Ja Epätoivo
5. Huuto
6. Kuolleille
7. Kuolleiden Maa


<オススメの曲>
7. Kuolleiden Maa

なんか一曲一曲で楽しむような作品ではない気もするけど、敢えて挙げるならラストを飾る#7にしておこうかな。重々しさと寒々しさの共存するドラマティックな曲で、中盤で哀愁漂う民謡メロが炸裂するあたりが大好きです。

オススメ度…90点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

どうでもいいけど、アルバム邦題の「我、死者の国を影のごとく彷徨う」があまりにもカッコ良過ぎるw

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1139-113c51dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。