EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IRON MAIDEN 「FEAR OF THE DARK」
IRON MAIDEN 「FEAR OF THE DARK」

Iron Maiden Fear Of The Dark

NWOBHMの立役者でもある英国出身の超大御所メタルバンド、アイアン・メイデンの9作目。1992年発表。前作から加入したヤニック・ガーズ<G>が曲作りに参加するようになり、音楽性の幅がさらに広がった作品です。今までのいかにもメイデンな即効性の高いストレートなサウンドよりも、聴き込むほどに味が出るドラマティックな曲が多く、プログレ的な曲展開を見せるようなものもちらほら。スケールが一段と壮大になり一筋縄ではいかない一面を見せるも、その中に従来のメイデン節やキャッチーなメロディーラインを上手く溶け込ませたような作品になっています。全体的にちょっぴりダークな雰囲気に纏われてるのも個人的にはかなり好みだったり。

<収録曲>
1. Be Quick Or Be Dead
2. From Here To Eternity
3. Afraid To Shoot Strangers
4. Fear Is The Key
5. Chilhood’s End
6. Wasting Love
7. The Fugitive
8. Chains Of Misery
9. The Apparition
10. Judas Be My Guide
11. Weekend Warrior
12. Fear Of The Dark


<オススメの曲>
1. Be Quick Or Be Dead
2. From Here To Eternity
5. Chilhood’s End
11. Weekend Warrior
12. Fear Of The Dark

このアルバム中でもっともストレートなメタルチューンは、冒頭を飾る#1。従来のメイデンに通じる疾走感バリバリのアグレッシヴな曲で、ぐいぐいと引っ張っていくツインリードの破壊力にはさすがの一言。
#2はちょっぴりドライな感じのキャッチーな曲。ノリが良く、自然とリズムを刻みたくなるような曲です。
イントロから壮大で期待感たっぷりの#5は、このアルバムらしいドラマティックな盛り上がりを見せる曲。ツインリードの音色が美しく物悲しく、そしてクールに響き渡ります。
ポップなノリで始まる#11は、平凡な曲かと思いきや、中盤のギターソロがあまりにもメロディアス。これだけで昇天です。
そしてラストに待ち構えている#12はメイデン数ある名曲の中でも指折りの超名曲。静かで厳かなイントロから一転、一気に疾走になだれこむ瞬間には魂が震えあがります。パワフルさとドラマティックさを兼ね揃えており、最初っから最後まで気の抜けない一曲です。

オススメ度…87点

メイデンの入門ならもっと初期のアルバムをオススメするけど、この作品自体はかなりの名盤なので、いずれは絶対に聴いてみるべき。

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1143-745ea54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。