EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HELL 「HUMAN REMAINS」
HELL 「HUMAN REMAINS」

Hell Human Remains

英国出身のオカルティック正統派メタルバンド、ヘルの1作目。2011年発表。1982年に結成されNWOBHM真っ盛りの中で活動していた彼らが、フロントマンの自殺など数々の不幸に見舞われ事実上解散状態になり、そこから20年以上の時を経てようやく一つの作品として世に送り出すこととなった、記念すべきデビュー作です。NWOBHM世代のオカルト系メタルというと真っ先にマーシフル・フェイトを思い浮かべると思うのですが、タイプ的にはその路線で間違いありません。いかにもNWOBHM的なサウンドのリフが次々と繰り出され、そこにVoの胡散臭い歌唱がのるあの感じです。そのリフの完成度が極めて高く、奇妙で摩訶不思議でクールなリフがとにかく盛りだくさん。さすが多くの経験と苦労を重ねてきたベテラン新人バンドといった風格が漂っています。Voはオリジナルメンバーのデイヴ・ハリディが既に他界しているためデヴィッド・ボウアーというVoが新しく起用されているのですが、そのボウアーの歌唱がこれまた素晴らしい。なんとも言えない胡散臭さが漂っており、表現力も抜群。サウンドにこれでもかというほどマッチしています。曲構成やリフ、そしてVoという、作品全体にサタニックで怪しい雰囲気が漂っており、その独特の世界観にゾクゾク心が躍る一作。

<収録曲>
1. Overture: Themes From "Deathsquad"
2. On Earth As It Is In Hell
3. Plague And Fyre
4. The Oppressors
5. Blasphemy And The Master
6. Let Battle Commence
7. The Devil's Deadly Weapon
8. The Quest
9. Macbeth
10. Save Us From Those Who Would Save Us
11. No Martyr's Cage


<オススメの曲>
2. On Earth As It Is In Hell(→PV)
6. Let Battle Commence
8. The Quest

イントロ#1を経て#2が始まった瞬間からニヤニヤが止まらない。正統派メタル的なんだけどなんか奇妙なリフ、胡散臭過ぎてたまらないVo、摩訶不思議に展開する曲構成と、その全てが最高です。巡るましく展開するくせにとっ散らかった印象は全く受けず、流れるように怪しいサタニック絵巻が進んでいきます。
#6は疾走感と軽快なリフが素敵な曲。相変わらずVoの表現力が冴えまくっており、聴いてるだけで楽しくなってしまいます。
#8もNWOBHMなリフが華麗に駆け抜ける曲。サビのコーラスが明るくて親しみやすいです。

オススメ度…93点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/1189-e9a4e3e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。