EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鴉 「感傷形成気分はいかが」
鴉 「感傷形成気分はいかが」

鴉 感傷形成気分はいかが

秋田出身の三人組ロックバンド、鴉の2枚目のミニアルバム。2011年発表。"激情ロックバンド"と形容されるように、哀愁と悲哀にまみれた感情的なロックをやっています。とにかくメロディに憂いが含まれまくっており、しっかりロックしている分ストレートにその憂いがぶつかってくる感じ。音自体はわりとカラッとしてるのに、このメロディのせいでめっちゃ湿って聴こえます。Voの「感情が爆発する寸前!」みたいな悲哀に満ちた歌唱もずる過ぎる。このサウンドにこの歌い方はホントぴったりです。1stフルアルバムの時よりも湿った雰囲気がさらに加速して哀メロ度がさらにアップしているので、哀メロ大好きな僕的には大満足。このバンドの一番の魅力はこの妖しげな悲哀と哀愁なんだし、個人的にはこの路線でずっと突き進んで欲しいな。切なさと激しさが全力で互角にぶつかり合う、魂のこもった名盤です。

<収録曲>
1. 幻想蝶
2. 居場所
3. 春
4. ココニアル
5. 曇りなき私
6. 列車


<オススメの曲>
1. 幻想蝶
2. 居場所
6. 列車(→PV)

冒頭の#1は超絶エモーショナルな哀愁チューン。サビ直前の憂いを含んだ綺麗なメロディと、サビで爆発する悲哀さがたまりません。サビで一気に広がる瞬間とか音的には凄い爽やかなはずなんだけど、なんかメロディはしっとり湿ってるんだよね。
#2は古臭いリフに鴉らしいメロディをのせた曲。わりとありきたり感じするのにオリジナリティを感じてしまうのが凄い。
#6はめっちゃポップでキャッチーなんだけど、やっぱり全体が憂いを帯びています。

オススメ度…87点

やっぱりVoの声とか歌い方に特徴があるバンドは違うね。自分の感性と一致すると、どんどん好きになって止まらない。

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1144-c930d8d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。