EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
QUEEN 「A NIGHT AT THE OPERA」
QUEEN 「A NIGHT AT THE OPERA」

Queen A Night At The Opera

フレディ・マーキュリー<Vo>ブライアン・メイ<G>ロジャー・テイラー<Dr>ジョン・ディーコン<B>という天才4人によって構成された英国の伝説的ロックバンド、クイーンの4作目。1975年発表。次作の「華麗なるレース」とは対となる位置づけのロックオペラ作品となっています。とにかく仰々しくドラマティックな曲がずらっと並び、曲ごとというよりもアルバム全体を通して一つの大きな作品という作りになっており、まるで演劇/オペラのような構成を持った作品です。こう書くととても難解な作品のように聴こえてしまうかもしれませんが、一曲一曲はとても親しみやすく、決して敷居の高過ぎることは無いというのが素晴らしいところ。非常に完成度の高い作品で、「クイーンと言えばこの作品!」という人も多いのではないでしょうか。フレディの圧倒的表現力を持ったファルセットヴォイス、ブライアンの奏でる独特のギターサウンド、そして4人の絶妙なコーラスワークがとにかく素晴らしく、楽曲の良さだけではなくメンバー達の個性もしっかりと際立っています。

<収録曲>
1. Death On Two Legs (Dedicated To...)
2. Lazing On A Sunday Afternoon
3. I'm In Love With My Car
4. You're Best Friend
5. '39
6. Sweet Lady
7. Seaside Rendezous
8. The Prophet's Song
9. Love Of My Life
10. Good Company
11. Bohemian Rhapsody
12. God Save The Queen


<オススメの曲>
4. You're Best Friend
5. '39
11. Bohemian Rhapsody(→PV)

#4は温かみのあるポップな曲。どことなく郷愁漂う寂しげな雰囲気も漂っています。
出だしのコーラスからしてあまりにも神々しい#3は個人的にかなりの名曲。アコースティックなサウンドが軽快に響き、メロディ自体はわりと明るいものの、どことなく寂しさの漂う哀愁たっぷりの曲です。コーラスとギターの音色がダブルで神秘的なのが超良い。
#11はクイーンの中でも1・2位を争うような超名曲。この一曲だけでオペラとして成立するような、超絶ドラマティックな展開を見せてくれる曲です。途中の転調からの盛り上がりは鳥肌モノ。フレディの多彩な声色と圧倒的表現力がとにかく素晴らしく、天才と呼ばれるゆえんを目の当たりにすることが出来ます。たった6分の楽曲にこれだけの濃密な展開を詰め込めるとは…。

オススメ度…87点

OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1171-391795b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。