EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大正九年 「最新式ひるね百科」
大正九年 「最新式ひるね百科」

大正九年 最新式ひるね百科

渡邊一重という女性一人によるテクノポップユニット、大正九年の1作目。1998年発表。打ち込みからサンプリングまで全て一人でこなしているのだそうです。音楽性的には、全体的にふわふわして緩ーい感じのテクノポップ。バックで流れるエレクトロニックなフレーズがめちゃくちゃ中毒性が高く、一度聴いたら耳から離れなくなってしまいます。なんかスーパーファミコンのまったり系のゲーム曲に、可愛い女性Voの歌を付けたような感じ。盛りあがったり踊れたりは一切しないのですが、ゆるゆる何度も何度もリピートしたくなるような作品。脱力癒し系。

<収録曲>
1. ICE CITY 78'
2. 驚き一発
3. ベイべ
4. 青春のしるし
5. ロック魂
6. 昔の話
7. 野望の星
8. ティーンエイジストーリー
9. 会議でGO
10. 小池の幽霊さん
11. 目がハート
12. マイエンジェル


<オススメの曲>
5. ロック魂
7. 野望の星

#5は比較的ノリの良いリズミカルな曲。でもやっぱり雰囲気自体はゆるーっとしています。「ナイスっすー、ナイスっすー、マーシャルの音が良いじゃんねー♪」がかわいい。
#7はアクション系ゲームの灼熱系ステージとかで流れてそうなイントロの曲。その後はうねうねした怪しげなエレクトロサウンドが続き、中毒性の高いメロディを奏でます。うんちゃかちゃっちゃ、うんちゃかちゃっちゃ、うんちゃかちゃっちゃ、ほいほーい。

オススメ度…81点

OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1175-d6a6e258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。