EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TREAT 「COUP DE GRACE」
TREAT 「COUP DE GRACE」

Treat Coup De Grace

スウェーデン出身のメロディアスハードロックバンド、トリートの6作目。2010年発表。なんと18年ぶりのオリジナルアルバムだそうです。かつて「ポストEUROPE」「北欧のBON JOVI」などと称されただけあって、圧倒的美麗メロディの中にしっかりと北欧らしさも内包した素晴らしいメロディアスハードをやっています。キャッチーですぐに口ずさめるようなメロディが満載で、そのわりに演奏の方はエッジの効いたハードな演奏なのも良い。開放感のある爽快なサウンドの中、ちょいちょい入ってくるKeyが北欧らしさを上手い具合に演出しており、サビメロで憂いを含んだメロディがちょっぴり顔を出してくるあたりもたまりません。「比較対象を挙げるならGOTTHARDあたりかなぁ」と一番に頭に浮かんだのですが、Anders Wikstrom<G>GOTTHARDに楽曲提供したりしてるのね。そりゃあこんだけ珠玉のメロディを次々と紡ぎだせるのも納得だわ。その手のサウンドが好きな方は是非。

<収録曲>
1. Prelude - Coup de Grace
2. The War Is Over
3. All In, Paper Tiger
4. Paper Tiger
5. Roar
6. A Life To Die For
7. Tangled Up
8. Skies of Mongolia
9. Heaven Can Wait
10. I’m Not Runnin’
11. No Way Without You
12. We Own The Night
13. All For Love
14. Breathless


<オススメの曲>
4. Paper Tiger
5. Roar
7. Tangled Up
13. All For Love

どの曲もメロディが津波のように押し寄せて来て洪水状態なんだけど、そんな中でも凄まじい輝きを見せているのが#5。わりとハードでダークなイントロを持つこの曲ですが、サビでの解放感と圧倒的なキャッチーさ、爽やかなのにどことなく湿り気を帯びたメロディラインがホント素晴らしいキラーチューンです。
あとはイントロからして甘いメロディが秀逸過ぎる#13も良い。

オススメ度…89点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1140-1382b272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。