EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Nehëmah 「LIGHT OF A DEAD STAR」
Nehëmah 「LIGHT OF A DEAD STAR」

Nehëmah Light Of A Dead Star

フランス出身のプリミティブブラックメタルバンド、Nehëmahの1作目。2002年発表。アルバム発表は2002年ですが、結成自体はなんと1992年で、バンドとしてはかなり古参のポジションとなるようです。フランス産ブラックというとデススペル・オメガ系統やアルセスト系統が真っ先に思い浮かんでしまうかもしれませんが、このバンドはダークスローンなどのノルウェー勢からの影響が色濃く反映されており、ジリジリとしたノイジーなギターサウンドを掻き鳴らしながら邪悪に疾走するスタイル。適度なメロウさを携えた寒々しいリフが禍々しく響き渡ります。Voも憎しみにまみれたがなり声タイプでかなり邪悪。基本的に殺気立っており、いつ殺されてもおかしくないような、緊迫して張りつめたサウンドが実にブラックメタルらしいです。スタスタと疾走するツーバスや、たまに顔を出す凍てつくようなKeyも素敵。

<収録曲>
1. The Witch Burns...
2. Light Of A Dead Star
3. Across The Landscape
4. In October Nightshades
5. Nehëmah In Vulva Infernum
6. I Will Sleep With The Dragon
7. Misty Swamps
8. ...In The Heat Of The Flames


<オススメの曲>
2. Light Of A Dead Star
5. Nehëmah In Vulva Infernum
6. I Will Sleep With The Dragon

どの曲も名曲過ぎて選出に悩むのですが、とりあえずこの三曲を推しておくか。
何かが燃えるようなイントロ#1に続く#2からもう邪悪さMAX。スタスタという裏打ちツービートにのせて、禍々しく荒涼としたリフがノイジーに響き渡ります。良く聞くと地を這うようなベースラインが非常に不気味さをアップさせており、妙にクセになるかも。
#5はゆったりとしたリズムで禍々しいリフが掻き鳴らされる不穏な曲。疾走に頼らないこういう過激さも良いもんですね。途中、ドラムのテンポが少し速くなるパートもありますが、それでも基本はミドルテンポ。ジワジワと伝わってくる邪悪さが素晴らしい。
#6はこれまた耳触りでノイジーなトレモロリフがたまらない一曲。ドラムのブラストも非常に心地よく、これでもかと言わんばかりに禍々しさを大放出しています。

オススメ度…94点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1177-44ad27a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。