EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RUNNING WILD 「PORT ROYAL」
RUNNING WILD 「PORT ROYAL」

Running Wild Port Royal

元祖海賊メタルバンドとも言えるかもしれないジャーマンメタルバンド、ランニング・ワイルドの4作目。1988年発表。一番の名作とされる5thと、彼ららしさが爆発しだした3rdとの挟間のアルバムなのでなんとなく地味な印象ですが、本作でも海賊的な勇壮なメロディを紡ぎだす親しみやすいジャーマンメタルをやっており、個々の楽曲のクオリティは決して低くは無いです。いかにもなジャーマンメタルサウンドを持ちつつも、リフ自体はかなりアイアン・メイデンあたりのNWOBHM勢に通じるサウンドになっており、そこも個人的にはかなり魅力的だったり。マンネリ系メタルバンドの代表格と言われる彼らですが、逆に考えればどのアルバムでもいかにも彼ららしいサウンドが楽しめるってことなんだよね。まぁ確かに似たような楽曲が多い事は否めないんだけれども、何年経っても軸がブレないってことで逆に評価してあげたい。

<収録曲>
1. Intro
1. Intro
2. Port Royal
3. Raging Fire
4. Into The Arena
5. Uaschitschun
6. Final Gates
7. Conquistadores
8. Blown To Kingdom Come
9. Warchild
10. Mutiny
11. Calico Jack


<オススメの曲>
2. Port Royal
4. Into The Arena
11. Calico Jack

タイトル曲の#2は勇壮なリフが素晴らしい、いかにもランニング・ワイルドなキラーチューン。血沸き肉躍るリフ構成と疾走感がたまりません。なんか荒波に向かって出航したくなるわ。
#4はイントロのリフが初期メイデンを彷彿とさせる曲。その後の展開はやはりランニング・ワイルド印です。
#11は静かに幕を開ける、8分ちょいの比較的長い曲。まぁその後の展開はやはり創造道理なんですけどね。そこが良いのよ。

オススメ度…81点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1156-4456fa70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。